古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:群馬県

古墳を築いた理由がよくわかる東側の道 


 今回の白石稲荷山古墳、前回とは違い墳丘東側を通る県道173号線沿いに上信電鉄西山名駅から歩いてみました。丁度1時間ほどの距離で途中、鏑川を渡ります。上州の空っ風でしょうか。時折体が吹き飛ばされそうになるほどでしたが、墳丘を遠くから確認できた時はいつものように感激でした。動画4の冒頭では、あたかも手前に前方部、桜の巨木が立つ前方部が奥に見えますが、手前は陪塚の墳丘で前方部は、この角度からはみえません。しかもベストショットが撮れるはずの道沿いには、ゴルフ練習場があり、墳丘はネット越しです。残念です。それはともかく、この県道、ひっきりなしに車が行き来しています。おそらく古墳時代からこの道はあったはずで、人々は墳長155mの威容に足をとめたのではないでしょうか。この墳丘を見上げる立地のよさは、前回、墳丘の西側しか歩かなかったので全くわかりませんでした。やはり色々歩いてみないとわかりません。

 藤岡市の教育委員会と早稲田大学が共同で2018年から2019年にかけて地中レーダー調査を行い、従来170m以上とされた墳長が155mとなり、前方部にも埋葬施設があることがわかったそうです。前回の1-3の動画はこちらです(撮影20191227日)。
PNG dougasatsueiichi shiroishiinariyama rinyu-aru ban
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠に浮かぶ2段築成の墳丘が美しい中型前方後円墳
 
 高崎駅からコミュニティーバス、ぐるりんバスで30分ほど。つい最近、リニューアル版をアップした八幡観音塚古墳(考古資料館)(クリックすれば飛べます)に到着です。南には碓氷川が北東には烏川が流れる丘陵です。バスは碓氷川方面からかなりの勾配の坂を登っていきます。そこに今回の二子塚古墳、平塚古墳、観音塚古墳の前方後円墳三基からなる八幡古墳群が形成されています。墳長105mの平塚古墳が5C後半、墳長66mの二子塚古墳が6C前半、そして墳長105mの観音塚古墳の順で築かれいずれもこの地域の首長墓と考えられているようです。
 右島和夫さんの『群馬の古墳物語(下巻)』(上毛新聞社、2018年)によれば、この地が古墳時代東国と畿内を結ぶ東山道(のちの中仙道とほぼ同じルートといわれている)が通る交通の要衝であったとのこと。マップでおわかりのように碓氷川沿いに東山道は通っていたようです。 墳長66mと中規模の前方後円墳、八幡二子塚古墳は動画でおわかりのように、二段築成の墳丘の残りがよいのが好印象です。しかも墳丘の周囲をまわる15mから20mほどの濠も確認できます。これに対して動画2の最後に加えておきましたが、墳長105m、舟形石棺が墳頂で見つかった平塚古墳は今では遠くからみても古墳ということはわかりません。それだけに二子塚古墳が目立ちます。ただ、発掘調査はほとんど行われておらず、後円部に南側を向いた横穴石室が造られていると考えられています。大型の横穴石室が完存する八幡観音塚古墳からは300mほどしか離れていません。是非、セットで訪問をお勧めします。
 先ほど触れた東山道ルートが開発されたのはヤマト王権が馬の生産に力をいれはじめたからといわれていますが、思い出したのは2010年8月1日に放送されたTBS世界ふしぎ発見「日本のポンペイ!?ヨロイの古墳人が語る古代群馬の謎」です。榛名山の火山灰に埋もれた武人について番組では本来ならば近くの100m級3基からなる保渡田古墳群に葬られるべき高位の人物だったこと。尾骶骨から日常的に馬に乗っていたこと、近くから発掘された夫人は頭蓋骨の研究から馬の生産で知られる木曽谷出身というものでした。ほぼ同じ頃に築かれた八幡塚古墳群(保渡田古墳群の南西4㎞ほど)。榛名山の噴火に倒れた武人は二子塚古墳近くを通る東山道を行き来していたのでしょうか(撮影2019年10月17日11時45分)。PNG yawatakofungun to hotodakofungun zu
PNG yawatakofungun ichikankei

八幡二子塚古墳基本情報

所在地 群馬県高崎市八幡町

形状 前方後円墳

規模 墳長66m、後円部径41m 高さ9m、前方部幅48m 高さ9m2段築成、葺石

周濠あり

築造時期 6C前半

出土品 周濠内から人物、馬型埴輪等

史跡指定 高崎市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

(リニューアル版)八幡(やわた)観音塚古墳 東国の巨大石室

 5年前の6月にアップしたことのある八幡(やわた)観音塚古墳ですが、1945年防空壕を造っていた時に偶然に見つかった横穴石室内部は、照度が不十分で、その様子をうまく伝えられませんでした。全長15mを超える石室は幅も玄室では3.5mもあり、撮りなおした今回でも、十分とはいえませんが、だいぶ様子がわかるようになりました。また、石室開口部、羨道の冒頭部分の石積みは公開にあたり補強されたことがわかりました。動画は全て撮りなおしたものです。季節も今回は秋と前回とは異なります。

動画1の冒頭のショット、墳丘南側の石室前はかなり削平されていますが、墳丘北側はよく残されています。後円部は3段、前方部は4段築成(階段状になっている)という手の込んだ墳丘だったようですが、経年変化で封土が流失した現在でも、斜面の急な傾きから当時の様子をうかがうことはできます。また、ところどころに小型の川原石がぎっしり並んだ葺石が残されています。再訪して新たな発見が数多くあった古墳でした。なお、旧バージョン八幡観音塚古墳(クリックすれば飛べます)も、そのまま残してあります(撮影20191017日)
PNG yawatakannonzuka kofun dougasatsueiichi
PNG yawata kannonzuka kofun map

八幡観音塚古墳基本情報

所在地 群馬県高崎市

形状 前方後円墳

規模 墳長105m、後円部径74m 高さ12m、前方部幅91m 高さ14m

後円部3段、前方部4段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 6C後から7C

出土品 銅鏡、馬具、刀剣、銅鋺、鉄製工具、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 太平洋戦争末期に防空壕掘削中、地元の人々が偶然発見した。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

長持型石棺の現物が見られるお宝古墳

JR両毛線の伊勢崎線伊勢崎駅からコミュニティーバス(北巡回)で20分ほどでしょうか。石井病院で下車し北部環状けやき通りを1㎞ほど西に歩くと目指すお富士山古墳のあるこんもりとした緑が見えます。動画1の冒頭の景色です。周囲は田畑ばかりですので否が応でも目に入ります。いつも書くようにこうした時、墳丘に近づくにつれ鼓動の高まりを覚えます。どんな古墳なのだろうかと。後円部側からぐるりとまわると右に後円部、左に前方部墳丘全体が見渡せます。墳長134mとかなり大きな前方後円墳です。墳丘全体が緑に覆われ両毛線で前方部が削られてしまっているにもかかわらず中期古墳特有の前方部の幅の広がりを想像することは可能です。

 この古墳が有名なのは畿内の大王墓などで主に用いられている長持型石棺がほぼ原形通り出土していることです。動画2で紹介していますが、これ実物です。残念なことに曇ったガラス越しの石棺は、細部がはっきりしないところがありますが全長2m85㎝、重さ6.8トン大きさには驚くばかりです。この砂岩製の長持型石棺、東国では最大の前方後円墳、群馬県太田市の太田天神山古墳(クリックすれば飛べます)でも使われていたことが知られていますが、考古学者白石太一郎さんは「古墳から見た倭国の形成と展開」(敬文舎、2013)で次のように述べています。少々長くなりますが興味深いので引用します。

「太田天神山古墳には巨大な長持型石棺が採用されていたことが知られているが、それは同時期の伊勢崎市お富士山古墳の長持型石棺ととともに、中期前半の畿内の王墓級の巨大古墳に用いられている播磨の竜山石製の長持型石棺にきわめて近い形態のものである。その製作には竜山の工人が派遣されたと考えるほかなかろう。つまり、上毛野(群馬、栃木)連合の大首長の葬送に際しては、畿内の大王の棺をつくっていた工人が派遣されて、その棺の製作にあたっているのである。これもまた、5世紀前半の畿内の王と東国の上毛野の大首長とが同盟関係にあったことを物語るものにほかならない。」

 これだけ重要な古墳であるということがはるか以前にわかっていたならば、旧国鉄によって墳丘が切断されるということもなかったのかなとも思ってしまいます。お富士山古墳から西に15㎞ほどの太田天神山古墳と合わせご覧ください。なお太田天神山古墳の長持型石棺は確認されているだけで現物がみられるわけではありません(撮影2018529日)。

PNG ofujiyamakofun zu

お富士山古墳基本データ

所在地 群馬県伊勢崎市安堀町

形状 前方後円墳

規模 墳長134m、後円部径77m 高さ9.5m、前方部幅83m 高さ5.5m 三段築成

葺石あり

築造時期 5C

出土品 凝灰岩性の長持型石棺 285㎝×121㎝×115

史跡指定 県指定

特記事項 本文に書いたように畿内に多い長持型石棺がこの地で用いられたことは被葬者と
ヤマト王権のつながりが強かったとみられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ