今回紹介する後期古墳の船塚古墳が属する公津原(こうづはら)古墳群は京成電鉄成田空港線の成田湯川駅南方向3㎞ほどの範囲に点在する三つの支群から形成されている古墳群です。駅近くの外子代公園内にある円墳17基の八代台古墳群、古墳群の中央に位置し前方後円墳2基、前方後方墳1基、円墳11基、計14基からなる天王塚、船塚古墳群、最も南の前方後円墳1基、円墳3基、方墳2基、形状不明1基の計7基の瓢塚古墳群の三つです。現存するのは38基ですが元は114基を数えたようです。これら多数の古墳が古墳時代前期と中期の境すなわち4C末から6Cにかけて築かれているのですからいつもながら驚きです。

南に下る途中に墳丘をのぞかせるいくつもの古墳の姿は見応えがあるといってよいでしょう。小さな円墳に混じって墳丘が50mを超える天王塚古墳や今回の船塚古墳、さらには形がよく残っている瓢塚古墳が全体を引き締めます。興味深いのは住宅地にありながら古墳のある周囲は公園として整備されるか小学校の校庭隅に保存されており古代と現代が見事に共存していることです。古墳群全体を公園化するのがベストでしょうがそうもいかない事情を考えればこうした試みは今後の史跡保存のあり方を示唆しているようにも思われます。

目指す船塚古墳は成田ニュータウンの赤坂公園内にありました。八代台古墳群を見たのち天王塚古墳に寄ったりしたこともあり思ったよりも時間がかかりましたが直行すれば30分ほどでしょうか。想像以上に大きな公園で赤坂消防署の交差点入口から墳長80mを越す墳丘を見通すことはできません。青空に映える木立の後の高みが墳丘ではないか。そう思って近づくと角ばった墳丘が横たわっていることに気づきました。ただ通常、左側が後円部で右側が前方部などすぐに見分けがつくものですが、動画1でおわかりのように平らな方形上のものがあるだけ。不思議です。思い出したのは訪ねられた皆さんが前方後方墳には見えないとブログで書かれていたこと。たしかに墳丘に登り歩いてみると細長い方墳のようにも見えます。6Cの築造と考えられています。教育委員会によれば発掘調査はしていないが測量の結果前方後方墳であることが明らかになったそうです。現在の墳丘は後に人の手が加わったものということです。80m超の前方後方墳。元の姿はさぞかし見応えがあったのではないでしょうか。動画2の最後には8号墳(船塚古墳)に寄り添うように並ぶ円墳、9号墳が映っています(撮影日20161231日)。
PNG kouzuhara kofunngunn zuPNG funazuka(kouzu8gou )




船塚古墳(公津原古墳群8号墳)基本データ

所在地 千葉県成田市

形状 前方後方墳

規模 墳長86m 幅53m(現状86m×53mの方形)高さ7m 周濠あり

築造時期 6C

出土品 埴輪片

史跡指定 千葉県

特記事項 現状は動画1で見るように方形


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村