行くのは構いませんが、自己責任で行ってください。道も途中でなくなりますから」と岩橋(いわせ)千塚古墳群のある県立紀伊風土記の丘(博物館)での説明。折角来たのだからと30分で大日山山頂にある35号墳(いずれ紹介)まで登り、墳丘北側の谷を底まで下りてみた(動画1)。たしかにどこを歩いているのかわからないほど雑木が続く。仕方がないので空を頼りに稜線まであがることにした。これまでどの墳丘よりも勾配がきつく、しかも下は落ち葉と枯れた笹の葉で滑る。

実は岩橋千塚古墳群を再訪するにあたり、前回とは違ったところをみたいと思っていたところ、平成28年度に大日山35号墳と同様に、山頂に築かれた大谷山22号墳と天王山古墳が国の特別史跡に追加指定されることを知った(和歌山県政ニュース2016617日)。ならばと道順をしらべようとしたがこれがなかなかわからない。

 不思議なことに(少なくとも私には)、追加指定された二つの古墳は風土記の丘でもらった地図には記載がなく、公園内の地図にも見当たらない。目の錯覚かと思って何度も見返したものの見つからない。和歌山市の文化財HPには二つの古墳は紹介されているにもかかわらずである。いったいどうなっているのと私。

 聞けば追加指定された二つの古墳ともに民有地で積極的には入山を奨励していないとのこと。しかも距離的には近いものも道は荒れているとのこと。なるほどわからないわけではないですが・・・。ともあれ漸くのことで見つけた石室はかなり大きく、見事な石棚と石梁を備えた緑泥片岩の割石積みによる岩橋千塚式と呼ばれるものでした。既に緑泥片岩を使い石棚もある奈良県下市町の岡峯古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。比較すればおわかりのようにスケールは一回りも二回りも違います。動画1でおわかりのように羨道部分は土砂で埋まっていますが、体を潜らせて入室するとそれは巨大な空間が広がっていました。風土記の丘にあるいずれ紹介する入口がコンクリート補強された石室よりは自然でよいと思いました。もっともこの感動を動画が十分伝えきれているかはわかりません。なお天王山古墳には大谷山22号よりもさらに大きな石室が造られていますが、埋め戻されているとのことで見学を断念しました。

 大谷山22号墳の墳丘は前方部幅が後円部径よりもはるかに大きく、高さも高い後期特有の前方後円墳です。しかし盛り土の部分は少なく、大半は地山を削り出し部分的に崩れないように石礫を置いているとのことです(大谷山22号墳、天王塚古墳、特別史跡岩橋千塚古墳群追加指定に伴う発掘調査報告書、20163月)。葺石は検出されず、円筒埴輪や朝顔、盾等の形象埴輪が巡っていたことが明らかになっています。歩いてみるとあちらこちらに盗掘孔がみられ無残な状況。それにしてもいずれ紹介する大日山35号墳よりも後円部、前方部ともに墳丘の傾斜がきつく山頂に前方後円墳がへばりついている感じです。現在は雑木に覆われていますが、築造時には大日山35号墳と同様の眺望が墳頂から得られたに違いありません。大日山35号墳に戻る道はさらに難儀でした。登る時に雑木に目印をつけるなどしたほうがよいかもしれません。風土記の丘までのアクセスはJR阪和線和歌山駅下車、東口から一時間1本の紀伊風土記の丘行きで20分ほどです(撮影2017年1月17日)。
PNG ootaniyama22goufun to





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村