古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

石室長12mの方墳がなぜここに

能登半島の中ほど七尾湾の広がるJR七尾駅まですぐそこ(5㎞ほど)の低地(当時は潟湖だったと考えられている)に目指す終末期古墳、院内勅使塚古墳はありました。既に紹介した前期の前方後方墳、雨の宮1号墳、前方後円墳の雨の宮2号墳(クリックすれば飛べます)の最寄り駅、能登部からさらに北にあがったところです。徳田駅からわずか5分ほどのところにキャプションに書いたように忽然と一辺23m、高さ3.7mの方墳が現れました。発掘調査後に墳丘を化粧直ししたようで段築もよくわかる墳丘でしたが、訪れた時期が梅雨の真っ最中ということもあり開口部付近は草で覆われ少々残念でした。ところが全長11.8mと大型の石室に入ってびっくり。実に整った完成度の高い石室でした。さすが7C前半と考えられる時期に造られただけあります。玄室はやや持ち送っているものの全体に角ばっていて、天井には大型の石材が使われています。礫が敷かれた床がこれまた美しい。これで天井が高かったらさらに見栄えが増した気がしました。方墳ということから奈良県の石舞台古墳を思い出しましたが、関連性を指摘するむきもあるようです。

 ヤマト王権は古墳時代を通じてのこの地を日本海を通じた交易の拠点として重視し、前方後円墳の築造が終わった段階でもそれは変わらなかったと考えられます。6C後半には高句麗の使節が「こしのくに」(当時のこの辺りの名称)の海岸線に漂着し、北方の蝦夷との緊張が高まったとの故事も伝えられていることから、その重要性は高まりこそすれ低下することはなかったのではないでしょうか(この辺りの記述は七尾市パンフレット、能登国府を探るを参考)(撮影2019621日)。


PNG notohanntou no chomei shuumatukikofun


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

縦長の奥壁巨石が印象的な石室

 今回の愛宕平(あたごひら)古墳。天竜浜名湖鉄道の東都筑駅のすぐ北側、東名高速道路をくぐった所、トッパン(株)の工場正門の右手にあります。墳丘こそはっきりしませんが完存に近い石室が残されていることは、群を形成していた他の古墳が全て消滅していることを考えれば奇跡です。しかも古墳は駅から5分もかからないところにあるというのも見学者にはありがたいことです。

 石室開口部前には鉄柵があり一見入室禁止のように見えますが、鉄柵と開口部の間はかなり空いていて入室は可能です。不審者排除のためと勝手に理解しました。自然石で造られた石室、羨道は無骨に見えますが美しく、それは縦長の巨石一枚が置かれた玄室奥壁との対比で一層明らかになります。このタイプの石室の積み方は同じ浜松市の興覚寺後古墳釣西山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)に共通していますが、奥壁とのコントラストは今回の愛宕平が図抜けているように思えますがどうでしょうか。もっとも興覚寺後古墳は横穴石室がこの地域に入ってまだ間もない6C後半という点を考えないといけないかもしれません。なお玄室は全体に側壁中央が膨らむ胴張りの石室ですが、天井までの高さは2.2mと低めです(撮影20181210日)。

PNG atagohirakofunto tsurinishiyamakofun no 関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

さすがは国の特別史跡、西都原古墳群の一基

さすがは国の特別史跡。特に重要な史跡として指定されただけあります。全国の古墳を歩き始めた早い段階で訪れた時には、こんなもんかという印象しかなかったのですが、あちらこちら歩くうちに、その特別な存在がわかるようになりました。なんといってもその魅力は数多くの古墳が築造当時の敷地を大きく変えることなく保存されていることにつきると思います。価値のある古墳であっても周辺の状況が造られた当時とは大きく異なっている中、西都原古墳群は別格です。しかもこの墓域には前方後円墳31基、円墳279基、方墳1基、地下式横穴墓11基、横穴墓12基もの多くの古墳があり、その一部は今回の46号墳の墳頂からも垣間見えます。もっとも古墳群の中心的存在でありながら墳丘がほとんど見えないためにこのブログでもサワリ程度にしか紹介していない男狭穂塚、女狭穂塚については残念の一言です。

今回の46号古墳は、古墳群全体が3群に分けられる中、第1群に含まれ郡中最も遅く4C末から5C初めに築かれたと考えられている墳長83.6mの前方後円墳です。丁度、前期と中期の狭間にあたっていますが、前方部幅はあまり広がらず、高さは後円部のほうが前方部よりも高い前期古墳の姿をとどめています。調査で明らかになった段築は後円部、前方部ともに三段です。運よく草刈りのあとに訪れたためにその様子をはっきりと確認することができました。現地説明板によれば埋葬施設は後円部で確認された方形区画、つまり竪穴石室ではないかとみられています。全面的に墳丘は葺石で覆われていたそうで、その一部が墳丘裾南側に保存されています。それにしても石は小ぶりで、これではさほど時を経ず崩落してしまったのではないかと思いました。これまでに紹介した西都原古墳群の数々は以下のとおりです。併せてご覧ください。
PNG dougasatueiichi saitobaru46goufun


PNG saitobaru46goufun basho

西都原13号墳と35号墳
西都原169号墳
西都原170号墳と171号墳
西都原202号墳
鬼の巌(いわや)古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

がっしりとした造りの背の高い玄室

覆いかぶさるような巨大な板石に圧倒された野村八幡神社古墳(クリックすれば飛べます)を後に、段の塚穴型石室の本家、太鼓塚古墳に急ぎます。吉野川沿いの県道12号線を真西、約2㎞のところにあるはずでさほどの距離はないはずです。ただ、徳島に戻るには徳島本線の貞光駅1611分発の電車に乗らねばならず、太鼓塚古墳からは4㎞以上、気は焦ります。何度か道を聞き、漸く到着。県道から北方向に少々あがったところに動画1の冒頭にあるように太鼓塚古墳と、棚塚古墳が並んでいました。残念ながら墳丘は緑に覆われ円墳とはわかりませんが、お目当ての石室は開口部に鉄柵があるものの鍵は掛けられておらず嬉しいことに自由に入室できます。

太鼓塚古墳の魅力はなんと言っても小口積みの美しく細めの羨道と、袖石を境に広がるがっしりとした巨大な空間です。野村八幡神社の斜めに天井に架けられた巨大な板石にも度肝を抜かれましたが、こちらのほうはより精緻に天井部分の長方形の区画に向かって四方から段状に石が積まれていてただただ感嘆。工人の技術とそのセンスのよさが光ります。玄室の高さは奥行き4.6m、幅3.4mに対して4.2m。背の高いがっしりとした箱のような感じです。ヘッドランプに照らされて浮かび上がる壁面の様子が十分ではありませんが動画で捉えられています。このあと棚塚古墳(未アップ)を見学し貞光駅まで猛ダッシュしました。ただただ遠かったのですが、古墳と直接関係がないのでカット(撮影201942日)。

 


PNG taikozuka nomurahachimanjinnjya kofun ichikannkei

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ