古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:方墳

九州最大の方墳のドーム型横穴石室

 数多く紹介してきた横穴石室ですが、これも印象に残る一基になるに違いありません。首が痛くなるのを我慢しながら動画1の最後に暗闇のなかにうっすらと映る高さ4.6m先の小さな天井石をみてみました。小さなということからおわかりだと思います。天井に近づくにつれ四隅からその小さな板石に向かってカーブしながら石が積みあがっていくドーム型(穹窿式 きゅうりゅうしき)なのです。佐賀県太良町の田古里古墳(クリックすれば飛べます)と同様の感動を覚えました。まぎれもなく倭の時代の石室なのですが、どこか西欧の香りがするというのは言い過ぎでしょうか。

 昔からみやこ町の甲塚古墳の石室は知られており盗掘も繰り返されてきた経緯があるようです。平成の3年になって本格的な調査が行われ、その後史跡として整備されてきたとのこと。羨道から前室、奥室(後室)からなる複式構造の横穴石室は全体で14.5mもあります。比較的最近アップした奈良県御所市の大型石室を有する新宮山古墳の場合は13.4mでした。甲塚古墳を含め周防灘に臨むこの地域には国指定指定史跡の綾塚古墳、橘塚古墳はじめ大型横穴石室のある古墳がいくつもあります。とりわけ方墳の甲塚古墳は6C後半に造られたと考えられ、中央ではその頃蘇我氏がヤマト王権にあって権勢を振っていました。蘇我氏の古墳は、稲目の墓が都塚古墳、だいぶ時期はくだりますが馬子の墓といわれる石舞台古墳など方墳が多いこと、他方甲塚古墳が九州では珍しい大型の方墳(46.5m×36.4m)であることなどを考えると当時のヤマト王権とは密接な関係にあったのではないかと考えてもみたくなります。蘇我氏はともかくこの大型方墳に大型の石室は中央政権とかかわりのある有力地方豪族が葬られていたと想像されます。それは周防灘の先には瀬戸内海が広がりヤマトへの航路にも近かったことからもわかります。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂いた(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります)撮影2018328日)。



PNG kabutozuka kofun zu修正版
甲塚古墳石室平面図


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

玄室の長さにびっくり
 あとでわかりましたが小迫(こさこ)大塚古墳岡山県矢掛町は全国第四位の巨大石室、こうもり塚古墳のある総社市に隣接していました。といっても備中国分寺近くのなだらかな広がりとは異なり、矢掛町はかなり急峻な山間に囲まれています。同じ備中でもずいぶんと違う印象です。

 福山市の古墳をいくつか見たあと井原鉄道矢掛駅から徒歩で南に下り、小迫大塚古墳を訪ねる予定でしたが、今回は時間の関係でやむなくタクシーです。小田川を渡りひたすら4㎞ほど南下した矢崎神社近くに目指す古墳はあるというのですが見つけるのに苦労しました。一応、町指定の史跡ですから表示もあるのですが、動画1の冒頭にあるように民家横を抜けたあとは竹藪。9月下旬という季節も古墳踏査には微妙だったようで、開口しているはずの石室まで1m以上の草が生い茂り行く手を阻みます。ようやく見つけた古墳はどうやら二段築成ということがわかる程度でした。墳形がはっきりわかるという現地を訪れた方の話も聞いたばかりだったので拍子抜けでした。

 しかし良い意味で驚かされたのは石室です。一枚板の奥壁を二段積みの側壁が囲む(奥壁からみて左は一段)玄室は長さ6.5m2.4mもあります。高さは2.3mです。両袖形とはっきりわかる玄室の石積みの間には漆喰がところどころ残ります。本来4.2mある羨道がもう少し残っていればと思いましたが、サイズ的には、ずいぶん大きな印象を受けた広島県福山市の大坊古墳より一回り大きなことに驚かされました。冬季にまた訪ねたい古墳の一つです。付け加えれば総社市こうもり塚古墳の玄室は7.7m、幅は3.5m、高さも3.5mと本古墳よりずっと大きいです(撮影日2017926日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

天井は確かに高い
  以前から玄室の天井の高さが半端ではないと聞いていた高取町のカンジョ(乾城)古墳。ようやく機会を得て近鉄吉野線飛鳥駅から歩いてみました。方角は駅を挟んで高松塚古墳と反対の東側にあります。動画1にある結構高低差のある道を30分ほど飛鳥病院を目指します。というのも目指すカンジョ古墳はその手前にぽつりと残されているからです。

 整備のため工事中ですよと教育委員会の方から聞いていましたが、ラッキーなことに墳丘の雑草は刈ったばかり工事もお休みでした。方墳の形もよくわかります。ただ、東側(北側も)は大きく削られています。

さて肝心の石室ですが入り口部分皆さんはどう思われますか?私はちょっと首を傾げました。欠損した手前羨道部はコンクリートで固められシェルターの入口のように見えます。河川の修復工事もだいぶ以前からコンクリートむき出しではなく、疑似自然工法が採用されているのですから、古墳でも同様の手法をとってほしかったですね。そういえば葛城市の平林古墳もなにやらシェルター風でした。ちょっとケチをつけすぎたかもしれません。

入口は施錠されていますが近づくとライトアップされ幅3.6m、長さ6m、高さ5.3mの空間が視野を遮ります。たしかに高い。石舞台よりも高く奈良県では第一位だそうです。天井に近づくにつれ狭くなる持ち送りがかなりきつく天井の板石は結構小さい気がしました。羨道幅より玄室幅が左右に広がる両袖式です。興味深いのは漆喰でできた棺台が残されていることです。横穴石室は結構見てきた気がしますが、はじめてみました。

おまけの動画4では玄室の高さを味わっていただくために玄室内のシーンを再録しています。高取町の資料によれば石室の石は花崗岩ではなく閃緑岩だそうです。最も両者はよく似ているそうです。被葬者は石室の形態や床面から渡来人系の墳墓から出土するミニチュア炊飯具が検出されていることなどから渡来系氏族東漢氏(ヤマトアヤウジ)とみられています。アクセスは冒頭に書いたとおりです(撮影日20171127日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

緑泥片岩の美しい石室
 埼玉県の横穴石室では関東の石舞台といわれる八幡山古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨大さだけではなく墳丘部分がまったく残っていないという点でも二つの古墳は共通していました。しかし今回の小川町の穴八幡古墳は横穴石室とともに方墳とわかる二段築成の墳丘がよく残っており、しかも周囲を巡る濠も復元されている点で見応えがありました。

 動画1にあるように南に開口した石室の左右には扉石風のかなり大きな石があります。後世のものとはわかりますがいつ頃のものなのでしょう。石室長は8.2m、羨道、前室、奥室から成っていますが、緑泥片岩の巨石で組み立てられた三壁はこれまで見てきた自然石を積み上げた石室とはかなり違う印象です。表面加工があらかた施され滑らかさが光ります。奈良県明日香村の岩屋山古墳、奈良県桜井市の文殊院西古墳、群馬県前橋市の宝塔山(いずれもクリックすれば飛べます)など優れた切石技術で知られる終末期古墳ともやや違うように思われるのは全体に緑白色の緑泥片岩のためかもしれません。小川町下里地域(古墳の南側にある山間部)から採掘されたものだそうです。

 埴輪が使われていないこと、須恵器など出土品の特徴から7C後半の築造と考えられていますが被葬者はどのような地位を誇っていたのでしょうか。南側に流れる兜川を支配していた豪族だったのでしょうか。都心から2時間あまり。これほどの近場に横穴石室が残り見学が可能な古墳があろうとは驚きの一言です。普段は施錠されている石室ですが小川町役場に申し出れば開けてもらえます。アクセスは東武東上線小川町駅下車。駅から5分ほどの役場から1㎞ほどの穴八幡神社の鳥居を目指します。そこから南に下ると右手に整備された古墳の墳丘が現れます(撮影2017228日)。


PNG nakahachiman zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

女狭穂・男狭穂の二基の陪塚
 宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の四回目です。円墳の170号墳と方墳の171号墳を紹介します。既に前期古墳の35号墳と13号墳(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、中期の大型円墳169号墳、それに後期古墳の横穴石室が見学できる鬼の巌屋古墳を紹介しています。西都原古墳群は南北4.2㎞ 東西2.6㎞の広大な敷地に前方後円墳31基を含む319基もの古墳が点在しています。

今回の170号墳と171号墳は169号墳と同様に西都原古墳群の主墳 男狭穂塚古墳、女狭穂塚古墳の陪塚です。男狭穂、女狭穂両古墳が陵墓参考地のため立ち入りもできず、あまりに巨大で全貌をとらえることができないのに対して、今回の陪塚は間近に観察できます。

 築造時期はいずれも5C前半と考えられています。170号墳は既に紹介した169号墳と比較して頂きたいのですが、ずっと墳丘の高さが低く扁平です。これまでの円墳の印象とはかけ離れています。墳頂からは短甲などとともに船の形をした埴輪が検出されています(北郷泰道、西都原古墳群、同成社、2005年)。西都原古墳群では二基しか確認されていない方墳の一つ一辺25m171号墳は、訪問時は養生中のため外されていましたが川原石による葺石を含め復元されています。幅4mの周溝がまわり九州では貴重な壺形埴輪が出土しています(撮影2017323日)。



PNG saitobaru170&171 zu


西都原170号と171号基本情報

所在地 宮崎県西都市大字三宅他

形状 円墳(170号)方墳(171号)

規模 170号 径45m 高さ1.8m 二段築成 葺石なし、171号 一辺25m 高さ4.5m 二段築成

葺石あり

築造時期 ともに5C前半

出土品 170号 短甲、船形埴輪 171号 壺形埴輪

史跡指定 一括して国指定

特記事項 171号出土の壺形埴輪は北郷泰道さんによれば九州内では出土例がなく、大阪藤井寺市の野中古墳や奈良県河合町の乙女山古墳など畿内の古墳出土が知られるとのこと(前掲書)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

レンガ状の磚(せん)積式の小さな石室
  羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰をかがめて歩いて漸く玄室にたどり着くというものでした。二つには板石をレンガ状に加工して積み上げ上から漆喰を塗っているという石室そのもの造られ方の違いです。なんとなくペンキが剥げたような印象を持たれるかもしれませんが、漆喰が長い年月で剥がれ落ちたためで元は全面的に白く塗り固めてあったそうです。それにしても石室は辟邪の観点から朱が塗られていると思ったっていたのでびっくり。古墳時代末期の7C中頃になると墳丘の規模がずっと小さくなるだけでなく、石室内の被葬者をどのように守るかという点でも変化があったと考えざるを得ません。

 磚(せん)積式と呼ばれる板石をレンガ状に加工して積み上げる石組。どこかで見た記憶があります。そう棺が高野槇製だったことがわかり倭との関係が裏付けられた第25代百済武寧王陵の石室でした。実際の墓には入れませんでしたが、レプリカが博物館にあり(動画2の最後)、同様の磚(せん)積式でした。もっとも漆喰は塗られていませんでしたが。

ということはこの舞谷2号墳にも百済と関係の深い人々が眠っていると思いを巡らせたくもなります。実はそれほど離れていないところにある花山東、西の両古墳の石室もレンガ状に板石を加工して積み上げ漆喰が塗られています。この地域全体かはわかりませんが百済の影響を受けていた有力者がいたことは確かに思われます。

 墳丘はその形を確認することはできませんでしたが10.6m×9m 高さ2.5mの方墳だそうです。地域の方々などが草刈をされ石室周りは冒頭に書いたようにきれいでしたが、以前は辿りつくのも大変なほど荒れ放題だったようです。アクセスですが桜井駅南口から多武峯線 談山神社行き(1時間に1本)で浅古バス停で降り徒歩20分ほど。桜井駅の観光案内所で入手できる「鳥見山周辺の古墳探訪」という地図つきのパンフレットは必携です。ルートの説明があります。動画のあとに舞谷2号墳と周辺古墳の略図を掲載しておきました。桜井駅中心からほど近いところに前期から終末期まで多数の見るべき古墳があることがわかります。全てアップ済みですので是非ご覧ください(古墳名をクリックすれば直接飛べます)(撮影2017215日)。
桜井茶臼山古墳メスリ山古墳兜塚古墳秋殿南古墳谷首古墳艸墓古墳文殊院西古墳



PNG maitani2goufun to shuuhenkofun

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ