古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:群馬県

急な持ち送りで▲状の石室


 JR八高線の群馬藤岡駅の北1㎞ほどのところにある諏訪神社。古墳踏査では苦労する場所の特定ですが、非常にわかりやすいです。全国の地方同様、シャッター通り化してしまった藤岡駅前の商店街を15分ほど歩くと諏訪神社の広い境内が見えてきます。目指す古墳の後円部には社殿が建ちその下に南西を向いて開口する横穴石室が残されていました。秋季例祭の準備に忙しくされている社務所で鍵をお借りし見学してきました。全長5.9mの石室開口部は川原石が積まれており後世に整備されたものに違いありません。そのまま幅1.3mと狭い羨道を進むと玄室の奥壁が迫ってきました。大きな鏡石です。床を見ると羨道と玄室の境には框(かまち)石が置かれ玄室は一段下がっていました。この辺りは本来の羨道でしょうか、サイコロ状に加工された切り石が積まれています。玄室に入って印象的だったのは天井に向かっての急な持ち送りです。まるで▲です。奥壁に立って開口部をみると両袖ということがわかります。ただ、玄室幅も奥壁で1.9mしかないのでメリハリのついた両袖式というわけではありません。そして玄室奥壁の下には何かを区画するような石が見えます。説明板によれば棺座を区画する仕切り石だそうです。そういえば千葉県栄町の巨大方墳、龍角寺岩屋古墳(クリックすれば飛べます)の奥壁下にも同じような仕切り石が設けられていました。こうした設備は九州に特有なものかと思っていましたが、そうではないようですね。出土品は豊富で人骨に加え、環頭太刀、兜、鉄鏃等武具、馬具、須恵器、円筒、人物、朝顔等形象埴輪が確認されています。このあと諏訪神社北古墳を見学して岐路につきました(撮影2019年10月17日)。諏訪古墳石室イメージ図
PNG 諏訪古墳(藤岡市)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

模様積みの石室側壁が圧巻の美しさ 
 かつてこれほど美しい石室を見たことがあっただろうかと考え込んでしまいました。はじめて伊勢塚古墳を訪れたのは、古墳踏査を始めて間もない2015年3月のことです。そしてブログにアップしたのは2015年9月6日。あまりの美しさに気圧されたのか、その特徴を十分とりきれていませんし、そもそも古墳への理解が不十分であったことがよくわかります。今回のリニューアル版はその点、合格点はとれる出来ではないかと思っています。それにしても正統派の横穴石室とはかなり趣の異なる模様積みと呼ばれる積み方が玄室側壁にみられます。奥壁の平滑された切石積みも美しいですが、中型の自然石のまわりに小型の結晶片岩を多数囲むように並べた側壁は圧巻です。光の加減で全体的にピンク状に見えたりもします。さらに羨道も模様積みではありませんが、川原石を多数用いた側壁の積み方は規則性が感じられ、これにも驚かされます。完成度の高い巨石の切石積みとしてしられる奈良県明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)が正統派横穴石室の最高峰とすれば、伊勢塚古墳は紛れもなくその異端性ゆえに高い支持を得るのではないでしょうか。それにしてもこの石室を造った工人のデザイン感覚は半端ではありません。玄室の全長は8.9m、幅1.5mから2.4m、高さ2.2m、羨道長さ4.2m(撮影2019年12月27日)。

(旧バージョン)伊勢塚古墳(旧バージョン)(クリックすれば飛べます)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

自然石を用いた素朴な横穴石室


 JR上越線の群馬総社駅の北4㎞ほどの丘陵に築かれた群集墳は吉岡町だけでも400基にのぼったそうです。時は移り変わり、今では南下古墳群として残るのは10基ほど。そのうちの5基が古墳公園として整備されています。宅地開発が進み、すんでのところで残ったという印象です。とはいえ動画の最後に加えましたが、赤城山はじめ周囲の山々を借景にした古墳群は奥津城としての立地としては最高だということは現在でもわかります。そして、ここの古墳公園の特徴は横穴石室の変遷を辿ることができることだそうです。今回のC号は6C後半に、横穴石室のある円墳として古墳群中最初に築かれています。なるほど、自然石を用いた素朴な印象を受ける石室ですが、決して粗雑という意味ではありません。側壁、奥壁に用いられた中型から大型の石材は表面を平滑してありますし、全体のバランスも悪くありません。もちろん、時代が下った7Cの切石積み(前橋市総社町の宝塔山古墳蛇穴山古墳、古墳名をクリックすれば飛べます)とは技術的にも比較の対象ではありません。もっとも南下古墳群にも前述したように切石積みの横穴石室があります。
 ところで、C号墳の石室は長さ6.15mと書かれていますが、羨道と玄室の間にある袖石がない無袖式石室のために、両者の境がよくわかりませんでした。専門家でもわからないことがあるそうです。アクセスは非常に不便です。行きは新幹線も使って群馬総社駅に着いたのが9時過ぎ。その後の予定を考えてタクシーを使い、南下古墳群ともう一つ近くの古墳を見た後は、徒歩で群馬総社駅まで戻りました。遠かった!PNG 南下古墳群 位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳を築いた理由がよくわかる東側の道 


 今回の白石稲荷山古墳、前回とは違い墳丘東側を通る県道173号線沿いに上信電鉄西山名駅から歩いてみました。丁度1時間ほどの距離で途中、鏑川を渡ります。上州の空っ風でしょうか。時折体が吹き飛ばされそうになるほどでしたが、墳丘を遠くから確認できた時はいつものように感激でした。動画4の冒頭では、あたかも手前に前方部、桜の巨木が立つ前方部が奥に見えますが、手前は陪塚の墳丘で前方部は、この角度からはみえません。しかもベストショットが撮れるはずの道沿いには、ゴルフ練習場があり、墳丘はネット越しです。残念です。それはともかく、この県道、ひっきりなしに車が行き来しています。おそらく古墳時代からこの道はあったはずで、人々は墳長155mの威容に足をとめたのではないでしょうか。この墳丘を見上げる立地のよさは、前回、墳丘の西側しか歩かなかったので全くわかりませんでした。やはり色々歩いてみないとわかりません。

 藤岡市の教育委員会と早稲田大学が共同で2018年から2019年にかけて地中レーダー調査を行い、従来170m以上とされた墳長が155mとなり、前方部にも埋葬施設があることがわかったそうです。前回の1-3の動画はこちらです(撮影20191227日)。
PNG dougasatsueiichi shiroishiinariyama rinyu-aru ban
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ