古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:日本ブログ村

ウワナベ、コナベと古墳の名称は時として訪問者を戸惑わせます。こういう時には古代史に精通している方々の解釈を参考にするしかありません。ネットの時代、検索してみるとどうやら夫に愛想をつかされた前妻が後妻に嫉妬することをうわなりねたみ(後妻嫉妬)ということが関係しているようです。若干早く築かれたと考えられる西に位置するコナベ古墳が前妻、ウワナベ古墳が後妻ということになります。二人の妻の夫は仁徳天皇のようです。ならばヒシアゲの由来はと探ってみたのですが、わかりませんでした。

さて、それぞれ5C前半に築かれたと考えられる200mを越す大型の前方後円墳は、ウワナベが被葬候補者としてさきほど触れた仁徳天皇皇后八田皇女、コナベが仁徳天皇皇后磐之媛命の墓とする陵墓参考地に宮内庁が決めています。他方、ヒシアゲは仁徳天皇皇后磐之媛命陵として治定しています。ウワナベ・コナベは「かもしれない」という陵墓参考地。他方、ヒシアゲは宮内庁が磐之媛命の陵墓として決定。ただ、自信はなく、よくわからないということなのでしょう。無理に特定の人物の墓にあてはめた結果です。

 それはともかく、この三つの古墳は既に見た佐紀古墳群の五社神古墳(神功皇后陵)、佐紀陵山、石塚古墳とは違って、遠くから眺めることができる点で、スケール感を味わうには有利です。とりわけ、ウワナベ古墳とコナベ古墳が隣接している様子は周濠間の距離が100mもないのでよくわかります。さきほどの説明にしたがえば、動画1のウワナベが後妻、動画2のコナベが前妻の墓ということになります。間に広い芝生が広がる航空自衛隊幹部学校が位置するというのも不思議なとりあわせです。

 それに対して宮内庁が磐之媛命の陵墓としているヒシアゲ古墳は、ウワナベ、コナベほどには遠目には観察できません。ただし、宮内庁の管理にはない外堤には発掘調査によって明らかとなった円筒埴輪がいくつか復元されていて、墳長219mの巨大古墳の一端を覗くことができます。

 佐紀盾列古墳群は時代的には箸墓古墳にはじまるヤマト古墳群に次ぐ、大王クラスの豪族を含む古墳ですが、既に紹介した神功皇后陵 佐紀陵山佐紀石塚山瓢箪山塩塚古墳(クリックすれば飛べます)は西側に、今回の三基は東側にあります。そして名称、たてなみの由来どおりに、これら全ての古墳が後円部を北に前方部を南にして築かれています。Yahoo,Googleの地図をご覧頂くと、その様子が手に取るようにわかります。そしてこれらの古墳群のすぐ南には大極殿が復元されている奈良時代の平城宮が広がっています。極めて興味深いことに、平城宮の北側の一部(官舎址)が5C前半に造られた市庭古墳と重なり、前方部が完全に消滅していることが近年明らかとなっています。その300年後の8Cの初頭。藤原京から平城京に遷都され大極殿はじめ平城宮が整備された頃には、時の政権は古墳は破壊されてもやむを得ないという方針であったことがここからわかります。アクセスは近鉄奈良線の新大宮で下車し国道24号線沿いに1㎞ほど北上すると左側にウワナベ古墳が見えます。徒歩で20分ほどです。残りの古墳は現地の案内板にしたがってください(撮影2017613日)。

PNG uwanage konabe zu


ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市法華寺町(ウワナベ、コナベ)ヒシアゲ(佐紀町)

規模 ウワナベ 墳長205m、後円部径128m 高さ20m、前方部幅 130m 高さ16m

コナベ 墳長204m、後円部径125m 高さ20m、前方部幅129m 高さ17.5m

ヒシアゲ 墳長219m、後円部径124m高さ16m、前方部幅145m、高さ14m

築造時期 5C前半 ヒシアゲ→コナベ→ウワナベの順で造られたと考えられている

出土品 ウワナベ、コナベ 不明、ヒシアゲ埴輪片

史跡指定 なし

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 はじめて遠見塚古墳を訪れたのは古墳踏査をはじめて間もない2012年の9月のことです。まだ古墳に集中するというよりは史跡全般を闇雲に見るという状態のなかで、東日本大震災の爪痕の残る多賀城を訪れたついでに立ち寄ったのでした。今回の動画1の冒頭にあるように(これは訪問三回目のもの)、国道4号線の歩道橋から見下ろした遠見塚古墳にはびっくりしました。静謐とは程遠い、長距離輸送の大型車がひっきりなしに通る国道沿いにその巨体を横たえているわけですから。保存の努力も並大抵のものではなかったのではないか。そのとおりでした。仙台市のHPによれば1947年駐留米軍の霞目飛行場拡張工事により後円部の北側半分が削られ、さらに仙台バイパスの計画路線に入る等破壊の危機にさらされたものの、1968年の国の史跡に指定され保存整備が図られたのだそうです。前方部の東端は道路のために削られています。

 肝心の墳丘はなかなか雄大です。後円部が高く、前方部が低い姿を遠くから眺めることができるからでしょうか。復元された緑一色の墳丘は築造当時の人々が見たものに近いのではないかと思いました。というのも築造時に葺石も埴輪もなかったようなのです。これだけ大型の前方後円墳なのに不思議です。少々後に造られたと考えられている墳長168mの雷神山古墳は葺石があり壺形埴輪が立ち並んでいました。ほぼ同じ頃に遠見塚古墳から南東方向に10㎞のところに築かれた雷神山古墳。二つの大型古墳の被葬者は仙台平野を支配した豪族に違いないでしょうが、二人の関係はどのようなものだったのでしょう。気になります。アクセスはJR仙台駅から仙台市営バスで遠見塚小学校前下車。以前はあった直行のバスがなくなっていますが、近くのバス停からでも十分歩けます。詳細はご自身でお調べください(撮影、2017421日)。
PNG toumizuka zu noteban





遠見塚古墳基本データ

所在地 宮城県仙台市若林区遠見塚

規模 墳長110m 後円部径63m 高さ6.5m、前方部幅37m 高さ2.5m

後円部二段築成、習濠あり(不均等)、葺石なし、埴輪なし

築造時期 4C

出土品 玉、櫛

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂の埋葬施設には竪穴墓壙が設けられ二基の割竹形木棺(推定)が粘土郭に包まれ置かれていたらしい

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の車塚古墳 どでかいとしか言いようのない円墳です。埼玉県行田市のさきたま古墳群の径105m丸墓山古墳につぐ規模で径82mを誇ります。ただ、動画1の頭に映っているように周濠がまわり堤が残されているのでずっと大きく見えます。いつものことですがなぜこれほど巨大な墳丘を持つ構築物を造ったのだろう思ってしまいます。

道を挟んだ西隣の牛塚古墳丸塚古墳愛宕塚古墳とともに黒川沿いに築かれた壬生古墳群に属し、最も遅く終末期の7C前半に築かれたと考えられています。墳丘に登ることができるので、下野地域独特の段築一段目のテラス(平坦面)が広い状況がよくわかりますし、残された葺石も確認できます。急な斜面を登り、上から見下ろすと、習濠と堤の様子が一望できます。

 肝心の石室ですが、墳丘の規模に比して小さい感じがします。長さ約3mの玄室は高さが2.3mしかありません。畿内を中心に広がる後期の羨道を通過して玄室に入った際の空間の広がりに慣れてきた私にとってはやや意外な感じがしました。もっともこれは素人の単なる感想で終末期の古墳は総社古墳群の蛇穴古墳の石室もはじめ天井は低いのですね。凝灰岩の一枚の板石を使った玄室は朱がよく残っています。なお当日は調査は休みでしたが、立ち入りは許可を壬生町歴史民俗資料館で頂きました。アクセスですが東武宇都宮線壬生駅駅に近くの壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで今回の牛塚古墳や車塚古墳のある北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました。(撮影20151112日)。


車塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 円墳 三段築成 葺石あり 横穴石室

規模 径82m 高さ11m(周濠底から11m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 壬生古墳群として国指定

特記事項 横穴石室規模 玄室は長さ3m、幅2.8m、高さ2.3m 奥壁 天井 横壁ともに

一枚板石 埴輪はない



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 全国各地の古墳を訪ねて6年ほど経ちますが今回ほど不安を抱えての山歩きははじめてでした。なぜかって?クマの出没です。大藪古墳群のある養父市教育委員会から事前に散策用マップを送って頂いたのですが、そのメールにクマ対策をしてお越しくださいとあったのです。近年、全国的にクマの出没情報は多いとはいえ古墳の近くまでに出没とはびっくりです。早速、鈴を購入しましたが前夜はクマに襲われた夢までみる羽目に。実際、防獣ネット(フェンス)のカギを開けて動物たちのの生活領域に足を踏み入れた時には生きた心地がしませんでした(案外臆病です)。もっともご安心ください。養父市HPには私も訪れた大藪古墳群中最大の石室がある禁裡塚古墳を地元小学生たちが訪れている写真がアップされています。季節を選べばまったく心配はなさそうです。ところで大藪古墳群についての養父市HPの解説は測量図などもあり充実しています。

 今回の35mの円墳塚山古墳は散策ルートにあるように防獣ネットの手前にある古墳ですが、心配性の私は鈴に加え携帯ラジオを持参し、ガンガン鳴らしながら見学しました。やや見つけにくかったこともあり石室を確認した時は、いつものように胸の高まりを抑えることができませんでした。訪ね歩いてきた多くの石室の中でも塚山古墳は最もお気に入りの一つになる気がします。動画1に見るように苔生す山腹(墳丘)の中ほどに開口している石室は実に絵になります。加えて印象的だったのは羨道から玄室に入った時の空間の広がりです。高さが3.6mと羨道の高さの倍もあるからです。そして動画2にあるように天井の巨大な板石。なんと長さ4.8mもある一枚ものです。大藪古墳群のある但馬(兵庫県北部)地域では最大だそうです。

 大藪古墳群には長さ12.1mの横穴石室をもつ塚山古墳以外にも同規模かそれに近い石室をもつ古墳(円墳)がいくつも造られておりパンフレット「大藪古墳群」は「奈良県の飛鳥地方にあっても並々ならぬ規模をほこる大型の石室」と書いています。それが決して大げさではないことはこの動画ブログの数々の横穴石室から確認できます。アクセスはJR西日本山陰本線八鹿(ようか)駅下車。全但バスで大屋橋下車し徒歩で散策ルートの最初のこうもり塚古墳(荒神神社横)まで歩きます。今回は雨模様だったのでやむを得ずタクシーでこうもり塚まで直行しました(撮影日20171113日)。他の古墳についてはいずれアップします。
動画1のタイトルに誤りがあり削除し再度編集をやり直しました。動画3のあとにアップしています。ご不便をおかけします。

PNG ooyabukofunngunn sannsakuru-toPNG tsukayamakofun Ooyabukofunngun shuuseiban




塚山古墳基本データ

所在地 兵庫県養父市

形状 円墳 50×60の方形基壇上に径35mの円墳

石室 長さ 12.1m、玄室長 4.6m、幅2.5m 高さ3.6m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 埼玉県の横穴石室では関東の石舞台といわれる八幡山古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨大さだけではなく墳丘部分がまったく残っていないという点でも二つの古墳は共通していました。しかし今回の小川町の穴八幡古墳は横穴石室とともに方墳とわかる二段築成の墳丘がよく残っており、しかも周囲を巡る濠も復元されている点で見応えがありました。

 動画1にあるように南に開口した石室の左右には扉石風のかなり大きな石があります。後世のものとはわかりますがいつ頃のものなのでしょう。石室長は8.2m、羨道、前室、奥室から成っていますが、緑泥片岩の巨石で組み立てられた三壁はこれまで見てきた自然石を積み上げた石室とはかなり違う印象です。表面加工があらかた施され滑らかさが光ります。奈良県明日香村の岩屋山古墳、奈良県桜井市の文殊院西古墳、群馬県前橋市の宝塔山(いずれもクリックすれば飛べます)など優れた切石技術で知られる終末期古墳ともやや違うように思われるのは全体に緑白色の緑泥片岩のためかもしれません。小川町下里地域(古墳の南側にある山間部)から採掘されたものだそうです。

 埴輪が使われていないこと、須恵器など出土品の特徴から7C後半の築造と考えられていますが被葬者はどのような地位を誇っていたのでしょうか。南側に流れる兜川を支配していた豪族だったのでしょうか。都心から2時間あまり。これほどの近場に横穴石室が残り見学が可能な古墳があろうとは驚きの一言です。普段は施錠されている石室ですが小川町役場に申し出れば開けてもらえます。アクセスは東武東上線小川町駅下車。駅から5分ほどの役場から1㎞ほどの穴八幡神社の鳥居を目指します。そこから南に下ると右手に整備された古墳の墳丘が現れます(撮影2017228日)。
PNG nakahachiman zu

  静岡県浜松市、旧国で遠江(とおとうみ)にあたる静岡県西部には横穴石室を伴う後期、終末期古墳が数多く築かれたようです。今回の興覚寺後(こうかくじうしろ)古墳もそのうちの一基ですが、6C前半と横穴石室としてはかなり早い段階のもののようです。既にアップした磐田市の寺谷銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)を見た帰りに天竜川を越えてこの古墳を訪れたのですが、墳丘はほとんど削平され前方後円墳とは誰も気が付かない様相を呈していました。興覚寺の後とはよくぞいったものです。ところが雑木をかきわけて後円部を下ってみると想像以上の立派な石室が開口していました。もっとも土砂の堆積で羨道(一部しか残されていない)は膝を屈めてようやく通過。動画1でその感じをつかめるかと思います。しかしその先には大きな空間が広がっていました。とはいえあとで調べてみると天井高は2.4mしかありませんでした。これは羨道をしゃがんで進んだための目の錯覚なのですね。これまで紹介してきた横穴石室の平均的な高さです。いずれにせよ横穴石室探索の醍醐味のひとつは羨道から玄室に入るこの瞬間です。とりわけこの玄室は動画2でおわかりのように羨道よりも右側だけ(奥壁から)極端に広い片袖式のため空間を感じることができた気がします。石室は自然石を積み上げたもので一見乱雑な感じを受けますが、現在まで崩れることなく原形が保たれてきたのですから、その強度には改めて驚かされます。

 調べてみるとこれまでアップした横穴石室の多くは6C後半以降に造られたもので、興覚寺後古墳と同じ6C前半に築かれたものは少ないことに気が付きました。一基あげておきますので比較してご覧ください。京都市の甲塚古墳です(クリックすれば飛べます)。一回り以上大きな石室ですが、同じ頃に造られたのだと考えるだけで不思議な感じがします。

後古墳のある興覚寺は浜名湖天竜鉄道宮口駅から200mほど北にあります。動画3の最後のシーンでご確認ください(撮影2017126日)。
PNG koukakujiushirokofun zu



興覚寺後古墳基本データ

所在地 静岡県浜松市浜北区宮口

形状 前方後円墳

規模 墳長35m、後円部径18m 高さ2.8m、前方部幅18m 高さ2.3m

横穴石室 長さ8m、玄室長5.6m 幅2.4m 高さ2.4m

築造時期 6C

出土品 金銅装馬具や武器、装身具、須恵器等

史跡指定 市指定

特記事項 この地域では最古の横穴石室と考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の四回目です。円墳の170号墳と方墳の171号墳を紹介します。既に前期古墳の35号墳と13号墳(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、中期の大型円墳169号墳、それに後期古墳の横穴石室が見学できる鬼の巌屋古墳を紹介しています。西都原古墳群は南北4.2㎞ 東西2.6㎞の広大な敷地に前方後円墳31基を含む319基もの古墳が点在しています。

今回の170号墳と171号墳は169号墳と同様に西都原古墳群の主墳 男狭穂塚古墳、女狭穂塚古墳の陪塚です。男狭穂、女狭穂両古墳が陵墓参考地のため立ち入りもできず、あまりに巨大で全貌をとらえることができないのに対して、今回の陪塚は間近に観察できます。

 築造時期はいずれも5C前半と考えられています。170号墳は既に紹介した169号墳と比較して頂きたいのですが、ずっと墳丘の高さが低く扁平です。これまでの円墳の印象とはかけ離れています。墳頂からは短甲などとともに船の形をした埴輪が検出されています(北郷泰道、西都原古墳群、同成社、2005年)。西都原古墳群では二基しか確認されていない方墳の一つ一辺25m171号墳は、訪問時は養生中のため外されていましたが川原石による葺石を含め復元されています。幅4mの周溝がまわり九州では貴重な壺形埴輪が出土しています(撮影2017323日)。
PNG saitobaru170&171 zu





西都原170号と171号基本情報

所在地 宮崎県西都市大字三宅他

形状 円墳(170号)方墳(171号)

規模 170号 径45m 高さ1.8m 二段築成 葺石なし、171号 一辺25m 高さ4.5m 二段築成

葺石あり

築造時期 ともに5C前半

出土品 170号 短甲、船形埴輪 171号 壺形埴輪

史跡指定 一括して国指定

特記事項 171号出土の壺形埴輪は北郷泰道さんによれば九州内では出土例がなく、大阪藤井寺市の野中古墳や奈良県河合町の乙女山古墳など畿内の古墳出土が知られるとのこと(前掲書)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ