古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:考古学

今回は以前紹介した奈良の市尾宮塚古墳のすぐ近くにある市尾墓山古墳です。後期の6C前半に造られたと考えられる前方後円墳は墳長65mしかありませんが、それ以上の規模に見えるのは不思議です。動画3を篤とご覧ください。水田の中に浮かぶように聳えるその姿は遠くからも明瞭にわかる見事な二段築成の墳丘です。市尾宮塚よりも一回り大きく築造時期もやや早めのようです。後円部の石室には宮塚と同様に刳抜式家形石棺が置かれていますが、残念ながら小さな窓越しからしか見ることができず、動画は断念しました。

 

 盗掘されてはいたもののガラス玉・水晶玉などの玉類、馬具、刀、鉄鏃、円筒埴輪など多数の副葬品があったことが発掘調査で明らかになっています。墓山、宮塚両古墳の被葬者は、巨勢氏の支配地域だったことから巨勢谷とよばれるこの地域の関係豪族だったのでしょう。この古墳が造られたあと暫くして最後の巨大古墳である五条野丸山古墳が築造されます。

 

近鉄市尾駅から徒歩で10分ほど。北方向に歩き一つ目の信号を左折すると市尾郵便局が見えます。それを越えて右手に古墳は位置しています。


PNG re ichiohakayama zu

 今回紹介するのはいよいよ東京の古墳です。といっても墳丘が素人の目からみても古墳とわかるのは5C中頃に築造されたといわれる野毛大塚古墳しかありません。今でこそ開発の波が押し寄せ削平されたところが多いとはいえ東京、旧国の武蔵の多摩川流域には多数の古墳が前方後円墳をはじめ存在していました。いずれ紹介する前期の多摩川古墳群も、雑木林が生い茂ったままですが長期にわたり墳墓が築かれてきました。

 

肝心の野毛大塚古墳は遠くから見ると円墳にしか見えません。しかしよく見ると北側に短い前方部がついていることがわかります。長さは15mです。後円部が82mですから、いかにもアンバランスで、上から見ると帆立貝にそっくりです。専門家はこの形式を帆立貝式前方後円墳と名づけました。この様子は動画4でじっくり見ていただけます。なるほどという感じです。


 それにしてもなぜ本格的な前方後円墳ではないのでしょうか。専門家の池上悟さんはこの点について「在地首長墓の前方後円墳から帆立貝式(円)墳への転化は、決して内在的な要因で決定されたものとは考えられない。地方勢力の糾合を基盤として覇権を争った畿内有力諸集団の動向を鋭敏に反映した事業として理解されるところであり、河内王権に直像した地域勢力の扶植として位置づけられよう」(池上悟「多摩川流域における首長墓の様相」、季刊考古学別冊15 武蔵と相模の古墳、2007年)と分析しています。


いささか難しい記述と思われるかもしれませんが、要は、被葬された首長が勝手に帆立貝式に決めたのではなく、5Cに中央集権を確立し超大型の前方後円墳を築き続けていたヤマト王権が地方の首長を影響下に置いた証として帆立貝式の前方後円墳の築造を認めたということなのでしょう。実に興味深いですね。当時の野毛の地域は中央のヤマト王権と密接な関係を有していたということになります。それは、甲冑、鉄剣、直刀、鉄鏃はじめ豪華な副葬品からも明らかです。


 古墳は東急大井町線上等々力駅から歩いても15分ほどのところにあります。駅を南に500mほど下り等々力不動尊の信号(環状八号線)を右折して400mほどの左手の玉川野毛町公園内にあります。駐車場とテニスコートがみえます。野毛大塚公園のワンブロック手前には、等々力渓谷公園があり小規模な終末期の横穴石室も見ることができます。

PNG nogeootsukakofun zu 修正の最後






  最初にアップした古墳時代の開始を告げる箸墓古墳はJR桜井線の巻向駅近くにありました。そこから北方向に2kmほど歩いた柳本駅近くに今回紹介する墳長130mの前期初頭、3C末の築造といわれる黒塚古墳は位置しています。両駅の間に渋谷向山(景行天皇陵)、行燈山(崇神天皇陵)、櫛山と続き、さらに次の長柄駅に向かって西殿塚(手白香皇女陵)、下池山など墳丘が残る大規模な古墳が続きます。

 JR
の線路沿いの道を歩くのが最短ですが、時間があれば三輪山を眺めながら山の辺の道を歩くルートがおすすめです。まさに古墳街道です。いずれのルートを通っても黒塚古墳は通り道にあります。古代の人々も眺めたに違いない三輪山がすぐそばに聳えていて不思議な感覚に襲われますが、実は、この大規模な古墳群にはヤマト王権初期の王墓が並んでいるといわれています。

 この黒塚古墳が一般の人々に名が知られるようになったのは1997年ですから比較的最近のことです。後円部の竪穴石室の発掘調査で魏から卑弥呼に下賜されたといわれる三角縁神獣鏡が33面、画紋帯神獣鏡1面がほぼ副葬当時の状況のままに見つかったのです。これほど多数の三角縁神獣鏡が見つかったのは32面を数えた奈良県木津川市の椿井大塚山古墳以来のことでした。竪穴式石室の発掘時の石室のレプリカを古墳に隣接する天理市黒塚古墳展示館でみられます。朱に塗られた石室の様子を皆さんはどう思われるでしょうか。残念ながら墳丘自身は、戦国時代の柳本城、江戸時代の陣屋の形成によって大きく改変されているのだそうです. アクセスは冒頭に書いたように非常にわかりやすく、柳本駅から東側徒歩五分にある柳本小学校の真向かいです。 PNG kurotsuka zu



黒塚古墳データ

所在地 奈良県天理市柳本町

形状 前方後円墳

規模 墳長 130m 後円部径72m 高さ11m 前方部幅60m 高さ6m

出土品 三角縁神獣鏡等 

史跡指定 国指定 

特記事項 後円部、前方部の高さの落差が大きく、周濠をもつ

今回は古墳マニアの間でもあまり知られていない横穴石室のある古墳時代後期の6C中頃に築造された前方後円墳を紹介しましょう。それは福岡県の博多から一駅、竹下駅の真ん前にありました。墳長75mの東光寺剣塚古墳です。福岡市の埋蔵文化財センターで教えて頂きました。

   三角縁神獣鏡が出土した前期初頭の那珂八幡古墳も近くにありますが、墳丘の残存状況の点ではこちらのはるかに上です。それもそのはずアサヒビールの博多工場の敷地内に丁寧に保存されているからです。残念ながら古墳を囲むようにして建物が建っていることと墳丘の雑木林を自然のままにしているために素人には単なるちょっとした小山にしか見えません。おそらく敢えてそうしているのだと思います。それでも、後円部に開口した立派な横穴石室までくると、存分に古墳を実感することができます。社会貢献の一環なのでしょう工場の北門の警備室で手続きをとればだれでも見学できます。


  アクセスはJR鹿児島本線で博多駅から一駅の竹下で下車。アサヒビール工場の北口を目指します。工場の敷地内を横切ることはできないので沖学園側から迂回することになります。徒歩10分。



PNG toukoujikenzuka zu

所在地 福岡市博多区竹下

形状 前方後円墳

規模 墳長75m 後円部径46m 高さ5.9m 前方部幅59m 高さ5.9m

出土品 形象埴輪、刀、鏃、勾玉

史跡指定

特記事項 後円部に横穴式石室。

花崗岩と玄武岩と阿蘇溶結凝灰岩(石屋形、石棺とは違い開放型の死者を葬る床)
でつくられ全長9mだそうです。玄室は長さ4.2m幅2.42.8m高さ2.83.0m。



 

 今回紹介するナガレ山古墳は奈良県でも有数の古墳群として知られる馬見古墳群の中の墳長103mを数える前方後円墳です。馬見古墳群といっても古墳マニア以外にはピンとこないかもしれません。GoogleYAHOOの地図で近鉄線田原本線の池部駅を起点にして少々北に目を移すと墳長215m巨大前方後円墳の大塚山古墳(北群)があります。馬見古墳群の北群のある河合町を広陵町方面に南に下ると墳長204mの巣山古墳やナガレ山古墳が含まれる中央群があり、さらに大和高田市方面に下ると陵墓参考地墳長210mの新山古墳がある南群となります。直線距離で大塚古墳から6kmほどの間に4C 末から6Cにかけてこれだけの大きな古墳が造られ続けてきたわけですから、当時、この地域を支配した有力な豪族の墳墓であった(葛城氏一族の墓という見解もあります)ことは素人目にもわかります。



 やや前置きが長くなりましたがナガレ山古墳は馬見丘陵公園の南端にあり、5分ほど歩くと周濠の見事な巣山古墳があります。古墳は東半分が葺石を葺いて築造当時の姿に、西半分は芝を植えて墳丘を復原されています。1975年に墳丘が土取りで破壊されかけたことをきっかけに発掘調査が行われ、地元の人々の協力も得て(動画、静止画にみる埴輪作製)1997年に現在の姿になったそうです。その他、乙女山古墳(帆立貝型)はじめ数多くの古墳が並ぶ公園は見応えがあります。

 アクセスは近鉄田原本線池部駅に隣接する河合町役場横に公園の入り口方面の道があります。わかりやすく迷うことはないと思います。

PNGナガレ山カメラ




 

ナガレ山古墳データ

所在地 奈良県北葛城郡河合町佐味田字別所下

形状 前方後円墳

規模 墳長 105m 後円部径 65m 高さ8.75m 前方部幅70m 高さ6m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、石製模造品、石製玉類、鉄製品、土師器、須恵器等

史跡指定 国指定

特記事項 前方部と後円部に埋葬施設


 古墳踏査をはじめてから是非訪問したいと思っていた古墳が今回紹介する岡山県岡山市の浦間茶臼山古墳です。箸墓古墳の二分の一の設計という多くの古墳マニアの方々が知っている事実に妙に心を動かされたのです。箸墓古墳を飾っていた特殊器台は吉備、岡山のものですし、前方後円墳が本格化する過程で吉備とヤマトは緊密な関係を維持していたことは多くの専門家が指摘しているところです。



いったい古墳は現在どのようになっているのか。墳丘にも登れると聞いていたので一層、期待してしまいました。初冬のある日の夕方近く、ようやく着いた東側の畑を介してみる浦間茶臼山古墳は寒風の舞う中、ひっそりとたたずんでいました。もっとも、西側は住宅団地が迫っていて古代とは遠い景色が広がっていました。墳形も長い年月の間に荒らされ相当変わっているようですし、後円部から前方部にかけては竹藪や雑木に遮られて墳丘がわかりにくかったのが残念でした。おそらくタイミングの問題でしょう。後円部には伐採された雑木が積まれ、盗掘後の穴も見ることができませんでした。それでも1800年余りもの間、地元の人々の努力によって基本的な形が維持されてきた点は大したものだと思います。機会があれば再訪したいと思います。



 岡山駅から宇野バス片上方面行に乗り40分ほど。山の端で下車して徒歩15分。バスの本数は二時間に一本ほど。バス停前のコンビニサークルKの裏にある川沿いを北東方面に歩き岡山不動寺を左折し200mほど直進。コンビニさかいを左折すると右側にみえます。


 


 


浦間茶臼山古墳データ

所在地 岡山県岡山市東区浦間
形状 前方後円墳規模 墳長138m 後円部径81m 高さ13.8m 
          前方部幅不明 前方長61m 高さ6.7m
築造時期 前期 3C末
出土品  埴輪、細線式獣帯鏡片、銅鏃、鉄鏃、鉄刀、鉄剣、鉄のみ、鉄斧等
史跡指定 国指定
特記事項 後円部竪穴式石室

 今回は6C後に築造されたとされる殿塚、姫塚古墳を紹介しましょう。前方部を西に向けた墳長88mの前方後円墳です。すぐ隣には一回り小さくした墳長58.5mの姫塚があります。古墳まで芝山町立古墳・博物館から徒歩で30分ほどの道のりは、急阪ではないもののアップダウンが繰り返され栗山川と木戸川にはさまれた台地を歩いていることが実感できます。田畑が広がり頻繁に大型トラックが行きかう道を下ったところに二つの古墳が眠っていました。美しく整備され、静寂な墳丘には桜が咲き始めていました。墳丘、内濠、外堤がよく残っています。



この古墳は、発掘された出土品の豊富さ豪華さで知られています。殿塚の石室からは頭推の太刀・青銅椀・勾玉・ガラス玉・金環等が、また隣の姫塚からは、形象埴輪の他石室から勾玉・切子玉・金環・飾り太刀・馬具が出土しています。葬列埴輪はほぼ完全な形だったために、形象埴輪の並べ方の意味を考えるうえで貴重な資料となったようです。これらは古墳が立地する横芝光町から徒歩で30分ほどの芝山仁王尊の「歴史の里 芝山ミューゼアム」(芝山町立古墳博物館が隣接)で公開されています。畿内では6C中頃に埴輪は姿を消すなかで、関東では、群馬、千葉などでその後も作り続けられたということになります。

 
  アクセスはJR総武線で松尾駅まで行き、コミュニティーバス芝山ふれあいバスで15分ほど仁王尊下車。バスはバス停から見える石段をのぼり10分ほど歩くと公園内にある町立古墳博物館に出ます。この道はわかりやすいです。ここで古墳までの地図をもらうとよいと思います。思ったよりも遠かったので時間は余裕をもって。バスは2-3時間に一本です。時刻表は芝山町役場のHPにあります。

Jpeg tonozuka zu





殿塚 姫塚古墳データ

所在地 千葉県山武郡横芝光町中台

形状 前方後円墳

築造時期 6C

規模 殿塚 墳長 88m 後円部径58.4m 高さ 10.4m 前方部幅58m 高さ10m

姫塚 墳長 58.5m後円部径33m 高さ 4.4m 前方部幅33m 高さ5m

出土品 形象埴輪等多数

史跡指定 芝山古墳群として国史跡

特記事項 殿塚は後円部、姫塚は前方部に横穴式石室。ともに埋戻し。


 

今回はこれまで紹介した中では290mの墳長を誇る大阪府堺市の土師ニサンザイ古墳です。大仙(仁徳天皇陵)、陵山(履中天皇陵)古墳とともに百舌鳥古墳群を形成し、規模では全国では第8位ですが十分に巨大です。古墳群の中では最も新しい5C後半の築造といわれています。墳丘は陵墓参考地(天皇、皇后、皇太后を葬った陵及びその他の皇族を葬った墓の可能性がある)として宮内庁が管理して一般の人々は近づくことはできないものの、堺市が管理する周濠を囲む御陵山公園は大仙古墳などよりも建造物が接近していないためかその巨大さを実感できます。もっとも陵墓ではないために拝所はなく威厳に欠けると考える人もいるようです。


  上空から見た土師ニサンザイ古墳は前方部が大きく広がり、墳丘を囲む周濠が印象的でした。もっとも、築造した人々を含め古代人がこの姿を見ることはなかったわけで実に不思議な気分でした。前方部が大仙(仁徳天皇陵)、陵山(履中天皇陵)が南を向いてるのに対して、近くの御廟山古墳とともに西向きです。それにしてもなぜニサンザイというのでしょう。陵すなわちミササギが訛ったものだそうです。


   南海高野線を中百舌鳥駅で下車し、府道28号線を南西方向に1kmほど歩き百舌鳥八幡南の信号を左折すると右に見える森になります。

Hajinisanzai chizu PNG





所在地 大阪府堺市百舌鳥西之町

形状 前方後円墳

規模 墳長290m 後円部径156m 高さ24m 前方部幅226.5m 

高さ22.5m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、須恵器、木製品(立ち飾り)

史跡指定 宮内庁治定 東百舌鳥陵墓参考地 

特記事項 三段築成、二重の周濠がある。堺市は2015130日、

蓋(きぬがさ)を模した木製埴輪の上部に立てられた「立ち飾り」が出土したことを発表した。



 

今回紹介するのは前期後半(4C後半)奈良県、天理市に築かれた墳長106.5mの赤土山古墳です。至近距離のところに国宝の指定を受けた七支刀が発掘された東大寺山古墳、和邇下神社古墳が造られています。どちらも赤土山よりもやや大きな前方後円墳です。被葬者はいずれもこの地域を支配した人物だったのでしょう。当時、葛城氏とならび有力な豪族だった和邇氏の墓ではないかといわれています。同じころに当時の大王墓だと考えられる佐紀古墳群の墳長276mの神功皇后陵(五社神古墳)、210m垂仁天皇陵(佐紀陵山古墳)が、また前方後方墳では墳長183mと最大の規模を誇る西山古墳が造られています。さすがは畿内という感じがします。既に紹介した地方のいくつかの前期古墳とは格が違うといったら誤解を招くでしょうか。



赤土山の古墳で何より驚いたのは動画、静止画像で確認できる後円部先端の10の家形埴輪群です。発掘調査で明らかとなった家形、水鳥の埴輪が忠実に復原されていますが、素人目にはくびれあたりの造り出しではなく、なぜ先端部分におかれたのは不思議です。それにしても豪華な祭祀ですね。復原された墳頂からは想像できませんが、築造されて間もなく起きた地すべりで墳丘は大きく損傷を受け、円筒埴輪なども埋没した状態で発掘されたようです。



JR桜井線 櫟本(いちのもと)で下車し169号線まで出たところの信号(右にガソリンスタンド)を右折し、左手にみえる和邇下神社を左折(参道)して500mほどで公園がみえます。

PNG akandoyama zu



赤土山古墳データ

所在地 奈良県天理市檪本町

形状 前方後円墳

築造時期 前期末 4C

規模 墳長 107m 後円部径44×33m 高さ7m 前方部幅50m 

高さ11m

出土品 朝顔型、家形等埴輪、石製品、腕輪、玉飾り、刀剣類等

史跡指定 国史跡

特記事項 後円部先端に家形埴輪が立ち並ぶ造り出しあり


 


 

今回紹介するのは畿内では前方後円墳がみられなくなった終末期の6C末(7C初ともいわれる)に現在の群馬県高崎市(当時の上野国)に造られた100m規模の八幡観音塚古墳です。既に仏教が伝来し、間もなく白村江の戦いを迎える時期になります。


 この地には観音塚に先立ち、5C後半に平塚古墳、6C前半に二子塚(いずれも前方後円墳)が造られて八幡古墳群を形成しています。東国以外の首長墓は円墳や方墳が主流となるなかなぜ東国では前方後円墳が造り続けられたのか興味深いところですが、そこは専門家の議論に委ねましょう。大型の墳墓築造の理由が権力、権威を「見せる」「見せつける」という点にあるという点からすると碓氷川、烏川に囲まれた台地は絶好の地であったに違いありません。高崎市からコミュニティーバス(ぐるりん少林寺線)で十分体感できます。バスに40分ほど揺られJR信越本線群馬八幡駅を過ぎたあたりから丘陵が迫ってきます。西部公民館前あたりからの急坂を一気に登り切ったところに古墳は立地していました。前方部が後円部に比して大きく(高さも高い)発達した墳丘は人々の心に焼き付いたことでしょう。


 この古墳は関東の石舞台ともいわれる巨大石室と発掘された銅承台付蓋碗や画文帯環状乳神獣鏡など豪華な副葬品(一括して重要文化財)でも知られています。太平洋戦争中の防空壕掘削途中に地元の人々により偶然発見された貴重な品々は丁寧に保管され、それが現在、古墳から200mほどのところにある観音塚考古資料館の前身になったと聞きます。鍵がかかっていて全く中の様子すらわからないどこかの石室と違い、石室は開口しておりいつでも見学可能です。このあたりが地元主導で保存されてきたことの強みかもしれません。資料館で懐中電灯も常備されているのにも驚きました。動画でどこまで雰囲気を伝えることができたかはわかりませんがご覧ください。


 アクセスは既に書いたように高崎駅西口発のバス、ぐるりん少林寺線で考古資料館前下車が最も便利です。ただ、バスの本数は1時間に一本しかありません。JR信越線群馬八幡駅から徒歩だと30分ほど。

↑このページのトップヘ