古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:大分県

線刻模様と石棚が個性的な千代丸古墳
 石室は訪れるたびにそれぞれ個性的なことに驚かされます。今回の千代丸古墳、屍床があるのは九州を感じさせますが石棚は和歌山の石室(岩橋千塚古墳群の石室の数々、一例は大谷山22号墳(クリックすれば飛べます))と同じではないかなどと考えてしまいました。いずれ紹介してきた石室を時代や地域で整理してみるのも面白いかもしれません。 
 今回の古墳は久留米と大分を結ぶJR久大線の賀来駅の西2㎞ほどのところにあり、南には大分川が流れ北には動画1で触れているように猿で有名な高崎山が見えます。そして既に紹介した墳丘が非常に美しい前期の前方後円墳蓬莱山古墳が東方向3㎞ほどの同じ丘陵上にあります。
 千代丸古墳の墳丘はほとんど残っていないものの径15m高さ4mほどの円墳ではないかといわれています。 石室はご覧のように天井石が欠落した羨道を進むと大きな袖石を経て玄室に至ります。玄室は朱(ベンガラ)がよく残っていますし、何より厚さ46㎝の石棚が存在感を示しています。羨道もそうですが玄室の側壁下部には巨石が用いられています。そして千代丸古墳がよく知られている最大の理由でもある線刻模様が石棚前面に描かれています。といっても写実的ではないですし、ひっかき傷と間違えそうな模様にも思えます。鍵を開けて頂いた教育委員会の方によれば最近まで施錠はしていなかったこともあり落書きも増えてきたので内部の見学は許可が必要になったとのことでした。私の場合も教育委員会に申し込み対応をお願いしました(撮影2017年10月30日)。
PNG chiyomarukofun basho zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

必見!線刻模様 
  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

可憐な墳丘が印象的
 今回の前期古墳は4C中頃に築かれたと考えられている大分市の蓬莱山古墳です。60mと中規模ですが墳丘の美しさはなかなかのものです。近くに墳長116mの古墳、亀塚古墳があるせいでしょうか。マニア以外にはあまり知られていないようです。JR九州の久大線の賀来駅の北側に広がる丘陵の龍音寺境内に保存されているこの古墳、住職のお話によれば定期的に寺や地域の関係者の方々が草刈はじめ整備をされているとのこと。ずいぶんと恵まれた古墳です。

 築造当時のままに墳丘の形に添って芝などが植えられた古墳ももちろんきれいですが、蓬莱山古墳のように所々に緑の中に色づいた木々が点在する墳丘も盆栽のようで個人的には好きです。残された周濠が墳丘全体を大きく見せているような気もします。動画2はその意味でお気に入りです。

 墳丘は典型的な前期古墳で後円部径に比べ細長く伸びた前方部の幅は短い柄鏡型と呼ばれるものです。埋葬施設は後円部に確認されてるようで箱形石棺だったそうです。残念ながら盗掘に遭い副葬品は残されていないとのこと。とはいえ墳丘だけでも見る価値は十分にあると思います。大分の前期古墳ではすでにより古い隣の豊前にある(宝来山は豊後)赤塚古墳(クリックすれば飛べます)を紹介しています。合わせてご覧ください。
 賀来駅の北側の幹線道路を金谷迫の信号まで1㎞ほど登り、大分自動車道路沿いに西側に500mほど歩くと龍音寺入口という矢印があります。そこから南方向に300mほど歩くと目指す古墳に出会えます。賀来駅からの登り坂はかなりの勾配です。とはいえ古代の人は歩いたのですから歩きましょう(撮影20171030日)。



PNG houraisan zu shuseiban

蓬莱山古墳基本データ

所在地 大分県大分市庄の原

形状 前方後円墳

規模 墳長60m、後円部径36m 高さ6m、前方部幅17m 高さ3m 段築不明

葺石あり 周濠あり

築造時期4C央 

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 後円部中央に箱型石棺を検出


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  五指に入る見事な復元古墳!
  今回紹介する中期古墳は大分県大分市にある墳長120mの前方後円墳 亀塚古墳です。別府湾を見下ろす高台に復元整備された葺石のある墳丘は動画でおわかりのようにきわめて明瞭です。とはいえJR日豊線の坂ノ市駅から古墳に近づくにつれ視野に入るのはこんもりとした森ばかり。不安がつのりました。ところがアクセス道路から亀塚古墳公園の敷地内に入り林を抜けると動画1の墳丘が目の前に飛び込んできました。驚きの一言でした。三段築成の墳丘と白砂(にみえたが玉砂利)に赤みがかった円筒埴輪が映える造出しのバランスは絶妙でした。動画1はその雰囲気をある程度伝えてくれているように思います。

 熊本大地震と連動するかのように4月14日大分市でも震度5弱を観測する震災に見舞われましたが現地に確認したところ古墳自体には被害はなかったようです。私が訪問したのは2015年暮れも押し詰まった頃でしたが今も動画に見る墳丘は健在です。是非現地を訪れて頂きたいと思います。

 動画のキャプションにも書きましたように前方部に近づくとその幅の広さに驚かされましたが実際には中期古墳も初期だということでしょうか62mの後円部径よりもよほど狭い約37mほどしかありませんでした。同様の印象を市役所の文化財担当の方ももっておられたようです。後円部頂から見てはじめて前方部はさほど発達していないことを確認しました。動画5でご確認ください。目の錯覚とはおそろしいものです。

 後円部頂上の埋葬施設は二つあり第一のみ長さ3.2mの大型の箱形組み合わせ式石棺が復元されています。残念ながらともに盗掘が著しく短甲、鉄刀の破片、玉などが出土しているにすぎません。とはいえ別府湾を北東方向に見下ろす墳頂からの眺めのよさは被葬者の地位の高さがよく理解できます。資料館のパンフレット冒頭には「当時、坂ノ市・大在から佐賀関を経て佐伯に至るまでの豊後水道を臨む一帯では、優れた航海術をもった豊後の海民が、瀬戸内海廊を縦横にかけめぐり、大陸に進出しようとしていた大和政権と密接な関係をもちながら繁栄を誇っていました。こうした伝統をもつ地域であったからこそ、後の奈良時代には、この地に「海部郡」(あまべぐん)が置かれたに違いありません」と書かれています。
  同じように海を見下ろす古墳といえばより海岸線に近いところに築かれた神戸市の五色塚古墳(クリックすれば飛べます)は見逃せません。こちらは規模はずっと大きい194mです。合わせてご覧ください。なお亀塚古墳北側にはいずれ紹介する前方後円墳小亀塚が造られています。


 アクセスはわかりやすいです。坂ノ市駅を出て南に歩き三つ目の信号を右折し西方向に進みます。二つ目の信号を左折(途中で川を渡る)し道なりに歩き一つ目の道を右(北方向)に200mほど歩くと右手に亀塚古墳公園方向の標識があります(撮影2015年12月24日)。

亀塚古墳基本データ

所在地 大分県大分市里

形状 前方後円墳

規模 墳長120m 後円部径62m 高さ10m、前方部幅約37m 高さ7m

三段築成 葺石あり

築造時期 5C初頭

出土品 第一の埋葬施設から短甲、鉄刀の破片、滑石製の勾玉、碧玉製の管玉、ガラス製の小玉等

史跡指定 国指定

特記事項 大分県最大の前方後円墳



PNG kamezuka ooita zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ