古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:熊本県

周濠を含めた復元が圧倒的迫力!

 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。はじめて塚原古墳群を紹介した際に、そう書きました。おさらいをすると次のようなことです。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群1(クリック)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。
 今回の花見塚古墳はその内の1基で築造当時の姿に復元されています。 これがなかなかの優れものです。 スケールという点では西都原には遠く及びませんが、北の民俗資料館から入ると、目にするのは所狭しと並ぶ方形周溝墓(クリック)、円墳、方墳、前方後円墳の数々です。密集という表現がぴったりです。そして、見学ルートの最後に登場する今回の花見塚古墳。説明板によれば古墳群中最後に築かれ(6C末頃)、大仙古墳(仁徳天皇陵古墳)(クリック)の100分の1にあたるようです。大型前方後円墳のミニチュア版として、古墳の構造を理解するにはうってつけのように思われます。 この花見塚古墳はそうした役割だけにとどまりません。自分ははじめて見たような気がするのですが、二重周濠がめぐらされた前方部の南端に径10mほどの円墳が付属するという点です。埋葬施設を2つ設けるのではなく、わざわざ、周濠を共有して独立した円墳を設けるというのは、前方後円墳の被葬者とは極めて密接な関係にあったことが容易に想像されます。
 珍しいと感じたのは周濠が丁寧に復元されていることです。多くの復元古墳の場合、墳丘は当時の姿を再現しても、周濠はせいぜい、掘られていた場所がわかるように目印がつけられている程度です。ところが花見塚古墳の場合、2重に廻っていた濠が復元されているのです。 周濠の底を歩いてみると、墳長43mの小規模前方後円墳でも、墳丘は壁のようにそそり立っているように感じます。より大型の前方後円墳の築造に励んでいた人々も同様に感じたのでしょうか。 アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。

PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
動画撮影位置 花見塚古墳(熊本市)21年9月13日作成
花見塚古墳基本データ
所在地 熊本県熊本市南区
墳形状 前方後円墳
規模 墳長 46.2m、後円部径 24.6m 高さ不明、前方部幅 24.3m 高さ不明
築造時期 7C初
出土品 鉄剣、矢じり、鎧、玉等(伝)
史跡指定 国指定
特記事項 狭い範囲に方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳が密集している

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



遠くから墳丘が確認できる小型の前方後円墳

 
 ドーム型の特徴ある鬼の岩屋古墳(クリック)を訪ねた後、400mほど南西方向に丘陵を下ると、明らかに人口構造物ということがわかる前方後円墳、塚園1号墳の姿が目に入りました。県道329号を渡ると民間の敷地内に大きな植栽がいくつも植えられた墳丘が飛び込んできます。明らかに前方後円墳とわかり残りもよさそうです。ただ近づいでみると墳丘がある北側は草原化し、雨水がしみこんでいることもあり実に歩きにくかったです。そのことは動画のブレでもおわかりいただけるかと思います。ひょっとしてこの墳丘周りは周濠かと思ったのですが、前方後円墳集成(山川出版社、1992)で調べてみると、それは確認されていないようです。
 実際に墳丘に上ってみるとだいぶ墳丘は削られているようで、特に後円部南側は大きく抉られていました。それでも1400年を超えてその姿が現在でもわかる程度に残っているというのはうれしいことです。塚園古墳群は1号墳以外に10数基の円墳によって構成されていたようで、2号墳、3号墳と呼ばれる現状径6m、8mの小円墳が残っています。ここも地権者の理解により、整備され見学ができるようになったそうです(熊本日日新聞ネット版、2020年12月7日)。アクセスは鬼の岩屋古墳のページ(クリック)をご覧ください。撮影(2019年10月25日)。PNG 動画撮影位置 塚園1号墳(熊本市)21年4月10日作成
PNG 塚園1号墳と鬼の岩屋古墳(熊本市)(YU用)21年4月9日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

典型的な前方後円墳として復元された美形の墳丘
 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。 塚原古墳群1の冒頭にそのように書きましたが、今回は2基ある前方後円墳から琵琶塚古墳です。先に奥にある花見塚古墳に寄ったために全体に扁平な印象をもつ琵琶塚古墳の墳丘はあまり印象に残っていませんでしたが、今回、データなどを確認して改めて見直してみたところ、なかなかに美形な古墳ということがわかりました。それもそのはず、墳丘の大半は残っておらず、調査の結果、残存部分は長さ28m、後円部径17m、高さ4.4m、前方部幅2mということがわかったそうです。それをもとに復元したのが現在の姿です。ちょうど草刈り直後ということもあり本来の姿を想像できるに十分な前方後円墳の典型的な姿という印象でした。それにしても墳頂からみえる数々の墳丘はなかなかのものです(撮影2019年10月24日)。
PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

もっと知られてよい古墳公園


 よほどのマニアでないと知らない古墳群ではないでしょうか。1972年に九州自動車道建設に伴う発掘調査の際に発見された大規模な古墳群です。前方後円墳を含む約80基が復元され、確認済みの古墳だけで500基を数えています。地元の関係者、文化財関係者の努力によって自動車道が古墳群を極力破壊しない形(長さ340mのトンネル等)で建設されたそうです。現地を訪れるとたしかに自動車道を確認することはできますが、名残のコスモスが迎えてくれてくれた墓域は静寂に包まれ、所狭しと並ぶ方形周溝墓、円墳、方墳、前方後円墳の数々はなかなかに見応えがあります。
 大規模古墳群といえばお隣宮崎県の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)が思い出されますが、もちろん、規模的にもずっと小さく、前方後円墳の数は西都原が31基に対し、現在確認されているのは2基のみで、それも墳長は50m程度です。このシリーズの2回目で紹介する1基の花見塚古墳は築造当時の姿に復元されています。 圧巻だったのは塚原歴史民俗資料館を経て、古墳群に入り真っ先に迎えてくれる方形周溝墓の数々です。20基あまりが当時の様子を伝えてくれます。いずれも4C後半から5C半ばに造られたということですから古墳時代前期末から中期にかけてになります。首長が前方後円墳を造り、陪塚を含めランクが下位の人物は円墳、方墳に葬られていたと思っていましたが、この時期にも方形周溝墓も多数造られていたのですね。説明には家族墓とありましたから、さらに下位の人物が葬られていたということになるのでしょうか。 今回、残念だったのは石之室(いしのむろ)古墳の横口式家形石棺が2016年4月の熊本地震で破壊された姿を見たことでした。それでも同じ形式の家形石棺である江田船山古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しながら、本来の姿を想像してみました。なお、同じく破壊されたりゅうがん塚古墳は見学ができませんでした。アクセスは熊本城近くの桜町バスセンターから志導寺行きで1時間ほど。塚原で下車し、すぐです。午前中は3本ほどありますが午後は少なく、結局3㎞ほど歩き城南バスセンターから熊本市内に戻りました(撮影2019年10月24日)。PNG 塚原古墳群見取り図 熊本市
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ