古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:奈良県

土砂の堆積がなければなあ・・・


 今回も桜井市観光協会の「桜井の古墳探訪シリーズ④」(高家(たいえ)周辺の古墳探訪)を片手に訪ねた古墳です。行き方の詳細も画像とともに説明してあって、桜井周辺の古墳を訪ねる方は必携です(桜井駅にある観光案内所で入手できまる)。  肝心の古墳、とても一人では探しにくいところにあります。古墳名についているとおり竹藪の中にあり、見学用に観光協会の方の「藪刈り」(?)がなければ、発見は難しかったと思われます。しかも、開口部の土砂が半端ではありません。これが横穴石室なのか、しばし考えてしまいました。天井の板石の一部が欠落して、穴が開いているようにも見えたからです。覗いてみると、これはこれは、匍匐前進するしかない羨道が続いていました。桜井の横穴式石室を訪ねて(桜井市立埋蔵文化財センター、2010)によれば、現状、高さは80㎝とのこと。もっと低いように思いました。ただ、古墳探訪④の表紙は、長瀬藪1号墳の玄室です。羨道の先には、かなり立派な巨石を使った玄室が待ち構えているに違いない。そう信じて突入しました。 ライトの先には、たしかに奥壁が見えていますが、ほんの下部だけ。それでも左右の袖石が大きく、玄室幅が羨道幅よりも大きな両袖式ということはわかりました。5.8mの羨道をようやく潜り抜けると、長さ5.9m、幅2.5mの玄室が待ち構えていました。いつもながらドキドキしながら天井を見上げると、おや、それほど高くはありません。拍子抜けです。それもそのはず2.4mしかないのです。積もった土砂のためなんだそうですが、なにか寸詰まりな感じで、残念でした。本来は3m以上あるはずと前出「桜井の横穴石室を訪ねて」は記しています。奥壁は2段、側壁は3段から4段。  もっともこの玄室が如何に素晴らしいかは奥壁側に立って、羨道方向を見た時によくわかります。巨石を使った側壁と重厚なまぐさ石。探訪シリーズ④の表紙が、この角度からの画像を使っていることからもわかります。堆積した土砂が開口部を塞いでいる石室は数多くありますが、これを取り除けば全容がわかるのにと思うのですが、積もり積もった土砂も文化財の一部という考え方で、難しいのだそうです。うーん。一筋縄ではいかないものですね。周辺には平野古墳(高家ヒラノ2号墳)等(クリック)等他の古墳もあります。撮影2020年2月5日)。 PNG 長瀬藪1号墳 所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

大型の切石が美しい終末期古墳
 近鉄南大阪線の尺土駅の南西3㎞ほどのところに奈良県社会教育センター、かつらぎの森と呼ばれる緑豊かな地域があります。地図でみると独立丘陵のようですが、すぐ後ろは葛城山系です。 そこに今回の古墳、神明神社古墳はあります。社会教育センターというので、石室の鍵をお借りする建物が敷地内のすぐそこにあるのかと思いましたが、季節が5月ということもあり、木々に隠れてみえません。ようやく到着。そこから古墳まで、動画の冒頭のような景色が続きます。  
 奈良県は学校、家庭、地域の参画・協働を通して、「地域と共にある学校づくり」を目指していて、その研修の場がセンターなのだそうです。そういえば奈良県奈良市の立派な石室が完存する池ノ谷1号墳(クリック)も、緑に囲まれた奈良県野外活動センターの敷地内にありました。史跡が数多く残る奈良県では、古墳が破壊されないうちに公共の施設内に保全してしまおうという発想だとしたら大変嬉しいことです。  大型の切石で築かれた神明神社古墳はまさに貴重な古墳です。径20m、高さ3.2mの墳丘前に広がる広大な墓域(説明板では120m×80m)を含め、古墳全体が残されています。平滑された花崗岩の大型石が開口部から迫り、大した迫力です。羨道と玄室の境目がはっきりしない無袖式のために、開口部から玄室奥壁まで見通せることも、そうした印象を与えているのかもしれません。 大型の板石を組み合わせた石室は後期以降、珍しくありませんが、板石同士の間を小型の石材で補ったりしているケースがほとんどで、その意味でも貴重です。持ち送りはもちろんなく、全体が箱といった印象です。香芝市の平野塚穴山古墳(クリック)は横口式石槨という点で石室のタイプはさらに進化したものですが、使われている石材は今回の神明神社古墳とよく似ています。あまり知られていない古墳のようですが見学しやすいこともあり奈良では見逃せない1基です(撮影2019年5月8日)。 PNG 神明神社古墳 葛城市 21年11月23日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小規模ながらレンガ(塼槨)(せんかく)積みが美しい古墳


 60基ほどからなる丹切古墳群は5C半ばから7C半ばまで現在の奈良県立榛生(しんせい)昇陽高校の裏山に築かれています。見学可能な残りのよい2基のうち、丹切34号(クリック)は高校敷地内にあり、他方、今回の33号は、動画冒頭にあるように高校敷地からすぐの山腹にあります。フェンスに扉があり33号まですぐです。34号は径10mの円墳として復元されていますが、33号のほうは円墳と考えられるものの規模は不明のようです。そのぐらい封土が流れていることは動画からもおわかりいただけると思います。  しかし、レンガ(塼槨)(せんかく)積み石室は同じタイプの花山西塚古墳(クリック)とはスケールという点で比べものになりませんが、精緻に積み上げていてなかなかのものです。しかも、羨道も破壊されているとはいえ1.4mほど残っていて、全体の大きさを想像することができます。玄室は長さ約3mで幅は1.7m、高さは屈めば問題なく奥壁まで歩ける1.5mほど。奥壁はもちろん、レンガ積みで、かなり持ち送っています。羨道寄りに34号と同様組合せ式の箱式石棺が残されていますが、長さは1.9mに対して幅は0.5mほどとかなり小ぶりに見えます(34号も同様)。被葬者はずいぶんと細身で小柄だったのかなあと思いましたが、現在の棺もほぼ同じ大きさのようで、古墳時代の平均的な人々の体格が現代人よりも極端に小さかったわけではないようです。訪問には高校で手続きをとることをお勧めします(撮影2019年11月20日)。丹切33号所在地 21年10月11日
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

国の特別史跡文珠院西古墳の隣の忘れ去られた古墳


 このところアップし忘れた古墳や古墳石室を紹介していますが、今回もその一基です。動画を撮りながらの古墳踏査を始めて間もない2015年の秋ですから6年も前のことになります。再訪しようと思っているうちにそのままになってしまいました。この文珠院東古墳は国の特別史跡、文珠院西古墳に注目が集まるあまり、ほとんどの人々は素通りです。2基は50mも距離が離れていないのにもかかわらずです。私も切石積みの精緻な造りの西古墳の石室に驚くあまり、当時は東古墳を見ても大した感動はなかったように記憶しています。ただ、動画をご覧いただければおわかりのとおり、切石積みの西古墳とは異なり自然石の巨石を積んだ石室で、素朴な感じはなかなかのものです。この造られ方は明らかに西古墳よりも早く、7C前半と推定されています。長さは西古墳と同規模の13mで墳丘の形は不明です。残念なことに西古墳とは違い入室は不可です。 玄室には不動明王が祀られています。今回、編集中に知ったのですが、羨道のど真ん中の5-6個の石は、後世に掘られた井戸だそうで信仰の対象となっているそうです。石室保護の観点だけではなく、宗教上の理由で石室に入れないということなのだと勝手に理解しました。動画後半で紹介しているように文珠院境内の初秋はコスモスで埋め尽くされます。ほんの少し紹介している西古墳とともにお楽しみください。当時はコミュニティーバスをつかいましたが、駅から歩いても30分ほどですし、途中に艸墓古墳もあります。徒歩をお勧めします(撮影2015年10月14日)。

PNG文珠院東古墳 所在地

↑このページのトップヘ