古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古墳

 古墳ファン 中でも石室ファンにはさほど珍しくもないかもしれませんが さほどこの世界を探訪して長くはない私には新鮮な驚きでした。古墳の大型化の時代は既に終わり、できるだけ規模を縮小して被葬者の霊を弔うということなのでしょうか。羨道、玄室、その中に石棺というこれまで見てきた石室とは違い、羨道に直接大型の石棺が接続されています。節約志向です。その石棺の短辺には横口が開いています。切り口がきれいなので盗掘孔ではないことはすぐにわかりました。蓋石も残されていると現地説明版にありましたが、発見できず。富田林市の教育委員会に聞いたところ委員会が保管しているそうです。そういえば石棺の長辺に横口が開き霊魂が外界と行き来できるようにしていると聞いたのは出雲市の今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)でした。お亀石古墳の横口は狭すぎてそれは難しそうです。

 そのお亀石古墳。富田林市の北1㎞ほどのところの山間にありました。近年の調査の結果一辺21mの方墳ということがわかっています。ただ動画でおわかりのように封土はほとんど削られ石舞台(クリックすれば飛べます)ほどではありませんが埋葬施設が露出しています。羨道左右の壁石を支えるまぐさ石を屈みながら進むと先に家形石棺が見えてきました。縄掛け突起が印象的です。その後、石室上部にまわると残りの縄掛け突起が夏草の影に覗いていました。動画2でご覧ください。また現地説明板は家形石棺の周囲には古墳の東南部に位置する飛鳥時代の新堂廃寺の瓦に共通する百済様式のものが積み上げられていたとし、被葬者が同寺の施主ではなかったかと書いています。

 この横口式石槨について白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)は「古墳時代の終末期には近畿地方の奈良県、大阪府を中心に、横口式石槨とよばれる、石棺様の一方の短辺側に横口を設け、さらにその前に羨道などを設けた埋葬施設が出現します。この施設は九州や山陰地方の石棺式石室と共通の要素をもつものですが、明らかに系譜を異にします」(古墳の知識Ⅰ 墳丘と内部構造、東京美術、1985)と述べています。お亀石古墳は家形石棺そのものの外観残されているという点で比較的古式のものとみられているようです。ご関心のある方は是非、白石本をお読みください。

 アクセスは近鉄大阪線富田林駅下車 北口に出て昭和町北信号を右折、次の緑が丘の信号を左折、緑が丘住宅をとおりすぎ200mほど進むと突き当りるのでそのまま西沿いにしばらく歩くと動画1の冒頭のところにでます。徒歩20分ほど(撮影2016年8月9日)。
okameishi habikino zu

  2017年最初に紹介するのは栃木県小山市にある大型の前方後円墳 琵琶塚古墳です。とても気に入っている美しい墳丘を澄み切った青空をバックにとらえることができました。墳長120m級の前方後円墳はこれまでいくつも紹介していますが200mも離れたところからその姿を目にすることができるのはこの琵琶塚がはじめてでした(動画4)。開発が進み周辺が住宅に囲まれないことを祈るばかりです。

 下野市・壬生町周辺の古墳群(両市町教育委員会)によれば栃木県(下毛野)のこの地域には、5C末に忽然と大型の前方後円墳摩利支天古墳が登場し、6C初めから前半に琵琶塚古墳、後半には吾妻古墳と続いて築かれたようです。墳長はそれぞれ120m125m127mですから、代々の首長墓だということがわかります。いずれも思川沿いにあります。ずっと時期は下りますが、北に進むと既に紹介した牛塚古墳(クリックすれば飛べます)が6C末に、また径82mの超大型円墳(いずれアップ)車塚古墳が7C前半に築かれています。興味深いことに摩利支天にはじまり思川沿いに南から北に時間がたつにつれ築造地が北に上っていることです。このことに特段の意味があるのでしょうか。 

 琵琶塚古墳は動画からはあまり判然としませんが段築の一段目のテラスの幅が広いというこの地域の特徴を備えているようです。たとえば隣の上毛野にあたる群馬県高崎市の大室古墳群の中二子古墳に明瞭です(クリックすれば飛べます)。また周濠がめぐっていてそれを含めると200mを越す、まさに首長墓にふさわしい規模です。丁度発掘調査が行われており掘り下げた墳丘の断面から墳丘が単なる土の塊でないことがよくわかりました。古墳はまさに古代の土木技術を駆使した「作品」といえるのではないでしょうか。

 古墳には責任はありませんが、わかりにくいのは言及した(言及していないものもある)一群の古墳が小山市、下野市、壬生町にまたがっていることです。琵琶塚古墳は小山市にありますがパンフレットを作製したのは下野市と壬生町の教育委員会、発掘調査は小山市、部外者にはそのあたりの管轄がまったくわかりません。アクセスは下野市にある小金井駅から西に国分尼寺跡を目指し姿川を渡ったところを左折し南に下ると右手に琵琶塚古墳が見えます。徒歩40分。西口にある下野市観光案内所でわかりやすい地図をくれます。また琵琶塚、摩利支天を経て吾妻古墳に向かって歩く途中にしもつけ風土記の丘資料館があります。充実した展示内容です(撮影2016128日)。

 PNG biwatsuka zu 修正


琵琶塚古墳基本データ

所在地 栃木県小山市大字飯塚

形状 前方後円墳

規模 墳長125m、後円部径75m 高さ11m、前方部幅70m 高さ9m 後円部三段、前方部二段築成

築造時期 6C

出土品 埴輪

特記事項 栃木県では吾妻古墳に続く第二位の規模、埋葬施設は不明


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介するのは前期古墳と中期古墳の境に位置する雨の宮2号墳です。すでに雨の宮1号墳をご覧になっている方は省略して2号墳そのものの説明におすすみください。金沢から七尾線で1時間40分ほど。今回紹介する前期古墳 雨の宮古墳群のある能登部駅に着きます。能登半島を三分の一ほど北にあがったところといったらイメージがつかめるかもしれません。標高190mほどの眉丈山の尾根に位置する雨の宮1号墳(クリックすれば飛べます)からも今回の2号墳からも、今では農業地帯となった七尾南湾につながる潟湖が見渡すことができたに違いありません。とにかく眺望がすばらしいのです。この立地からみて、当時最も重要だった運送手段である水運を支配した豪族が被葬者であることは十分に想像がつきます。ヤマト王権も、このルートの重要性をよく知り地域の支配者との関係を重視したのでしょう。1号墳から出土した銅鏡、短甲(胴を覆う多数の石釧(石製の腕輪)等の副葬品からもそのようにいえそうです。

 2号墳は1号墳と同規模、65.5mですが最大の違いは形状にあります。2号墳は1号墳が前方後方墳だったのに対して前方後円墳なのです。一般的には前方後円墳のほうが前方後方墳よりも格上だといわれています。ところが前方後方墳の1号墳のほうが高地に造られ7m下の2号墳を見下ろすように造られています。築造時期は1号墳のほうが先だというのですから不思議です。前期から中期初頭の段階ではそれほどの区別はなかったのでしょうか。地域的には日本海側はアップ済みの出雲の四隅突出型墳丘墓(西谷墳丘墓造山1号と3、いずれもクリックすれば飛べます)が典型のように独特な墓制をしいてきたこととも関係があるのでしょうか。

 2号墳の復元は1号墳のように葺石を含め築造当時にできるだけ近づけるという方法ではありません。しかし動画でご覧のように当時の様子を想像するには十分です。残念ながら後円部頂にあるとされる埋葬施設は未調査で出土品を含め不明のようです(撮影20161031日)。
PNG amenomiya2gou zu

  今回の蛭子山古墳は既に紹介した作山古墳群(丹後)(クリックすれば飛べます)の北側に隣接する丹後半島の前方後円墳です。墳長145mはさすがに大きく、国道176号線から一段高い墳丘は古墳に興味のない人々にも、あれはなんだと思うに十分です。前方部端が道路に面しています。それにしても時を置かずして丹後半島に100mを優に超える規模の前方後円墳が三基(網野銚子山、神明山古墳(クリックすれば飛べます)造られていることに驚かざるを得ません。いかに日本海の流通を担っていた豪族たちの権勢が大きかったかがわかります。

二度訪れましたが草刈が見事になされ気持ちのよい墳丘が迎えてくれました。蛭子山1号墳と作山古墳群の1号墳とは築造時期を含め密接な関連があるのではないかといわれています。後円部の埋葬施設は三か所。うち中心の施設からは直葬された船形石棺が発掘され

動画にあるように上屋に展示されています。145mの墳長に対して後円部の径は100m、前方部の幅は68m、高さも前方部が11mと後円部よりも5m低く中期以降に比べ前方部が未発達です。他の前期古墳に比べ遮る木々などがあまりなくその特徴がよくわかります。動画3を是非ご覧ください。

このブログを何度もご覧いただいている方々はよくおわかりのように復元整備された古墳は二つにわけることができるようです。一つは作山古墳群のように埴輪や葺石を含め築造当時に極力近づけた墳丘の整備を行うもの。もう一つは蛭子山古墳のように考古学的な調査は行われているものの墳丘自体は現在まで受け継がれてきた自然の姿を重視したもの。この場合でも雑木の伐採などは行われ見る者に築造時の姿を思い出させてくれます。古墳公園の中には群馬県のかみつけの里の保渡田古墳群の八幡塚古墳二子山のように二つのタイプの復元整備された古墳をみることができるところもあります(クリックすれば飛べます)。アクセスは残念ながらアクセスはよいとはいえず京都丹後鉄道与謝野駅からタクシーを利用するしかありません。10分ほどです(撮影2015129日)。
PNG ebisuyama1gou(tango)

  このブログでは既に40を越える古墳石室を紹介していますが(201612月現在)、石室を覆う盛土が削られ石室がスケルトンのように完全に残っている古墳はありませんでした。似ているものとしては関東の石舞台といわれる埼玉県行田市の八幡山古墳石室(クリックすれば飛べます)がありますが、周辺状況などを考えると八幡山古墳には申し訳ないですが、その差は大きいと思います。そのぐらい驚きは突出しています。とりわけ400mほど南側にある都塚古墳(クリックすれば飛べます)から下ってくる途中で目にする石舞台古墳の巨大さには度肝を抜かれます(動画1でご覧ください)。

特筆すべきことは長さ約19mほどの石室の巨大さもさることながら一辺50mの方墳(前円下方墳の説もあり)が聳えていたことを想像できる飛鳥の丘に囲まれた空間の広がりにあります。あったはずの墳丘周囲には貼石のある周濠がめぐりさらに外堤が囲みます。国の特別史跡に指定されているのも納得です(古墳時代の特別史跡は紹介済みの安倍文殊院西古墳石室、巣山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)9件に留まります)。いったいいつ盛り土が削られ石室が裸にされたのか興味深い問題ですが、蘇我馬子ともいわれる古墳の破壊は、蘇我氏に対する懲罰という意味からかなり早い段階で行われたのではないかともいわれていますが専門家の議論にお任せしたいと思います。

肝心の石室ですが77tともいわれる南側の天井の板石の巨大さはいったいなんでしょう。我々が利用している電車車両の重量は33tほどですから、その運搬方法を含め興味は尽きません。巨石を運搬するためのソリ、修羅(地面との摩擦抵抗を減らすための丸太の上に置く)を利用したのでしょうか。5Cに使われていたと考えられる修羅が藤井寺市で発掘され復元保存されていますが、8.8mもあります。動画5の最後に静止画像をつけてあります。石室に使われている石の総重量は2300tと推定。いやはや権力の大きさを改めて思い知らされました。残念ながら石室の中にあるはずの石棺は見出すことはできません。アクセスは近鉄飛鳥駅から奈良交通明日香周遊バスで石舞台下車すぐ。近くの都塚古墳訪問を含め帰路は飛鳥駅まで1時間弱ですから徒歩をお勧めします。(撮影2015212日、20161214日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は濃尾平野の北西端に位置する岐阜県大野町にある野古墳群から南出口及びモタレ古墳を紹介します。既に南屋敷西登越古墳をアップしています(クリックすれば飛べます)が、500mほどの狭い地域に5C後半から6C初頭にかけて前方後円墳や円墳、方墳が17基造られ、現在は9基が残っています。季節によるとは思いますが、訪れた晩秋は燃えるような真紅の野村モミジから緑の墳丘が覗き、それは美しいの一言でした。とりわけ今回紹介する前方後円墳、南出口古墳は大野町役場から三水川沿いに北にあがってはじめて目にする古墳でとても印象的でした。

中期から後期の前方後円墳というと前方部の発達、とりわけ前方部端の幅が後円部径より大きかったり、前方部の高さも後円部のそれと同じくらい、あるいは越えることも多いが一般的です。既に紹介した古墳動画からもその点が確認できます。ところが野古墳群の前方後円墳は、前方部が発達しておらずまるで前期の古墳のようです。地域的な特色なのでしょうか。また、濃尾平野というと前方後方墳が数多く造られたのではと思われますが野古墳群のような例もあることがわかいました。もっとも野古墳群に先駆けて造られた上磯古墳群(クリックすれば飛べます)には複数の前方後方墳があります。野古墳群の中では登越、モタレが5C央、南屋敷西が5C末、それに今回の南出口が6C初めの順で造られたと考えられています。

 アクセスは大変不便です。岐阜駅から岐阜バス 大野バスセンター行に乗り約1時間。終点で下車、徒歩15分です。本数は現地を見学できる本数は日に3、4本ほどです。事前に十分確認が必要です。バスセンター前には大野町役場があり、その隣には立派な図書館もあります。役場で野古墳群までの地図を貰うとよいでしょう。
PNG nokofungunshuyoukofunichizu



南出口及びモタレ古墳基本データ

所在地 岐阜県大野町

形状 前方後円墳

規模 南出口 墳長75m、後円部径約39m 高さ6.2m、前方部幅約28m 高さ約5m3段築成 モタレ 墳長54m 後円部径41m 高さ6m、前方部不明

築造時期 5C央(南出口)、モタレ(6C初)

出土品 円筒埴輪、獣帯鏡(南出口)、円筒埴輪片(モタレ)

史跡指定 野古墳群として国指定

特記事項 モタレ古墳は現在の形状は円墳にしか見えない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する岩清尾山古墳群の前期古墳、北大塚古墳と姫塚古墳は既に紹介した石船塚古墳、猫塚古墳と同様、安山岩の積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。

今回の北大塚古墳と姫塚古墳はともに墳長40mほどの前方後円墳です。そして北大塚古墳の前方部先には古墳群唯一の小さな方墳があります。二つの前方後円墳はこぶりながらも墳丘はよく残っています。特に姫塚古墳に積まれた岩のような石は一つ一つが大きいように感じました。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。以前も触れましたが、大きいものでは30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。

現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは動画2にあるように北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

PNG kitaootsuka&himezuka zu


  今回の古墳は7C後半の築造といわれる終末期古墳、加瀬台3号墳の石室です。神奈川県川崎市にあります。加瀬台といったり加瀬山、さらには夢見ヶ丘と古墳群の呼称は色々あるようですが20mの円墳の南に開口した終末期古墳の横穴石室です。用意しました加瀬台3号墳と周辺地図をご覧頂ければわかるように加瀬台古墳群は既に紹介した宝来山古墳(クリックすれば飛べます)のある多摩川台古墳とは多摩川を挟んで南側に位置しています。距離にして4-5㎞ほどでしょうか。多摩川台古墳群の亀甲山古墳と同じ前期には墳長87mの前方後円墳、白山古墳が加瀬台古墳群では造られています。三角縁神獣鏡が出土したことで知られていますが、残念ながら他の古墳同様、開発の荒波にもまれ消滅しています。未整備とはいえ古墳そのものは残っている多摩川台古墳群に比べて様相はだいぶ違っています。それでも終末期古墳の加瀬台3号墳は破壊を免れ石室も保存されてきたのは奇跡的といってもよいでしょう。新川崎駅から西方向にみえる丘陵が加瀬台で歩いても10分ほどです。目印は了源寺というお寺さんで、その境内を出た南側斜面にあります。動画1で降りている雰囲気がおわかりいただけると思います。

 石室は同じく終末期古墳の多摩川台古墳群の浅間様古墳(いずれアップします)よりはるかに大きく奥行は4mを越えます。しかも珍しい副室構造になっていて前室の奥に玄室があります。その玄室は説明版の測量図によれば左右の壁が膨らむ胴張になっているようです。格子越しにはその貴重な様子はわかりません。教育委員会によれば近年の地震の影響もあり開錠はしないことになったそうで、ここまで来たのにという思いでした。

 ついでに書けば加瀬台古墳群といい多摩川台古墳群といい中学から大学まで多摩川を渡って通いなれた地域にあります。当時はこれら遺跡にまったく気が付くこともなく日々過ごしていたわけで不思議な感慨に浸っています(撮影日20161130日)。蛇足ですが了源寺に隣接して夢見ヶ崎動物公園があります。4頭のレッサーパンダ。可愛いですよ。動画2の最後でどうぞ。
PNG kasedai3goufun  shuuhennzu(修正版)

  今回の中期古墳は5C央に築かれたと考えられている双子塚古墳です。熊本県山鹿市の県立装飾古墳館に隣接しており、いくつもの円墳とともに岩原(いわばる)古墳群として、敷地内に整備保存されています。失礼ながらそれほど期待していなかっただけに動画1の冒頭、広がる緑の中の墳丘を目にした時の驚きは尋常ではありませんでした。しかも墳丘の輪郭が草刈直後ということもあり実に明瞭なのです。これが墳長107m?ずっと大きく見えます。とりわけ20mほどの周濠の外からみるとそう感じます。墳丘前方部の高さは8m。後円部のそれと1mしか違いません。典型的な前期の前方後円墳では前方部の高さは後円部よりもずっと低く、そこからもこの古墳が中期に築かれたことがわかります。ただ、不思議なことに目の錯覚でしょうか。実際に後円部に登って前方部方向をみると、動画3にあるように前方部はずっと低くみえます。おそらく前方部が後円部近くのくびれ辺りにかけて下がっているからではないかと思いました。

 川原石と思われる葺石があちらこちらに残り当時をしのばせてくれました。発掘調査の結果、三段築成の墳丘には円筒埴輪が据えられていたことがわかっていますが、埋葬施設については行われていません。既にアップした墳長が同規模のものでは奈良県のナガレ山、同じく奈良県の三陵墓東、千葉県の姉崎二子塚、三重県の宝塚1号墳、奈良県の塩塚、群馬県保渡田古墳群の中二子と数多くあります(いずれもクリックすれば飛べます)。同じ前方後円墳でもずいぶんと印象が違うことがわかります。比較してご覧ください。

 熊本県立装飾古墳館は特徴的な装飾壁画のある古墳石室をレプリカで再現してあって見応えがあります。同種の博物館がないだけに貴重です。それに負けず劣らず二子塚古墳を中心とするこの岩原(いわばる)古墳群もお見逃しなく。

 アクセスはよくありません。熊本市内からバスを利用する場合、山鹿バスセンターまで1時間以上かけて行き、そこから別の路線に乗り換えて、装飾古墳館前で下車。徒歩20分です。接続のバスが来るまで1時間以上待たなければならなかったので結局タクシーに乗らざるを得ませんでした。それでも、熊本バスセンターを朝出発し、装飾古墳館に着いたのは昼近くでした。県立の博物館に行くのにこれほど不便とは。これでは県立装飾古墳館には来てくれるなといわんばかりです。何とかしてほしいと思いました(撮影2016年10月25日)。
futagozuka(iwabaru) zu




双子塚古墳(岩原古墳群)基本データ

所在地 熊本県山鹿市鹿央町
形状 前方後円墳

規模 墳長107m、後円部径 57m高さ 9m、前方部幅49m 高さ8m、三段築成、周濠あり、

葺石あり

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 国指定(岩原古墳群として)

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   このブログでは陵墓について批判的に書いてきました。本格的な刈り込みもなされず自然のままに放置された(敢えてそうしているのでしょうが)墳丘は、よほど関心のある人がみなければ前方後円墳ということはおろか古墳ということすらわかりません。そのことは(20161123日の記事 遠くから墳丘の見える大型前方後円墳(1)でも書いたとおりです。とはいえその自然に任せるままの陵墓でもお気に入りはあります。既にアップしたものでは宝来山古墳、すなわち垂仁天皇陵(宝来山古墳)として宮内庁が治定している墳長227mの前方後円墳は、幅の広い周濠のなかに堂々とした墳丘が印象的です(クリックすれば飛べます)。今回の崇神天皇陵(行燈山古墳)はそれに負けず劣らずの雄姿を見せてくれます。箸墓古墳の築造にはじまるオオヤマト古墳群に属する6基の内、メスリ山古墳(クリックすれば飛べます)に次いで5番目に造られたと考えられています。

惹かれた理由ですが一つにはそこにあるのはわかっているのになかなか到達できないという気分の高まりがこの古墳には感じられるということです。崇神陵はJR桜井線の柳本駅から西に一直線500mほど歩き県道169号線を渡ってすぐのところに位置します。ところが目の前にあるのは急な石段。それを登らなければ周濠に浮かぶ墳丘を見ることはできないのです。ようやく拝所に立ってみると・・・。拝所の高さまで濠がありその先に動画1でみる前方部が広がっています。そう柳本駅方向に下がる丘陵の斜面に崇神天皇陵は築かれているのです。そのために動画2に登場する渡堤も周濠内に水が溜まるように造られたようです。動画からは残念ながら墳丘を確認するまでのドキドキ感は伝わってきません。

惹かれた理由の二つは周囲に古墳を遮るものがまったくといってよいほどないことです。自然の森にしか見えない墳丘は周囲と調和しています。山の辺の道沿いにあることからもそこのこはわかります。三つめは墳長230mの古墳をみながら周濠沿いに一周できることです。陵墓で墳丘を見ながら一周できるところは多くはありません。後円部東側にはいずれ紹介する双方中円墳という珍しい櫛山古墳が並ぶように造られているのも一興です。江戸時代に周濠北側をはじめ改変されているそうですが、私にとり古墳の価値を減じるものではありません。それよりも陵墓のために学術的調査は行われていないことが気にかかります。動画3ではあまり知られていない2基の陪塚(アンド山、南アンド山)を紹介しています。陪塚といっても墳長はそれぞれ120m65mを誇ります。崇神天皇陵と同じ頃4C前半に造られたと考えられています。アクセスは柳本駅から東に徒歩で10分ほど。非常にわかりやすいです(撮影20151013日、28日、2016118日)。PNG sujintennouryou zu


↑このページのトップヘ