古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:福島県

津波に飲み込まれなかった2基の古墳


  2011年3月11日。東日本大震災による大津波は南相馬市の新田川を3㎞さかのぼり、墳長74.5mの前方後方墳桜井古墳の墳丘裾まで到達したそうです。訪れた時には既にがれきは取り除かれていましたが、動画冒頭の住宅周辺でも犠牲になった方もおられたと聞きました。今回は、 桜井古墳(クリック)を中心とした古墳公園の東西端に残る桜井古墳群の2基の古墳。方墳の7号墳と円墳の2号墳を紹介します。桜井古墳の東側200mほどのところにある7号墳は、一辺27.5mの方墳。整備されていることもあり草に覆われた夏の終わりでも方墳ということはよくわかります。説明板によれば方墳としては規模が大きく、しかも墳頂の木棺からは布に包まれた銅鏡が見つかったそうで、貴重だということです。同じ頃に築かれた桜井古墳の埋葬施設は発掘調査されていませんが、7号墳と同じような形式で、副葬品は7号墳よりも豪華ではなかったかとみられているようです。他方西側桜井古墳の100mのところに残る2号墳は、径20mの円墳で、時期は5Cに下るそうです。木立の中に残る2号墳は、堂々とした前方後方墳桜井古墳と比べると、その愛らしさが目立ちます。木棺直葬の痕跡があり鉄鏃片が確認されているそうです(撮影2017年9月5日)。
PNG 桜井古墳群所在地

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

巧みな仕掛けに驚かされる美しい石室


 この日はひたすら歩いた記憶が古墳そのものよりも先に思い出されます。郡山で乗り換えて東北本線須賀川駅に着いたのは午前10時5分でした。駅前の観光案内所で下調べしたルートを確認しました。夕方までに蝦夷穴古墳(クリック)、大仏横穴墓、市野関稲荷神社古墳(クリック)、大塚古墳、できれば団子山古墳(クリック)を訪ねたい。たぶん大丈夫ですよとのこと。行程はおよそ20㎞。はじめて歩くところにしては長い距離です。結局、すべてまわることができたのですが大変でした(散策マップをご覧ください)。今回の大塚古墳は施錠されており、須賀川市の文化振興課の方と現地で落ち合う約束をしていたのですが、南に下るべきところなぜか東に歩いてしまい、途中で振興課の方の車にピックアップしてもらう羽目に。東方向に無駄に歩いた距離は3㎞ほどになり疲れました。しかし、その疲れをふっとばしてくれるぐらい感動したのが大塚古墳でした。周辺は動画冒頭でおわかりのように圃場整備が進み以前の景色とはだいぶ異なっているとのこと。でも、道標はしっかり据えられています。びっくりしたのは施錠されているといってもご覧のように素通りできる状態だったことです。径30mほどの円墳開口部には閉塞石らしき大きな石の塊が転がっていて、短い羨道の先に側壁にはめ込まれた玄室入り口の玄門がみえます。その先は蝦夷穴とは全く違って中型の石を平積みした側壁が狭い天井に向かって急速に持ち送っています。幅は約1.3mと狭く高さも2mほどしかありませんが全体としてとても整美な印象です。その一つの理由は、一枚の大型の石を使った奥壁にある額縁のように左右に置かれている立柱石が玄門と一直線で結ぶことができ立体構造が浮かびあがるからではないでしょうか。加えて床には長方形の板石が敷かれていることもその効果を増幅させています。設計者の巧みな仕掛けに驚かされるばかりです(撮影2019年4月23日)。PNG 須賀川市古墳散策ルート(1)21年4月28日
PNG 須賀川古墳探索ルート(2)修正版21年4月28日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳長65mの前方後円墳とわかった団子山古墳


  阿武隈川が流れる福島県須賀川市には川に沿って前期から後期まで多くの古墳が築かれています。必ずしもその姿が残されているわけではありませんが、例外もあります。切石積みの美しい蝦夷穴古墳、木立の中に佇む小型の後期前方後円墳、市野関稲荷森神社古墳、いずれも見応えがあります(古墳名をクリックすれば直接飛べます)。
  今回の団子山古墳は、残念ながら当時の姿は伝わっておらず、つい最近まで径40mの円墳と思われてきました。ところが2014年以来、たびたびおこなわれてきた福島大学と須賀川市の発掘調査の結果、長さ65mの前期前方後円墳だということがわかりました。うーん、墳頂に登って前方部があったといわれる方向は水田と化し、その面影はありません。ただ、専門的にみれば大変貴重な遺構だそうです。例えば、墳頂には竪穴の埋葬施設を囲むようにして円筒埴輪がまわっていたことが確認されています。東北で前期古墳から埴輪が出土した例は非常に珍しいそうです。道すがらあちらこちらに須賀川市で有名なしだれ桜を見ることができラッキーでした。動画の頭にその様子が映っています(撮影2019年4月23日)。PNG 団子山古墳と阿武隈川
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大型の切石で造られた見事な石室

 横穴石室といえば畿内から西それに九州に集中し、東国ではあまり見かけないのではないとの印象を持ちがちですが、このブログで紹介してきたように時間差はありものの上野、下野を中心に数多くの横穴石室を有する古墳が築かれています。今回の蝦夷穴古墳もそのうちの一基で全長は11m。大型の凝灰岩の切石で作られた玄室が残されています奥壁の大きなこと。それだけではありません3mほどの天井石はさらに大きなことにびっくりです。残念ながら羨道は大半欠損し、大きく整形された印象です。これまでのところ東国の横穴石室は全体として川原石や、チャートと呼ばれる山石を用いて造られた例が多かった気がします。しかし古墳時代も終末期になると被葬者が有力者であれば切石を用いる場合もあったということになるのでしょう。総社古墳群の宝塔山蛇穴山、壬生古墳群の丸塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)などが思い浮かびます。

 驚いたのは金銅製頭椎(かぶつち)大太刀、馬具類等豊富な副葬品が出土していることです(いずれも国立東京博物館所蔵)。なんでもかんでもヤマト王権を持ち出すなとの言葉が聞こえそうですが密な関係を有していたことはこれら副葬品からも明らかだと思われます。そして現在の須賀川市は2019年の19号台風で阿武隈川が氾濫し大きな被害をもたらしましたが、古墳時代には太平洋岸まで15㎞ほどの距離ですから水運の現場として用いられていたに違いありません。文化財課で頂戴した「まぼろしの国、石背(いわせ)」によれば現在の福島県にあたる地域が石背として奈良時代に陸奥国から独立したことが考古学からも明らかになっているとあり、蝦夷穴はじめ多くの古墳からも奈良時代以前に既にこの地域が活発な交流の結節点であったとありました。なるほどという感じですね。

 駅の観光案内所で詳しく教えてもらった須賀川駅からの徒歩の道のりは快適でした。途中、古墳が築かれていてもおかしくないと思った翠ケ丘公園をみながら県立須賀川高校を目指すとよいでしょう(この後は個人宅なので省きますが、必ずお声がけを)(撮影2019428日)。なお
蝦夷穴古墳、大塚古墳などいくつかの古墳はお世話になった市の文化財担当によれば幸い被害はなかったとのことでした。

PNG 蝦夷穴 須賀川市 場所
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ