古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:日本ブログ村

今回は既に紹介した今市大念寺上塩治築山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山古墳です。まだ妙蓮寺山古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)をアップしていませんが、どうして古墳時代後期にこれだけ立派な石室をもった墳墓が集中して出雲の地域に築かれたのか謎は深まるばかりです。畿内の古墳にも石棺が残っているところは数多くありますが、狭い地域に集中してこれだけ特徴のある石棺が揃い、どれも入室して観察できるところはないと思います。その意味でも貴重です。

ただ今回の宝塚古墳は方墳か円墳かもわからないほど墳丘の損傷が激しく、羨道の天井石も崩れ落ちているのが残念です。もっとも切石積みの石室内部及び石棺は上塩治築山古墳同様に高度な技術が用いられていることが誰にでもわかる素晴らしいものです。武骨な自然石が積まれた壁も個人的には好きですが、凝灰岩の切石積みは加工技術の進歩をうかがわせる恰好の材料です。今回の石棺も今市大念寺、築山と同様、横口式石棺で大きく長辺の一つが刳り貫かれています。ここから被葬者の魂は棺の内外を行き来したということなのでしょう。

アクセスは簡単です。JR山陰本線西出雲駅のホテル前の道を277号線まで進み北東方面に800mほどで左に出雲西高校が見えます。高校方面に左折すると動画1の光景がみえます(撮影2016年5月12日)。



宝塚古墳(出雲市)基本データ

形状 方墳か円墳か不明

規模 不明 石室 長さ3.6m、幅2m、高さ2.5

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 震災から半年を過ぎた熊本。上空から見た空港近くは屋根を覆うブルーシートが痛々しく、その爪痕の大きさに改めて驚かされます。ところが地域によってその被害の状況は全く違います。今回訪れたところは熊本市中心部から北に25㎞ほどのところです。 
 二度目の訪問で願いはかなったのでしょうか。その理由は後述するとして今回の古墳は中期と後期の境目(今回は中期に位置づけました)に造られたと考えられる熊本県玉名郡和水町にある江田船山古墳です。古墳時代に残る数少ない文字資料のひとつが出土したことで有名です。鉄剣に銀象嵌された75字から雄略天皇(5C半ば)に文官として仕えた人物が被葬者であることが明らかになっています。そのほか、発掘された銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等から、被葬者が朝鮮半島、大陸との交流を行っていたとみられています。それら国宝指定された出土品は東京国立博物館で展示され、その様子は和水町HPの動画で確認できます。

 豪華な副葬品が収められていた石棺のある石室は動画1でわかるように後円部西側に開口しています。なんとも無粋なコンクリートの入口が残念としか言いようがありません。とはいえ初期の古墳整備のスタイルは宮崎県の西都原古墳群も和歌山の岩橋千塚古墳群も同じで要塞を思い出させます。現在であれば墳丘と馴染む整備保護を考えるに違いありません。さて一度目の訪問ではガラス越しに見えるはず石棺が結露のために全く見えなかったのです。満を持して季節を変えて訪れたのですが、なんとまあ、今回も動画3で見るように家形石棺は水中に沈んでいるが如くでした。聞けばワイパーがすぐ壊れてしまい現在修理依頼中ということでしたが折角、遠路はるばる来たのにと愚痴も言いたくなります。それでも、なんとなくイメージはつかめる動画が撮れた気がします。動画3の終わりのほうに目をこらしてみると屋根の部分の突起に朱が残っていることがわかります。

 動画1でご覧いただいた墳丘は残存する二段、三段目は自然のままに(変形している)し、一段目は復元整形したのだそうです。樹木が生い茂る墳丘は枝ぶりの良い盆栽をみるようでまことに美しい。墳長は62mしかありませんから決して大きいとはいえません。それでもこれまでアップした同規模の中期の前方後円墳の静岡県の三池平古墳(クリックすれば飛べます)と比較すると江田船山のほうが大きくみえます。周囲に遮るものがないせいでしょうか、あるいは広いところでは13mもある周溝のせいなのでしょうか。

 アクセスはJR玉名駅から1-2時間に1本出てる産交バスに乗り菊水ロマン館下車徒歩5分。

道路沿いに大きな看板があります(撮影日2016年10月25日)。
PNG edafunayamakofun zu




江田船山古墳基本データ

所在地 熊本県和水町玉名郡和水町

形状 前方後円墳

規模 墳長62m、後円部径41m 高さ10m、前方部幅40m 高さ7.5m 三段築成

築造時期 5C

出土品 鉄剣、銅鏡、冠、耳飾、玉、武具、馬具、鉄鏃等

史跡指定 国指定

特記事項 本文中で触れた銀象嵌銘鉄剣の製作者も文字を書いた人物名も記されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  古墳時代に関心をもちはじめて暫くたった頃、卑弥呼が眠るともいわれる墳長280m箸墓古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大王の墓はどこにあるのだろうと思っていたところ、それらは三輪山を東に望む奈良盆地のごく狭い地域(10㎞×3㎞)に密集していることを知り驚いた記憶があります(簡単な地図と古墳の位置関係をJR桜井線とともに記してありますので参考にしてください。)3C央から100年の間に墳長200mを超える前方後円墳がこの地域に6基も築造されています。いずれも前期古墳に属し今回のメスリ山古墳は墳長224mを数えます(その後の調査で250mとの見方もあります)が、築造順では4番目になります。

 興味深いことに既に紹介した桜井茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)とともに、今回のメスリ山古墳は陵墓指定されておらず本格的な調査も行われ、一般人の我々も墳丘にも登れる国指定の史跡です。古事記や日本書紀、さらには律令時代の施行細則の延喜式にもメスリ山古墳に関する記述はないそうです。実に不思議です。それはともかく墳長200mクラスで墳丘を実際に体感できる古墳の数は限られており、その意味でも実に貴重です。もっとも既にご存知の方も多いと思いますが、墳頂の埋葬施設(動画2でその天井石を映しています)から豊富な副葬品が発掘され、とりわけ未盗掘の副室からは大量の武器が出土し、また、埋葬施設を囲む方形の区画には高さ2m42㎝口径1m31㎝胴部径90㎝の最大規模のものを含む特殊円筒埴輪と円筒埴輪107本が立ち並んでいたそうです。その壮観な様子の復元図は橿原考古学研究所付属博物館(近鉄橿原線畝傍御陵前下車、徒歩5分)でその巨大な円筒埴輪とともにみることができますが、是非、メスリ山の墳頂に立ち、その姿を想像することをお勧めします。博物館のスペースでは現地の空間を表現することは難しいからです。

 肝心の墳丘ですが動画からも三段築成の後円部、二段築成の墳丘がよくわかります。ただし公園になっている北側からのみの景色で、八坂神社がある南側は民家が立ち並び一望することが難しいように思われました。また、高さ20mあまりの後円部の斜度はかなりあり葺石がゴロゴロしていることもあったかなり歩きにくいです。ただ、頂上にたどり着くとその広さに驚くこと間違いなしです。長さ6.75m1m強の竪穴石室の天井石がそのまま見ることができる機会もそう多くはありません。埋め戻された石室は高さ1.6mほどだったそうです。これらの画像を含む情報は千賀久さんのヤマトの王墓(新泉社、2008)が詳しいです。季節を変えて何度か訪れましたが、やはり木々の葉が落ちた晩秋から冬がベストでしょうか。アクセスは非常にわかりやすいです。JR桜井駅(近鉄でも)南口から南下する道を1㎞ほど奈良情報商業高校を目指し直進します。高校の前を東西に走る道の正面にみえる森がメスリ山古墳です。駅から徒歩20分ほどです(撮影2016224日)。
PNG mesuriyama kofun zu
PNG  オオヤマト古墳群の大型墓 図



メスリ山古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市高田

形状 前方後円墳

規模 墳長228m、後円部径128m 高さ19m、前方部幅80m 高さ 8m

後円部三段、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 内行花文鏡、三角縁神獣鏡の破片、石釧、鍬形石、車輪石、椅子形石製品、櫛形石製品、石製合子などと玉類及び刀剣、副石室からは鉄矛(鉄剣形の槍先)236本の銅鏃、50本の石鏃、鉄製矢5本等

史跡指定 国指定

特記事項 メスリ山古墳のいわれははっきりしていないが、メスリはメグルが訛った者との解釈もあるようだ。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の後期古墳、江崎古墳は既に紹介した吉備の造山古墳作山古墳こうもり塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)からほど近いところにあります。こうもり塚古墳から吉備自然歩道を西に歩き備中国分寺を過ぎて北に500mほど上がったところにあります。住宅街の突き当りの丘陵の端に目指す江崎古墳はありました。動画3の後半がその姿を伝えています。ただ、墳丘は後円部から前方部にかけてかなりなだらかな印象があり、後円部の高さが5.2mもあった築造当時の様子は残っていません。興味深いのはこうもり塚もそうでしたが後期の前方後円墳であるにもかかわらず前方部は未発達です。この地域に特有な築造様式だったのでしょうか。

 石室は残念ながら入室がかなわず格子越しの撮影となりました。そのために両袖式の玄室の様子もよくわかりませんでした。こうもり塚古墳よりも石室の長さは5mほど短い13.8mです。動画からもわかるように玄室の天井の板石はコンクリート製(?)に変えられ明かり取りの穴がもうけられています。とはいえ6個の縄掛け突起をもった家形石棺の姿はきちんと確認することができました(動画2でじっくり見て頂きたいと思います)。発掘調査時に二体の成人男女性と思われる人骨とともに多数の副葬品が出土しているそうです。

 アクセスは冒頭に書いたとおりです。総社駅から吉備自然歩道を江崎古墳、作山古墳、こうもり塚古墳、造山古墳の順に歩くのもよいかもしれません(撮影2016222日)。
PNG esakikofun zu 修正





江崎古墳基本データ

所在地 岡山県総社市

形状 前方後円墳

規模 墳長45m、後円部径32m 高さ5.2m、前方部幅25m高さ1.2m

長さ13.8mの横穴石室が後円部に存在。2.38m 幅1.4m 高さ1.31mの家形石棺あり

築造時期 6C

出土品 埴輪、馬具飾金具、銅鏡、刀剣、鉄鏃等製品、須恵器、土師器

史跡指定 県指定

特記事項 男女二体の人骨が出土



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大阪方面からJR阪和線に乗り百舌鳥駅で下車すると踏切を越えた右後に仁徳天皇陵(大仙古墳)が見えます。踏切を越えず左に100mほど歩くと目指す御廟山古墳の緑濃い墳丘が住戸の間からのぞきます。うーん。幅広の周濠に囲まれた墳長203mの前方後円墳は動画でご覧頂ければわかるように堂々たるものです。くびれもよくわかります。北側前方部寄りから接近したのですが、中期特有の前方部の発達ぶりも確認できます。百舌鳥古墳群の中では仁徳陵履中陵土師ニサンザイ古墳(いずれもクリックすれば飛べます)に次ぐ規模です。既にアップ済みのいたすけ古墳よりは50mほど大きくなります。残念ながら百舌鳥古墳群の大半の大型前方後円墳がそうであるように、御廟山も宮内庁が陵墓参考地に指定しています。なんと応神天皇の墓の第2候補だというのです。現在の応神天皇陵が誤りであった場合に代わって御廟山古墳が応神天皇陵として繰り上がるわけですが、なんとも不思議です。

 加えて宮内庁管理(濠は堺市)のために墳丘に登ることはもちろん、一般人には接近することも叶いません。仁徳天皇陵、履中陵と既に紹介した墳丘と美しくはありますが同じように見えるのはそうした根本的な問題にありそうです。当然、発掘調査は行われておらず埋葬施設も副葬品もわかっていません。ただし護岸工事のために宮内庁と堺市が行った調査から円筒埴輪列、葺石が確認をされています(御廟山古墳の発掘成果、堺市)。5C半ばの築造でも埴輪の特徴から仁徳天皇陵よりも古いと専門家はみているようで倭の五王の側近の墓ではないかと考えている人もいるようです。そこまでわかってなぜそれ以上発掘調査ができないのか隔靴掻痒の感は免れません。なお、御廟山のいわれは応神天皇の御廟というところにあるようです。アクセスは冒頭に書きました(撮影2016525日)。
PNG Gobyouyama zu



御廟山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市

形状 前方後円墳

規模 墳長203m、後円部径113m 高さ17m、前方部幅136m 高さ17m

三段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定

特記事項 百舌鳥古墳群中第4位の墳長



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の前期古墳は千葉県市原市にある姉崎天神山古墳です。墳長130mの前方後円墳です。既に紹介した六孫王原古墳、二子塚古墳が属する姉崎古墳の中では最大規模を誇ります。その詳細はあとで触れるとして、市原市は20167月中旬ゲリラ豪雨に見舞われ住宅街の道路が濁流に変身した様子がテレビでも報じられました。姉崎古墳群からも至近の距離のところです。今回の姉崎天神山古墳や六孫王原古墳を歩いていてなるほどと思いました。姉ヶ崎駅から古墳群に向けて急な登坂が続きます。動画2や3でもおわかりのように西の東京湾方面だけでなく谷をはさんで南の丘陵もよくみえます。標高は30mから40mもあり古墳を築くには絶好の場所ともいえます。

天神山古墳を含む養老川流域の姉崎古墳群は上海上国造(かみつうなかみのくにのみやつこ)とその前身豪族により4C中頃から継続的に造られたと考えられており、全国古墳編年集成(雄山閣、1995)によれば、今回の天神山、釈迦山(いずれアップ)、二子塚古墳(クリックすれば飛べます)、山王山(消滅)、ずっと飛んで7C後半に六孫王原(クリックすれば飛べます)の順で築かれたようです。ということは古墳時代のほぼ全期間を通じて古墳が造られたことになります。いずれの古墳にも養老川流域を支配した豪族が眠っているに違いありません。

肝心の天神山古墳ですが、残念なことに丘陵先端に雑木に覆われて位置することと周辺の開発のために横から墳丘全体を撮ることがかないませんでした。唯一全体像がわかるのは後円部東側から前方部を臨んだ動画3だけです。それでも、その大きさはかなり伝わってくるのではないでしょうか。後円部径が60mを超え、前方部幅は50m超と、中期以降にみられる前方部の発達はありません。そうしたところからも天神山古墳が前期に位置することがわかります。くびれ部分には天神様がまつられており前方部側から後円部への視野を遮ります。全国の古墳にはこうした例が少なくありませんが(一例は岐阜県大野町の上磯古墳群、動画1 クリックすれば飛べます)、神社のお蔭で墳丘が残されてきたことを考えるとわがままは言えません。

アクセスですが姉ヶ崎駅から徒歩が地形の変化もよくわかりお勧めです。姉ヶ崎駅から椎津変電所のある交差点を目指し歩き、そこから登りになる姉崎神社の東側の道路を進み、一つ目を左折し(東方向)道なりに進むと左に天神山古墳の道標が出ています。その道を下ると動画1の冒頭のシーンになります(撮影2016年2月2日)。
姉崎天神山古墳







姉崎天神山古墳基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径60m 高さ14m、前方部幅55m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 土師器、鉄鏃、刀子、管玉

史跡指定 県指定

特記事項 姉崎古墳群中 最大規模



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する岡田山古墳群の1号墳は前方後方墳の墳丘もさることながら出土した円頭太刀に銀象嵌で額田部臣と書かれていることがわかり一躍有名になりました(重要文化財に指定され展示館で常設展示されています)。古墳時代の文字資料はさきたま古墳群の稲荷山鉄剣はじめ非常に限られているからです。

 八雲立つ風土記の丘の展示館から至近の距離にある1号墳は動画1でわかるように遠くからその姿を確認することができます。小規模な前方後方墳ですが前方部手前に24-5m四方のテラスが付属しているためにより大きくみえます。その手前の2号墳は径43mの円墳が小さくみえるぐらいです。残念ながら両古墳ともに墳丘は登頂禁止なので1号墳の後方部と前方部の関係、前方部と大きなテラスの関係はよくわかりませんでした。岡田山古墳群は両古墳に加え、小規模な古墳5基からなっています。

 1号墳の後方部の西側には長さ5.6mの横穴石室が開口していて組合式家形石棺が置かれています。不思議なのは長さ1.5mしかなく高さ0.9m、幅も0.8mしかないことです。かなり小型です。副葬品も前述の太刀に加え、銅鏡、玉など多数発掘されています。ただ、石室と石棺がともに残り、しかも公開しているものは決して多いとはいえません。これまでアップしているものを思いつくままに並べてみると奈良県の都塚市尾宮塚赤坂天王山、佐賀県の西隅、岡山県のこうもり塚、群馬県の宝塔山、静岡県の賎機山といったところでしょうか。是非、比較してごらんください。古墳名をクリックすると直接飛べます。

 それにしても八雲立つ風土記の丘に眠る古墳は幸せです。周囲に墳丘を遮るものがほとんどなく築造当時の姿を想像することが十分に可能です。

 アクセスはJR松江駅一畑バス④乗り場 八雲行きで30分ほど。風土記の丘入口で下車して進行方向に進むと右に小さな坂があります。そこを登ると展示館裏の駐車場に出ます。交通量が多いのでご注意ください(撮影2016年5月12日)。
PNG okadayama1&2 zu shusei




岡田山1号墳と2号墳基本データ

所在地 島根県松江市大草町

形状 1号 前方後方墳 2号 円墳

規模 1号 墳長24m、後方部辺11.5m 高さ3.5m、前方部幅11.5m 高さ3m

三段築成 2号 径43m 高さ6.5m

出土品 埴輪、須恵器、鏡、鉄刀(銀象嵌銘あり)、鉄鏃、鞍金具等多数

史跡指定 国指定

特記事項 銀象嵌銘のある円頭太刀は国重要文化財



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回の中期古墳は兵庫県伊丹市にある前方後円墳の一種、帆立貝型の墳丘を持つ御願塚古墳です。ごがつかあるいはごがづかと呼ぶようですがなかなか難しい読み方です。伊丹市HPによれば御願塚古墳を中心として200300メートルの範囲内にかつて満塚(みちづか)・掛塚(かかりづか)・温塚(ぬくめづか)・破塚(やぶれづか)と称する塚地が存在していたそうで(現在は消滅)、「御願塚」の地名は御願塚とこれら4基の塚とをあわせて「五が塚」と呼んだことからという説もあると書かれています。墳長52mと決して大きなものではありませんが、阪急電鉄宝塚線の稲野駅前の住宅地を歩いた5分ほどの至近距離にある周濠に囲まれた墳丘は堂々たるものです。この規模の古墳が5C後半200mほどの距離に5基もあったとすれば壮観だったに違いありません。

その頃南に30㎞ほど南下した河内では誉田御廟山古墳(応神天皇陵)や市の山古墳(允恭天皇陵)が和泉では大仙古墳(仁徳天皇陵) (クリックすれば飛べます)などの巨大古墳が築かれていました。巨大古墳だけに目が行きがちですが同じ頃に、ヤマト王権を支えたであろう豪族の墓が近隣にいくつもあることに改めて驚かされます。もっとも専門家や古墳ファンの方々からは何も今更といわれてしまいそうですが・・・。

動画2に見るように墳頂には南神社の社殿があり短い前方部が後円部から十分に見通せないのが残念ですが、神社があったために墳丘が消滅せず残ったともいえそうです。墳丘は動画1でわかるように二段築成です。埋葬施設は後円部に竪穴石室があり石組も確認されているそうですが、詳細は不明です。現在の周濠の外側にも濠がめぐっていたようで、濠と濠の間からは円筒埴輪が多数出土しています。帆立貝型の前方後円墳としてすでに紹介したのは東京世田谷区の野毛大塚古墳、大阪府岸和田市の風吹山古墳があります。ともに規模も大きく墳丘を遮る立ち木がないので、帆立貝型前方後円墳をイメージするにはよいと思います。古墳名をクリックすれば直接飛べます是非、比較してご覧ください。

御願塚古墳へのアクセスは書きましたように阪急電鉄宝塚線稲野駅から北に商店街を歩いた100mほど歩いた住宅街にあります。すぐにわかります(撮影2016年4月6日)。
PNG gogatsuka zu





御願塚古墳基本データ

所在地 兵庫県伊丹市稲野

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 墳長 52m、後円部径39m 高さ7m、前方部幅13m 高さ2m 

二段築成

築造時期 5C

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 県指定

特記事項 本文中にあるように近隣に四基の古墳があり、ごがつかの御は五番目の古墳といわれています。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

本動画中のキャプションで東側と西側が逆になっていました。東側西側 西側東側です。失礼しました。

   いつアップしようか迷っているうちに一年半も過ぎてしまいました。このブログは比較という点にこだわっているので同規模の墳長を持つ畿内の古墳をいくつかを紹介してからと思っていたのです。それにしても本人が言うのもおかしいですが関東最大の前方後円墳墳長210mの太田天神山古墳は、天気にも恵まれ実に美しく撮れました。現地に朝早く着くよう、始発近くの電車に乗った記憶があります。その墳丘は、前年夏にみたのとは全く違っていました。動画4の最後に夏の墳丘(静止画像)を加えています。

 古墳関係の啓蒙書、専門書でも必ず触れられているのが太田天神山古墳です。畿内、河内の政権が百舌鳥・古市古墳群の巨大古墳を築いていた頃、この地でも210mという突出した規模の古墳が築かれたのです。上野では既に紹介した前橋天神山前橋八幡山古墳
(クリックすれば飛べます)のように前期にも相当規模の前方後円墳や後方墳が造られますが、太田天神山古墳との関連でいえば宝泉茶臼山、浅間山古墳(いずれも未アップ)とそれまでにない170m規模の前方後円墳が先行して造られています。太田天神山古墳は両古墳をしのぐのですから首長としての力は傑出していたのでしょう。それを示しているのが動画2でも紹介した全体を覆う葺石です。右島和夫、千賀久「古墳時代」(河出書房新社、2011)では、「付近一帯には石材が乏しい。巨大古墳を葺石で覆うためには、古墳の力南に六キロの利根川、あるいは北に約六キロの渡良瀬川から運び込む必要がある。このような条件下では、葺石自体を断念するが一般的である」としています。それでも人々は懸命に古墳築造に取り組んだのです。私は見ることができませんでしたが、くびれ辺りに後円部の埋葬施設の長持型石棺の一部が露出し、それは畿内の大王墓クラスに匹敵するものだったとそうです。残念ながら既に盗掘されており、めぼしい出土品はありません。
  後円部は三段、前方部は二段築成、後円部から前方部に至あるいてみましたがあまりに幅が広く、左右が視野に入らないほどでした。京都府城陽市の久津川車塚古墳(いずれアップします)でも同じ印象でした(いずれアップします)。墳丘西側は崩れています。墳長210mですから、墳丘全体を見渡すことはなかなか難しいのですが、巨大な周濠がまわっており、それが可能となりました。同規模の中期古墳には奈良県馬見古墳群の巣山古墳(墳長220m)(クリックすれば飛べます)。宝来山古墳(墳長227m)(クリックすれば飛べます)があります。是非比較してご覧ください。

アクセスは東武伊勢崎線太田駅北側にある東国歴史街道を西方向に道なりに600mほどあるくと太田天神山古墳です。駅から徒歩20分(撮影日2015219日)。

PNG ooatenjinyama zu


太田天神山古墳基本データ

所在地 群馬県太田市内ケ島町

形状 前方後円墳

規模 墳長210m 後円部径120m 高さ16.8m、前方部幅126m 高さ 12m

後円部 三段築成、後円部二段築成 葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、水鳥埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 本文中で触れたように関東で最大の前方後円墳

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

さきたま古墳群は行田駅方面のバスの通る県道77号線を境に稲荷山古墳、二子山古墳のある北群(仮称)と鉄砲山、奥の山古墳等のある南群(仮称)にわかれます。今回、6C前半に造られた後期古墳として紹介する瓦塚古墳も南群にあります。丁度、国宝金錯銘鉄剣が展示されている博物館の東側に位置しています。

 動画では冬と夏の異なる表情の墳丘を紹介しています。墳長73mとやや小ぶりですが、後円部径が36.5m、前方部幅が47m、後円部高さが5.1mに対し前方部が4.9mとほぼ同じ、前方部の発達がよくみられる典型的な後期古墳です。墳丘は登れないので前方部の広がりが観察できないのがなんとも消化不良です。これまでアップした古墳で墳長がほぼ同じものとして2基あげておきますので、比較して是非ご覧ください。墳長76mの岐阜県大野町の登越古墳(野古墳群)(クリックすれば飛べます)、69mの千葉県我孫子市の水神山古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらはともに登れますが、残念ながら中期古墳ということもあり前方部の発達はみられません。しかし墳長70m程度の古墳の規模をイメージするには適当だと思われます。

ガイドブックさきたまは、さきたま古墳群には多くの謎があるとして5点をあげています。①それまで古墳が造られていなかった場所に、突如として現れたこと、②東西約500m、南北約800mのせまい範囲の中に大型の古墳が濠をくっつけるような近さで、次々規則的に造られたこと、③前方後円墳は全て長方形または台形の二重の濠で囲うのを基本としていること、④西側に造り出しを持つ前方後円墳が多いこと、⑤前方後円墳の方向がおおむね同じであることをあげています。

略図にあるように、たしかに後円部が全て北東方向を向いているのが印象的です。同じように短期間に造られた群馬の大室古墳群とはだいぶ様相が異なります。長方形または台形の二重の周濠がめぐっている点も、この古墳群がビジュアル的に統一された印象を受ける理由かもしれません。おそらく同じ造墓集団の手になるものだったのでしょう。これまでに超大型の円墳丸墓山(以下同様にクリックすれば飛べます)にはじまり、二子山将軍山稲荷山とアップしています。まだ、いくつかの古墳が残っていますが、それぞれの動画からさきたま古墳群の全体像を捉えることができるのではないかと思っています。

アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車。徒歩15分のルートを使いました(撮影2015年7月14日、2016年3月1日)
PNG  kawarazuka(sakitama) 
PNG sakitamakofungunzentaizu




瓦塚古墳(さきたま古墳群)基本データ

所在地 埼玉県行田市

形状 前方後円墳

規模 墳長73m、後円部径36.5m 高さ5.1m、前方部幅47m4.9m

出土品 円筒埴輪、家形、水鳥など形象埴輪、琴を弾く男、首飾りをつけた女など人物埴輪

史跡指定 さきたま古墳群 国指定

特記事項 さきたま古墳群の前方後円墳中8基のうち5番目の墳長


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ