古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:愛知県

冬至に墳丘主軸上に太陽が昇る!


  魏志倭人伝に登場する狗奴国のリーダーの末裔の墓ではないかともいわれる東之宮古墳。標高142mの地に全て盛土という驚異的な土木作業を必要とした墳長72m(67mと記載している場合もあり)の前方後方墳です。一般的に山間に築かれる古墳の多くは地山を利用していることを考えると、よほど被葬者が重要な人物であったことが想像されます。そのことは発掘調査で明らかになった、三角縁神獣鏡4面を含む11枚の銅鏡、多数の鉄製品、玉製品、石製品が後方部の竪穴式石槨から出土したことからもわかります。ヤマト王権との強いつながりがうかがえます。  今回の訪問はまだ静止画像しか撮っていなかった2014年7月、動画に切り替えたばかりの2015年11月に続いて3度目です。この間、古墳が公園として整備中であったこともあり、再訪が 遅れてしまいました。その意味で満を持しての現地入りでした。そして今回の目的は、主軸上に冬至の季節に太陽が昇るところを動画で撮ることでした。残念ながら冬至からひと月遅れの訪問になってしまいましたが、早朝に名古屋を発ち名鉄犬山遊園駅から善光寺のある北ルートから20分ほど歩き古墳には8時半頃に到着。嬉しいことに快晴ではありませんか。たしかに東を向いた後方部の先端やや主軸より右寄りに太陽の輝きが迫ってきました。カメラを向けて歩くとどんどん光の玉が大きくなり、不思議な気持ちにとらわれました。古墳を造った人々にはこの光景がどのように映ったのでしょうか。  肝心の古墳は、墳丘の裾周りに遊歩道が設けられ、前方後方墳ということがよくわかるようになりました。成田山側から上ると墳丘南側のくびれ辺りに東之宮社の社殿があるために全体像がつかみにくかったのですが、それも動画後半にあるように北側の遊歩道からははっきり長さ72mの前方後方墳が確認できるようになりました。ただ、南北両面のくびれ辺りに広がる平坦面は造出し的なものかと思ったのですが、そうではなくて築造時に利用されたそうです(犬山市HP)。ということは資材置き場のようなものということなのでしょうか。判然としません。成田山大聖寺側から上ると、古墳まで新たに整備されたアスファルトの舗装道が続きます。鬱蒼とした以前の道のほうが風情があった気がしますが、古墳をより多くの人々に理解してもらうためには必要と理解しました。 旧バージョン東之宮古墳(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください(撮影2021年1月20日)。 PNG 動画撮影位置 東之宮古墳(リニューアル版)21年9月19日
PNG 東之宮古墳 所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

まとめて見返してみると見応えのある古墳群


 なるほど、そうだったのかと改めて思うことは、日々の生活でもよく経験します。今回もそうした類でしょうか。なぜ、東西1.7㎞×南北1㎞ほどの東谷山が否が応にも目に入る狭い地域に、66基もの古墳が築かれたのかという疑問です(現存は半数)。東谷山(とうごくさん)にも中社、南社等有力古墳が築かれています。内容も前方後円墳2基、帆立貝型前方後円墳5基、円墳50基、方墳1基、不明8基と序列がはっきりとした構成で、前期から後期まで連綿と築かれています。 その理由を名古屋市HPでは、古墳群のある上志段味と呼ばれる地域は岐阜県から愛知県へ流れる庄内川が濃尾平野へ流れ出る部分であること、庄内川の水上交通と美濃へ向かう陸上交通の結節点でもあること、古墳はそれら重要な交通拠点を管理していることを示すために築かれたとしています。
 墳長110mの白鳥塚古墳(クリック)や東谷山腹に築かれた中社、南社(クリック)、築造当時の姿に復元整備された志段味大塚古墳(クリック)、周濠を含め残りのよい勝手塚古墳(クリック)、古墳群中、唯一横穴石室が見学できる東谷山白鳥塚古墳(クリック)と、主だった古墳を改めて見返してみると、古墳時代前期から後期まで、墳形も前方後円墳、帆立貝型前方後円墳、圧倒的多数の円墳に1基の方墳と、たしかに「日本の古墳時代の縮図」といっても過言ではない様相を呈しています。 興味深いことに今回の東大久手古墳はじめ帆立貝型前方後円墳が5Cに至近の距離に5基が集中して造られていることです。ヤマト王権が以前ならば前方後円墳の築造を認めていたランクの豪族たちに帆立貝型を強いたということなのでしょうか。出土品の内容から志段味古墳群の被葬者たちはヤマト王権とは近かったと考えられ、ヤマト王権に服属する地方の豪族たちに王権の作成した「造墓基準」を当てはめた結果ではないかと考えました(撮影2017年11月7日)。 PNG 志段味古墳群の所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

展望台から見上げる前方後方墳


  後期の特徴ある前方後円墳に長さ17.5m(含む前庭部)と長大な石室が完存する馬越長火塚古墳(クリック)を堪能し、今日のスケジュールは終わりという気分。予定では少なくとも、北西方向にある勝山1号墳を訪ねることになっています。気分を切り替えて果樹園の間の道を進みます。
  動画の冒頭のシーンでお分かりのように、こんもりとした森が、白山神社の境内に眠る勝山1号墳です。前方後方墳と聞いていますが、それを目視で確認できるのだろうか。あの森の緑からすると下草も多いだろうし、なかなか難しいのではないだろうかなどと勝手な想像をするうちに現地に到着。 白山神社、結構大きな鳥居です。その先に、なかなか珍しいと思うのですが、古墳を見学するためのちょっとした鉄製の展望台がみえました。ずいぶんと親切です。なるほど、これは便利。裏山の尾根にへばりつく墳長44mの前方後方墳の姿が確認できます。もちろん、これで満足できない人は、足場は悪いものの、そのまま墳丘に上がれます。私の場合は、季節が春の声を聞いた頃だったためでしょうか、足元の下草は既にかなりの量で、前方後方墳の方墳部分が今一つの状態でしたが、幅の狭い前方部ははっきりと確認することができました。  長年、神社に守られたためでしょうか。今でも前方後方墳ということがわかる状態で保存されているのはなによりです(撮影2017年3月14日)。 PNG 勝山1号墳 (愛知県)(豊橋市)所在地

墳丘も横穴石室も個性的な古墳 
 動画の冒頭にあるようなおそらく柿と思われる果樹畑が続く先に目指す古墳、馬越長火塚古墳はありました。古墳のところだけこんもりとした緑が残っています。なかなかいい感じの枝ぶりですが、驚いたのは後円部と思われる墳丘の形です。先がとがり墳頂から急角度で斜面が落ちています。振り返ってみると後に訪れた壱岐島の双六古墳(クリックすれば飛べます)を二回りほど小さくした感じです。ぐるっとまわってみると削平されているのでしょうかかなり前方部は平たくなっています。測量図をみると前方部の先端に向かって半分ほどは畑になっていたようです。後円部に人々が手をつけなかったことにホッとさせられます。木々の下には葺かれていた石がまとめられています。数多くの古墳を訪ね歩きましたがこういう保存は見たことがありません。築造時を想像するにはよい試みですね。 
 肝心の横穴石室、複室構造です。羨道の前の前庭部と前室、後室をいれると17.5mにもなります。前庭部を除いても12mほどはありますし、何より残りがよいことに感心しました。仕切りの役割を果たす立柱石が羨道、前室と後室(玄室)の間にあり、玄室は側壁が左右に膨らむ胴張であることがよくわかる造りです。奥壁はこれまた見事としかいいようのない一枚の板石です。ただ、袖はよくわかりませんでした。前室と羨道の幅は立柱石を無視すればほとんど同じに見えるので無袖なのでしょうか。出土品の中にはヤマト王権が地方の最高位の人物に贈ったといわれる馬具「棘葉形杏葉」があり、古墳の規模を考えると東三河の首長墳とみられているようです。アクセスは豊橋駅前から馬越行バスで柿の木街道にある馬越バス停下車、西に600mほど(撮影2017年3月14日)。PNG 動画撮影位置 馬越長火塚古墳 (愛知)21年3月28日作成
PNG 馬越長火塚古墳 地図(修正版)21年3月28日作成
馬越長火塚古墳基本情報
所在地 愛知県豊橋市石巻本町
形状 前方後円墳規模 
墳長70m、後円部径31m 高さ5.5m、前方部幅26m 高さ2m築造時期 6C後半
出土品 金銅製馬具、ガラス製玉類等多数
史跡指定 国指定
特記事項 17.5mの長さの横穴石室は愛知県で最大規模
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ