古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

見返してみてその立派さに驚かされた玄室


 豪雨被害で開口部が修復整備された貞丸1号墳(クリック)とは違い、その裏側にある2号墳は墳丘および羨道こそ消滅していますが、玄室は築造当時の様子をよくとどめています。ほとんど持ち送り(上部にいくにしたがい内傾化)のない石室は、かっちりとした造りで堂々としています。長さが5mほどあり、奥壁は一枚の大きな板石、側壁は主に中型石材の2段積みという構成がすっきりとした印象を与えているのかもしれません。1号墳もなかなかのものでしたが、同じ時期に造られたといわれる2号墳のほうが個人的にはお気に入りです。皆さんはどう思われるでしょうか。  
 残念ながら羨道が失われているために、両袖、片袖、無袖などの石室の形式はよくわかりません。玄室の大きさからするとさぞかし立派な石室ではなかったかと想像されるだけに残念です。  興味深いのは古墳のある大日堂の石碑の台座が2号墳の石棺蓋石ではないかと伝えられていることです。それにしてはいささか小さいのではと思うのですが・・・。石室のあとに紹介しています。
 そしてこの動画の最後ではおまけとして、近くの南方神社境内に保存されている組合せ式家形石棺(二本松古墳)を加えておきました。説明板によれば本堂の踏み石、手水鉢として用いられていた石棺石材を回収し、1983年に改めて組み立てたものだそうです。究極のリサイクルですが、古代の一般の人々の死者(特に高位の人)に対する思いというのは、盗掘など頻繁に行われていたということとも考え合わせると、それほど深くはなかったという印象です。アクセスは1号墳をご覧ください(撮影2020年3月10日)。  貞丸古墳群 場所 21年7月11日




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

入室して感心した内部構造

 これまで赤穂市有年地区の群集墳では塚山1号墳(クリック)、塚山6号墳(クリック)、木虎谷2号墳(クリック)を紹介してきましたが、今回は二つのグループとは別の惣計谷(そうけだに)古墳群から6号墳です。簡易マップにあるようにいずれも隣接していますが、動画の冒頭にあるような景色が延々と続き、自分がどこにいるのかがわからなくなるのに時間はかかりません(苦笑)。

 今回の惣計谷6号墳も偶然たどり着いた古墳です。それにしては数少ない祇園塚型の石室で、拾い物でした。その日、惣計谷3号墳を訪れたあとに、以前から訪ね損ねていた木虎谷1号墳に行く予定にしたところ、道に迷うこと15分ほど、あっちに行ったりこっちに行ったりして、見つけたのが惣計谷6号墳だったというわけです。これも、帰宅後、赤穂市の文化財担当の方にお聞きし「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書」(赤穂市教育委員会、2017)ようやく確認しました。

 ご覧のように東側の墳丘封土の流失が著しいものの、遠目にも円墳ということはよくわかります。

その南側に開口する石室ですが、落葉で入り口部分が多少入りにくいものの、匍匐前進の必要はありません。石室に入る時のドキドキ感は、入り口では見えなかった玄室の奥壁を目にしたとき、頂点に達します。「これはこれは」とキャプションに書きましたが、羨道と玄室の境に、大きな間仕切り状の袖石が出っ張っています。結果として玄室に入る部分の幅がぐっと狭くなり、入室の際に感じる広がりが大きくなる気がします。そうした効果をこの古墳の工人は狙ったのでしょうか。加えて、特筆したいのは玄室天井板石の部厚さです。奥壁や側壁もさることながら、この天井石に見とれてしまいました。

他方、よくわからなかったところもあります。「調査報告書」にある祇園塚型石室は完全に埋没することを前提に羨道部分の天井はないと書かれていますが、ご覧のように惣計谷6号墳の羨道部分には天井石はあります。他方、ずっとスケールが大きい(長さ10.3m)祇園塚型石室でも複室構造の塚山6号墳の羨道天井石はありません。おそらく祇園塚型石室にもいくつかのパターンがあるのだろうと想像します(撮影2020129日)。
PNG 有年地区の各古墳群 21年7月5日作成


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠を含め残りのよい中型の方墳


 夫婦塚とも呼ばれているようですが100mほど離れた距離に2基の古墳。聖塚は一辺54m、今回の菖蒲塚(あやめ塚)古墳は一辺32mの方墳です。聖塚の説明にも書きましたが、圃場整備がこの両古墳の重要性から撤回され、水田を含め周囲の景観を損なうことなく保存されているのは すばらしいことです。  肝心の古墳ですがあやめ塚のほうが幅6mの周濠部分を含め保存されているので聖塚(幅12mの周濠がめぐっているが、現状はずっと幅が狭い)よりも墳丘規模は小さいにもかかわらず、なかなかの風格です。また、聖塚では現状では十分に観察できなかった造出しが墳丘南側にはっきり見えるのもいいですね。方墳としては一回り以上大きな聖塚よりも、あやめ塚古墳のほうが早く造られたとみられています。したがって埋葬施設は、過去に聖塚で粘土槨が確認されていることからすればあやめ塚も粘土槨ではないかと考えます。
 墳丘の美しい方墳でしたが、今回のように草刈り直後という偶然にも助けられたと思います。草茫々の時期もあることは覚悟しておかなければなりません。事前に綾部資料館など行政に問い合わせればわかる場合もあります(私はよくそうしています)。 説明板によれば造出しは2段に突出する特異な形態だそうですが、現状からはよくわかりませんでした。確認されている葺石と埴輪列。石の山よりも現状のほうが美しいようにも思うのですが(撮影2020年6月23日)。 PNG 聖塚古墳と由良川 21年6月24日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

中型の石材を使った玄室奥壁が見事!


 近鉄生駒線の竜田川駅から東に1㎞ほど。矢田丘陵の山腹にある春日神社の境内の裏山、頂上には椿井城が築かれているその麓に宮裏山古墳はあります。径15mの円墳で造られたのは6C後半と推定されています。不思議なのはちょうど、春日神社の本殿に向かう階段(動画の冒頭)を登り切った左には、宮裏山古墳よりも100年以上も前の5C後半、畿内における導入期の横穴石室、ドーム型の石室で知られる宮山塚古墳(クリック)が造られていることです。そこからわずか数百メートル北に上ったところに100年余りの空白期間を経て今回の宮裏山古墳は築かれました。 ここからは動画冒頭にあるように眼下に現在の平群町を望み、その向こうには生駒の山脈が続きます。被葬者一族がこの地を奥津城に選んだ理由がよくわかります。  
 肝心の古墳ですが、墳丘はかなり封土の流失があることがわかり痩せています。そのせいもあってか全長8.3mの石室の羨道には土砂がたまり、落ちた天井板が行く手を遮ります。当然のことながら新聞紙(ブルーシートは滑るのでお勧めしません)を広げ匍匐前進ですが、長いので大変でした。ただ、途中天井石が落下しているので明るいのはご覧のとおりです。 途中から見える玄室に惹かれて先を急ぎます。見れば奥壁が中型の石材を使ってパズル状に組み合わされ、なかなか魅力的です。羨道の天井が低かったこともあり、玄室の空間の広がりにほっとさせられました。中型の石材の組合せの奥壁は大型の一枚の板石を使う前の段階なのかなと思いました。あまり持ち送りのない長方形の空間です。畿内型と呼ばれるものです。そして、奥壁に立って羨道方向を眺めると、玄室幅よりも羨道幅のほうがはるかに狭い両袖式の石室であることがわかりました。ただ持ち送りは、さきほどあまり見られないと書きましたが、羨道近くのほうは急な持ち送りとなっていました。そして、袖石は羨道と同様に2段積みになっていて、大型の石材が調達できなかったのだろうかと考えてしまいました。期待以上の優れものの石室でした(撮影2018年3月7日)。
PNG 宮裏山古墳石室イメージ図(平群町)21年6月27日作成
PNG 平群町と生駒山地 矢田丘陵 21年6月19日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ