古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:神奈川県

住宅街の公園に残る美形の円墳

現在では住宅が立て込む一角の公園に保存されている円墳は径35mほど。古墳の保存のために整備された公園なのであくまで主人公は円墳です。動画冒頭にあるように敷地内に入ると、

墳丘の端から端までがすっぽり目の前に広がります。無理して後退せずに全体像が分かる古墳も決して多くはありません。その点でも貴重です。径35mというのは大きすぎず、かといって小さすぎもせずちょうどよく、なかなかに美形な古墳だと思いました。ラッキーなことに墳丘裾の生垣が手入れされたばかりだからだったからかもしれません。

 この古墳、マップでおわかりのように多摩川の南西3㎞ほどのところの台地の端に築かれています。梶ヶ谷駅から歩くとよくわかるのですが、左側は多摩川に向かって低く、右側は高台で、西福寺古墳は標高約46mのところに築かれています。この地形からわかるように、西福寺古墳近くには馬絹古墳、宮崎大塚古墳(川崎市HP)はじめ数多くの古墳が築かれています。特に馬絹古墳の石室は10m近くもある両袖式の切石積みで、埋め戻される前の写真をみると、かなり立派です。馬絹古墳も径33m、高さ6mの円墳であることを考えると、ほぼ同じ規模の円墳である西福寺古墳も横穴石室のようにも思われます。ただ、馬絹古墳は7C初頭に対して、西福寺古墳はずっと古く、出土の円筒埴輪等からみて5C後半から6C初頭と考えられているので竪穴式石室の可能性も高そうです。他方、多摩川台古墳群の端に築かれた野毛大塚古墳(クリック)は中期ですが、竪穴式石室でした。

 西福寺古墳からさらに南にくだると美しい石室が残る加瀬台3号墳(クリック)もあります。多摩川周辺にはまだ訪ねていない古墳も残されていそうです(撮影20201014日)。
PNG 西福寺古墳(川崎市)所在地マップ 21年5月18日



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

美形の後期前方後円墳ですが・・・ 
 5C末以降の古墳時代後期に造られた前方後円墳。房総半島の千葉県、旧国でいえば上総、下総には数多く見ることができますが、東京湾を挟んだ神奈川県つまり相模には、中期までは別にしてめぼしいものがありません。前方後円墳の築造がヤマト王権とのつながりの象徴であるとするならば、上総、下総に比べ相模は王権にとり重要ではなかったということになるのでしょうか。そうした中で墳長45mの前方後円墳、二子塚古墳は唯一の例外です。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣、1995年)をみても、ポツリと二子塚古墳だけ目立ちます。丹沢山系に囲まれた金目川沿いの台地の端に築かれ、その美しい姿を今でも見ることができます。 これまで2回、発掘調査が行われ、後円部の横穴石室(埋め戻し)からは銀装圭頭大刀、耳環、玉、須恵器など豊富な副葬品が出土しているとのこと。とりわけ太刀は完全な形で残されていたという点で貴重だそうです。築造時期は6C後半と考えられており、北西方向5㎞ほどのところには、円墳が立ち並ぶ桜土手古墳群(クリックすれば飛べます)が同じころに築かれています。残念ながら子供たちの遊び場になってはいけないということなのでしょうか鉄柵に囲まれており、より深く観察できないのです。しかも木立の緑が視界を遮り、前方部が十分にはみれません。もどかしさを感じつつ古墳を後にしました(撮影2019年1月25日)。PNG二子塚塚我田の市場所
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

よい意味で期待が裏切られた横穴石室

 
 
 事前の調べでは小田急線の秦野駅から渋沢駅北口行のバスで桜土手古墳公園で降りれば目の前とのことでしたが、9時15分発のバスは秦野市内をぐるぐる回り一向に古墳のある水無川沿いに出ません。思い切ってドライバーに聞いたところバスは桜土手古墳公園には行かないとのこと。古墳踏査も回を重ねると時々こうしたことが起きます。気を利かしてくれて次で降りてくださいとのこと。幸い目指す水無川が目の前。そのまま南東方向に1㎞ほど下ると目指す桜土手古墳公園が待っていました。あいにくの曇り空でしたが真冬だったために下草もなく綺麗な墳丘でした。
 秦野は神奈川県の西部の相模地域にあり丹沢山塊から延びる丘陵に囲まれています。ここに6C後半から8C初めにかけて連綿と横穴石室を持つ古墳が造られてきたそうです。公園の隣には工業団地が造られ桜土手古墳群の数基はそれら企業の敷地内にあります。公園となった円墳の数は7基。うち1基の1号墳は古墳築造当時の状況に合わせ葺石、横穴石室、周濠が復元されており今回の動画のハイライトです。残りの古墳も盛り土をして当時の様子がわかるように整備されています。群衆墳のいくつかはこれまでも紹介してきましたが、宅地造成などで古墳が消滅し複数の円墳を一望にできるところはなかった気がします(いずれ奈良の新沢千塚を紹介します)。
 肝心の1号墳ですがかなり凝った造りです。径28m、高さ5.6mにはとても思えないかなり大きな円墳に見えるのは幅5mの周濠と二段築成の段築の幅の広さではないかと思いました。しかも後期古墳のいくつかに見られる開口部前のハの字型に広がった前庭部のカーブが単なる古墳以上の雰囲気を醸し出しています。墳丘からは破砕された須恵器が出土し復元してみると動画3にあるような特徴ある大がめであることがわかりました。他の円墳からは直刀、馬具。鐙、玉、耳環、土師器等が出土しており、それらは桜土手古墳展示館で見ることができます。川原石を用いた石室は数多く見てきましたが、神奈川では相模原市の当麻谷原12号墳(クリックすれば飛べます)が一例です(こちらも復元古墳)(撮影2019年1月25日)。PNG sakuradote kofungun zu
PNG sakuradotekofungun ichikankei zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

逗葉の山頂にねむる大型前方後円墳

 既に紹介した長柄桜山2号墳(クリックすれば飛べます)とは違い墳丘からは相模湾を望むことはできませんが、前期古墳によくみられる地山を削り出して成形した1号墳からの眺めも実に雄大です。標高は127m。今でこそ木々に覆われていますが築造当時は山裾からも墳丘を仰ぎ見ることができたはずです。ただし墳長90m1号墳は2号墳とは違い葺石はありませんでしたから太陽に映えてキラキラ光り輝くという感じではなかったのでしょう。

 現在動画からもおわかりのように復元工事中です。当初、完成を待ってアップするつもりだったのですが完成は平成33年度(2号墳は31年度に開始し47年度)と知り(長柄桜山古墳群整備基本計画、平成233月、逗子市HP)見切り発車することにしました。といっても撮影したのは20153月と20161月ですから、その後だいぶ工事は進んだのではないでしょうか。興味深かったのは二度目に訪ねた時、葉桜住宅団地の西端にある古墳群登山道に沿って工事用のトロッコが敷設されていたことでした。古墳が築造されたとされる4C後半にはこのような設備はあろうはずもなく墳丘造成のための土砂はどのように運んだのか考えてしまいました。

典型的な前期の前方後円墳は後円部は高く前方部は見下ろすように低いという印象がありますが(たとえば名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)、長柄桜山1号墳の場合後円部から前方部にかけてなだらかに下っていて比高差は2.8mしかありません。工事中のため後円部から前方部に歩くことはできませんでしたが、遠目に見てもその点は確認することができました。もっとも1号墳と同様に後円部と前方部の比高差がない前期古墳も紹介しています。墳長が89mとほぼ同じの千葉県君津市の白山神社古墳は後円部高さは10m、前方部は7mでした。その差は長柄桜山1号墳と同じ程度です。1号墳の前方部幅は後円部径よりも19m短い33mに留まっておりその点からも前期古墳ということがわかります。不思議なのは2号墳にあった葺石が1号墳にはないことです(円筒埴輪はともに設置されていました)。人々に見せる側や片面にしか葺石がない古墳も紹介してきましたが同じ頃に同じ場所で同じ規模で造られた二基の古墳で片方だけにしか葺石が見られないというのはなぜなのでしょうか。興味は尽きません。なお埋葬施設は後円部にあることが確認されており未盗掘だそうです。被葬者は水運に関連する人物であったことは容易に想像できますが古墳時代には相模湾から逗子、横須賀市の走水、東京湾を
越え房総半島に至る交通路があったようです(逗子市HP)。
  アクセスは逗子駅バス4番乗り場から葉桜行で終点下車。1号墳墳丘までは徒歩で20分ほどです。2号墳へはそこから10分。葉桜のバス停に長柄桜山古墳方面と標識が立っています。迷ったら住宅地先の西方向にある森を目指してください。登り口に説明板があります。(撮影2015312日及び2016120日)。



PNG nagaesakurayama 1gou zu

柄桜山1号墳基本データ

所在地 神奈川県逗子市、葉山町

形状 前方後円墳

規模 墳長91m、後円部径52m 高さ7.7m、前方部幅33m 高さ4.9m

後円部 三段築成、前方部二段築成

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1999年に携帯電話の中継基地建設工事に伴う小規模な伐採及び整地が行われた際、葉山町の歴史愛好家が埴輪片を発見したことをきっかけにその存在が知られるようになったという(逗子市HP)。
PNG 長柄桜山古墳群と房総半島前期古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ