古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:大阪府

石室を押しつぶす巨木を撮り忘れたのは痛恨の極み


 今回の石室動画、2017年2月に撮影したものです。すっかり忘れていたわけですが、実は石室が服部川57号墳ということが今日までわからなかったのです。ご覧のように、動画の冒頭からいきない石室が飛び込んできます。まわりの景色がまったく映っていません。それどころか封土が失われた墳丘の上に石室に覆いかぶさるようにあった巨木が見えないのです。おそらく、民家が映らないように配慮するあまり石室だけに焦点を当てたためだと思われます。二室塚古墳(クリック)のすぐそばにあったというおぼろげながらの記憶を頼りに、ネット上にある高安千塚古墳群服部川支群の写真を検索してみたところようやく奥壁の様子が一致する石室を探し当てました。57号墳です。アップしてくれた方には感謝です。ところが、2017年に八尾市が作成した報告書「史跡高安千塚古墳群保存活用計画」にある番号順に特徴などが記載された「史跡指定地の古墳」服部川支群140基のなかに57号墳だけなく、欠番になっているのです。実に不思議です。おそらく「史跡指定」になっていないためなのでしょうが、欠番にしなくてもよいのにと思いました。 今回は「ないことになっている古墳石室」を紹介したわけですが、なかなかに魅力的です。長い羨道が残り(後世に付け加えられたような感じもしますが)、その先に右片袖式の長方形の玄室が待ち構えていました。飛び込んできたのは中型の石材を用いたバランスの良い5段積みの奥壁でした。もっとも、同じ右片袖式の服部川7号墳(クリック)のスケールの大きさには遠く及びません。比較してご覧ください(撮影2017年2月22日)。 にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

陪塚が遠望できる大型前方後円墳


  今回の宇土墓古墳、500mほど西にある以前紹介した墳長210mの前方後円墳、西陵古墳(クリックすれば飛べます)、消滅した西小山古墳(円墳)とともに古墳時代中期の淡輪古墳群を形成します。難儀の末ようやく脱出した西陵古墳から歩くこと15分ほど。陵墓に指定されているため墳丘西側に拝所(垂仁天皇の皇子の墓)が設けられていました。拝所前の幅122mの前方部は裾はきれいに草刈りがなされていましたが、南側にまわり周濠越しに後円部方向の墳丘をみると一面鬱蒼とした森で少々がっかり。とはいえ気を取り直して後円部側にまわると、墳丘の巨大さがまずまず確認でき一安心。ここでのポイントは後円部の南北方向に数基の陪塚が残されているところでしょう。住宅開発が行われているにもかかわらず、それを縫うように小型の円墳の陪塚が点在し、そのうちの一基は南海電鉄淡輪駅横に遠くから確認できます(動画2)。

淡輪古墳群はまず5C前半に西陵古墳が造られ、その後、5C央以降に宇土墓古墳、西小山古墳が築かれたことが出土した埴輪から推定されています。それにしても2基の大型前方後円墳が築かれたあと、この地には目立った古墳は見られないのはどういう理由なのか不思議です。というのも地図からわかるように、古墳の立地としては非常にわかりやすいところです。瀬戸内海、大阪湾と海を支配し、内陸、とりわけ紀伊北部へと活発に活動した豪族の長の墓に違いありません。そうしたルートは古墳が築かれなくなったとも存在したはずで、その人々の墓はいったいどこへ行ってしまったのか不思議です(撮影2018115日)。
PNG dougasatueiichi udohaka kofun zu
PNG oosakawan to tannnowa kofunngun zu
PNG宇土墓古墳と陪塚(YU用)
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪してはじめてわかった貴重な横穴石室

 古墳巡りを始めた頃、何かのきっかけで今回紹介する高井田山古墳を訪れ、曇りかけた覆屋のガラス越しに見た石室は、正直、「こんなものか」といった印象しかありませんでした。ところが、全国の古墳を歩き、入室した石室も数を重ねた今、ようやくその重要性がわかりました。

 初心者にとりわかりにくかったのは墳丘が失われ、横穴石室の玄室と羨道の一部だけ、それも下半分だけがかろうじて残り、その上に動画で見るような覆屋が被せられているからだと思います。羨道が玄室手前2mしか残されていないので(歴史資料館の資料にはそう書かれているが、現状はもっと短い気がする)まるで竪穴石室を上からみている感じがするのです。今回、改めて資料をひっくり返し、資料館にも電話して横穴石室ということを確認しました。横穴石室の築き方は様々ですが、高井田山古墳の場合、地山に深さ1mほどの墓坑を堀り玄室と羨道の壁を積み上げ天井石を架け石室を完成したあと盛土で覆ったようです。現状は残された石室下半分しか見えず、羨道の開口部も崩壊しているのでわかりにくいのです。

 石室には2基の埋葬施設があり、東側が女性、西側が男性とみられています。その理由は東棺枕元には銅鏡とひのし(当時のアイロン)が、西棺には鉄刀が置かれ、西棺の北隅には短甲が立て掛けてありました。いずれもレプリカで再現されています。そして興味深いことに、6C前半の築造といわれる武寧王の棺と同様、左右の棺ともに高野槇製ということがわかっています。武寧王陵(クリックすれば飛べます)からも、そっくりのひのしが出土し、ガラス玉が副葬されていた点も高井田山古墳と同じことがわかっています。こちらは5C後半に築かれたとみられており、石室の構造、設計など百済の当時の様式と似ていること(高井田古墳は武寧王陵と違いレンガ(塼、せん)積みではありません)、その前提となる当時の倭と百済の交流の深さを考えると武寧王の父、昆支(こんき)王夫妻の墓ではないかとの説もあるようです。仮にそうでなくとも、百済の王族クラスの墓であることは確かなようです。これの記述は柏原市のHPをもとにしていますが、この説明を頭に入れて再訪した高井田山古墳は、はじめて訪れた時とは全く違った輝きを見せていました。アクセスはJR西日本大和路線で高井田駅徒歩10分と非常にわかりやすいです。一緒に高井田横穴古墳群も見学されるとよいでしょう。動画3として武寧王陵の短縮版をアップしています(撮影2019313日)。


PNG dougasatsueiichi takaidayama kofun )
PNG takaidayama kofun sekishitsu fukugennno様子
PNG takaidayama kofun matsuokayama kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

半端でない巨大さを墳丘に登り実感できる貴重な前方後円墳


  墳長200mを超える前方後円墳、さすが大きいですね。墳丘を歩いて実感しました。墳長200m以上の前方後円墳は36基しかありませんが、西陵古墳は第28位。この規模の大型前方後円墳では奈良県河合町の川合大塚山古墳(町名とは違う表記)(クリックすれば飛べます)、同じく広陵町の巣山古墳(クリックすれば飛べます)も歩いていますが、だいぶ印象が違います。ひとつは立地です。南海鉄道のみさき公園駅から北東方面に県道752号線(紀州街道)を10分ほど歩くと見えてくる西陵古墳の先には大阪湾が望めるのです。築造者がこの地を選んだ意図がわかります(動画1の冒頭のシーン)。西陵古墳と並び淡輪(たんのわ)古墳群を形成する大型の前方後円墳宇土塚古墳の立地も同様です。二つは訪問した時の状況です。地元の方々がボランティアで木々の伐採を行っているとの話を聞いていましたが、2か月前の20189月に関西を襲った台風21号の爪痕も痛々しく墳丘は倒木があちらこちらに行く手を阻みます。それでも、見学路のロープを伝いながら歩くとおぼろげながら前方後円墳の形を実感することができました。ネットで見つけた実測図どおりに前方部が長く、先端に行くに従い幅広になる様子を実感することができました。もっとも古墳に関心のない方がみれば、単なる雑木林の生い茂る荒れ果てた山にしか見えないかもしれません。

 段築は3段。いたるところに葺石のなごりがゴロゴロしていてこれも当時の姿を思い起こさせます。そして私が歩いた墳丘には円筒埴輪や朝顔、蓋、盾、短甲、家形等の形象埴輪が並んでいたようです。くびれには祭祀が行われた造出しが設けられていました。埋葬施設は後円部頂の竪穴石室と考えられ、現在では埋め戻されたとのことですが石棺の蓋石が以前は露出していたそうです。

 大阪湾、その先には淡路島、陸路の南隣は紀ノ川の流れる和歌山、ここに眠る被葬者はだれなのでしょう。日本書紀雄略九年(474年)には、天皇の命により新羅討伐のために派遣されたものの現地で病没した大将軍、紀小弓宿禰(きのおゆみ)の墓をこの地、淡輪に築かせたとあります。いずれにせよ、水陸双方の交通の要衝、近隣で発掘された大型の倉庫等からヤマト王権にとりこの地が極めて重要であり、そこを治めていた大豪族の墓であることは間違いがありません。

 最後に飛んでもないハプニングが。墳丘に登るために渡ってきた土手がどこかわからなくなってしまったのです。次に予定している宇土墓古墳に行くには、ここを脱出しなければなりません。鬱蒼とした雑木林の中をあっちうろうろ、こっちをうろうろ。同じ景色が続くなか、心細さは募るばかり。そうだ郷土資料館(岬の歴史館)に聞こうとスマホを手にとったのですが、よく考えたら月曜なので休館。やむなく自分の位置を先方につげることもままならないまま、町役場に電話をして窮状を訴えているうちに、ようやくわたり土手を発見。さまようこと30分でした。こうした経験は和歌山県の大谷山22号墳(クリックすれば飛べます)でもしました。今回の教訓は、目指す古墳(石室も同様)が見つかっても小躍りせず帰路を確認して慎重に行動すべきという当たり前のことでした(撮影2018115日)。

PNG sairyou kofun sdougasatueiichi zu
PNG西陵、淡路島、和歌山、西陵古墳の位置関係
PNG sairyou kfun (大阪) 位置関係

西陵古墳基本データ

所在地 大阪府岬町

形状 前方後円墳

規模 墳長210m、後円部径115m 高さ18m、前方部幅100m 高さ14m

3段築成、葺石あり、周濠あり

築造時期 5C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ