古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古墳

  今回の中期古墳は栃木県宇都宮市にある墳長105mの前方後円墳です。栃木県、かつて律令制下では下野と呼ばれた地域の古墳は既に紹介したように宇都宮市から北に100㎞ほどのところ那珂川町や大田原市に古墳時代前期から中期初めにかけて駒形大塚古墳(4C央)(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、那須八幡塚古墳(4C末)、それに下侍塚古墳(5C初)上侍塚(5C前)と古墳全体としては少数派の前方後方墳が多数造られます。東国に特有の現象です。5C中頃になってはじめて大規模な前方後円墳が造られます。それが笹塚古墳なのです。続いてごく近くにこれも既にアップしてある墳長98m塚山古墳が造られます。古墳東側5㎞には鬼怒川が悠々と流れており立地としては申し分ありません。笹塚古墳は近年の調査の結果盾形の周濠が二重に巡り墳丘は三段築成で葺石が葺かれていたことが明らかになっています。なお笹塚古墳を主墳として前方後円墳二基を含む東谷古墳群が形成されています。

 動画1の冒頭のように県道からみた墳丘遠景には木々が生い茂りあまりワクワク感はなかったのですが石柱の碑が立つ前方部端から墳丘に登ると意外や意外。よくぞ残されたと感心した前方部から後円部が目に入りました。中期、5C央の築造と考えられていますが前方部の発達はさほど見られず後円部径63mに比して幅は48mに留まっています。小さな薬師堂のある後円部をぐるっとまわり前方部を見通すとくびれから端にかけて墳丘が高さを増す様子がよくわかりました。藪に埋もれた墳丘南側に降り立ちます。思い出したのは墳丘が確認できず悪戦苦闘した千葉県富津市の内裏塚古墳でした。季節が冬だったせいでしょうか後円部から前方部にかけての稜線がはっきりと確認できホッとしました。(撮影201713日)。
PNG Sasazukakofun zu



笹塚古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市東谷町

形状 前方後円墳 

規模 墳長105m 後円部径63m 高さ10.5m、前方部幅48m高さ8.5m

三段築成 葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒、朝顔形埴輪

史跡指定 栃木県指定

特記事項 墳長が2012年の発掘調査でこれまでより5m長い105mことがわかった。三段築成、周濠、葺石、埴輪の四点を含む前方後円墳では県内唯一。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  はじめて目にした時どう読むのだろうと一瞬戸惑いを覚えた宮崎県宮崎市の生目(いきめ)古墳群。よく耳にするプロ野球のキャンプが行われる野球場(生目の杜運動公園)に隣接しています。墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州で古墳時代前期(3C央から4C後半)に造られた前方後円墳では九州最大です。ということは当時この日向の地では西都市の西都原古墳群(古墳名をクリックすれば直接飛べます)ではなく生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたことになります。

宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えました。目指す古墳公園です。これでほっと一安心です。というのも下調べをして現地に到着しても必ずしも古墳によってはどこにあるかわからないことも少なくないからです。胸の高まりを覚えながら古墳に急ぎます。どんな表情で迎えてくれるのでしょう。階段をあがると右方向にあとで5号墳とわかる墳長57mの前方後円墳が横たわっていました。全面葺石の墳丘です。その驚きは5号墳の紹介の時に触れるとして、そのすぐ後ろに今回紹介する古墳群で最大の前方後円墳、4C央に造られた墳長143m3号墳が見えました。3号墳と100m超の他の2基もともに前期に造られています。動画でおわかりのように3号墳は墳丘には手を加えずに保全されていますが、南西側には他の古墳がなく遠くから眺められるために実際よりも大きく見えます。残念なのは前方部、後円部ともに木立に遮られて冬以外は見通しがきかなさそうな点です。墳丘の崩れを防ぐためかもしれませんが木々の伐採など期待したいものです。

 前方部から後円部に歩くと段築らしきものが見えてきました。墳頂に登る途中にかなり広めのテラスがぐるっと回っているのがわかります。自然に任せる保全の仕方で段築がここまで明瞭なのは珍しいと思いましたが、あとで調べるとやはり後世に手が入っていました。戦国時代に砦として利用された名残りのようです(柳沢一男他著、生目古墳群と日向古代史、鉱脈社、2011)。後円部は三段、前方部は二段築成だったようです。埋葬施設は後円部墳頂にあったと考えられています。

 それにしてもなぜこの地に古墳時代前期に大型の前方後円墳が造られたのでしょうか。宮崎の古墳に詳しい北郷泰道さんは次のような趣旨の興味深い解釈をしています。当時の畿内政権はライバル関係にあった北部九州の筑紫国をけん制するために南九州の日向国をより身近なものにしておく必要があった。その要素は海上交通の権益で中国大陸や朝鮮半島への経路を瀬戸内、関門海峡の北ルートとは別の南九州南端の大隅半島、薩摩半島を回る南ルートの確保。そのため、畿内の大王は日向から妃を迎え婚姻関係を持つ必要があった。日本書記によれば景行天皇の代に日向の御刀媛(みはかしひめ)を妃に迎え、生まれた子供が日向国造の始祖となる豊国別皇子(とよくにわけのみこ)でそれは4C初頭の頃であった。彼こそが4C代に九州で巨大な前方後円墳を造り得た人物ではないか(柳沢他著、生目古墳群と日向古代史、前掲書)。 前期には大型古墳が造られた生目古墳群ですが中期になるとその座を西都原古墳群に譲り(墳長176mの女狭穂塚、176.3mの男狭穂塚古墳)規模が縮小していきます。日向のなかで権力が移動したのです。

ところで同じ前期4C後半に造られた畿内以外の大型古墳は墳長190m京都府京丹後市の神明山古墳(以下いずれもクリックすれば直接飛べます)、京都府与謝野町の145m蛭子山1号墳、中期との境4C末に兵庫県神戸市の194m五色塚古墳、宮城県名取市の169m雷神山古墳があります。いずれも日本海、瀬戸内、太平洋岸の水運を支配した首長が葬られたとみられており生目古墳群同様ヤマト王権との関係が極めて強かったとみられています。

 こうした知識をもとに撮ってきた動画を見てみると同じ墳丘が奥行を増したように見えました。つくづくフィールドワークと文献での頭の整理が必要だと思いました(撮影2017322日)
PNG ikime3goufunn zu

  今回の後期古墳は和歌山県和歌山市にある国の特別史跡 岩橋千塚古墳群の二回目、紀伊風土記の丘公園で公開されている将軍塚古墳を含め横穴石室三基を紹介します。既に公園外ですが特別史跡に2016年指定された大谷山22号墳をアップ済みです(クリックすれば飛べます)。説明によれば岩橋千塚古墳群は、紀ノ川下流の南側、JR和歌山駅東方約2kmの丘陵地(標高20150)を中心に分布する5Cから7Cにかけて造られた古墳群です。前方後円墳、円墳、方墳等約850基が3㎞四方に5Cから7C前半の間に築かれています。市中心部からさほど遠くないバスで20分ほどのところです。訪れてあらためて驚いたのですがアップダウンがかなりきつく無数の墳墓が尾根にへばりつくように築かれています。今回は再訪だったのでさほどではありませんでしたが、はじめての時はハーハー言いながら歩いたのを思い出します。その古墳群たしかにかなりの迫力です。理由はその密集性にあるのだと思います。角を曲がれば古墳、そのような感じです。動画3でその 一部がおわかり頂けると思います。

  詳細は省きますが古墳群はいくつかの地区にわかれており公園として整備されているのはその一部です(大谷山22号墳は公園外の民有地にあります)。公開されている横穴石室は10基、竪穴式石室2基と箱式石棺1基のみでいささか拍子抜けでした。その大半が前山地区にあります。しかも内部に入れないところもあります。入れるところでも今回の将軍塚古墳がそうであるように入口はコンクリートで固められていて墳丘の趣を損なっています。昭和の時代の復元で致し方ないとはいえ再度の修復が必要でしょう。

  本題に戻ります。紹介している最初の二基は前山A地区にある23号墳、24号墳で径14m、高さが3mほどの円墳の横穴石室で古墳群では標準的な規模だそうです。三基目は前山B地区の墳長42.5mの前方後円墳、将軍塚古墳です。後円部にある石室ですが、他の二基と同様石棚と石梁があり入口が狭いというのが大きな特色です。しかも天井高は4.5mもあります。結晶片岩の板石を積み重ねて造られた石室は6C後半の築造と考えられています。一般的に古墳の被葬者ははっきりしていませんが岩橋千塚古墳群に関しては紀ノ川河口の平野部に大きな政治力を持っていた紀国造に関係する人々が有力視されているようです(紀伊風土記の丘HP)。アクセスはJR阪和線和歌山駅からバス「紀伊風土記の丘」行きで終点下車。公園入口まで10分(撮影2017117日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は奈良県平群町にある終末期古墳西宮(にしのみや)古墳を紹介します。  近鉄奈良線を生駒で乗り換え近鉄生駒線を南に下ると東側には落ち葉色の山々が広がります。冬の景色を楽しみながら7つ目の平群(へぐり)で降りて町役場に急ぎました。西宮古墳の次に訪れる予定の烏土塚(うどづか)古墳石室の鍵を借りるためです。西宮古墳は桜並木の竜田川沿いの道を500mほど歩いた平群神社の奥にありました。住宅の間に田畑が時折のぞく風情ある景色です。

 一辺36mの方墳は動画1でおわかりのように遠目にも古墳だとわかりました。近づくと三段築成の二段目の墳丘に横穴石室の入口らしきものがみえます。この石室はブログ開始間もなく紹介した奈良県明日村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)、桜井市の安倍文殊院西古墳(クリックすれば飛べます)と並び飛鳥時代に造られた切石の石室では優れたものだそうです。そうした予備知識で入室してみるとうーんと思わず声が出ました。一枚の板石でできた羨道側壁の見事さ。とても1300年前のものとは思えません。おわかりのように羨道幅は狭く、それを遮るかのように盗掘の際に置き去りにされた蓋のないくり抜き式石棺が無造作に置かれています。玄室は奥壁、横壁全て一枚岩。説明板によると石積みの間は漆喰で塗り固められていたようです。また「羨道側石と天井石の前面を墳丘勾配に合わせて加工している」そうですがよくわかりません。築造技術に詳しければと悔やまれます。

 実はこの古墳は貼石(葺石は石を積むイメージに対して、貼り石は文字通り貼る)の残りがよいことで知られていますがうっかりして墳丘後ろに回るのを忘れ見過ごしてしまいました。再度訪問をしないといけません(撮影2017116日)。


西宮古墳基本データ

所在地 奈良県平群町

形状 方墳 三段築成 貼石

規模 一辺36m 

築造時期 7C

出土品 須恵器

史跡指定 奈良県

特記事項 被葬者が聖徳太子の子 山背大兄王子との説がある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は前期と後期の境目、5C後半から末に造られたと考えられているJR上越線群馬総社駅近くの遠見山古墳です。既に紹介した墳長90mの前方後円墳総社二子山古墳(クリックすれば飛べます)の東500mほどのところにあり墳長は80mを誇ります。1㎞四方にも満たない範囲にある総社古墳群の中では最初に築かれたと考えられています。築造の順は遠見山→王塚(未アップ、予定なし)→二子山→愛宕山→宝塔山→蛇穴山と5C後半から8C初め古墳時代中期から終末期にかけてと考えられているようです。

ようやく見つけた住宅地と田畑に囲まれた墳丘ははじめて訪れた夏は一面藪に覆われて古墳のイメージをつかむのに苦労しました。二回目は晴天に恵まれた初冬。草刈が行われた墳丘に登ると前回と違って後円部径よりも前方部幅が広い中期以降の前方後円墳の特徴がよくあらわれていると思いました。動画2、3から感じて頂けるでしょうか。ただ残念なのは北側にある公民館の敷地が墳丘ぎりぎりまで迫っていて全体像がつかめないこと。墳丘には周濠がめぐり葺石が葺かれていたようです。埋葬施設は総社二子山古墳とは違い竪穴石室であったようですが調査はなされていません。動画1のキャプションでは50㎝後円部が前方部より高いと書きましたが正しくは逆で前方部のほうが高くなっています(失礼しました)。前方部幅も高さも後円部を上回っています。

遠見山古墳のいわれですが江戸時代の慶長9年(1604年)総社城二の丸の物見櫓が墳丘に

建てられた名残りのようです。全国の古墳が後世、城として利用され墳丘が改変された例は数多くあります。眺望が効く、一定の面積が確保できる、古墳築造の際に土木工事が行われている等利用価値があったのでしょう。

アクセスは総社郵便局の裏の道を東に200mほどのところにあります。城山公民館を目指してください(撮影20151217日)。
 総社古墳群は狭い地域に見ごたえのある古墳が並んでいます。是非とも現地を訪問してみてください。築造順にこだわらなければ二子山古墳(以下いずれも古墳名をクリックすれば直接当該古墳に飛べます)、愛宕山宝塔山蛇穴山、遠見山古墳の順になるでしょうか。横穴石室が確認されている古墳は全て入室可能(二子山は二室の内の一つ)という点も見逃せません。もちろん照度の高い懐中電灯をお忘れなく。宝塔山古墳近くに前橋市総社歴史資料館もあります。


PNG toomiyama zu


遠見山古墳(総社古墳群基本データ)説明

所在地 群馬県前橋市総社町

形状 前方後円墳

規模 墳長 80m 後円部径41m 高さ5m、前方部幅48m 高さ5.5m

   周濠

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 前橋市

特記事項 後円部に埋葬施設、総社古墳群中最初に築かれたと考えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  ようやく九州は宮崎県の前期古墳を紹介できることになりました。西都市の西都原古墳群の第1回目、13号墳と35号墳です。実は2014年の3月に一度訪れていますが動画撮影をまだはじめていなかったのです。手元にあるのは全て静止画像。今回は満を持して動画をと張り切りすぎたせいでしょうか。あいにくの本降りの雨。それでも歩き始めたら興味深い古墳ばかりで今回も予定の時間までにすべてをまわることはできませんでした。なにしろ前期から終末期まで前方後円墳18基を含む311基もの墳墓が東西2.6㎞南北4.2㎞の広さに築かれているのです。もっとも古墳は均等に並んでいるわけではありません。第一古墳群、第二古墳群、第三古墳群と呼ばれる地域に密集しています。今回の13号と35号墳は第一古墳群に前後に並ぶように築かれています。知っておられる方も多いと思いますが、以下は二基の説明の前に宮崎(日向)の古墳についての予備知識です。

改めて驚かされたのですが宮崎県は天孫降臨の神話の世界は別にしても九州七県の中で福岡県と並びずば抜けて前方後円墳が多く177基も築かれています。しかも九州の中で前期最大、墳長143m3号墳が生目古墳群に(いずれ紹介します)、中期では墳長176.3mの女狭穂塚古墳が西都原古墳群に造られています。古墳時代全体でみても九州で最大です。(このあたりの記述は北郷泰道さんの「西都原古墳群」(同成社、2005)に負っています)。なぜ宮崎(日向)に前方後円墳がそれほど多く、しかも大型なのか興味は尽きません。墳丘の形式や規模が地方の首長とヤマト王権との関係を示しているとすれば、宮崎の在地首長は特別に遇されていたということになります。ヤマト王権にとりなぜそれほど重要だったのかについてのヒントは交易ルートにあるようです。詳しくは北郷さんの本をご覧ください。

肝心の13号墳と35号墳ですが墳長78.5m70mと中規模の大きさの前方後円墳である一方、墳丘は前方部が細く長い柄鏡型でその特徴は動画3の35号墳の後円部からの眺めではっきりと確認できます。13号も同様に柄鏡型で後円部の高さが前方部よりはるかに高いという点も共通しています。前期に特有の墳丘形式です。ただ13号にはあった周濠が後から造られた35号にはありません。動画2で紹介している13号墳後円部の埋葬施設は全国的にみた復元古墳でも珍しいもので貴重です。後期古墳によくみかける横穴石室のように後円部の入口を入ると後円部頂から2mのところで見つかったという人頭大の川原石(礫)で覆われた粘土郭のレプリカを見ることができます。ずいぶん大きく感じました。

アクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobaru13&35 zu



西都原古墳群(1)13号・35号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 13号 墳長78.5m 後円部径45m 高さ6.7m、前方部幅26m 高さ4.1m

     三段築成 葺石

     35号 墳長70m 後円部径37m 高さ6.5m、前方部幅20m 高さ3.2m

     葺石 周濠

出土品 35号 三角縁神獣鏡、ひすい勾玉、ガラス小玉、鉄剣、刀子等

13号 方格規矩鏡、碧玉勾玉、管玉、直刀、鉄剣等

築造時期 4C

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 35号墳は動画で紹介しているように後円部の礫に囲まれた埋葬施設が復元公開されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する2号墳と3号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳は紹介しましたが、今回の2号、3号も負けず劣らず大変規模の大きい石室を有する円墳です。残念ながら羨道部分は削られいますが(特に2号墳)は、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室は圧巻です。墳丘自身はかなり破壊されて本来の姿をとどめていないようです。2号墳は1号墳と違って後世におかれた石仏がないだけ築造当時の姿をとどめているのではないでしょうか。

3号墳は全ての壁石が一枚の板石で構成されている点が特に印象的です。童男山1号墳(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください。

 先日、古代史の専門家加藤謙吉さんのお話を伺う機会がありましたが、童男山古墳群について大変興味深いことを指摘されていました。八女地域の古墳群は最も西の石人山古墳が最初に、岩戸山古墳、乗場古墳等と続き、最後に最も東に童男山古墳群がほぼ一直線となる丘陵上に造られている。これら岩戸山古墳を中心とした墳墓は磐井の乱で有名な筑紫の君一族及びその前身となる歴代の首長墓と考えてよい。たしかに石人山古墳から岩戸山古墳は歩いても30分ほどですし丘陵上に築かれていることがはっきりわかります。これら二基(いずれアップします)は石製品の彫刻である石人石馬の存在で有名ですが童男山古墳ではみることができません。それに石人山古墳は墳長107m、岩戸山古墳は135mと地域において他を圧した規模ですが童男山古墳は最大の1号墳でも石室は巨大とはいえ墳丘は45mの前方後円墳より格下の円墳です。筑紫一族の栄枯盛衰を物語るかのようです。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。PNG dounannzan 1&2&3 zu



童男山23号墳基本データ

所在地 福岡県八女市

形状 2号 円墳 複式横穴式石室 石棚 石棺

    3号 円墳 複式横穴式石室 石屋形

規模 2号径22m 317m

出土品 不明

築造時期 6C央から後

史跡指定 なし

特記事項 八女市教育委員会によれば1号墳以外は委員会としての調査は行われていないとのこと。そのため石室規模など基本情報は不明。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期古墳の平林古墳は墳長55mの前方後円墳です。近鉄南大阪線の当麻寺駅から歩いても30分ほどだと思います。この古墳を動画で見るサイトの原則は徒歩なのですが、二塚古墳(いずれアップする変わった石室のある古墳)も見て東京に戻るとなると今回はタクシーを使うしかありませんでした。ところが迎えに来てくれたタクシーが応援に駆り出されたとかで二塚古墳も平林古墳も行ったことがないというのです。少々ショックでした。結局、メーターはあがるばかり。まあ、こういうこともあるかなと気を取り直して二塚古墳から平林古墳へ。ようやく着いた平林古墳は動画でおわかりのように二上山の東につらなる丘の先端に築かれていました。草刈がよくできた墳頂上からは古代には沼地であったであろう大和の平野が広がります。開発が進み墳丘裾部分は削られていますが前方部のほうが後円部寄りも高く後期古墳であることがわかります。他方説明板の測量図によれば前方部幅が35mと後円部径よりも10mも広いのですが、現在の墳丘からはその広がりが十分には確認できませんでした。

 この古墳の一番の目玉は後円部の東寄りの南に開口する横穴石室です。残念ですが石室内は立ち入り禁止です。代わりに古墳入口にある鉄柵に来訪者が近づくと中がライトアップされ中が覗けるようになっています。全く見ることができないよりはよほどましですが長さ5.7mもある玄室を実感するにはやはり中に入れないと・・・。とりわけ羨道よりも高さが1.8m高い玄室は鉄柵越しでは実感できません。このあたりは葛城市の配慮があればと誰しも思うに違いありません。羨道には追葬された被葬者の石棺が置かれていたようで底石だけ残っています(囲いがしてあるところ)。もっとも問題なのは動画1でちらりと見える入口の要塞と見まごうばかりのコンクリートの壁です。復元整備したのがだいぶ昔だったのでしょうか。土木工事も今では疑似自然工法が取り入れられているのですが・・・(撮影日20161214日)。訂正 動画1 北東→南東 東→南。
  PNG hirabayashikofun zu無


平林古墳基本データ

所在地 奈良県葛城市兵家

形状 前方後円墳

規模 墳長 55m、後円部径25m 高さ4.9m、前方部幅35m  高さ5.1m

築造時期 6C

出土品 直刀、鉄鏃等鉄製品、馬具一式、金環、玉、画文四仏四獣鏡、須恵器、土師器

史跡指定 府指定

特記事項 石室データ 両袖型横穴式石室 玄室長5.7m 幅3.3m高さ3.8m、羨道長8.8m、
1.9m 高さ2m、羨道に石棺底石だけ残されている。同地域では先行して二塚古墳が築かれている。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  古市古墳群の5回目。紹介する墓山古墳及び野中古墳と向墓山古墳の二基の陪塚はこれまで何度か訪れたもののタイミングが悪く墳丘が雑木林や雑草に覆われてよく見えませんでした。陪塚とは大型古墳に近接して位置する小型墳で、内容、規模などから大型墳との密接な関係(たとえば主従)が考えられるものです。今回はようやく宮内庁管理(墳丘のみ)の墓山古墳を含め多少はましな動画が撮れたように思えます。それにしても墳長が225mもある墓山古墳の南側の墳形に沿って現代の墓地が広がっている光景を眺めていると不思議な感覚に襲われます。古代と現代の共存でしょうか。後円部墳頂からは首長級の埋葬に用いられる長持形石棺が出土したという報告があるそうですから、巨大さの理由もわかります。雑木が部分的に伐採された今回の訪問ではおぼろげながら墳丘のスケールも分かりました。動画1である程度伝わったとすれば嬉しいのですが。

 動画2で紹介している墓山古墳の陪塚と考えられている野中古墳は短甲11(1領だけでも貴重との専門家の指摘)、兜11刀剣169など多くの武器武具はじめ出土したことで有名です。重要文化財に指定されたこれらの出土品は発掘調査にあたった大阪大学が保管しています(レプリカが藤井寺市のシュラホールで見られます)。陪塚の中規模の方墳にそれだけの副葬品が葬られていたことからしても主墳の墓山古墳の被葬者のランクの高さがうかがえます。時期から考えれば朝鮮半島で南下する高句麗に対抗する百済支援にまわった倭の有力者の一人なのでしょうか。

 動画3の墓山古墳の陪塚の一つと考えられている向墓山古墳はフェンスに囲まれた一辺68m、高さ10mもある大型の方墳です。残念ながら周囲の状況から俯瞰することができず全体像をつかむことができません。説明板によれば墳丘はよく残されているというのですが崩れた山のようにもみえます。隣接して羽曳野市のガイダンス施設があり古市古墳群出土の埴輪などが展示されています。この大きさをイメージして頂くためにほぼ同規模の一辺65mの滋賀県東近江市の天乞山古墳(クリックすれば飛べます)、一回り大きい一辺78mの千葉県成田市の龍角寺岩屋古墳(クリックすれば飛べます)を是非ご覧ください。向墓山古墳も築造当時はこのような姿だったのでしょうか。アクセスは近鉄南大阪線の古市駅から北に徒歩で15分。羽曳野市役所の西側裏にあります。なお墓山古墳と向墓山古墳は羽曳野市、野中古墳は藤井寺市にあります。なおこれまでアップした古市古墳群の各古墳は以下のとおりです。合わせてご覧ください。群中で墳丘に登れる数少ない古墳古室山大鳥塚の両古墳(それぞれクリックすれば飛べます)。白鳥、清寧陵(一度に紹介しています。クリックすれば飛べます)。はざみ山・野中宮山(一度に紹介しています。クリックすれば飛べます)(撮影日2016926日、2017220日)。
PNG hakayama nonaka zu 修正


墓山・野中古墳他 (古市古墳群)基本データ 

所在地 墓山、向墓山古墳 大阪府羽曳野市、野中古墳 藤井寺市

形状 墓山 前方後円墳、向墓山 野中 方墳

規模 墓山 墳長225m、後円部径135m 高さ約21m、前方部幅153m 高さ約19m

三段築成、向墓山 一辺68m 高さ10m 二段築成、野中 一辺37m 高さ4m 二段築成

築造時期 墓山、向墓山古墳 5C前半、野中古墳 5C

出土品 墓山 玉類、形象埴輪、向墓山 埴輪、野中 兜、刀剣類、鉄てい等 

史跡指定 野中古墳 国指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ