古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:01.特におすすめ

朱で描かれた円文が確認できる複室構造の石室

この日は善院古墳群(クリックすれば飛べます)のところでも書いたように、久留米駅から田主丸方面行きのバスに乗り、まず、お目当ての装飾古墳、前畑古墳を訪れました。久大本線の北側を流れる筑後川沿いは古墳街道といってもよいほどいくつもの古墳が築かれており、装飾古墳も数多く残されています。年に春秋の2回、一斉公開の時期があるそうですが、今回はいつも見学可能な前畑古墳です。個人のお宅内ですが久留米市か福岡県が立てたのでしょうか動画1の冒頭にみる立派な石柱が迎えてくれます。お声がけをしてからというのがマナーですがどなたもおられず、道路脇に残る墳丘に近づいてみました。

 削平されていることは明らかですが説明板によれば径20m、高さ4.5mの円墳と思われるのこと。西(記憶が曖昧です)を向いて開口する石室は長さ8.5m。羨道は説明板の実測図からすると3mですが、天井板が抜けている部分を加えるともう少し長い気がします。九州の石室に多い複室構造です。ただし前室は長さ1.5mほどとかなりこぶりです。玄室との境の袖石は巨石で、入り口を狭くして玄室の広さを感じさせる視覚効果を狙っているように思いました。

 説明板によれば奥壁、側壁、前室の柱石、天井の板石に朱に塗られた同心円、円が書かれているのですが、剥落が著しく、なるほどと確認できるのは奥室(玄室)の奥壁と側壁だけでした。それでも1400年ほど前に描かれた文様が目の前にあると思うと不思議な感覚に襲われました。出土品は豪華で杏葉(ぎょうよう)等の馬具、金環、桂甲小札、刀子などが確認されており、築造時期は6C末とみられています(撮影2020220日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳を築いた理由がよくわかる東側の道 


 今回の白石稲荷山古墳、前回とは違い墳丘東側を通る県道173号線沿いに上信電鉄西山名駅から歩いてみました。丁度1時間ほどの距離で途中、鏑川を渡ります。上州の空っ風でしょうか。時折体が吹き飛ばされそうになるほどでしたが、墳丘を遠くから確認できた時はいつものように感激でした。動画4の冒頭では、あたかも手前に前方部、桜の巨木が立つ前方部が奥に見えますが、手前は陪塚の墳丘で前方部は、この角度からはみえません。しかもベストショットが撮れるはずの道沿いには、ゴルフ練習場があり、墳丘はネット越しです。残念です。それはともかく、この県道、ひっきりなしに車が行き来しています。おそらく古墳時代からこの道はあったはずで、人々は墳長155mの威容に足をとめたのではないでしょうか。この墳丘を見上げる立地のよさは、前回、墳丘の西側しか歩かなかったので全くわかりませんでした。やはり色々歩いてみないとわかりません。

 藤岡市の教育委員会と早稲田大学が共同で2018年から2019年にかけて地中レーダー調査を行い、従来170m以上とされた墳長が155mとなり、前方部にも埋葬施設があることがわかったそうです。前回の1-3の動画はこちらです(撮影20191227日)。
PNG dougasatsueiichi shiroishiinariyama rinyu-aru ban
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

玄門がジグソーパズルのような緑泥片岩製の石室

 
 石室が開口ししかも見学が可能な前方後円墳が埼玉県にあるとは。驚きました。7C初頭の築造、しかも墳長は102mと畿内では前方後円墳終焉後も盛んに造られた東国でも、なかなかの規模です。ただ石室は後円部、くびれにある石室ともに普段施錠されており、真観寺の御住職に許可を頂く必要があります。今回はラッキーなことに小学生の歴史の授業のタイミングと重なり見学ができました。開口部に近づくといきなり目に飛び込んできたのはジグゾーパズルのような不思議な壁です。説明によれば複室構造の前室と後室(玄室)の境の玄門(仕切り石)の右下部に行き来できる開口部が設けられていたものの、左上部が崩れ現在の姿のようになってしまったようです。その下部をみると段差があることがわかります。江戸時代の寛永11年(1634)に発見されたとのことですから、その凝った造りは現在よりもよくわかったのではないでしょうか。石室全体は秩父産の緑泥片岩でできていて壁石は多くが1枚の大型の板石です(前室の右側壁は2枚)、天井石も1枚のようです。動画でもおわかりのように整った四角箱といった感じです。ただ、玄門の一部が崩壊しているように華奢な印象はぬぐえません。他方、石室の天井石の上には後円部があり、よく他の古墳石室でみかける土圧による歪みもありません。この構造はいったいどうなっているのか不思議です。なお、くびれにある小規模な第二石室はいずれ墳丘とともに紹介します。なお埼玉県で見学可能な石室は少なくありませんが、どれも円墳ないしは方墳で、今回の真観寺古墳は前方後円墳という点で貴重です。緑泥片岩を用いた石室は小川町の穴八幡古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しており比較してご覧ください。

また小見真観寺古墳(クリックすれば飛べます)よりやや後に築かれた径80mの巨大円墳(墳丘は消滅)と考えられる八幡山古墳は長大な石室が残ります。同じ行田市にあり4㎞ほど南東に位置します。真観寺古墳へのアクセスは秩父鉄道、武州荒木から北へ15分ほど歩いたところです。県道7号線沿いですからすぐにわかります(撮影20191016926分)。

PNG shinkanji kofun gyoudashi zu
PNG omishinkanjikofunto hachimanyama kofunn no位置関係

真観寺古墳基本データ

所在地 埼玉県行田市小見

形状 前方後円墳

規模 墳長108m、後円部径55m 高さ8m、前方部幅48m 高さ7m

石室 前室奥行2.7m 幅2.2m 高さ2.1m、後室(玄室)2.4m 幅2.2m 高さ2.1m

2石室(くびれ)後室のみ残存、 墳長2.8m 幅1.76m 高さ1.12

築造時期 石室7C初、第2石室 7C前から央

出土品 第2石室から甲冑、刀剣、銅鋺、土器(1880年に発掘調査)

史跡指定 国指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

前室も後室(玄室)も穹窿式(ドーム型)天井の見ごたえある1号墳



 この日は強行軍でした。朝、博多を発って久留米に。西鉄久留米駅から田主丸方面のバスに乗りまず草野バス停近くの線刻模様が残る前畑古墳に寄り、そのまま1時間後のバスで善院古墳群に向かいました。先輩諸氏のブログを見て大いに期待していた4号墳は残念ながら見ることができませんでした。立派なお庭の一角に径25mの墳丘が聳えるのをみて、大いに胸が高鳴りましたが、奥さんのお話では数年前の豪雨災害で石室開口部が崩れ、中には入れなくなってしまったとのこと。事前の調査不足でした。 もっとも1号墳は予想以上の石室でした。バス停近くにあり、その変わった2段築成の墳丘から後世に大いに手が加えられたことはすぐにわかりました。久留米市文化財課の方の話では100年ほど前にツツジが生い茂っていた墳丘を所有者の方が伐採し、古墳のように整備されたとのこと。そうなんですね。しかしヨーロッパの古城のなかに紛れ込んでも違和感のない造りです。とりわけ望楼のような墳頂の突起物が印象的です。実はこれ穹窿式(ドーム型)の後室(玄室)の高さ4mにあるむき出しの天井石なのだそうです。いははや驚きです。ということは盛土はさらに上まであったということになります。この1号墳、前室も穹窿式です。こちらは3m。複雑で凝った造りの石室ははじめてお目にかかりました。善院古墳群は現在8基が残り(すべては確認できませんでした)6C後半に築かれた円墳だそうです。動画3では石棚があるとされている玄室半分が残る7号墳(よくわからなかった)それに、半壊状態ですが使われている石材の大きさにびっくりの8号墳を紹介しています(撮影2020年2月29日12時)。PNG zenin 1goufun sekishitsu ime-jizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ