古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:広島県

巨石石室に残された2基の家形石棺

 
 梅木平(ばいきひら)古墳(クリック)から小雨がパラつくなかタクシーで移動。時間があって天気が良ければ歩くところですが、仕方ありません。三原駅前から乗ったタクシーのドライバーさんは、残念ながら古墳の場所には詳しくなく、こちらが用意したグーグルマップを見ながらようやくの到着です。もっとも、標識はよくみれば、要所要所に立っています。それでも動画冒頭でお分かりのような風景のなか、はじめて訪ねる古墳に予定どおり到着するのは容易ではありません。 
 梅紀平もそうでしたが、今回の御年代古墳も墳丘は著しく改変され墳丘の形態はまったくわかりませんが、石室は非常によく残っています。しかも、前室、後室からなる複室構造の石室には2基の刳抜式家形石棺がでんと置かれています。南側を向いて開口している一方、石室に近づくには東側から近づくために、その様子が到着前にはわからないという点が、この古墳の存在感を高めている気がします。
 説明板を左手に見ながら右を向くと石棺が置かれた前室が目に入りびっくりしました。しかも、羨道(天井が欠損)の側壁の大きいこと。これはすごいと思いながら入室しましたが、前室幅は2.2mと狭く、大型の家形石棺の脇をとおって後室に進むのも結構大変でした。奈良県御所市の水泥南古墳(クリック)もそうでしたが終末期の古墳に置かれている石棺は石室に比べて大きいのはなぜなのでしょうか。バランスという点を考えると、天井もより高く、幅ももっとあったほうがよいと思うのですが。それはともかく、前室も後室も、巨石を惜しみなく使っていて、被葬者の権力の大きさを想像させるには十分です。側壁は必ずしも1枚の巨石を用いていないところもありますが、奥壁、そして長さ3mを越える前室、後室の天井の板石は1枚でただただ感心です。前室と後室境の袖石もきちんと平滑されていました。機会があれば是非訪れて頂きたい古墳です(撮影2020年3月10日)。PNG 御年代古墳石室イメージ図 21年5月24日
PNG 御年代(みとしろ)古墳所在地 21年5月24日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

羨道と玄室の天井高の違いが際立つ大ぶりの石室


 広島県下では最大規模の石室だけあって、その開口部の巨大な石材を見て口をあんぐり!墳丘がほとんど残っておらず、しかもやや斜め下から石室に近づかざるを得ない撮影上の制約もあって、よけいにその「バカでかさ」が印象に残りました。おそらく開口部を正面下からアプローチできれば、ここまでの驚きはなかったかもしれません。 石室長は13.2m。開口部に立つとライトアップされ羨道の先の玄室奥壁まで見通すことができました。羨道は長さ(6.9m)のわりに、天井高が低いためか思ったよりも、開口部を横から見た時ほど巨大な印象はうけなかったのですが、玄室に近づくにつれ、これは大きいと改めて思いました。玄室奥壁、側壁は平滑された大型の石を3段から4段積み上げてありますが、同じ広島県福山市の大坊古墳(クリックすれば飛べます)のような大型の切石で造られたものとは違い、平滑のレベルもやや甘さを感じさせます。やや時期的にも大坊古墳よりも早い時期に造られたのではと勝手に想像しました。ただ天井の高さは4.2mとはるかに高く、堆積する土砂を除けばさらに高い印象を受けるのではないでしょうか。もう少し時期が下りますが、すぐ近くには複室構造の御年代(みとしろ)古墳や貞丸古墳も造られ、その後、初期寺院も置かれていることから、この地域がヤマト王権と密接な関係にあったことが指摘されています。アクセスはJR山陽本線本郷駅から県道33号線を西に進むと梅木平古墳と書かれたかなり大きな柱があります。そこを北方向に右折し本郷中学校を右手にみながらさらに進むと、突き当り宮川神社の手前に動画冒頭の景色が見えます(撮影2020年3月10日)。
PNG 梅木平古墳(三原市)(YU用)


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

残る玄室から想像できる重厚な石室 


 この古墳を訪れたのは20179月のことでした。まだ石室の知識も十分とはいえず、玄室だけしか残っていない姿をみて、正直感動は覚えませんでした。ただ、奥壁はじめ朱とおもわれる赤い色がよく残っていたことは覚えています。そんなこともありアップしそびれてしまったというのが正直なところです。それから3年、動画を見返してみて印象が大きく変わりました。多くの石室を見てきたからでしょうか。平滑された巨石を用いた玄室は長さが4m、幅2.4m、高さは3.1mもありますし、それに袖石の立派なことにびっくりしました。おそらく羨道は8mは下らないでしょうから、結構な規模の石室だったと思われます。それは銅鏡、金銅張りの杏葉等の馬具、耳環、須恵器など出土していることからもわかります。福山市の文化財担当の方によれば1946年に県立府中高校の考古学研究会が発掘調査し、出土品は県立博物館や市立歴史民俗資料館に保管されているとのこと。是非見たいものです。気になっていた壁の朱についても赤色顔料によるものと書かれているそうで、ひょっとして雨水による花崗岩の変色ではないかとの疑問は消えました。また、二塚古墳の由来ですが、もともと南北に並んで古墳があったことによるものだそうです。現在では北古墳の玄室だけが残っているというわけです。残念ながら墳丘の形態、規模はまったくわかっていませんが築造時期は6C末から7C初め、古墳時代後期の最後のほうと考えられています。福山市では二子塚古墳大坊古墳、山の神古墳を紹介しています。併せてご覧ください(撮影2017年9月25日午後2時46分)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

縦長の横穴石室が印象的


徒歩で現地に向かう場合には、左右の景色を観察するのが通例ですが、今回はJR福塩線、近田駅から現地まで案内してくださるという市の担当者の方の願ってもないお話。喜んでお言葉に甘えることにしました。ところが車中、古墳の話に夢中になったこともあって景色をほとんど覚えていないのです。まだ秋には遠く木々は緑に覆われて眺望がほとんど効かなかったからかもしれません。それはともかく、目指す墳長68mの前方後円墳の二子塚古墳は近田駅の北1㎞ほどのやや小高い丘陵に築かれていました。木々が生い茂ってはいましたが、前方後円墳ということがよくわかる墳丘の残り具合です。整備中ということでしたが、案内して頂いた後円部にある横穴石室の第一印象は、細くて長い、つまり縦長ということでした。花崗岩製玄室の長さは6.8mもあるにもかかわらず奥壁幅で2.1mしかありません。羨道は8.1m。これだけで14.9m。これに養生中で十分観察できなかった羨道前の墓道9.8mを加えると25mほどにもなります。既に紹介した奈良県葛城市の二塚古墳(クリックすれば飛べます)の後円部の石室は、全長は16.7m、玄室の長さは6.73mでしたが幅は2.98mありました。どうりで縦長な印象を受けたわけです。

 福山市のHPには玄室側壁は「傾斜をつけて積み上げている」とありますが、動画にあるように目立ったもち送りではないようです。目に飛び込んできた組み合わせ式石棺が印象的ですが、盗掘にあっているとはいえ須恵器,土師器,鉄製武器,馬具などが出土したとのこと。中でも金銅製の太刀の柄頭は2頭の龍が玉をくわえる珍しいデザインだそうです。また石棺の石材ですが現地の古墳に一般的に採用される浪形石(なみがたいし)ではなく畿内の前方後円墳等に使われる竜山石であることから被葬者が畿内地域、ヤマト王権と関係があったのではないかとみられています。

 肝心の築造時期ですが石室の構造や副葬品から6C末から7C初頭と考えられており近畿以西では最も遅く造られた前方後円墳のようです。葺石も埴輪もなかったことが確認されています。文化遺産オンラインは「備前・備中地域においては、古墳時代前・中期に巨大な前方後円墳が築造されたのに対し、備後地域ではこの古墳が突如として出現した」と記しています。つまり二子塚古墳は、7C前後のヤマト王権と吉備との政治状況を知ることができる点で、きわめて重要な古墳であるということになります。整備された古墳を再訪して、その重要性を再確認しなければと思っています。なお前方部にも長さ12.6mの石室があったようですが破壊が著しくその様子は動画2で確認できます(撮影2017926日)。
PNG futagozukakofun (fukuyamashi )動画撮影位置
PNG futagozuka kofun(広島、福山市)位置

二子塚古墳(広島県)基本情報

形状 前方後円墳

規模 墳長68m、後円部径41m 高さ6.5m、前方部幅27m 高さ4m

周溝あり、後円部と前方部に2ヶ所の埋葬施設

築造時期 7C

出土品 後円部の横穴石室から須恵器,土師器,鉄製武器,馬具とりわけ大刀の柄頭である金銅製双龍環頭柄頭は貴重

史跡指定 国指定

特記事項 後円部横穴石室の石棺は竜山石製、前方部石室は大きく破壊されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ