古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:奈良県

群集墳の姿が確認できる古墳公園 



 古墳を訪ねているとよく群集墳という言葉を聞きます。特に古墳時代後期の6Cになるとその数は爆発的に増えますが、その全体像を築造当時の姿の墳丘で確かめることができるところがあるかと言われればなかなかこれというところがありません。このブログでも巨石を用いて造られた大阪府八尾市の高安千塚古墳群のいくつかを紹介してきましたが、残念ながら石室は残されているものの墳丘があすこにもあるここにもあるというような光景が見られるわけではありません。

 今回の新沢千塚古墳群は10mから20mほどの円墳でしかも埋葬施設は動画1で紹介している初期の横穴石室を有するもの以外は、木棺直葬といわれており被葬者の格という点では決してランクは高くないようなのですが、墳丘がひしめくように立ち並ぶ姿はこれぞ群集墳といった感じです。2㎞四方に600基が確認されているそうです。そのなかで方形の126号墳はその副葬品の豪華さから知られています。金銀の装飾品や、ガラス製品で多くが国の重要文化財に指定されており千塚横の橿原市博物館には精巧なレプリカが展示されています。アクセスは近鉄橿原神宮前駅から県道133号線を直進、約30分で南北に広がる千塚古墳公園に到着します(撮影2018123日)。
PNG niizawasenzuka kofungun zu

新沢千塚古墳群基本情報

所在地 奈良県橿原市北越智町、川西町

形状 前方後円墳、円墳、方墳

規模 500号(前方後円墳、墳長42m)、方墳(22m×16m)、多数の円墳(径10m-30m

築造時期 5C末から6C後半(一部は4C末から5C初め)

出土品 126号からは漆盤、銅製柄付皿、鏡、玉、龍文唐草透彫方形金板、銀製空玉、垂下式金製耳飾、ガラス皿、ガラス壺、金製指輪や帯金具など

史跡指定 国指定

特記事項 126号の出土品は突出しており大陸的な副葬品が多い


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

蓮華文が彫られた石棺が収まる円墳

JR和歌山線の吉野口から歩いて15分ほどのところ、奈良盆地の南西の地域に二人の人物が埋葬された今回の水泥南古墳があります。二度目の訪問。動画をご覧になればわかるように径25mの円墳に築かれた狭い石室に大きな石棺が二基。石室全体の長さは10.8mもあります。前回の訪問時には奥の玄室にある石棺までは到達できず、リベンジのつもりでおじゃましたのです。迎えて頂いたご夫婦によれば、スリムな人が手前の石棺の蓋の上を這いつくばって奥の石棺に到達したこともあるようですが、今回も諦めざるを得ませんでした。奥の玄室の石棺は当時のブランド品、竜山石で造られており是非みたかったのです。

もっとも羨道に置かれた追葬された人物の石棺も非常に貴重なものです。縄掛け突起に大きく彫られた模様は仏教の聖花、蓮華です。被葬者が仏教に傾倒していたことは間違いがないでしょう。水泥南古墳が築かれたと考えられているのは7C初頭、推古朝です。既に前方後円墳の築造は終わり仏教が王権周辺にも広まりを見せ、飛鳥寺も完成し初の遣隋使も送られた時点です。仏教を積極的に導入した豪族の巨勢(こせ)氏の墓ではないかといわれています。既に紹介した水泥北古墳とセットでご覧ください。それにしても数多くの訪問者に対応されているご夫婦には頭が下がります。見学にはいくつかの申請ルートがあるようですが御所市教育委員会に連絡するのがよいでしょう(撮影201695日、2019711日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

掘り出し物の横穴石室


 
   奈良県立野外活動センターの本部棟の目の前の小山の山頂に目指す古墳はありました。今では動画1のように雑木が生い茂っていますが築造当時は山頂を平らにして墳丘を築いたとみられています。現在は径19m、高さ4.2m。いつものように石室に出会うまではドキドキしながら山頂に着くとびっくりです。自然石を使った石室が待っていました。右手を見ると閉塞のために使われたと思われる大きな板石がありそれを見ながら羨道を進みます。手前の部分はだいぶ失われているようですが全体で8.1mもあるので玄室は目視できません(といっても開口部左手にあるスィッチを押すと途中から見通すことができます)。
  この石室の特徴はもち送りのない玄室です(側壁が天井に行くにしたがって内傾する)。羨道(幅1.25m、高さ1.5mほど)を進むと角ばった長方形の玄室です。幅1.8m 長さ3m 高さ2.1mですが石材が丁寧に積み上げられています。もち送りがない箱型の玄室は近畿中央部によくみられるものだそうです(和田晴吾、前方後円墳とは何か、吉村武彦他編、前方後円墳、岩波書店、2019)。奥壁に立つと羨道幅よりも玄室幅が右に偏って広い右片袖であることがわかりました。両袖や無袖(羨道幅と玄室幅が同じ)を見慣れたものからするとあれあれという感じです。それにしても袖の形式にどのような意味が込められているのか知りたいですね。
 野外活動センターは近鉄榛原駅からバスで針インター行に乗り吐山(はやま)下車、看板が出ていますが500mほど北西方向に歩くと着きます。午前、午後2本ずつあります。深山幽谷とまではいいませんがかなり緑濃い森林浴にもってこいの場所でした(撮影2019年3月12日)。PNG ikenotani 1goufun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

長い羨道の先には巨石積みの石室が・・・


 地図からもお分かりのように崇峻天皇の真陵ではないかといわれている赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)から東に700mほどの距離の尾根に築かれた古墳で築かれた時期も同じ6C末です。現地までは何度か紹介している桜井市観光協会のマップにしたがって行ってみるとよいと思いますが、次第に道が細くなり突き当りの民家の裏にそれらしき墳丘を確認した時にはおーっと思わず声が出ました。赤坂天王山の場合には遠くから墳丘を確認するのは難しいのですが越塚古墳ははっきりとわかります。径43mの円墳ですが封土はだいぶ流れている印象です。南西方向に開口した石室は長さ16m。

 非常に長く感じる10mもある羨道にまず驚かされます。玄室までの間にうれしいことに土砂が道を遮るということもありません。三段積みです。その先の玄室奥壁は巨石二段積みですがよく目をこらすと石棺の底と側壁の一部(組合わせ式だそうです)が残されていました。動画2でご覧になれます。動画3では奥壁から羨道方向を見ていますが垂直に切り立ったまぐさ石が印象的です。赤坂天王山古墳から至近の距離、築造時期も近く、石室の規模もほぼ同じ(赤坂のほうが長さ17mとやや大きい)ということから両古墳の関係が気になりますが専門家の見解では両者は無関係のようです。「墳形が違うことや(赤坂は方墳)石室の系統が異なることから古墳の造営主体である豪族も異なっていると思える」(「桜井の横穴式石室を訪ねて」、桜井市立埋蔵文化財センター)。それにしても鳥見山の東側の尾根筋には今回の越塚古墳、赤坂天王山古墳、それに石室長が16mもあるムネサカ1号墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、地図からは外れますが鳥見山の裾には石室長11mの秋殿南古墳があり(クリックすれば飛べます)、その規模の大きさと残りのよい石室に圧倒されます。機会があれば是非現地を訪ねることをお勧めします(撮影2017221日)。
PNG koshizukakofun shuuhenno kofun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ