古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:福岡県

石棚が側壁にある珍しい横穴石室

 古墳踏査をしているとハプニングはつきもの。今回もそうでした。二重の意味でです。福岡空港から天神のバスターミナルに移動して高速バスで後藤寺営業所まで行き、夏吉古墳群のある秋里を通る路線バスに乗る予定でしたが、高速バスが遅延しバスに乗り換えられなくなってしまったのです。次のバスまでは1時間以上待たねばならず古墳までたどり着けないかもしれません。やむなくタクシーを呼ぶことに。がっかりです。ところが二つ目のハプニングはラッキーでした。運転手さんが夏吉古墳群に詳しく近くまで連れていってくれるというのです。古墳は地元の方でも知らないことが多く、このようなケースは珍しいのです。ただ、猪が出るので注意してといわれましたが・・・。地図にある灌漑用のため池に沿って歩くと動画1冒頭の非常にわかりやすい標識が立っていました。これも珍しいことです。如何に田川市がこの古墳を大切にしていることがわかります。聞けば年に2回、文化財担当の方が古墳に常駐して今回の夏吉1号墳と21号墳の概要を説明する会を催しているのだそうです。

 肝心の1号墳。径14.2m 高さ3.5mの墳丘の残りはよく円墳ということはだれがみてもわかります。築造当時の光景とは違うかもしれませんが杉木立の中に佇む古墳はなかなかのものです。南を向いて開口している横穴石室は九州ではよくある複室構造です。羨道、それに前室と後室(玄室)からなる全長8.2mです。奥壁は1枚の板石です。全長11.5m福岡市の夫婦塚2号墳(クリックすれば飛べます)を一回り小さくした感じです。それだけに

撮影の環境としては厳しく(後退しにくいので)後室の全体像がよくわからないかもしれません。しかしこの古墳の最大の特徴は奥壁から見た右側壁にある石棚です。これまでアップしてきた石棚のある石室は全て奥壁に設けられていましたが、どのような理由からか側壁に作られています。後室が狭く奥壁にスペースが確保できなかったからなのでしょうか。典型的な石棚は和歌山県岩橋千塚古墳群に多数ありますが、大谷山22号墳(クリックすれば飛べます)を紹介しておきます。比較してご覧ください。夏吉1号墳の出土遺物は盗掘を受けていたために須恵器と鉄製品少々に留まっているそうです(撮影2019325日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

周濠に浮かぶ美しい墳丘



  石室ばかり歩いていると墳丘がよく残る古墳に出会うとなぜかホッとします。今回の扇八幡古墳はそんな一基でした。復元された古墳ではありませんし墳丘は木々に覆われ、ところどころ倒木もみられるといった状態でしたがまぎれもない前方後円墳の姿がそこにはありました。3mから5mほどの周濠がきれに残り、それが60m弱の墳長を実際よりも大きく見せています。冬の日差しが差し込んでやや見づらいのが残念ですがお気に入りの一基になりそうです。

 墳丘は後円部径よりも前方部幅のほうが大きい後期の前方後円墳の特徴を示していますが、残存する前方部の墳丘はさほど裾が広がっているようにはみえませんでした。封土が流失したのでしょうか。肝心の埋葬施設ですが調査が行われておらず不明とのこと。しかし南東約300mのところに同じ時期に築かれた前方後円墳の箕田(みだ)丸山古墳があり横穴石室が残されているので、扇八幡古墳も横穴石室と考えられます。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂きました(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2017328日)。
みやこ町の各古墳は以下の古墳名をクリックすれば飛べます。
甲塚古墳
橘塚古墳
綾塚古墳
PNG ougihachiman kofun dougasatueiichi

PNG miyakomachi kofun ichikannkei zu


扇八幡古墳基本情報

所在地 福岡県みやこ町

形状 前方後円墳

規模 墳長 58.4m、後円部径36m 高さ7m、前方幅49m 高さ5m

2段築成 葺石あり

築造時期 6C前半

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 東南300mのところに同じころに築かれた墳長40m二つの横穴石室を持つ箕田丸山古墳がある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

見どころは家型石棺が残る長さ19mもの石室 


 
  既に紹介した東500mのところにある橘塚古墳(クリックすれば飛べます)の後、7C初頭に築かれたと考えられているのが今回の綾塚古墳です。橘塚古墳と同様の巨大な石室(長さ19mもある)が見事ですが、両石室を比べてみると同じ複室構造ですが羨道の切石の表面加工など橘塚古墳の仕上がりは上のように思えます。工人が異なっていたのでしょうか。それはともかく綾塚古墳の何よりの「売り」は後室(玄室)に窮屈そうに据えられている家形石棺です。動画3をご覧になるとわかりますが後室の幅は3.5mしかなく、他方石棺の蓋の長さは2.6mもあります。玄室内での移動は現代の祭祀用の設備などもあってかなり不自由でした。

 その石棺、折角残されているのにこれまで見てきた完存しているものとは少々違っています。蓋が大きく割れているのです。伝承によれば慶長年間に細川藩の家臣がこの石棺を割り、小倉へ運ぼうとしたところ数々の災害が起きたため元に戻したそうです。もっとも全国各地で破壊された石棺の残骸をみてきたものからすると、当初の家形石棺の様子がよくわかりますしよかったのではないでしょうか。それよりもこの時期には畿内では石棺自体が横口式石槨などに変わりつつあった頃であったことを考えると、九州のこの地まではまだ波及していなかったということになります。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 時間の関係でタクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂きました。この博物館、びっくりするほど充実しています。みやこ町の歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2018328日)。


追記 今回の綾塚古墳、二つ前の花山西塚古墳、一つ前にアップした金鈴塚古墳とさほど築造の時期は異なっていません。日本列島の東、畿内、それに西で、同じ頃にこうした古墳が造られていたということになります。
PNG ayatsuka to tachibanazuka
PNG miyakomachi kochira fukanzu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

半端ではない巨石で築かれた複室構造の石室


  みやこ町の古墳では既に九州最大の方墳甲塚古墳を紹介していますが(クリックすれば飛べます)、今回の橘塚古墳も同じ墳形の方墳です。といっても甲塚は東西46.5m×南北36.4mの長方形でしたが、こちらは東西39m×南北37mと正方形に近い墳丘です。加えて幅6.5mから10m弱の周濠が巡っていたそうです。甲塚古墳を含め周防灘に臨むこの地域には二基に加え綾塚古墳等大型横穴石室のある古墳がいくつもあります。とりわけ方墳の甲塚古墳、橘塚古墳は6C後半から末に造られたと考えられ、中央ではその頃蘇我氏がヤマト王権にあって権勢を振っていました。蘇我氏の古墳は、稲目の墓が都塚古墳、だいぶ時期はくだりますが馬子の墓といわれる石舞台古墳など方墳が多いことを考えると当時のヤマト王権とは密接な関係にあったのではないかと考えてもみたくなります。蘇我氏はともかくこの大型方墳に大型の石室は中央政権とかかわりのある有力地方豪族が葬られていたと想像されます。地図からわかるようにみやこ町が面する周防灘の先には瀬戸内海が広がりヤマトへの航路にも近かったことからもわかります。

 それはともかく複室構造の石室は甲塚古墳と同様、表面加工巨石を用いて築かれており、

ただただ感心するばかりでした。その一端が動画からうかがえれば嬉しいのですが・・・。石室の長さは甲塚の14.5mに対して橘塚古墳は現在値でも16.3mもあり、さらに調査の結果、石の抜き取り跡が確認されたため元は17.5mにも達するとみられています。残っていたとされる前室の敷石が十分に観察できなかったのが残念でした。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂いた(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2018328日)。
PNG miyakomachi kochira fukanzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ