古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:日本ブログ村

琵琶湖が一望できる横穴石室

今回の桐畑2号墳は琵琶湖の南端に近い京阪電鉄石山坂本本線滋賀里駅から西に1㎞ほどの比叡山の麓の個人宅にあります。琵琶湖を挟んだ山並みが手に取るように広がります。この地域(坂本から錦織)には特色のある後期以降の群集墳が数多く確認され、いずれ紹介するその名の通り百穴古墳群などという国の史跡もあります。桐畑2号墳は1号墳とともに桐畑古墳群を形成していますが有名な1号墳のほうが大型ですが玄室の天井が失われています。残りの程度では今回紹介する2号墳のほうがよほどよいと思います。そして重要なことはこれらの多くの石室が奥壁、横壁が天井に向かうにつれ傾斜がきつくなる(持ち送り)ドーム型と呼ばれる形式だということです。専門家の研究では朝鮮半島や中国からの人々の墓というのが定説です。桐畑2号墳から北にあがったところの百穴古墳群からはミニチュア炊飯具のセットが出土しましたが桐畑2号墳にも埋葬されていたのかもしれません。それにしても古墳のある裏山から一望できる琵琶湖には息を飲みました。肝心の石室のドーム状の様子ですが、佐賀県太良町の田古里古墳(クリックすれば飛べます)のほうが天井が高く、玄室も広いのでわかりやすく、石組のレベルも高いと思います。皆さんはどのようにお感じですか。

 今回地図を広げて改めて驚いたのですが2号墳のある比叡山の西に目を移すとほぼ同じ緯度20㎞ほどのところ京都市太秦に畿内最後ともいわれる前方後円墳、蛇塚古墳(クリックすれば飛べます)の巨大石室が残されています。朝鮮半島にルーツをもつ秦氏が葬られているのではといわれています。古墳時代から渡来系の人々が多数往来していたことを改めて気づかされました。訪問する前に滋賀里駅の西200mほどのところにある滋賀県埋蔵文化財調査センターで説明を受けるとよいでしょう。(撮影2018124日)。
PNG kirihata 2gou zu


桐畑2号墳(桐畑古墳群)基本データ

所在地 滋賀県大津市滋賀里

形状 円墳

規模 径12m 石室 玄室 長さ 3m、幅2m、高さ3.5m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 渡来系人物の墓といわれている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 教会の礼拝堂のような横穴石室 
 これまで多くの横穴石室を紹介してきましたが、度肝を抜かれたという意味では奈良県桜井市の赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)以来のことではないでしょうか。古墳時代後期の6C後半にまるでキリスト教会の礼拝堂を思い起こさせるようなドーム型(専門的には穹窿(きゅうりゅう)式と呼ぶそうです)の空間が広がっているとは。ただただ驚きです。径20m弱の円墳ですが高さは5.8mと尖った印象の墳丘です。それもそのはずで鍵は石室にありました。羨道、前室、後室からなる長さ11m弱の複式構造の石室で天井高は4.2mもあります。ヘッドランプを頼りに奥壁を辿りながら天井のほうを見上げてみると四方がなだらかに湾曲している様子がよくわかりました。後室のまぐさ石の上が空間になっていて驚かされたのですが、これは前室と後室の天井が共有されているからなのでしょうか。いやはや素晴らしい。時を忘れなかなか立ち去る気が起こりませんでした。

 それにしてもなぜこれほど巨大な石室を構築したか不思議です。そう思って調べてみたところ6C後半に北九州や西日本で、その地域最大の古墳や石室が造られたとの指摘を見つけました。天井高6.5mと国内最大といわれる熊本県氷川町の大野窟古墳の説明のなかでの記述です(残念なことに熊本地震で被災し立ち入り禁止になってしまいました)。今回の田古里古墳は熊本は有明海を挟んだ対岸に当たります。この辺りの海運を仕切っていた豪族の墓であることは用意に想像がつきます。残念なことに副葬品などはまったく明らかになっていないようです。アクセスはJR長崎本線で博多から肥前大浦まで行き徒歩で20分ほどです。有明海沿いに列車は走りしばし景色にみとれました。肥前大浦からはわかりやすく県道207号線を南に下り一つ目の田古里の信号を左折し300mほど道なりに進むと田古里古墳と書かれた大きな看板が見えます(2018326日)。

PNG takorikofun ichi zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

二重の意味で重要な古墳 
 今回紹介する前期古墳、和泉黄金塚古墳はいくつかの点で古墳時代の専門家、マニアにとり知られた存在です。発掘調査の結果、後円部からは埋葬施設(粘土郭)が三基確認され、帯金式甲冑二基など豊富な副葬品の中には景初(けいしょ)三年(239年)の銘がある画文帯四神四獣鏡が含まれていました。魏志倭人伝の記述、邪馬台国の卑弥呼が皇帝から送られた銅鏡百枚との関連が指摘されています。今では埋葬施設は埋め戻され想像するしかありませんが、それでも墳丘に登ってみるとその貴重さが感じられたような気がしました。
 その貴重な発掘は考古学者の故森浩一さんが17歳の時、荒れ果てた墳丘を見て緊急の調査をしたことがきっかけだと伝えられています。森少年が墳丘が荒れ果てていると感じたのは動画を見た方はおわかりのように終戦直前の1945年に陸軍が本土決戦に備え墳丘に陣地を構え多くの塹壕を掘っていたからです。その数は30近くにものぼります。歩いてみる盗掘坑にしては数が多すぎ、帰宅して調べてみると塹壕跡ということがわかりました。それにしても無残な姿です。穴を埋めればよいのにと思いましたが和泉市の担当者は戦争遺跡としての意義があり現状保存にしていると言っていました。なるほどそうかもしれません。和泉黄金塚古墳は二重の意味で歴史遺産なのですね。墳丘はかなり傷つけられていますが前期古墳ということは後円部から前方部をみるとよくわかります。

 JR阪和線の北信太駅から北東方向に300mほど歩くと堺泉北有料道路の高架下にぶつかります。取石南6丁目の信号を東に500mほど進むと左にかなり大きなクボタ建機大阪支店があり、それを過ぎた一本目を左折、北方向に進むと景色はがらっと変わり田畑が広がり、その先に動画1で見た墳丘が広がります。周濠跡と思われる古墳の周囲は雑草が生い茂り足をとられやすいのでご注意ください(撮影2017116日)。
PNG izmikoganezuka zu

 


和泉黄金塚古墳基本データ

所在地 大阪府和泉市上代町

形状 前方後円墳 後円部三段築成、前方部二段築成、周濠あり

規模 墳長 94m 後円部径57m 高さ9m、前方部幅42m 高さ6.5m

築造時期 4C

出土品 帯金式甲冑、鉄刀、鉄剣、鉄鎌、景初三年銘画文帯四神四獣鏡等銅鏡、玉類、円筒埴輪、形象埴輪

史蹟指定 国指定

特記事項 墳丘の多数の孔は太平洋戦争末期の塹壕跡



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

珍しい複室構造の石室
 自動車のトヨタで知られる愛知県の豊田市。地図を広げてみるとその巨大さに驚かされます。面積は愛知県の20%を占めますが人口は42万人と少なめです。今回の池田1号墳は径20mほどの円墳で豊田市の西の端にある標高600mほどの猿投(さなげ)山の近くにあります。三河地域と呼ばれるところですが東5㎞ほどのところには矢作(やはぎ)川が流れています。説明板は三河では最大の横穴石室を有する円墳だそうで猿投山の麓から広がる水田地帯を支配した豪族の墓ではないかと記しています。

もっとも豊田市駅から30分ほどバスに揺られて猿投登山口で下車した古墳周辺の景色は工場や住宅が建ち並び古墳時代を想起するものはなにもありません。ところが5分ほど歩くと動画1に見るような静寂の世界が広がっていました。時折墳丘周囲の落ち葉が風にそよぐ音が聞こえるほどでした。南西にまわると石室が開口していました。羨道は天井部分がなくかなり削られていますが複室構造のためにスケールの大きさを味わうには十分です。前室は長さ2.8m 幅2.2m 高さ2.3m、その奥の後室は一回り大きく3.2m、幅2.4m、高さ2.4m。いずれも磨かれた巨石で築かれています。それにしても美しい。個人的には天井が1mほど高ければと思いましたが・・・。羨道が完存していれば墳丘は現状よりももっと大きかったことが想像されます。残念ながら全国古墳編年集成には古墳自体が記載されておらず、日本古墳大辞典には池田一号墳は記載されているものの築造時期についてはなにも記されていません。説明板にある約1400年前を手掛かりに7C初頭としました。撮影日(20171211日)。


池田1号墳基本データ

所在地 愛知県豊田市猿投

形状 円墳

規模 径19m 高さ3.5m、横穴石室 羨道 残存長2.5m 前室長さ2.8m 幅2.2m 
高さ2.3m、後室 後室長3.2m 幅2.4m 高さ2.4m 

築造時期 6C

史蹟指定 愛知県

出土品 不明

特記事項  なし

 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

墳丘に登ってはみたものの
 はじめて訪れたのは夏が終わりかけだった9月の末でした。2013年のことです。登れると聞いて前方部に向かおうとしたら道を聞いた女性がマムシがいるから注意しなといわれ足がすくみ断念。まだ古墳踏査をはじめて間もないころのことでした。水を湛えた周濠に映える緑濃い墳丘はなかなか見応えがありました。満を持してそれから3年経った201612月、再度訪れてみました。なんとしても前方部に立って後円部を見渡してみたいと思ったのです。前方部端の両宮山神社裏から藪をかきわけて墳頂を目指しましたが、背丈ほどもある枯れ枝や蔓が行く手を阻み、視界もまった効きません。前方部が大きく開いた中期特有の墳丘を確かめることは今回もできませんでした。

さて造山作山古墳(クリックすれば飛べます)と吉備には古市・百舌鳥古墳群に築かれた巨大古墳に続く規模の墳長300mクラスの前方後円墳が二基築かれており、既に紹介しています。それらに続く大型墳が今回の両宮山古墳です。墳長206mもあります。全国的にはこのブログからもお分かりのように中期で紹介している古墳は大型であっても格下の円墳が多いのです。この時期大型前方後円墳は畿内に集中していて150m超は宮崎県の西都原古墳群の男狭穂、女狭穂塚古墳、それに両宮山古墳など限られています。ヤマト王権の政治的優位性が確立され前期のように地方が大型の前方後円墳を自由に造ることが難しくなったためではないかと考えられています。

その意味でも今回の両宮山古墳は例外ということになります。専門家の研究によれば仁徳天皇陵(大仙古墳)の三分の二の相似形のようです。ここからも吉備と畿内の緊密な関係がうかがえます。ところが両宮山古墳の墳丘は葺石、円筒埴輪もなく中途半端な状態、未完成で終わっているとの見方もあります(例えば考古学者宇垣匡雅さんの発言。赤磐市市制施行10周年記念シンポジューム、両宮山古墳とその時代 2015822日)。なぜなのでしょう。一つの見方はこの後吉備では大型の前方後円墳は造られなくなったことから、畿内と吉備の関係が悪化したというもので、日本書記の雄略期にある吉備の反乱伝承に根拠を求めるというものです。なかなか魅力的に思われますが皆さんはどう思われますか。

両宮山古墳の墳丘を究めることができなかったので代わりに後円部端にある現在では円墳にしか見えない陪塚の和田茶臼山古墳(帆立貝型前方後円墳)と後円部端に位置する森山古墳を動画3で紹介しています。こちらは葺石も埴輪もあるので陪塚ではないと考えられているようです。アクセスは岡山駅前から宇野バス美作線で馬屋下車。進行方向に歩き山陽自動車道を超えてすぐ左手です。徒歩5分。(撮影2016126日)。
PNG ryoumiyayama kofungun zu



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

備後で最初の横穴石室
 広島県福山市。JR福塩線駅家駅から北へ800mほどのところ岩屋寺のすぐ横に今回紹介する山の神古墳はありました。9月末ということもあって墳丘はまだ青々とした雑草に覆われていました。ここに古墳があるのかという感じです。説明板によれば地山削り出しの前方後円墳とも円墳とも考えられているようですが、専門家にもよくわからないといったところでしょうか。ただ、小山を登っていくと動画1のようなぽっかり口を開けた横穴石室が待っていて少々驚きでした。早速入ってみると天井高が1.2mと低いためでしょうか。立っては進めず、かといって匍匐前進するほどではないので、だいぶカメラが揺れてしまいました。

 その石室、少々、これまで見てきたものとは趣が違っていました。短い羨道(半分ほど損壊)の先の玄室は通常縦長ですが今回は奥行があまりなく正方形に近い印象です。奥行が幅の割に短く、天井の高さがとても高いからかもしれません(印象とはあやしいもので、実測値は奥行4.1m2.9mとやはり縦長でした)。動画2の後半に奥壁から羨道方向をみながら、カメラを天井方向に徐々に向けているシーンがあります。天井の高さ3.3mを実感できるはずです。この玄室、もう一つ印象に残ったのは持ち送りが横壁だけではなく奥壁にもみられ、しかも天井に近いところだけにみられる点です。正方形の箱の中に入ったような感じをもったのはそのためでしょうか。こうしたドーム型に近い石室は畿内、奈良県平群町の宮山塚古墳(いずれ紹介)が最も早い(5C末)といわれているようですが、福山市(備後)でもみられたのは驚きでした。そういえば大坊古墳のところでも触れましたが、石野博信編全国古墳編年集成(雄山閣出版、1995)には、この地は畿内の政権と直結した地域文化が顕著との説明があったことを思い出しました。とはいえ宮山塚古墳よりはだいぶ遅れてのことです。

そもそもこの地に横穴石室がみられるようになったのは6C後半のようで、先頭を切ったのが山の神古墳でした。築造時期は奥壁が大きな一枚の板石(鏡石)ではなく石を数段積んでいる点からしても横穴石室が導入されて間もない段階のものであることがわかります。もっとも多くの石は平面加工されており秩序だった美しい積み方です。いつもながら古墳時代の工人の技術には感心するばかりです。なお、羨道の長さは動画キャプションでは現地説明板に基づき4.1mとしましたが2.25mとしているデータもあります。ずっと後に造られた大坊古墳と比較してご覧ください(クリックすれば飛べます)(撮影日2017925日)。

PNG yamanokamikofun ichikankei zu





山の神古墳基本データ

所在地 広島県福山市

形状 円墳(前方後円墳との見方もある)

規模 径12m 高さ4m 横穴石室 長さ6.4m(現存長)、玄室 長さ4.1m 幅2.9m 高さ3.3m、羨道長さ2.3m1.3m高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 金銅製杏葉など馬具類、須恵器など土器片

史跡指定 県指定

特記事項 なし





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

羨道も残る貴重な完存横穴石室
 岐阜市といえば金華山が有名ですが、今回のほれぼれするような横穴石室があるのは岐阜駅から北に10㎞。標高230mの眉山(びざん)南麓です。眉の山とは稜線を東側からみると眉のようにみえるからだそうですが動画3の最後の山の姿は南側のもの。眉のようにはみえません。その麓には全部で7基からなる岩崎古墳群が築かれたものの現在では1号墳以外は消滅しています。残る一基が1号墳ですが、これだけの横穴石室が完存しているのは不幸中の幸いです。感動したのは動画のキャプションにも書きましたが5mもある羨道が残されていることです。玄室が残っていても羨道は天井石がなかったり半壊状態などこれまで見てきたように珍しくないからです。古来、あまり注目されてこなかったからなのでしょうか。その理由はともかく盗掘者も石室の破壊は思いとどまったようです。羨道に比べ玄室の長さは3.3mとややこぶりですが巨石二段積みの奥壁と持ち送りがよくわかる両袖形です。国道256号線の岩崎山手の交差点の眉山の南東角から歩いて5-6分です(撮影日20171211日)


岩崎1号墳基本データ

所在地 岐阜県岐阜市岩崎

形状 円墳

規模 径20m 高さ4m

横穴石室 長さ9.2m、玄室長さ3.3m 幅2.15m 高さ2.5mほど、羨道長さ5.1m  1.9m 高さ2m

築造時期 6C

出土品 不明

史跡指定 岐阜市

特記事項 横穴石室としては非常に残りがよい


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ