古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

美しい葺石が見事な復元大型前方後円墳
 ようやく三度目の訪問で動画を撮ることができました。一度目は臨時の休館日、二度目はまだ動画を撮っていない時期でした。梅雨時だったので葺石の間から雑草が顔をのぞかしているのではないかと心配しましたが、動画1でご覧頂けるように、実に美しい姿を見ることができました。生駒山系を借景にした古墳です。古墳を囲む溜池は平安時代のものだそうですが築造当時の5C前半にはどうなっていたのでしょうか。興味はつきません。

動画4でお分かりのように心合寺山古墳は中期の古墳によくみられるように前方部が後円部と同じくらいの高さ(12m、後円部高さ13m)になっています。復原されている墳丘は三分の二ほどなので、築造時の後円部からみた前方部はより大きなものだったのではないでしょうか。それにしても前方部の方形壇は犬山市の青塚古墳(まだアップしていません)で見ただけだったので新鮮でした。

大阪市立大学の岸本直文さんは、心合寺山古墳は同じ頃に造られたとされる前方後円墳の雄、大仙古墳(仁徳天皇陵)と測量の結果が似ており、ヤマト王権の王墓をモデルにしたのではないか、したがって心合寺山古墳の被葬者は中央権力ときわめて近しい有力豪族ではなかったかという趣旨のことを述べておられます(「心合寺山古墳とその時代」史跡心合寺山古墳整備完成記念 講演会記録集。八尾市教育委員会、2006年)。墳長160mというのも全国で60番目ぐらいだそうですから、なるほどと思いました。

アクセスは近鉄河内山本駅から瓢箪山駅行で大竹下車徒歩5分。バスの本数は1時間に3ないし4本です(撮影、2014年6月26日)。

PNG Shionjiyama zu

心合寺山古墳基本データ

所在地 大阪府八尾市

形状 前方後円墳

規模 墳長160m 後円部径92m 高さ13m、前方部幅90m 高さ12m

3段築成 周濠がめぐる

築造時期 5C

出土品 銅鏡、埴輪、甲冑

史跡指定 国指定

特記事項 粘土槨3基 木棺1基の埋葬施設が後円部にあり、前方部端にも方形の基壇がある

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 珍しい上円下方墳の復元古墳
  
今回は墳丘が見事に復原された東京都府中市にある熊野神社古墳を紹介します。上円下方墳という極めて珍しい墳形です。三段のうち、下二段が方形、三段の墳頂部分だけが円形です。上に二段には河原石が葺かれています。
  国指定の史跡を受けたのは2005年のことですから最近のことです。その理由の一つは1990年に行われた熊野神社の建て替え工事に伴う発掘調査では古墳と確定できず、その後、1994年に周辺の古墳群調査でレーザー探査を行ったところ、巨大な構造物があることがわかり、2003年の本格的調査につながったといいます。古代と先端技術の融合の成果ということになります。境内横にはガイダンス施設、古墳展示館があり詳細な解説があります。

 残念なのは復原が墳丘だけにとどまっていることです。折角なら、かなり特徴のある石室も復原してほしかったと考えるのは私だけでしょうか(崩壊のおそれがあるとのことです)。全長8.9mもある複式の横穴石室は、一段目をさらに掘り下げて造られていたようで、入り口前は、前橋総社の蛇穴古墳(2015629日にアップ、是非ご覧ください)同様に八の字に開く前庭があったということです。それにしても、河原石が前面に葺かれた古墳は堂々とし、威圧感すら覚えました。アクセスはJR南武線で西府駅から徒歩で7-8分です。甲州街道沿いの熊野神社を目指せばすぐにわかります(撮影2014年10月11日)。


府中熊野神社古墳データ

所在地 府中市西府町

形状 上円下方墳

規模 第一段一辺32m、高さ0.5m、第二段一辺23m、高さ2.2m

第三段直径16m、高さ2.1m

築造時期 7C 中旬

出土品 鉄地銀象嵌鞘尻金具1点、刀子4点、鉄釘多数、ガラス玉

史跡指定 国指定

特記事項 古墳時代において上円下方墳は全国でも少なく5例を数えるのみ


PNG fuchuukumanojinnjya zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  築造時と現状が比較できる工夫された復元古墳
 
 前期古墳として紹介した福島県郡山市の大安場古墳と昼飯大塚古墳、どちらが先に築造されたのでしょう。もちろん素人の私にわかるわけもなく単なる興味にしかすぎませんが、そうしたことに思いを馳せてみるのも古墳めぐりの面白さの一つだと思います。前期中頃から末という築造されたと推定される時期も、この二つの古墳は同じです(どうやら最近では昼飯大塚古墳のほうが、新しく4C末、つまり中期の初め頃の築造とされています)。もしかしたら、同じ頃に懸命に墓づくりに励む人々を目にすることができたかもしれません。ただひとつ二つの古墳を分けるのは形状です。大安場古墳は前方後方墳、昼飯大塚古墳は前方後円墳です。そう、規模も昼飯大塚は動画でも全体像を捉えるのが困難なほど大きく、墳長は
150mを数えます。大安場古墳の約二倍なります。

 埴輪の並ぶ後円部頂には三つの埋葬施設(竪穴式石室、粘土槨、木棺直葬)があり、多数の鉄剣や鉄刀、農工具、土器、土師器類が出土しています。ここも他の古墳同様に盗掘されていたそうです。しかし、葺石を含め復原された古墳の姿は雄々しく、そういったことを忘れさせてくれます。
 タイトルにも書きましたように、後円部の三分の一ほどは、周濠から三段の段築を含め復元されています。他方、前方部にかけての南側は復元前と同様に周濠と一段目は埋まった状態で復元されています。北側はほとんど手を入れていないようで、墳丘裾や周濠は住宅や畑地になっているようです。

 昼飯大塚古墳を訪れたのは二度目。一回目は春たけなわの頃だったせいか墳丘は一面雑草に覆われていてかなりがっかりしました。再訪時は草刈りが終わった頃を見計らってでかけたところ、ちょうど業者の方が後始末をされているところでラッキーでした。古墳踏査は幾ちゃんのこだわりでも書いたように季節、時期を選ぶということは頭に隅においておかれるとよいでしょう。

 アクセスは大垣駅前から赤坂総合センター行の名鉄近鉄バスで終点から歩いて5分です。センターのビルの真裏、左方向です。バスの本数は午前3本、午後3本ほどです(撮影、2015年5月14日)。

PNG昼飯大塚古墳 復元図

昼飯大塚古墳基本データ

所在地 岐阜県大垣市昼飯町

形状 前方後円墳

規模 墳長150m 後円部径96m 高さ13m 前方部幅80m 高さ9.5m

築造時期 4C後半

出土品 朝顔形埴輪、円筒埴輪、形象埴輪(家、蓋、盾、靫等)、鉄剣や鉄刀、

農工具、玉類、土器、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 後円部墳頂に竪穴式石室、粘土槨、木棺直葬の三つの埋葬施設が存在する

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

夕陽に映える墳丘の美しさに感動
 
 今回は甲府盆地の南東の端、曽根丘陵にある墳長169m、堂々たる前方後円墳をご紹介します。公園として周辺を含め整備され、建物がほとんど目に入らないせいもあってより大きく感じます。三段築成の後円部は本来、葺石が葺かれていたようですが(二段築成の前方部はなし)、復原された現在の姿は動画に見るように緑一色。これまた印象的です。

 このような大規模な前方後円墳が3C後半という時期になぜ築造されたのか興味深いところですが、常識的に考えればヤマト王権の勢力範囲が次第に東国に及び、この地の在地豪族もその支配下にはいったのでしょう。それを証するかのように中央から下賜されたと思われる銅鏡が複数枚埋葬されていました。また同じ曽根丘陵には、甲斐銚子塚より早く、100m弱の大丸山古墳という前方後円墳が築かれたことが明らかになっています。後円部の竪穴式の埋葬施設からは鏡や玉、鉄刀など多数の副葬品が出土され、その一部は公園に隣接する山梨県立考古博物館に所蔵されています。

 甲斐銚子塚古墳の前方部から至近の距離には径72mの円墳、丸山塚古墳が復元されています。甲斐銚子塚に続く5C初めに造られたと考えられています。アクセスは新宿高速バスターミナルから中央高速バスで2時間ほど。中道バス停から歩いて10分です。甲府駅からもバスが出ています(撮影2014年10月30日)。



PNG kaichoushizuka zu

甲斐銚子塚古墳データ

所在地 山梨県甲府市下曽根町

形状 前方後円墳、円墳(丸山塚古墳)

規模 墳長169m 後円部径92m 高さ15m 前方部幅69m 高さ8.5m

丸山塚古墳 円墳径72m 高さ11m

築造時期 4C後半

史跡指定 国指定(含む丸山塚古墳)

特記事項 東日本の前期古墳から出土したものとしては極めて保存状態のよい
葬送儀礼に使われたと考えられる木製品


 


 


 





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ