古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:岡山県

街中によくぞ残った墳長150mの前期前方後円墳


  岡山県、吉備の前方後円墳というと、つい最近統合版を紹介した墳長350mの造山古墳(クリック)、286mの作山古墳(クリック)と巨大古墳がすぐに思い浮かびます。ぞうざん、さくざんと呼ばれる2基の築造時期は百舌鳥・古市古墳群の応神天皇陵古墳や仁徳天皇陵古墳とほぼ同時期の古墳時代中期のことから、ヤマト王権対吉備の対抗関係が指摘されることが多いようです。  他方、今回の神宮寺山古墳はそれよりも前の古墳時代前期末に築かれたと考えられています。 このブログでは、箸墓古墳との関連も指摘されている浦間茶臼山古墳(クリック)を前期古墳として紹介していますが、それよりはだいぶあとになります。そして地図からお分かりのように旭川の川沿いの平坦地に築かれています。同じ旭川流域には同じ頃金蔵山古墳(墳長160m)、湊茶臼山古墳(120m)がありますがいずれも丘陵地です。この違いは、支配地域の違いなのか、単に奥津城として神宮寺山以外の2基は丘陵地を選んだだけなのか興味深いところです。  それにしても住宅地というか商業地域のど真ん中(墳丘の南側は小学校の校庭)に改変されつつもよくぞ残ったという感じです。おまけに後円部頂の天計(あまはかり)神社社殿の床下に眠る竪穴石室の蓋石も確認でき、この古墳全体のイメージをつかむのには好都合です。アクセスは岡山駅から御野方面行のバス(本数多数)、御野小学校前下車すぐ(撮影2016年12月13日)。
神宮寺山古墳 基本データ 
所在地 岡山県岡山市中井町 
形状 前方後円墳 
規模 墳長150m、後円部径70m 高さ13m、前方部幅不明(長さ75m)高さ7m、
後円部3段、前方部2段築成
築造時期4C後半
出土品 小石室から刀剣等武具、農具、墳丘上から葺石と円筒埴輪 
史跡指定 岡山市 特記事項
後円部頂に主埋葬施設の蓋石が確認できる

PNG神宮寺山古墳 所在地


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

この地域では珍しい石棚のある石室


  見つけるのにだいぶ時間がかかってしまった小迫大塚古墳(クリックすれば飛べます)の次は同じ岡山県矢掛町の橋本荒神塚古墳。小田川沿いに走るJR井原線の東10㎞のところには2018年の西日本豪雨で被災した吉備真備駅があります。待ってもらっていたタクシーに飛び乗ったものの運転手さんも行ったことがないとのこと。こういう時の頼りは町役場の文化財担当の方です。運よく在籍。詳しい場所を聞き、ようやく到着。なかなか雰囲気のあるお社の真裏に石室が開口していました。
  小迫大塚古墳に比べると羨道がほとんど失われているためかスケール感には乏しいですが、珍しいのは奥壁の下から1mほどのところに造られた石棚です。説明板によれば県下では岡山市一宮古墳など6例に過ぎないところから、被葬者がこの地域(備中)を超えて広域に活動していたとみています。分厚い頑丈な造りですが、後世のものでしょうか支えの石がなんともアンバランスです。和歌山県の大谷山22号墳(岩橋千塚古墳群)(クリックすれば飛べます)のような本格的な石棚ではなく、同じ和歌山の船戸山2号墳(クリックすれば飛べます)の棺台に似ている気がしました。側壁をみると川原石ではなく大型の石材を積んでいて石室としてはなかなか堂々としていました(撮影2017年9月25日)。PNG hashimotokoujinzuka zu yagakemachi




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竪穴式石室が見学できる珍しい古墳


  少々変わった名称の古墳群長福寺裏山古墳群の2回目。前回は2基の前方後円、長福寺裏山古墳群1(双つ塚古墳と東塚古墳)(クリックすれば飛べます)でしたが、今回の帆立貝形の前方後円墳、それに方墳、円墳とバラエティに富んだ古墳群です。この古墳群が魅力的なのは、史跡公園のなかに古墳の大半を自然保存しつつも墳形がわかるようにこまめに草刈をしながら現在の我々に往時を偲ばせてくれているところです。

肝心の帆立貝形前方後円墳の千人塚古墳は極めてまれなケースですが、墳頂下にある竪穴式石室が見学できます。墳長は43mと決して大きくはありませんが周濠と周堤越しに見る墳丘はずっと大きくみえます。竪穴石室は結構深いところにあり、現在では前方部側を向いた盗掘孔側の階段を降りて石室をみることになります。もっとも現地説明板によればもともと横口式石槨が前方部側にあったとの見方もあるようです。それはともかく長さ3m、幅、高さとも80㎝の石室は扁平な石を積み上げてできています。同じく竪穴石室を見ることができる香川県の高松茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)。と比較してご覧になると違いや類似点がわかると思います。実は墳頂直下にもう一つ石室があるのだそうですが破壊が著しく見た目にも確認できませんでした。

出土品は須恵器や埴輪の一部などごくわずかですが興味深いのは長福寺裏山古墳出土とされる短甲が米国のメトロポリタン美術館に収蔵されているということです。盗掘された短甲がどのようにして米国に渡ったのか興味深いところです(撮影2017926日)。


PNG senninzuka kofun okayama zu
PNG choufukujiurayama kofungun ichikankei

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

縦長の石室が印象的な吉備の三大巨石墳の一基


  201878日の西日本豪雨で井原鉄道の吉備真備駅前が完全に水没している画像を見て言葉を失いました。道を聞いたご婦人の店も、イートインで休息をとったコンビニも被害にあっていそうです。現地を訪ねたのは2017年の12月。そろそろ紹介しなければと思っていた矢先の災害です。吉備の三大巨石墳の一つ箭田大塚古墳をアップするのを躊躇していたのは、被害に遭われた方々に何か申し訳ないような気分がしていたからです。もっとも箭田大塚古墳は吉備真備駅から見て北北西1.5㎞ほどのところにあり、大規模な水没は小田川と高梁川(たかはしがわ)が合流する東2㎞の地点でした。古墳自身は動画1でおわかりのように丘の先端部分にあり豪雨の被害は竹藪以外は受けなかったようです。駅から徒歩で30分ほど。まきび公園の前をとおり県道54号線を北にあがると田んぼの先の左(西側)に古墳のある竹藪が見えます。

  墳丘を遠くから眺めることができるのは吉備の三大巨石墳、こうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)、牟佐大塚古墳(くりっくすれば飛べます)の中ではここ箭田大塚古墳だけです。小さな造り出しのついた円墳は、径54mですからかなり大型です。しかも古墳は丘の端にあり、階段で登ると目の前に墳丘が広がるので(動画1)なかなかの迫力です。墳丘のまわりには周濠、周堤がまわっていたそうです。さすが巨石墳だけあって他の2基同様に立ったまま楽々入室が可能です。羨道の高さは2.4mもあります。高さの割には羨道幅は2.3mしかなく、長さは10.7mもあるので縦長な印象です。そのまま歩くと玄室前には開口部同様の鉄格子があり、その先に奥行8.4m、幅3mの玄室がみえました。これだけ長いとすぐ見える2基の石棺も縦に置くことが十分可能です。半分以上破壊された石棺に気をとられましたが、見上げた天井高は3.8mもあり突き当りの奥壁鏡石は一枚の板石で、ただただ感心するばかりです。羨道も玄室も縦長というのは当時の流行だったのでしょうか。比較のために他の2基の玄室規模を書いておきます。こうもり塚古墳玄室は奥行7.7m、幅3.6m、高さ3.6m、牟佐大塚古墳玄室は奥行6m、幅2.8m、高さ3.2mです。こうもり塚は玄室内に入れず、その大きさを実感できないのは残念です。

 なぜ吉備に三大巨石墳と呼ばれるこれらの古墳が造られたかですが、吉備が古墳時代に出雲と並び畿内ヤマト王権に伍する勢力をもっていたことはよく知られています。中期には造山古墳作山古墳(ともに古墳名をクリックすれば飛べます)と300mを超える前方後円墳を築く力を有していました。しかし雄略天皇の時代5C後半に中央集権化を強化するために吉備に服従するよう求め抵抗の結果、吉備の力は削減されます。記紀には詳細な伝承が記されています。しかし、その一族は完全にその力を失ったわけではなく6C後半においても三大巨石墳を造るような力をもっていたといわれているようです。吉備の歴史については多数の書籍が出版されています。ご興味のある方は是非ご覧ください。なお箭田大塚古墳の石室は普段は施錠されています。事前に倉敷市教育委員会文化財担当に連絡して見学したいと伝える必要があります(撮影日20161212日)。なお動画2のキャプションに追走とありますが追葬の誤りです。PNG yataootsuka kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ