古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:栃木県

大きく改変された墳丘だが石室はなかなかのもの



 ここを古墳に関心のない人が訪れたならば、現代の墓地としか思わないのではないでしょうか。若干の盛りあがった墳丘が残されているのでもしかしたらと思うかもしれませんが、石室の存在に気づくでしょうか。それほど改変が著しいことは2本の動画の石室以外のシーンから十分にくみ取ることができると思われます。寺の本堂横にはモダンな住居が建ち、ここが前方後円墳のくびれなのと反問したくなるほどです。

ですからあまり石室についても期待はしていなかったのですが、よい意味でその期待は裏切られました。よくぞここまで残ったと大いに関心するレベルです。下部をコンクリートで固められた2mあまりの羨道部はともかく、5.7mの玄室はチャートを用いた乱積みですが奥壁は大型の板石を二枚上下に置いています。天井高は1.7m前後とさほどなく、他方、幅は最大で2.15m ありますから全体として細長い印象を持ちました。石室はよくみると奥壁から見て左側壁がやや右側壁に比べ低くなっています。天井の板石も斜めにかけられています。墳丘は後円部、前方部ともに部分的に残り、特に前方部は隅が削られ丸くなっています。なお周濠がめぐり葺石が葺かれていたことがわかっています。葺石も復元されている口明塚古墳(クリックすれば飛べます)から300mほど南に位置し、流れは大きく異なっているようですが渡良瀬川が目の前です(撮影2019110日)。
PNGshouzenji (ashikagashi) kofun zu

正善寺古墳基本情報

所在地 足利市常見町

形状 前方後円墳

規模 墳長103m 後円部径62m 高さ6m、 前方部幅73m 高さ4m 

葺石あり、周濠あり、石室長7.5m、羨道長さ 1.8m 高さ1.15m1m

玄室長さ 5.7m 高さ1.7m 幅2.15m

築造時期 6C後半

出土品 不明

史跡指定 足利市

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室も見学できる平地に築かれた円墳 


 横穴石室を伴った今回の大ぶりの円墳、口明塚(くちあけづか)古墳は、現在の足利市を含む毛野といわれた地域では山中や山麓に築かれた古墳が多いそうですが(現地説明板)、

今回の口明塚古墳は渡良瀬川沿いの平地に築かれているというのが特徴の一つのようです。

たしかにアップ済みの足利公園古墳1号と5号足利公園古墳3号(それぞれクリックすれば飛べます)や機神山(はたがみやま)山頂古墳(いずれアップ)と周辺の光景は全く違い、古墳の先に見えるのは住宅です。google map をご覧になると説明板に書かれているそれぞれの古墳の位置関係がよくわかります。それにしても変わった名前の古墳ですが、全国には同名の古墳が数多くあるところからすれば、石室開口部が口を開けているようにみえることから後世の人がそう呼んだのではないかと思いました。

 径45mもある円墳はご覧のようにかなり大きく、3段の墳丘2段目には葺石がまわっており周濠も確認されています。動画1の後半で復元された葺石の様子を映していますが、ここから当時の様子を想像することができます。皆さんはどうお感じでしょう。

 肝心の南に開口した石室は羨道が欠損しているものの長さ5.4mの玄室を含む全体長は9m近くありずいぶんと大きな印象です。使用されている石材は山石で表面の加工は奥壁を除くとあまり施されておらず、よくいえば自然に任せた素朴な造りの石室です。ただ、天井に行くに従い石積みが内側に傾くもち送りは結構急で、しかも側壁の中央辺りが外側に膨らむ胴張りがよくみてとれます。残念ながら盗掘にあっていてなにも出土品は確認されていないようです。普段は施錠されていますが足利市教育委員会文化課に連絡すると開けてもらえます。運がよければ現地を案内していただけます(撮影2019112日)。
PNG kenono ikutukano kofun


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室内部の造られ方が異なる2基の円墳


  今回の足利公園古墳の2基の円墳1号と5号もすでに紹介した3号(クリックすれば飛べます)と同様、ほとんど情報がありません。現地説明版によれば日本の考古学の先駆者坪井正五郎(迂闊にも知らなかった)がはじめて本格的な調査を行った古墳だそうですが、調べていくうちに足利市には1300基以上の古墳があって栃木県内で最も多く古墳が造られた地域ということがわかりました。なるほどgoogle map を見ると今回の足利公園古墳は渡良瀬川の北側の丘にあたり古墳の立地としては最適だということがわかります。

 足利公園古墳として残存する9基のうちの市の史跡指定を受けたのは3基。そのうちの1基が1号墳です(5号墳は指定外)。1号墳、5号墳ともに既にアップした3号墳から至近の距離にあります。1号墳は奥壁がチャート、側壁が川原石の対比が見事です。他方、5号墳はやや粗雑というか、全体がチャートで造られところどころ川原石がはめ込まれています。2基とも3号墳とは違い、中に入ることができました。各種玉、鉄刀、鉄鏃、金銀環、人骨1体。施錠されている石室の見学は事前に教育委員会に連絡が必要です。アクセスは東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分。北側を流れる渡良瀬川を渡り県道67号線を西に歩き4つ目の信号を過ぎて県道40号との交差点を北にあがると公園です(撮影2019112日)。


PNG ashikagakouenkofun ichikankei
PNG watarasegawa to ashikagakofunnkouen 修正版
href="http://history.blogmura.com/his_archeology/ranking.html" target="_blank">にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

チャートを使った見応えのある石室

  今回の足利公園3号墳についてはほとんど情報がありません。いつものように市のHPの文化財にアクセスし見つけた古墳です。とはいえ考古学の専門家の間では知られた古墳のようです。現地説明版によれば日本の考古学の先駆者坪井正五郎(迂闊にも知らなかった)がはじめて本格的な調査を行った古墳なのだそうです。しかも足利公園も明治13年の開園という長い歴史を持ちます。だからでしょうか公園の名称がついた古墳はそれほど多くはないなか3号墳とつけられています。調べていくうちに足利市には1300基以上の古墳があって栃木県内で最も多く古墳が造られた地域ということがわかりました。なるほど地図を見ると古墳が造られた地域は市の中央を流れる渡良瀬川の北側になり、古墳の立地としては最適だということがわかりました。

  残存する9基のうちの市の史跡指定を受けたのは3基。そのうち1基の3号墳ですが丘陵に渡良瀬川を見下ろすように造られた墳長34m2段築成の小さな前方後円墳です。6C後半に造られたと考えられているだけに墳丘前方部は発達し幅は24mと後円部径と同じです。しかしなんといっても3号墳で見逃せないのは横穴石室が完存していることでしょう。崩落の危険性があるとのことで入室はかないませんでしたが長さ3.3m 幅1.8m 高さ2.1mの玄室はやや持ち送られチャート(山石)で造られています。流れによって丸くなった川原石を用いた積み上げられた石室に比べシャープな印象を受けたのですが皆さんはどう感じられたでしょう。直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器などが副葬されていました。アクセスは東武伊勢崎線足利市駅から徒歩20分。北側を流れる渡良瀬川を渡り県道67号線を西に歩き4つ目の信号を過ぎて県道40号との交差点を北にあがると公園です(撮影2019112日)。


PNG ashikaga kouen 3goufun



足利公園3号墳基本データ

所在地 栃木県足利市

形状 前方後円墳

規模 墳長34m、後円部径24m 高さ6m、前方部幅24m

横穴石室規模 長さ7.9m 玄室長3.3m 幅1.8m 高さ2.1m

2段築成

築造時期 6C後

出土品 直刀、鉄鏃、冑等武具、金銅製杏葉(ぎょうよう、装身具)馬具、須恵器

史跡指定 足利市

特記事項 日本ではじめて人類学者坪井正五郎により本格的な調査が行われた古墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ