古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

幅広の周濠に堂々とした墳丘が映える前方後円墳


 祇園原古墳群の紹介も終わりに近づいてきました。墳長84mの大久保塚古墳(92号墳)、埴輪が多数確認された百足塚古墳(58号墳)についで、有終の美にふさわしい墳長94mの前方後円墳弥吾郎塚古墳です。周辺にある墳長50mほどの52号墳、56号墳もちらっとだけ紹介しています。それにしても全国の古墳のなかで中型から大型の前方後円墳が14基も集中しているところ(百舌鳥・古市古墳群は例外)は記憶にありません。滝台古墳(クリック)、権現山古墳(クリック)を含む玉里古墳群(茨城県)や三条塚古墳(クリック)などのある内裏塚古墳群(千葉県)もありますが、前方後円墳の数は、これほど多くはなかった気がします。しかも、前方後円墳の周辺には139基もの円墳と1基の方墳を伴います。是非宮崎にいかれたならば、西都原古墳群だけでなく、一ッ瀬川を挟んで東側にある祇園原古墳群にも足を運んでください。北から南にぶらぶらと散策するとこの古墳群の素晴らしさがわかると思います(撮影2020年11月17日)。

PNG 祇園原古墳群の南端(弥吾郎塚他)
弥吾郎塚古墳(48号)(祇園原古墳群)基本データ
所在地 宮崎県新富町
形状 前方後円墳
規模 墳長 94m、後円部径52m 高さ9.8m、前方部幅52m 高さ8m
2段築成、周濠あり
築造時期 6初
出土品 不明
史跡指定 祇園原古墳群として国指定
特記事項 なし
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

完成度の高いドーム状(穹窿式)の石室がこんなところに!


 あまりに強烈なインパクトだったので記憶が薄れないうちにと、急遽アップすることにしました。いわゆる肥後型とよばれる北九州に多くみられるドーム状(穹窿式)の玄室をもつ横穴石室は、佐賀県の田古里古墳(クリック)、道越古墳(クリック)などいくつかを訪ね、そのたびに、畿内型になれた目に、新鮮な衝撃を与えてくれました。今回は、それ以上の感動というか、なにかぼーっとした感覚です。
 一つは猪よけのフェンスを越え、朽ち果てた竹材が塞いでいる道を見上げながら、案内して下さった古老(古墳の麓にあるお宅で、お聞きしたところ子供の頃に遊んだといって案内して頂きました)が、あとはご自分でと言われ帰ってしまわれたことでした。心細いったらありゃしない。先輩諸氏のブログには、尾根を登り切ったところに一軒家があり、そこから2-30mほど南に下ったところにあると書かれていたことを頭に入れながら先を急ぎました。そのお宅の主は、古老によれば、既に亡くなり、荒れ果てたままだとのこと。心細さがさらに募ります。
 幸い、思ったよりも容易にそのお宅は見つかり、動画にあるように裏の谷のほうを見ると、墳丘らしきものが目に入りました。心ははやります。ただ、こういう時に、滑ったり転んだりする可能性が高いのです。慎重に朽ちた竹材の間を縫ってようやく到達。  剣山のように墳丘に竹が密集する右手に(南方向)開口部が覗いていました。割石を平らに積ん開口部は堂々としたといった形容が一番ぴったりくるでしょうか。早く心を抑えつつ、慌てずにヘッドランプを装着して入室。多少、屈めば普通に歩ける羨道の幅は2mほど。かなりあります。4m弱の羨道の先には短い前室があり、羨道との境には袖が確認できました。扉石をはめ込むためでしょうか。溝が設けられています。この短い羨道のような部分を前室と呼んでいいものか迷いますが、「熊本県文化財調査報告第74集 1985」には「二軒小屋古墳は直径12m,高さ約3.5mの円墳で複室の横穴式石室で奥室に石屋形を有する」とあります。ここでもそれを採用。  
 肝心の玄室(奥室)ですが、玄門から足を踏み入れてまず目に入るのが重厚な石屋形です。ほぼ円形状の床の周囲の壁は小型の割石を、丁寧に積んでドーム状にしていますが、その作業の緻密なこと。脱帽です。2016年の熊本大地震でも震度6弱を記録した池上町。幸いに、小さな石片の落下(石屋形の上)程度で済んだようで、古墳の築造技術に感心しきりです。残念ながら、調査は行われておらず、石室全体の長さや、高さについても情報がありません。県、市の文化財にも指定されていないからなのでしょうか。したがって、ブログや動画のキャプションにある数字は、おおよその目安です。だいぶ今回のレポートは私情が入りましたが、到達するまでの道のりと保存状態が素晴らしいドーム状の石室がそうさせたといことです(撮影2021年12月23日)。 PNG 二軒小屋古墳石室イメージ図
PNG 二軒小屋古墳 広域図 22年1月4日


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

緑のカーペットに映える土色の墳丘

 数年前に逝去された読売新聞の考古学担当の記者だった矢澤高太郎さんが、舟塚山古墳が大のお気に入りだと言われていたのを思い出しました。何十年にもわたり各地の古墳をまわり、その異同を考古学者以上にご存じだった矢澤さんの言葉ですから、重みがあります。古墳の愛好家をずいぶん案内したとか言っておられました。私はこの古墳動画をはじめて間もない頃に一度訪問して、その素晴らしさの一端を知ったのですが、あいにく夕方。再訪の願いはようやく1年ほど前に実現しました。運よく、葉物野菜の収穫が終わりに近づき、北側からの土色の墳丘とのコントラストが実に見事でした。今回は前回と違い、前方部側から墳丘に上りました。神社がある後円部側だと、墳丘が見えず、「これ古墳?」と思いながら上ることになるので、お勧めはしません。前方部側から是非どうぞ。  
 残念ながら国指定の史跡にもかかわらず、本格的な調査は行われておらず、葺石の有無も判明していないのだそうです。出土品は周濠を調査した時に採取された円筒埴輪だけです。ただ陪塚とされる周辺の円墳などからは太刀、短甲、盾などが出土していること及び墳形から5C央の築造と判断されているそうです。なお、東国で最大の前方後円墳は、群馬県太田市の墳長210mの太田天神山古墳(クリック)ですが、墳長186mの舟塚山古墳はそれにつぐ規模です(撮影2020年12月18日)。最初にアップした動画はこちらです。
舟塚山古墳(クリックすれば飛べます)。 舟塚山古墳(石岡市)所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

国道沿いに美しい姿を留める大型前方後円墳


 全国の古墳を歩いていると、墳丘が後世、農耕地や土木工事用の土取りで大きく改変されているものをしばしばみかけます。そして人々の信仰心の厚さもあって、後円部にお社があることもしばしばです。つまり、築造当時とほぼ変わらず(と推定される)残されている墳丘は数少ないのです。今回の、三ノ分目大塚山古墳は、墳丘が123mと、全国でも310基ほどしかない墳長100m以上にランクインし、しかも、現在では墳丘すぐ東側を国道が通るという状況にもかかわらず、墳丘は美しく保たれています(道路と反対の西側は多少の改変がみられる)。
 城山(じょうやま)古墳群を見学ののち、小見川駅まで戻り、バスで大塚山古墳まで移動しましたが、バス停の目の前に現れた墳長123mの墳丘にびっくりしました。大して期待していなかったといったら古墳に失礼ですが、城山古墳群の墳頂にある大きく改変された前方後円墳(クリック)を見たあとだっただけに、いい意味でショックでした。国道の西側は住宅地なので、墳丘を遠くから眺めるというわけにはいきませんが、それでも墳丘自体を遮る建造物はなく、美しい姿を目にすることができます。  この古墳の被葬者が、かなりの地位にあったのではと考えられている理由は、後円部にたてられている3枚の板石です。いずれも、王墓クラスや、有力首長用に多く用いられた長持ち形石棺の一部で、この古墳の被葬者のものといわれています。東国では、このブログでもよく登場する群馬県太田市の太田天神山古墳(クリック)、お富士山古墳(クリック)、木更津市の高柳大塚古墳(クリック)に三ノ分目と大塚山古墳と4例しかありません。また、古墳時代に現在の霞が浦に隣接して存在した内海の香取海との関係でいえば、南側を三ノ分目大塚山の被葬者が、北側を茨城県石岡市の超大型の前方後円墳、舟塚山古墳(クリック)の被葬者が支配していたのではないかともいわれています。それにしても三ノ分目とは珍しい地名ですね。どうやら江戸時代の新田開発に伴う区画整理の関係のようです。江戸時代既に三ノ分目村と呼ばれていたようです。(撮影2020年1月17日)。

PNG 三ノ分目大塚山古墳と舟塚山古墳の位置関係 21年12月29日作成
三ノ分目大塚山古墳の位置 (日本全体)

三ノ分目大塚山古墳基本情報

所在地 千葉県香取市三ノ分目

形状 前方後円墳 3段築成

規模 墳長 123m、後円部径68m 高さ9.5m、前方部幅62m 高さ7.5m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 香取市史跡指定

特記事項 茨城県石岡市の舟塚山古墳出土の埴輪と同じ形式の埴輪が出土しており両者ともに水上交通を仕切る豪族で親しい関係にあったのではないかといわれている。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ