古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古墳

  奈良盆地に4C後半から6Cにかけて築かれた馬見古墳群。今回中期古墳として紹介する一本松古墳は4C末の築造の墳長130mを数える前方後円墳です。同古墳群は北群、南群にわかれ、その間に一本松古墳が含まれる中央群が位置します。イメージ図で確認して頂きたいと思いますが、既に紹介した墳長220m巣山古墳(クリックすれば飛べます)、築造時のように復元されたナガレ山古墳(クリックすれば飛べます)も中央群に属します。一本松古墳は巣山古墳と同じ頃に築かれたことが発掘された円筒埴輪(埴輪棺墓として使用)から明らかになっています。 

動画1でおわかりのように芝に覆われた優美な墳丘が残されています。遠くから墳長130mの全体像を確認できるというのは大変珍しいといってよいと思います。それも公園化されているお陰です。墳丘の後円部径は80m、そして前方部幅は同じ80mと発達しています。残念なことに葺石、段築の有無他詳細は明らかになっていません。2006年に後円部東南部に公園施設を作ることになり調査が行われた結果小規模の方墳が検出されています。前述の円筒埴輪はその際に発掘されたものです。

 何度か馬見古墳群を歩いて気が付いたことがあります。保存整備の違いをこの目で比較確認できるのです。後円部径104mと大型のホタテ貝型として知られた乙女山古墳のように墳丘には登れるものも雑木林が繁茂するままにしてあるもの、ナガレ山古墳のように葺石を含め築造時のように復元されたもの、そして一本松古墳のように墳丘を芝で覆い保存整備したものの三種類です。全国の古墳を歩いていると大凡、この三つのタイプに区分することができます。馬見古墳群ではそれらの違いを中央群を歩くと実際に確認できるという点で実に貴重です。なお動画の番外編としてうっそうとした乙女山古墳の墳丘を短く紹介しています。

 アクセスは近鉄田原本線池部駅に隣接する河合町役場横に緑濃い総合スポーツ公園の入り口があり、そこから古墳公園につながっています。約1㎞ほどあります。徒歩15分。わかりやすく迷うことはないと思いますが役場で地図を貰うとよいでしょう(撮影2016524日)。


PNG 馬見古墳群(イメージ図)
PNG 現在の大阪市中心部から見た大型古墳群

一本松古墳基本データ

所在地 奈良県河合町

形状 前方後円墳

規模 墳長130m、後円部径80m 高さ12m、前方部幅80m 高さ4.5m

周濠、外堤あり

築造時期 4C

出土品 埴輪棺

史跡指定 

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する前期古墳は島根県安来市荒島の中海を遠くにみる塩津山1号墳です。後述するように多くの弥生墳丘墓、古墳時代前期の古墳がこの近くには残されています。動画1で敢えて音声を残したように墳丘下には山陰道(安来道路)が走ります。このブログで紹介してきたいくつかの古墳でも高速はじめ道路が間近に迫ったり迂回したりしているところは少なくありません。私市円山古墳(クリックすれば飛べます)も朝来茶すり山古墳(クリックすれば飛べます)もそうでした。古代と現代が融合しているさまはなかなか印象的です。大きく削り取られたり消滅の憂き目にあった数々の古墳に比べればラッキーに違いありません。地元はじめ関係者の熱意の結果だろうと思います。他方、古墳史上きわめて重要で専門書にも度々登場する古墳でも現在では考えられないような光景を残しているものもあります。その代表例は椿井大塚山古墳(クリックすれば飛べます)です。現在のように文化財の保護に関心がなかった明治期に、墳丘を大きく横断する形で鉄道が敷かれています。それでも地元の方々の協力も得て、それ以上の破壊は免れ今では古墳公園として整備されています。
  話が脱線しましたが塩津山1号墳のある島根県、荒島駅付近にはまだ紹介していない前期では最大の方墳 造山1号墳はじめ弥生時代から古墳時代にかけての墳墓が軒を並べています。訪れた日も荒島駅から古代出雲王領の丘の造山古墳公園から塩津山公園、宮山公園、仲仙寺公園と半日かければ歩くことができました。もっとも雨にも遭い塩津山1号の動画2ではご覧のようなことになってしまいました。古墳の足回りは決してよいとはいえず訪れる皆さんはよく注意して頂きたいと思います。塩津山1号は弥生墳丘墓、角がヒトデのようになっている四隅突出型の名残りのような形をとどめており復元に際しても注意が払われたようです。興味深いのは墳頂には6基もの埋葬施設があったそうで25m×20mの面積の割には多くの人々が葬られている印象を持ちました。古墳時代の前期初頭には後の時代のように後円部に一人の権力者が眠るという習慣はまだなかったのでしょうか。荒島から西に50㎞ほど離れた出雲市の西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)とも比較しながらご覧ください(撮影日 2016年5月11日)。




PNG shiotsuyama1gou zu

塩津山1号墳基本データ

所在地 島根県安来市荒島町

形状 方墳(弥生墳丘墓の名残りあり)

規模 南北25m 東西20m 高さ3m

築造時期 4C

出土品 壷型土器、高杯・鼓形器台、特殊円筒器台土器

史跡指定 国指定

特記事項 中海を見下ろす標高50mの山間に位置


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  上野三碑(こうづけさんぴ)と呼ばれる現在の群馬県域に、日本に18例しかない古代の石碑が三つあります。造られた順は山上碑(やまのうえ)(681年)、多胡碑(711年頃)、金井沢碑(724年)です。なぜ三つもあるかは別にして、最も古い山上碑は、隣にある山上古墳の被葬者について書かれている墓誌という点が重要です。これまで紹介してきた古墳の被葬者の多くは特定できていませんが、山上碑のおかげで事実上被葬者を知ることができるのです。碑には、近在の放光寺の僧侶・長利(ちょうり)が母の黒売刀自(くろめとじ)のために墓を建てたことなどが書かれているそうです。ただ、石室の形態などからすれば古墳は石碑の建てられた681年より数十年前に造られたとようで(事実上と書いたのはそうした理由です)、実際には山上古墳の被葬者は黒売刀自の父であり、その後、黒売刀自が追葬されたものと専門家はみています(高崎市HP、上野三碑とは)。


 上信電鉄の山名駅から西に1㎞ほどアップダウンのきつい山間の道を歩きます。国の特別史跡なので山上碑までの標識は整備されて迷うことはありませんでしたが、最後は動画1の冒頭にあるような急な階段が続きます。頂上まであがると左に建屋に覆われた山上碑が、その隣に小さな円墳が見えます。石室は精緻な凝灰岩による切石積みです。時期は下りますが同じ群馬の総社古墳群の宝塔山古墳(クリックすれば飛べます)、蛇穴山古墳(クリックすれば飛べます)と共通するものがあります。奈良明日香村の岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)の石室とも是非比較してご覧ください。ただ、山間にある古墳の石室ということでしょうか動画では削除しましたが石室の天井にはカマウドが密生していました。苦手な方はご注意ください。もう一つ驚いたのは奥壁前には大きな馬頭観音像が鎮座していたことでした。聞けば鎌倉時代のものだそうですが怒りの表情のように見える形相がぼんやりと浮かびあがった時には思わず後ずさりしました(撮影2015年12月17日)。


晴天に映える雷神山古墳はどのように私を迎えてくれるのだろう。ワクワクしながら歩いた期待は裏切られませんでした。動画1の前方部端側から後円部にかけて広がる墳丘は、芝がきれいに刈り取られていたこともあり鮮やかの一言でした。墳長が169m、後円部径92mとほぼ同じなのは甲斐銚子塚古墳(クリックすれば飛べます)です。こちらの墳丘も美しく是非比較してご覧ください。ただ前方部幅は雷神山が96mに対して、69mとずっと狭くなります。甲斐銚子塚が造られたのは3C後半と典型的な前期古墳に該当します。雷神山古墳は前期と中期の境目に位置するだけあって前方部幅は96mと発達しています。後円部は3段、前方部は2段の筑成が施されている墳丘には一面葺石が葺かれ、壺形埴輪がめぐっていたようですが、整備にあたっては復元されていません。

また、動画キャプションでも触れているように前方部端には墓地があり墳丘自身が崩れています。植栽でカバーしているとはいえ些か残念です。京都府の長岡京市の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)の墳丘も墓地があったことを思い出しました。昔の墓のために現在の墓を移すわけにはいかないのはわかりますが、現在まで墳丘がどのように人々によって扱われてきたかを知るには貴重な資料かもしれません。
   埋葬施設は発掘調査されていないために不明ですが東日本大震災の際に後円部頂の中央が1mほど陥没し埋葬施設ではないかとの指摘もあるようです。その後円部に隣接して陪塚ではないかといわれる径54mの円墳小塚古墳が築かれています。またその先、1.5㎞には雷神山古墳の被葬者に遡るこの地の支配者が葬られているともいわれる飯野坂古墳群(1)飯野坂古墳群(2)飯野坂古墳群(3)(それぞれクリックすれば飛べます)があります。こちらは中規模の前方後方墳が複数並んで築造されています。

アクセスはJR東北本線で2駅下った館腰駅前から西に200mほど歩き郵便局を見ながら右折すると左に館腰神社が見えます。その先を左折し道なりに歩くと右手に急な細い坂道が見えます。坂道を上り道なりに進むと前方部端入口説明板に到着します(撮影2015年11月5日)。
PNG raijinyama zu saishu



所在地 宮城県名取市

形状 前方後円墳

規模 墳長 169m(168m)、後円部径 96m 高さ12m、前方部幅96m 高さ6m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

小塚古墳 径54m 高さ6mの円墳 

築造時期 4C末(4C後とも)

出土品 壺形埴輪(底部穿孔(せんこう)土器とよばれ底に穴があいている古墳用に作られたもの

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は飯野坂古墳群との関連が指摘されている。飯野坂は前方後方墳であるのに対して雷神山は前方後円墳。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する前期古墳、鏡塚古墳は既に紹介した石清尾山古墳群の石船塚古墳、猫塚古墳と同様、積石によって墳丘が築かれた珍しい古墳です。香川県高松市峰山の丘陵尾根には、こうした積石の古墳が3C半ばから4Cに連続して造られ、その形も双方中円墳、前方後円墳、方墳など多様です。今回の鏡塚古墳は猫塚古墳と同様、円墳の両側に方形部(前方部)がついています。猫塚古墳は円墳部分の中心が大きく盗掘のために抉られており墳丘が崩れていましたが、鏡塚は全体として一回りこぶりながらも墳丘はよく残っています。二つの動画から、その変わった形がよくわかると思います。

以前、韓国ソウルの石村洞古墳(くりっくすれば飛べます)をアップしましたが日本でも同様の積石塚がないか関心をもっていたところ、香川や長野の限られた地域に石積みによる古墳群があることを知りました。ご覧になってわかるように土を盛り上げて造られた墳丘と、ごつごつした安山岩を積んで造った墳丘とではまったく印象が違います。荒々しさの中にも強い意志を感じる、そんな気がしました。それにしても30㎝ほどの石の塊が続く墳丘を歩くのはなかなか疲れます。雨で積石が濡れていたらとても撮影は難しく、訪ねる方は天候を十分にチェックすることをお勧めします。なぜ土ではなく石なのかという疑問に対しては白石太一郎さんは「土よりも石材のほうが利用しやすい地理的環境によったものと考えられています」と記しています(古墳の知識Ⅰ、墳丘と内部構造、東京美術、1985年)。朝鮮半島の影響というわけでは必ずしもないようです。

 墳丘は全長70mで円墳部分の径は測量図からすると30mほどのように思われ、その左右(南北)に方形部(前方部)が続いています。猫塚古墳(クリックすれば飛べます)、前方後円墳の石船塚古墳(クリックすれば飛べます)と比較しながらご覧ください。

 現地へは高松駅琴電バスループバス市民病院(行きは西回りで30分)下車、徒歩約45分で標高約230mの峰山公園まで登り管理事務所で古墳群の地図をもらうのがよいでしょう。点在する古墳を歩くのに約2-3時間かかりますが、尾根からは北方向に瀬戸内海がよく見えます(撮影2016年3月24日)。

PNG kagamitsukakofun zu



鏡塚古墳(石清尾山古墳群)基本データ

所在地 香川県高松市

形状 石積みによる双方中円墳

規模 墳長 70m、円墳径 30mほど、方形部(前方部)端15mほど

2段築成

築造時期 4C央(前)

出土品 不明 

史跡指定 国指定

特記事項 円墳部に6基の埋葬施設があったともいわれるが不明。猫塚よりも一回り小さい。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  今回は既に紹介した今市大念寺古墳の石室に続く出雲市にある後期古墳石室、上塩治築山(かみえんやつきやま)古墳です。訪問し終わって振り返ると妙蓮寺山古墳、宝塚古墳、上塩治地蔵山古墳(いずれアップします)とどれも印象に残る石室ばかりです。国の史跡に大正時代にすでに指定されていることだけを考えても、これら遺跡の重要性がわかります。同時に、如何にこの地域を支配していた豪族が力をもっていたかの証ということも理解できました。とりわけ今回の石室の長さは島根県では最も長く14.6mを数えます。そこに大小二つの精巧な家形石棺が縦(大石棺)、横(小石棺)に置かれており、どちらも横面に穴が開いているところが(専門的には横口というそうです)目を引きます。出雲市文化財課の担当者のお話では、埋葬者は棺の中でも生きていると考えられていたようで、そのための出入りの穴(口)だったとのこと。九州の影響を受けているそうで畿内の家形石棺にはみられない特色だそうです。死生観が地域によって異なっていたということのようです。今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)の全国一の規模も同じところに穴(口)が開いていました。比較してご覧ください。こうしていくつもの石棺をみるだけでもバラエティーに富んでいて飽きません。

 墳丘自体は見た目だいぶ崩壊が進んでいるようで雑木に覆われていることもあり円墳といわれなければ小山のようにしかみえません。それでも内部の石棺を目の当たりにして不思議な感覚に襲われました。1400年もの間、時空を超えてここに存在し続けていたのです。ただそれだけなのですが・・・。

現地を訪れてわかったことは動画1の冒頭のところカメラの後側に走る県道277号にも築山古墳群を形成する円墳が4基並んでいたということでした。現在は最近整備されたばかりの道路の下になり、その姿を確認することはできません。それだけに上塩治築山古墳の遺跡としての重要性がわかります。明治20(1887)に石室は開口され、大棺からは金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土しています(上塩治築山古墳パンフレット、出雲市)。
  アクセスは出雲市駅前から循環バスを利用してもよいですが私は1㎞ほどなので歩きました。277号を南へ下り島大東を左折して左側に動画1の見学者用駐車場が見えます。その奥の小山です(撮影2016年5月10日)。


PNG kamienyatsukiyama kofun zu

上塩治築山古墳基本データ

所在地 島根県出雲市上塩治町築山

形状 円墳

規模 径46m 高さ6m

築造時期6C

出土品 大棺から金銀双円頭太刀、須恵器、小棺からは金銀製冠、鉄器、須恵器等が出土

史跡指定 国指定

特記事項 羨道 長さ5.8m1.8m高さ2.2m、玄室 長さ6.6m2.8m高さ2.9m

石棺() 長さ2.8m1.4m 高さ1.7m()長さ2.1m 幅1.4m 高さ1.4m

 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は5C前半(論者によっては初頭)に造られたとみられる全国の第三位の規模、墳長365mの巨大古墳、履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)です。既に紹介した仁徳天皇陵(大仙古墳)(クリックすれば飛べます)いたすけ古墳(クリックすれば飛べます)等と同様、百舌鳥古墳群に属しています。

江戸時代の絵図には履中天皇陵の表記がみられ、上石津ミサンザイ古墳の上石津は堺市に古墳の所在地が編入される前、泉北郡神石村の大字が上石津だったためのようです。遺跡の名称は考古学者の森浩一さんによれば「その所在地の大字や小字によるところが原則で、登呂遺跡や唐古・鍵遺跡(奈良県にある弥生時代の環濠集落遺跡、筆者注)などもすべてその原則にしたがっている」(森浩一編、日本の古代5、前方後円墳の世紀、中公文庫、1996年)のだそうです。知りませんでした。

もう一つカタカナ表記のミサンザイも不思議です。通説では陵の読み方ミササギが訛ってミサンザイとなったようです。既に紹介した土師ニサンザイ古墳のニサンザイも同様です。古墳の世界に迷い込むと次から次へと疑問が湧いてきます。専門家やプロはだしの古代史ファンには常識であっても戸惑うことが多く躓きそうになります。
 それにしても墳長365mの古墳は見事です。ヘリコプターによる上空からの様子は動画1でわかるように前方部が発達した典型的な中期古墳です。すぐ横にはいたすけ古墳も見えます(400mほどの距離)。奥の森状の仁徳天皇陵(大仙古墳)とは違い、地上に降りても墳丘を遠目に観察できるためにその大きさを感じることができます(動画1と動画3)。とはいえ周濠越しに見る墳丘は古墳の世界に関心のない人にとっては単なる緑の山です。
 宮内庁が被葬者としている履中天皇かどうかについても根強い異論があります。出土した土器、埴輪などの考古学的な成果からすると履中天皇陵の父である仁徳天皇陵の築造時期のほうが新しいといわれています。白石太一郎さんは5Cに入り最初に築かれた巨大古墳が上石津ミサンザイ古墳、ついで古市古墳群の誉田御廟山古墳(応神天皇陵、全国第二位の巨大古墳)、そのあとに大仙古墳(仁徳天皇陵)が造られたとみています(古墳からみた 倭国の形成と展開、敬文舎、2013)。
 JR阪和線百舌鳥駅から南西方面に500mほど下ったところにあります。徒歩7-8分(撮影2016年4月7日)。
大阪・奈良大型古墳分布図
PNG richutennnouryou zu



履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)基本データ

所在地 大阪府堺市西区

形状 前方後円墳

規模 墳長 365m、径205m 高さ27.6m、前方部幅235m 高さ 25.3m

築造時期 5C

出土品 不明

史跡指定 なし 宮内庁が履中天皇陵に治定

特記事項 全国で第3位の巨大古墳。陪塚が10基あったといわれる。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ