古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:埼玉県

墳丘のシュロが場違いな上円下方墳?
 遠くから眺める姿はこんもりとした緑の塊でいい感じです。周辺は田んぼ。googleのマップでも墳丘ははっきりと確認できます。ただ、この古墳を訪ねて下部が方墳、上が円墳という姿を想像できる人は相当古墳に詳しい方ではないかと思いました。24m(西)×17m(東)の方形の墳丘に約10mの円墳が載っていたはずですが、長い年月の間に現状のように姿を変えてしまいました。もっとも、説明板を越えると平らな面(テラス)があり、円墳部分をみながら一回りできます。ただ、シュロの生い茂り方が半端ではなく、その根っこの部分に葺石が多数確認できました。ただ、あの巨大な根っこが今後も「悪さ」をするのではないかと心配です。それにしても、間伐とかいろいろ墳丘を傷つけずに、見栄えよくする方法はあると思われますが、放置しているのはなぜなのでしょうか。国指定の史跡が泣きます。  もっとも、国指定になったのは上円下方墳という全国的にも奈良県の石のカラト古墳など数少ない墳形のためですが、詳しい調査が行われていないために、後世に手が入れられて、上円下方的な形になったのではないかとの指摘もあるようです。何が何でも、築造当時の姿が想像できるように復元再現しなければならないとは言いませんが、自然に任せ放置状態というのも困ったものです。東京府中市の熊野神社古墳(クリック)が上円下方墳です(撮影2019年10月31日)。 PNG 宮塚古墳(熊谷市)所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

終末期古墳らしいくびれにある2基目の石室

 
 横穴石室に用いられる石材は時代が下るにつれ小型の自然石から、大型の平滑された板石に変化していくことはよく知られています。そのあとのほうの1基がこの前方後円墳、小見真観寺古墳のくびれに設けられた石室です。もとは後円部石室(クリックすれば飛べます)同様の複室構造でしたが、現在は後室しか残っていません。前室部分はコンクリートで補強されており些か風情を欠きますが、長さ2.8m、幅1.76mの後室は表面を丁寧に滑らかにした大型の板石4枚を使った完成度の高いものです。7C後半以降に造られたと考えられています。時期が若干くだる群馬県前橋市の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)ほどではないにせよ、なかなかのものです。惜しむらくは後円部の石室と比べ高さが半分ほどの1.12mしかなく、窮屈な感じがするところでしょうか。いずれにせよ、こうした高度な技術が古墳時代に東国において、いくつもの古墳でみられる(たとえば福島県須賀川市の蝦夷穴古墳、埼玉県東松山市の若宮八幡古墳)みられることを強調しておきたいと思います。 前方後円墳において複数の埋葬施設があることは珍しくありませんが、それが確認され、石室が2基とも見学可能というところはなく、その点でも貴重です。もっともこのブログでも紹介している奈良県葛城市の二塚古墳(クリックすれば飛べます)は埋葬施設が3基あり、いずれも見学可能です(後円部石室は鉄柵越し)。なお、普段は施錠されており、真観寺に開錠のお願いをする必要があります(撮影2019年10月9日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

羨道が欠けているのが惜しい!


 片岩を多用した胴張式の見事な横穴石室が残る大堺3号墳を見学したあと、人影まばらの住宅地をうろうろ。すぐに古墳とわかる盛土を見つけました。大堺2号墳です。3号墳よりはずっとこぶりの円墳です。ただ削られているせいか墳丘は痩せています。それでも動画冒頭に見るように「絵的」には荒れ果てた3号墳よりは整っていて好印象。なにやら開口部に鉄柵が。うーん。石室内には入れなさそうです。諦めて格子越しにのぞくことに。どうやら羨道部分が完全に欠落しているようで鉄柵のあるところが玄室と羨道の境目のようです。覗いてびっくり。玄室の中は3号墳には及ばないもののかなり精緻に積み上げられています。側壁の片岩による小口積み。個人的にはとても好きです。ただ、3号墳とは違ってカラフルではなくモノトーン。もう一つの違いは3号墳と違い持ち送りがほとんどなく、四角いボックス状であることです。比較用に動画の最後に大堺3号墳の石室を付け加えておきました。奥壁は2段ですが開口部側から見て左隅には立柱状の長い石が埋め込まれています。美的にはなかなかのものですが、美しさという点では大堺3号墳(クリックすれば飛べます)に軍配をあげる人のほうが多いかもしれません。個人のお宅が所有されている古墳のなかには、その横穴石室が倉庫代わり、物置代わりに使われていることがありがっかりすることも少なくありません。しかし2号墳に関しては民家の軒先といったところに位置しているにもかかわらず、丁寧に保存され物置状態にはなっていないことにホッとしました(撮影2020年10月14日)。PNG 大堺2号墳位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

形式美の極致を感じさせる玄室 


 今回は秩父や長瀞にも近い荒川沿いの皆野町の金崎古墳群から大堺3号墳を紹介します。少々ややこしいのですが既に紹介した天神塚古墳(クリックすれば飛べます)も金崎古墳群に入りますが、地理的には今回の大堺古墳群からは1.5㎞ほど西にと少々離れています。また別の機会に紹介する2号墳も、13号とは異なる敷地内にあります。

 径18mの円墳大堺1号墳は発掘調査が行われておらず石室の状況もわかりませんが、開口石室を伴う3号墳は動画1の冒頭にみるように民有地の畑の中に残されています。こちらも径16.5mとほぼ同じ大きさですが、墳頂に祠のある墳丘は円墳には見えないほど改変され痛々しい感じすらします。その影響なのか現在に至るまで石室羨道付近は崩落が繰り返されてきたようで、川原石で補強されています。ただ、玄室はよい意味で期待を裏切ってくれました。

平らな板石を小口積み(材料、この場合石材の切断面が見えるようにする積み方)にした玄室は側壁中央が外側に膨らむ胴張り式を採用して、形式美の極致を見る思いでした。そして側壁の石材では緑泥片岩など各種結晶片岩を用いているからでしょうか、色彩的にも美しいことに驚かされました。残念ながら少々照度が不足していて、その点を伝えきれていません。荒川がすぐそこに流れていて特色ある石材の調達には事欠かなかったこともこの美しい石室ができた理由の一つかもしれません。アクセスは秩父鉄道親鼻駅下車、荒川を越え少々北上したところにある金崎交差点近くです(撮影20191031日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ