古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

見返してみて気が付いた「整った」石室


 後で見学した錆びたパイプに支えられた平塚古墳(クリック)石室の印象が強烈すぎて、その前に見た角塚古墳の「普通」の石室の印象が薄れてしまいました。ところがそれは編集する前までのことで、動画を改めてみて、角塚古墳の素晴らしさと凄さを再認識しました。石室全体が整えられた巨石で構成され、特に玄室側壁の超大型の石材には度肝を抜かれました。このような長大な石材が容易に手に入るわけもなく、生前から準備された古墳(寿墓)であることは間違いなさそうです。長さが12.5mというと超大型の石室というわけではありませんが、全体にすっきりとした印象を受けたのは、使われている石材(花崗岩らしい)の数が少ないからだと思われます。惜しむらくは、敢えてそうせざるを得なかったと思われますが、天井の高さが2.4mと低いことです。持ち送りはなく、箱型、つまり畿内型の石室です。  
 それにしても平塚古墳のところで詳しく書いたように、狭い範囲に大型の横穴石室を伴う大型の円墳、方墳が築かれていることに驚きを禁じえません。よほど古墳時代の一時期、ヤマト王権とのつながりが強固であったかを示す遺跡ということになります。石室は観音寺市文化財振興課に事前に文書で申請すれば見学可能です(撮影2020年2月4日)。平塚古墳の冒頭にも記しましたが、誤って以前、角塚古墳として平塚古墳を紹介してしまいました。既に編集もやり直していますので、この角塚古墳は
本物です苦笑。

PNG 大野原古墳群(観音寺市)(YU用)21年3月6日



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

なぜこの狭い地域に巨石墳が3基も?


  お気づきの方もおられると思います。数か月前に誤って角塚古墳として紹介したものです。今回、動画も再編集しました。 瀬戸内海を望む(といっても約2㎞西)標高30mの地、それも300m四方程度の広さのところに3基の巨石墳が古墳時代後期、終末期の100年余りの間に築かれています。大野原3大巨石墳として知られ2015年には国の史跡になりました。確かにびっくりする大きさです。6C後半に石室長さ14.8m(椀貸塚古墳)、7C初めに今回の13.2m(平塚古墳)、そして7C前半に12.5mの角塚古墳と半端ではない大きさです。少々離れた母神山に母神鑵子塚(はがみかんすづか)古墳(クリック)が同じ頃に築かれていますが、それでも石室長は9.82mでした。残念ながら椀貸塚古墳は入室が禁止だそうで、残る2基を観音寺市の文化財課に申請して開錠していただきました。今回はそのうち平塚古墳です。  
 現状は緑に覆われていますが、説明板によれば、ピラミッドのような形だったということです。築成はわかりませんが2段目あたりに南を向いて石室が開口していました。かなり錆びついた鉄製のパイプの扉の向こうには思ったよりも背の低い羨道が広がっていました。データには1.8mとありましたが、とてもそれほどの高さはなく、屈んで入室しましたが あちらこちらに補強用パイプがあり視界を遮ります。それでも長い羨道は大型の自然石が整然と積まれている様子がわかり、玄室との境には一段下がった状態でまぐさ石が迎えてくれました。あまり幅の広くない(羨道幅よりも30㎝広い2.5m)玄室に足を踏み入れると暗闇のなかに奥壁が浮かびあがります。さほど高くない天井(2.4m)は平らでもち送りはほとんどなく長方形の箱型の印象です。いわゆる畿内型の石室です。
 ただ、3基がすべて畿内型とは言えないようで、最初の巨石墳、椀貸塚古墳は複室構造の胴張りだそうです(広瀬和雄、前方後円墳とはなにか、中公叢書、2019年)。とはいえ、突如、それまでなかったような大型の石材を用いた石室を、径38m(椀貸塚)、径50m(平塚)の大型円墳、38m×42mの大型方墳に造ったということは、これらが在地の恣意で造られたものではなく中央政権(ヤマト王権)の意思によるものと広瀬さんはみています。  最後に、せっかく開錠して頂いて申し訳ないですが、石室内の鉄製のパイプは代替策がないものなのか考えてしまいました。現在の技術では文化財を傷つけず、見栄えもよい保存整備の在り方があるに違いありません(撮影2020年2月4日)。 PNG 大野原古墳群(観音寺市)(YU用)21年3月6日

見返してみてその立派さに驚かされた玄室


 豪雨被害で開口部が修復整備された貞丸1号墳(クリック)とは違い、その裏側にある2号墳は墳丘および羨道こそ消滅していますが、玄室は築造当時の様子をよくとどめています。ほとんど持ち送り(上部にいくにしたがい内傾化)のない石室は、かっちりとした造りで堂々としています。長さが5mほどあり、奥壁は一枚の大きな板石、側壁は主に中型石材の2段積みという構成がすっきりとした印象を与えているのかもしれません。1号墳もなかなかのものでしたが、同じ時期に造られたといわれる2号墳のほうが個人的にはお気に入りです。皆さんはどう思われるでしょうか。  
 残念ながら羨道が失われているために、両袖、片袖、無袖などの石室の形式はよくわかりません。玄室の大きさからするとさぞかし立派な石室ではなかったかと想像されるだけに残念です。  興味深いのは古墳のある大日堂の石碑の台座が2号墳の石棺蓋石ではないかと伝えられていることです。それにしてはいささか小さいのではと思うのですが・・・。石室のあとに紹介しています。
 そしてこの動画の最後ではおまけとして、近くの南方神社境内に保存されている組合せ式家形石棺(二本松古墳)を加えておきました。説明板によれば本堂の踏み石、手水鉢として用いられていた石棺石材を回収し、1983年に改めて組み立てたものだそうです。究極のリサイクルですが、古代の一般の人々の死者(特に高位の人)に対する思いというのは、盗掘など頻繁に行われていたということとも考え合わせると、それほど深くはなかったという印象です。アクセスは1号墳をご覧ください(撮影2020年3月10日)。  貞丸古墳群 場所 21年7月11日




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

入室して感心した内部構造

 これまで赤穂市有年地区の群集墳では塚山1号墳(クリック)、塚山6号墳(クリック)、木虎谷2号墳(クリック)を紹介してきましたが、今回は二つのグループとは別の惣計谷(そうけだに)古墳群から6号墳です。簡易マップにあるようにいずれも隣接していますが、動画の冒頭にあるような景色が延々と続き、自分がどこにいるのかがわからなくなるのに時間はかかりません(苦笑)。

 今回の惣計谷6号墳も偶然たどり着いた古墳です。それにしては数少ない祇園塚型の石室で、拾い物でした。その日、惣計谷3号墳を訪れたあとに、以前から訪ね損ねていた木虎谷1号墳に行く予定にしたところ、道に迷うこと15分ほど、あっちに行ったりこっちに行ったりして、見つけたのが惣計谷6号墳だったというわけです。これも、帰宅後、赤穂市の文化財担当の方にお聞きし「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書」(赤穂市教育委員会、2017)ようやく確認しました。

 ご覧のように東側の墳丘封土の流失が著しいものの、遠目にも円墳ということはよくわかります。

その南側に開口する石室ですが、落葉で入り口部分が多少入りにくいものの、匍匐前進の必要はありません。石室に入る時のドキドキ感は、入り口では見えなかった玄室の奥壁を目にしたとき、頂点に達します。「これはこれは」とキャプションに書きましたが、羨道と玄室の境に、大きな間仕切り状の袖石が出っ張っています。結果として玄室に入る部分の幅がぐっと狭くなり、入室の際に感じる広がりが大きくなる気がします。そうした効果をこの古墳の工人は狙ったのでしょうか。加えて、特筆したいのは玄室天井板石の部厚さです。奥壁や側壁もさることながら、この天井石に見とれてしまいました。

他方、よくわからなかったところもあります。「調査報告書」にある祇園塚型石室は完全に埋没することを前提に羨道部分の天井はないと書かれていますが、ご覧のように惣計谷6号墳の羨道部分には天井石はあります。他方、ずっとスケールが大きい(長さ10.3m)祇園塚型石室でも複室構造の塚山6号墳の羨道天井石はありません。おそらく祇園塚型石室にもいくつかのパターンがあるのだろうと想像します(撮影2020129日)。
PNG 有年地区の各古墳群 21年7月5日作成


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ