古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:東京都

帆立貝形前方後円墳なのですが・・・ 

 
 アップするのを忘れていたといったら古墳に失礼かもしれません。というのも非常に重要な古墳なのです。おそらく東京では最も知られた野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)と同様、帆立貝形前方後円墳で墳長も57mもあります。野毛大塚が82mですから一回りほど小さく、築造時期は半世紀ほど下る5C後半とみられています。さらに5C末には狛江市に墳長40mの同じ帆立貝形前方後円墳、亀塚古墳が造られています。古墳時代中期にはそれまでであれば前方後円墳を造ることを許されていた豪族たちが、帆立貝形を強いられたということなのでしょうか。いずれにしろ多摩川流域の中期古墳は帆立貝形が目立ちます。 それほど重要な御岳山古墳ですが、ご覧のとおり自然保存のために古墳ということはよほどでなければ気づきません。単なる雑木林に覆われた小山といった感じです。帆立貝といわれる短い前方部がどちらにあるのかもわからず残念の一言です。埋葬施設は墳頂にあり木棺を粘土で覆った粘土槨だったようで銅鏡の他に単甲が出土しているそうです(撮影2019年2月26日)。PNG 御岳山古墳と野毛大塚古墳 位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

JR山手線沿いに残る2基の前方後円墳


日常的に利用しているJR山手線の駅近くに2基の前方後円墳があるとは思いもよりませんでした。浜松町駅から徒歩10分の芝丸山古墳と上野駅から徒歩5分の摺鉢山です。ともにかなり墳丘は崩れ、特に後円部墳頂は2基とも削平されています。それでも早い時期から開発が進んだ東京で前方後円墳ということがわかる古墳が残されているとは奇跡に近いのではないでしょうか。2基ともに当時は海が間近に迫る武蔵の台地の端に造られています。芝丸山古墳は戦前戦後と2回調査が行われ、10基を超える陪塚があったことがわかっています。墳丘は後円部径64mに対して前方部幅は40mと広がらず、埴輪を伴っていたことから中期でも早い段階に築かれたとみられています。動画1でご覧のとおり掘削された墳丘西側の向こうにはホテルがそびえています。

他方、摺鉢山古墳は上野駅から徒歩5分。周辺には東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館があり、古墳は東京文化会館の真裏です。神社のあった後円部は芝丸山古墳同様削られてはいますが墳長70mと中規模の墳丘は南側からみると人工的な構築物ということがよくわかります。5C代の築造と考えられています。驚かされたのは前方部に立ち北方面にぐるっと回ってみた後円部先の光景でした。コンサートでずいぶんと通った東京文化会館の白壁。ロッテタワーを借景にした韓国ソウルの石村洞古墳(クリックすれば飛べます)を思い出しました。聞けば、この東京文化会館の下にも、東京国立博物館の敷地内にも失われた小規模な円墳があったそうです。

 東京では今回の2基よりは残りのよい多摩川台古墳群のいくつかは忘れるわけにはいきません。前期の宝來山古墳亀甲山古墳、中期の野毛大塚古墳、後期(終末期)の浅間様古墳。いずれも古墳名をクリックすれば飛べますので、是非ご覧ください(2018年2月13日、2020年1月30日。)

PNG dougasatueiichi sshibamaruyama (YU用)
PNG dougasatueiichi suribachiyama kofun zu
PNG shibamaruyama kofun chizu
PNG suribachiyama ueno chizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東京にもある巨大な前方後円墳
 東急東横線の多摩川駅から徒歩5分。駅のホームからも見える今回の前期古墳、亀甲山古墳の紹介が遅れたのはわけがあります。いつ行ってもこんもりとした森にしか見えず、墳丘が確認できなかったのです。以前、アップした同じ江原台古墳群(多摩川台古墳群)のもう一つの大きな前方後円墳、宝来山古墳とは違い、墳丘全体が東京都の保全林になっているとかで一面、樹木と藪に覆われています。後円部が一部欠損していますが墳長108m106m)、後円部径66m、前方部幅約50mとかなり大型です。冬ならばと訪ねてみたところ、目を凝らせば後円部の高まりと落差のある前方部を確認することができました。ちょっとした感激です。墳丘全体を囲むフェンスが設置されていますが近づくことのできる南西側を見ると前方部、くびれを経て後円部の裾がわかります(動画2)。といっても、おそらく多くの方々には、フェンス越しに広がる光景は単なる藪にしか見えないといわれるかもしれません。その代わりというわけではありませんが、多摩川を挟んだ対岸から見た江原台古墳群を動画3で見て頂くことにしました。古墳時代の人々が多摩川から見上げた光景に近いかもしれません。また動画4では後半で武蔵小杉の高層ビルの先方向に今は跡形もなく消滅した白山古墳、三角縁神獣鏡が出土したことで知られる白山古墳があります。ほぼ亀甲山古墳と同じ時期に造られています。つまり多摩川を挟んで古墳時代前期にかなり大型の前方後円墳が対峙していたことになります。

 亀甲山古墳をイメージするには、同規模の前期前方後円墳との比較がよいかもしれません。佐賀の久里双水古墳、奈良の赤土山古墳、大阪の牧野車塚古墳が墳長がほとんど同じです。古墳名をクリックすると飛ぶことができます。是非ご覧ください。アクセスは東急多摩川線多摩川駅から徒歩5分、駅真裏のこんもりとした森が江原台古墳群(多摩川台古墳群)で公園になっています(撮影2018218日)。


PNG kamenokoyama kofun zu


亀甲山古墳基本データ

所在地 東京都大田区田園調布1丁目

形状 前方後円墳

規模 墳長 108m106m)、後円部径66m 高さ10m、前方部幅50m 高さ7m

二段築成、葺石なし

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 江原台古墳群では宝来山古墳に次いで造られたと考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 東京田園調布に残る貴重な横穴石室


今回紹介する東京都で唯一築造当時の横穴石室が残る浅間様古墳。調べてみると既に紹介した宝莱山古墳(クリックすれば飛べます)と野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)とともに荏原台古墳群に属していました。多摩川沿いに走る武蔵野台地の南端に位置します。専門的には江原台古墳群は東側の田園調布古墳群と西側の野毛古墳群にわかれますが、2㎞ほどの多摩川沿いの台地に築かれた古墳群です。浅間様古墳は田園調布古墳群にあります。すでに宝莱山古墳のところで触れたようにまさか中学時代から通いなれた東急沿線沿いに古墳が存在するとは考えてもみませんでした。

宝莱山が4C前半に、後半にはいずれ紹介しなければならない大型前方後円墳の亀甲山古墳(鬱蒼とした雑木林が墳丘を覆っておりわかりにくい)が造られ、4C末には中型の円墳もみられたそうです。他方、野毛古墳群では5Cになると都内で唯一の本格的復元古墳、大型の帆立貝型前方後円墳である野毛大塚古墳が造られ、八幡塚古墳、御嶽山古墳など多数の中型の円墳ないし帆立貝形古墳の築造が続きます(一部を除き消滅)。この時期には田園調布地域には古墳の築造は見られません。ところが5C末には田園調布地域に古墳築造がもどり、多摩川駅から至近の距離に前方後円墳の浅間神社古墳が造られ、6Cから7Cごろにかけて宝莱山古墳と亀甲山古墳の間に今も整備されて見学可能な径15mほどの八基の円墳や消滅した前方後円墳が造られます。こうした古墳の立地の移動は多摩川流域の支配者が変動したということなのでしょうか。

このあたりのことにご関心のある方は大田区の「古墳ガイドブック」(2008)やネットで検索可能な「大田区遺跡一覧」でご覧ください。肝心の浅間様古墳は動画でご覧いただけるように小ぶりながら見事な石室です。墳丘は削られてしまっていますが残された明治時代のスケッチでは円墳になっています。ガイドブックの説明は各面を平らに加工した切石を積む構築工法は新しい技術でこの古墳が造られたのは荏原台古墳群の中で最も遅い時期に築造されたことを示しているとしています。玄室の長さは2m、奥壁の幅は1.38m、玄門の幅は0.65m、羨道の長さは1.8mです。同じ頃に築造された神奈川県の加瀬台3号墳(以下いずれもクリックすれば飛べます)、群馬県の宝塔山古墳蛇穴山古墳、さらには趣の異なる当麻谷原3号墳の横穴石室と比較してご覧ください(撮影2016107日)。

↑このページのトップヘ