古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:考古学

今回は4回目に紹介した大分県宇佐市の前期古墳、赤塚古墳と同じ古墳群、川部高森古墳群にある鶴見古墳です。この古墳群には6基の前方後円墳がありますが、その最後に、おそらく6C中頃に築造されたといわれています。後期の前方後円墳では一般的な横穴式石室があり、動画でもわかるように短く幅広い前方部をもっています。規模としては墳長31mと小さなものです。3Cから6Cの300年の間、この地域に集中して前方後円墳を中心とした墳墓が造られたことは、安定的な支配を宇佐の地域に継続して被葬者が行っていたことを示すものでしょう。このサイトでは後期、終末期の横穴石室の内部を動画で紹介していますが、ずいぶんと異なるものですね。

 JR宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。

 


鶴見古墳データ

所在地 大分県宇佐市大字高森

形状 前方後円墳

規模 墳長31m 後円部径21m 高さ3m前方部幅17m 高さ2m

築造時期 6C中頃

出土品 ガラス製小玉、銅釧、耳飾、鉄鏃、刀子、土師器、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 石室は奥行き2.8m、幅2m、天井高2.5mの片袖式の横穴式


 今回は京都府長岡京市の5C中頃の築造と考えられる中期古墳、恵解山古墳を紹介します。関西の方には馴染みのあるところでしょう。京都から東海道線で大阪に向かう途中、右手に見える山並みがぐっと迫ってくる山崎の近くです。山崎といえばサントリーの工場で有名ですね。この古墳時代中期は、それまで最初に紹介した箸墓古墳をはじめとする大型の前方後円墳の築造地が奈良盆地東南部から、応神天皇陵のある古市古墳群、仁徳天皇で有名な百舌鳥古墳群の位置する河内・和泉方面に移動した時期にあたるそうです。権力が移動するような政治的再編が行われたと考えられるわけですが、それは地方でも例外ではなく、「地方でも大型前方後円墳が出現しており、それまで小地域を治めた首長が、より大きな地域を従えるようになった」と専門家は述べています(恵解山古墳―乙訓最大の古墳― (長岡京市埋蔵文化センター、2014)。

 素人目には水運で重要な役割を果たしたはずの淀川流域を有力豪族が支配して当然という気がします。淀川そのものの重要性が増したのかもしれません。恵解山古墳の被葬者はそうした人物だったのでしょう。墳長は128m、三段築成で築かれた斜面には葺石が葺かれ西側造り出しには埴輪が取り囲んでいます。見事な復原古墳です。この古墳が特に知られるようになったのは、鉄製の刀剣、槍、弓矢など武器類700点余りが埋納された専用の埋納施設が発見されたことでした。現地でも施設が復原され、長岡京市埋蔵文化センターでは発掘された武器類を見ることができます。動画2では前方部と後円部の境にある武器埋納施設が見えます。

 それにしても、これほどの武器類がなぜ埋葬されたのか個人的には不思議な感じがしています。鉄素材は輸入していたほどの貴重品のはずですし、倭は当時、朝鮮半島に進出し高句麗と戦っていた頃で軍事的余力はなかった気がするのですが。いずれにせよ多くのことを考えさせてくれる古墳です。阪急西山天王山駅東改札口からサントリーの山崎工場の正門前をとおりすぎ、一つ目の恵解山口の信号を左折すると右手に見えます。駅西側にある埋蔵文化財センターはだいぶ離れたところにあり探すのが大変でした。なお動画1の最初のキャプションに後方部から後円部とあるのは前方部から後円部の誤りです(撮影日 動画1と2 2015117日、3以降2017216日)。

PNG igenoyama zu



 

恵解山古墳基本データ 所在地 京都府長岡京市勝竜寺・久貝 形式 前方後円墳 規模 墳長 128m 後円部径78m 高さ8m 前方部幅78m 高さ6.5m 築造時期 5C中頃 史跡指定 国指定 出土品  鉄製武器類、円筒埴輪、形象埴輪 特記事項 大量の武器が埋納されている施設が前方部にあることは極めて稀。

 今回紹介する古墳は、神奈川県海老名市の秋葉山古墳群の六つの古墳の中から最も古い時期に造られ弥生時代と古墳時代の過渡期的性格をもつとされる前方後方型墳丘墓の4号墳と、古墳群の中では最後の築造(4C)とされる典型的な前方後円墳である1号墳の二つです。関西や九州、関東でも群馬や栃木、千葉に集中している古墳ですが、この地、神奈川にも前期の段階から連続して前方後円墳を含めた墳墓が築かれてきたようです。相模川を支配する在地の豪族の墓なのでしょうか。

 葺石や円筒埴輪、既に紹介してきた大型前方後円墳に見られた墳丘の段築はなく、そのため、中央のヤマト王権との関係は強くなかったといわれています。いずれ紹介する逗子市と葉山町にまたがる長柄桜山古墳とはその点が異なると専門家は述べています。仮にそうだとしても、尾根に整備された六つの多種類の古墳が連続して立ち並ぶ様子は壮観です。小田急小田原線を小田原方面に進み座間駅を過ぎると左側に小高い丘が続きます。古墳はこの座間丘陵の尾根に並んで築かれています。

アクセス方法ですが、海老名駅西口からコミュニティーバス(上今泉ルート かしわ台駅行き)で秋葉山古墳群駅下車です。乗車時間は20分ほど。本数は1時間に一本。時刻表は海老名市HPにあります。

参考文献、広瀬和雄 相模の二つの古墳群 季刊考古学 武蔵と相模の古墳(雄山閣)






 
秋葉山古墳1号、4号データ

所在地 神奈川県海老名市上今泉4丁目
形状 前方後方墳(4号墳)、前方後円墳(1号墳)
規模 1号墳 墳長59m 後円部径33m 高さ6.3m
前方部幅約20m 高さ2.8m 4号墳 墳長37.5m 
後方部辺24.8m 高さ5.3m 
前方部幅約12m 高さ2.8m 
築造時期 4号墳 3C中頃、 1号墳 4C
出土品 土器、鉄鏃
史跡指定 国指定
特記事項 東国の古墳を理解するうえでは欠かせない古墳群のようで広瀬さんは
「弥生墳墓の三号墳にはじまって、これだけ多彩な墳形をもった墳墓群、
そして時代の変換点をあらわす古墳群は稀有な例といえそうだ」と述べています
(前掲、広瀬、74頁)。

海老名市のHPに古墳の測量図を含めた説明があるので是非、ご覧ください。http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1149573278655/index.html






 

 今回の古墳は奈良県明日香村にある古墳時代終末期 7C中頃の岩屋山古墳です。方墳か八方墳か議論がわかれている古墳そのものではなく、現在の技術水準となんら変わりのない精巧な切石の加工が施された見事な石室の紹介です。時代が下った終末期の古墳ですから、仏教の渡来とともに広まった土木建築技術の影響があったのでしょうか。



古墳の石室には門外漢だった私には、縦横3mほどの横穴石室が目に飛び込んできた時、終焉を迎える終末期とはいえ古墳時代に造られたようには思えませんでした。それほど見事な石室は典型的な白い花崗岩製です。被葬者の棺が横たわっていた両袖式(石室を上から見たとき、通路としての羨道が玄室の中央につけられているものを両袖式といいます)の玄室の壁面は2段積みで奥壁は上下各1枚、側壁は上段2枚、下段3枚の切石、各壁とも上段は内側へ傾いています。ウィキペディアで読んだとおりの姿がそこにはありました。その構造は動画からも確認できます。今後もいくつかの横穴石室を紹介することになると思いますが、最近では時期によりそれぞれ個性があることがわかりはじめてきました。

 

場所は近鉄吉野線飛鳥駅から岡寺駅に向かって一つ目の踏切を越えて住宅地に入るとすぐです。きわめてわかりやすいところにあります。



岩屋山古墳データ

所在地 奈良県高市郡明日香村大字越小字岩屋山

形状 方墳または方形の上に八角形を載せた八角墳との見方もある

築造時期 古墳終末期の7C中頃

規模 一辺約45m 高さ12m 二段築成

出土品 埋葬当時のものはなし(盗掘)

史跡指定 国指定

特記事項 岩屋山古墳の横穴式石室は平面、立面の規格で同じあるいは縮小したものが複数あるようで、終末期古墳石室の標準とされるという


 

 今回は関東は群馬県藤岡市の5C前半の築造といわれる中期古墳、白石稲荷山古墳です。いくつも紹介したい関東の古墳ですが、広がりを感じられる点で優れている(住宅街に囲まれている大古墳が大半なので)白石稲荷山古墳です。墳長は170mもあります。どでかいです(苦笑)。後円部の木立を除けばなにもなく、墳丘の様子が手に取るようにわかります。周囲に眺望を遮るものがないというのは、訪問者にとっては最高ですね。動画4には前方部に立つ人物が見えますがシュールな感じで個人的に好きな映像です。

北方1kmにはいずれ紹介する七興山古墳もあり、いずれも利根川水系の鏑川と鮎川が交差する台地に造られています。葺石の運搬はじめ古墳造りには適した場所だったのでしょう。素人目にも墳頂にあがると古墳が周囲より一段高いところにあることがわかります。標高120mだそうです。前方部にも後円部にも葺石が葺かれていたようで名残もありますが、全体は草で覆われています。



後円部と前方部の高低差は5mあり前期古墳の形式を引き継いでいます。それにしても前方部の幅は墳長170mに対して145mと広く、その個性的な姿は動画でご覧いただけます。同じ前方後円墳といっても地域的な違いなのか、製作者の工人の趣味なのか、実にバラエティーのあることが既に紹介したいくつかの古墳からもおわかり頂けるのではないでしょうか。



この古墳を訪ねるにはJR高崎線の藤岡市からコミュニティーバスのめぐるん号で七興山古墳公園入口で下車し徒歩で直行した場合、20分ほどです。七興山古墳、復原された円墳の皇子塚などを見て、藤岡歴史館に立ち寄って最後に白石稲荷山古墳というのが最も一般的だと思います。ただしコミュニティーバスの本数は私が訪ねた時は三本で、東京から日帰りの場合、タイミングが合うのは一本しかありませんでした。注意が必要です。藤岡市コミュニティーバスめぐるん号の時刻表もネットにアップされています。



白石稲荷山古墳データ

所在地 群馬県藤岡市白石字稲荷原

形状 前方後円墳

築造時期 5C中頃

規模 墳長170m 後円部径92m 高さ13.5m 前方部幅 145m 

高さ8.5m

出土品 銅鏡、鉄刀など武器、石製品、家形埴輪など

特記事項 後円部に東郭(長さ8.2m 幅0.9-0.6m)、

西郭(長さ5.3m 幅0.4m) 竪穴式礫郭の埋葬施設


 


 

 今回は佐賀県唐津市の前期古墳、それも最初に紹介した箸墓古墳からさほど時を経ずして築造されたと考えられる久里双水古墳です。畿内中心に前期古墳は展開されたと思われがちですが必ずしもそうではないことが赤塚古墳や今回の久里双水古墳からもお分かりいただけるかと思います。松浦川沿いの丘陵の先端に築かれた墳長は100mを少々超える大きさです。草に覆われた墳丘(古墳公園として整備)は遠くからでも確認でき、墳頂に登ると否が応でも唐津平野が目に飛び込んできます。二度目の訪問は春の嵐に見舞われましたが、動画に見るように雲がたなびく墳頂からの景色はなかなかのものでした。


 短いものばかりですので全てご覧頂ければ当日の古墳の様子がわかるかと思います。この地は魏志倭人伝にある末盧(まつら)国ともいわれていますからこの大古墳に葬られた被葬者は、その関係者だったのでしょう。石室のレプリカもみることができます。周囲には双水柴山古墳群、双水迫古墳群など多くの古墳があります。

 JR
山本駅から徒歩で15分。JR九州唐津線山本駅まではJRよりも西鉄天神バスターミナルから昭和バスの高速バスのほうが便利でお勧めです。バスも203号線沿いにある山本駅に停まります。天神から来た場合、203号線の唐津市山本の交差点まで戻って(400mほど)右折し、橋を渡ったところを左折するとすぐに双水の信号があり、そこが公園の入り口です。動画1は橋からとったものです。




久里双水古墳データ

所在地 佐賀県唐津市双水

形状 前方後円墳

築造時期 3C

規模 墳長108.5m 後円部径62.2m 高さ10.5m  前方部幅42.8m 高さ8.5m

史跡指定 唐津市史跡

出土品 盤龍鏡 管玉 刀子

特記事項 後円部の竪穴式石室は砂岩板三枚で覆われ、内部は砂岩や玄武岩を
粘土と交互に積み上げられていた。内径 長さ2.5m 幅0.9m 高さ1.0



今回ご紹介するのは奈良の御所市近くの市尾の古墳です。後期の6C中頃に造られた比較的小規模の前方後円墳、市尾宮塚古墳です。歩いてもすぐ近くにある、時代的には少々遡る市尾墓山を先に紹介すべきでしょうが、私の好みでこちらを先行させます。天満神社の境内に隣接する木立に見え隠れする古墳の凛とした姿は荘厳そのものです。ずいぶんと古墳を訪ね歩きましたが、こうした気分になったのははじめてのことでした。

 墳長は44mしかないので、既に紹介した超大型の前方後円墳の五条野丸山古墳の七分の一ほどの大きさということになります。時代的には市尾宮塚古墳のほうが古いそうです(全国古墳編年集成)23mの後円部には市尾墓山同様に両袖式の横穴石室があり、内部には凝灰石製の刳り抜き式の家形石棺が置かれています。修復後の姿とはいえ動画をご覧頂ければわかりますが、太刀や馬具など豪華な副葬品とともに葬られたのはどのような人物だったのか想像をかき立てるに十分な重厚さです。

 巨勢谷とよばれるこの地域は、巨勢氏の支配地域だったようで、おそらく宮塚、墓山の被葬者も関係豪族だったのでしょう。また、飛鳥、大和地域に古くに定住した渡来人の多くも紀ノ川経由でこの巨勢谷を行き来したといわれていますから朝鮮半島の影響も大きかったようです。
近鉄市尾駅から徒歩で15分ほど。天馬神社を目指すとよいでしょう。

参考文献 石野博信編 全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995年)




市尾宮塚古墳データ

所在地 奈良県高市郡高取町大字市尾
形状 前方後円墳
築造時期 6C中頃
規模 墳長 44m 後円部径23m 高さ7m 前方部幅24m  高さ4.5m
出土品 金剛装の太刀・馬具・鈴・耳環、金銀の歩揺、鉄製の
小札・鉄鏃、水晶やガラス製の玉と土器など
史跡指定 国指定
特記事項 後円部の石室は長さ11.6m玄室は長さ6.2m、幅2.5m、
高さ3m、羨道は長さ5.4




 



 今回ご紹介するのは中期古墳、それもかなり早い時期の築造といわれる東広島市の三ッ城古墳です。安芸最大の前方後円墳の被葬者はヤマト政権とも良好な関係を築いていたのでしょう。興味深いことに412年ごろの築造ではないかとの見解が研究者によって明らかにされています。興味のある方は是非、広島大学古瀬清秀教授のインタビューをご覧ください(考古学は総合科学 「三ツ城古墳」1号墳の築造年代を特定!)、http://www.hiroshima-u.ac.jp/top/kenkyu/now/no11/)。
 肝心の古墳の姿ですが、中期以降の古墳にみられる造り出しを持ち葺石で覆われた全体像は周濠があるせいでしょうか墳長92mよりもはるかに大きくみえます。とりわけ動画一つ目の市立中央図書館の駐車場側から見た古墳からは壮大な規模が伝わってきます。形象埴輪を含む埴輪は全部で1800本。その一部が立つ後円部には三つの埋葬施設がガラス越しですが見ることができますし、復原された古墳の中では秀逸だと思います。図書館内の一角にあるガイダンス施設も充実しています。

 JR
西条駅から広島大学行のバスで中央図書館前下車です。



三ツ城古墳データ

所在地 広島県東広島市西条中央

形状 前方後円墳

築造時期 5C

規模 墳長 92m 後円部径 62m 高さ13m 前方部幅67m 高さ11m

出土品 埴輪、刀剣、鏃、勾玉他

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂部には槨(かく)を有する箱式石棺2基,箱式石棺1基の埋葬施設がある。

 今回はまた前期に戻り九州は大分県の川部高森古墳群の赤塚古墳を紹介します。3C中頃から3C末の築造といわれていますから前期(出現期)の代表格箸墓古墳からさほど時をおかずに造られたということになります。

 畿内に集中して造られたイメージのある前方後円墳ですがヤマトから遠く離れた宇佐の地に赤塚古墳を嚆矢として数代にわたり築かれていることは大変興味深いと思います。もっとも墳長は動画でみればおわかりのように赤塚古墳は可愛らしいといったら語弊がありますが、60mに満たない小さなものです。箸墓古墳とは比べ物になりません。しかしこの地における支配者、それもヤマト王権とつながりのある代表的な支配者であったことは間違いないのでしょう。広瀬和雄さんは赤塚古墳について「箱式石棺は在地的な埋葬施設ですが、いっぽうで大和政権との密接な政治交渉にもとづく三角縁の中国鏡五面を副葬していました」と述べています。川部高森古墳群では、その後も中規模の前方後円墳が続いて築造され、100年ほどの間をおいて後期古墳の鶴見古墳が造られています。今回は赤塚だけにとどめますがいずれ残りも紹介します。

 JR
宇佐駅から大交北部バスで宇佐風土記の入り口で下車。パナソニックの工場を右に見ながら20分ほど歩くと大分県立歴史博物館の塔が見えてきます。博物館の周囲に風土記の丘が広がっています。ゆっくり歩くと二時間はかかります。バスの本数は少なく地方から訪れるもものにとっては不便です。昼過ぎに博多を発って往復しましたがかなり疲れました。


 なお、赤塚古墳の説明とも関係がありますが、ヤマト王権、ヤマト政権、大和政権など研究者により政権の表記が異なります。このブログでは白石太一郎さんの「三世紀中葉に邪馬台国連合と狗奴連合の合体によって成立した広域の政治連合を「ヤマト政権」、その中枢を担った畿内に基盤をおく政治権力を「ヤマト王権」と呼ぶという解釈に従います。



広瀬和雄 前方後円墳の世界(岩波新書、2010111

白石太一郎 日本歴史 私の最新講義 白石太一郎 古墳から見た倭国の形成と展開(同成舎、2013

赤塚古墳データ 所在地 大分県宇佐市大字高森字京塚形状 前方後円墳築造時期 3C中頃から末(前期最古期) 規模 墳長 57.5m 後円部径36m 高さ4.8m 前方部幅21m 2.5m 出土品 後円部の箱式石棺から三角縁神獣鏡4面・三角縁龍虎鏡1面・碧玉管玉、鉄刀片、鉄斧など史跡指定 国史跡特記事項 九州最古の前方後円墳とされ三角縁神獣鏡はいずれ紹介する奈良の椿井大塚古墳の神獣鏡と同笵鏡(同じ鋳型から作製)のものもふくまれているといわれている。

 

 今回の五条野丸山古墳(つい最近まで自分は見瀬丸山古墳と呼んでいた)ほど様々意味で注目された前方後円墳もないのではないでしょうか。

 墳長300mを超える畿内最後の巨大前方後円墳ということもさることながら、明治時代のお雇い外国人ウィリアム・ゴーランドが本職の冶金技師としての傍ら全国の古墳を調査し、全長28.4mの巨大石室を、「日本最大のドルメン(横穴石室)」と呼んだことは古代史ファンの間ではよく知られています。不思議なのは横穴石室に置かれた二つの家形石棺の内、考古学的な解析によれば奥の石棺のほうが新しく、それを遮るようにして置かれた手前のほうが古いそうで、その解釈については議論百出です。

 残念ながら石室は今では埋め戻されてしまい写真でしか見ることができません。埋め戻しのきっかけになったエピソードは比較的最近の出来事です。1991年にテレビ朝日、ニュースステーションで報じられた石室内の複数の様子を撮影した写真でした。古墳近くの子供が石室内に入り、それを知った父親が改めてカメラを持ち込んで内部を撮影しテレビ局に持ち込んだのです。陵墓参考地内への立ち入りを見過ごせないと考えたのでしょう。宮内庁はすぐに独自で内部調査を行い写真撮影も行って記者発表し、代わりにということなのでしょうか石室を埋め戻してしまいました。今回で三度目になる訪問の際に、古墳前方部におられた初老の男性に石室について聞いたところ、「自分が子供の頃はよく中に入って遊んだものだ」と言っていましたから、1991年のエピソードがなければ今も巨大石室は開口していたかもしれないですね。そう思うと少々残念な気がします。

 それにしてもあっけにとられるほど巨大です。とりわけ動画にある草刈り前の前方部の様子は草原といった感じですね。古墳前期4C後半に北九州で始まった横穴石室を伴う前方後円墳は6Cになると全国に広がったそうですが、その好例が五条野丸山古墳でしょう。被葬者論も盛んです。岡寺と橿原神宮前駅を走る近鉄吉野線の車窓からは後円部が見えますし、橿原神宮前駅から169号線沿いに歩くと商店街の先に見え隠れする巨大古墳を確認しながら近づくことができます(撮影2015年4月16日及び2016年12月14日)
PNG gojyounomaruyama zu



五条野丸山古墳データ



所在地 奈良県橿原市見瀬町・五条野町・大軽町

築造時期 6C後半

時期区分 後期

規模 墳長 318m 後円部径155m 高さ21m

前方部幅 210m 高さ15m

出土品 須恵器 鏡

史跡指定 国指定 後円部上段は陵墓参考地

特記事項 横穴式石室(埋戻し済み) 全長28.4m 羨道20.1m 

玄室8.3m(長さ)4.1m (幅) 4.5m(高さ) 石室内に二つの家形石棺


 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ