古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古代史

墳丘も良く残る22号墳
  今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する22号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳及び2号、3号墳は紹介しましたが、今回の22号も大変規模の大きい石室を有する円墳です。1号墳の前の道から南西方向に500mほど下った林のなかにあります。素人目にはこれまで紹介した三基よりも墳丘の残りがよいような気がします。残念ながら今回の22号墳も羨道部分は削られていますが、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室にはいつもながら圧倒されます。後室(奥室)と前室の間の袖石の立派なこと、すばらしいですね。ただ、土圧のせいでしょうか後室の壁が大きく傾いています。1号墳(クリックすれば飛べます)2号、3号墳と比較してご覧ください。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。


愛らしい円墳
 今回紹介する中規模の円墳、太秦高塚古墳はよく知られた京都市の太秦ではなく大阪府寝屋川市にあります。どうやら京都太秦の広隆寺を建立した として知られている秦河勝のゆかりの地が今回の寝屋川市のようなのです。広隆寺の記録などからも寝屋川市のこの地が秦氏の本拠地といわれているそうです。ややこしいですね。ともあれ寝屋川市の丘陵には数多くの古墳が築かれたものの、唯一残された一基が今回紹介する円墳ということなのですから貴重です。

 草刈が終わったばかりの墳丘は可憐なという表現がぴったりの円墳でした。40mに満たない二段築成の墳丘には円筒埴輪が立ち並び、小さな造出しが北西方向に設けられています。そこには水鳥、人物、家形などの形象埴輪が区画内に置かれていたようです。また、頂上の埋葬施設からは短甲、鉄鏃、鉄斧、鐙など鉄製品が確認されています。墳丘は高さ7mよりもはるかに高く感じます。それは幅7mの周濠のせいでした。なんと深さは2.5mもあるのです。

京阪バス「太秦住宅」行きで「豊野浄水場前」で下車すると目の前に古墳だとすぐに気が付く二段築成の墳丘がみえます(撮影201689日)。

PNG uzumasatakatsuka kofun zu 修正版






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

東国の前期古墳では見事な一基
 今回の前期 前方後円墳 白山神社古墳は房総半島のど真ん中の君津市俵田に位置します。浅間神社古墳、飯籠塚(いごつか)古墳と小櫃川(おびつ)沿いには白山神社古墳に加え前期前方後円墳が三基造られています。白山神社古墳以外の二基は墳長100mを超えますから、かなり大型の前方後円墳といえます(他の二基についてはいずれ紹介)。白山神社古墳は墳長89m100mを下回りますが、神社関係の方々に守られてきたからでしょう。境内の林のなかにその優美な姿を横たえています。椎の木と椿だそうですが鬱蒼とした木々の間から降り注ぐ木漏れ日に浮かぶ墳丘の美しかったこと。残念ながら光線の関係で墳丘がやや白く飛んでしまったのが残念です。とはいえ南側に広がる周濠側からみる前期前方後円墳の後円部の高さに比べ前方部の高さが低い様子はよくわかるのではないでしょうか。柄鏡型ほどではないですが前方部端の広がりはなく、前方部幅は後円部径に比べ13m少ない39mに留まっています。盗掘の跡の著しい後円部頂上からは動画2にあるように前方部端にかけての形が確認できます。

 それにしても古墳時代前期にヤマトの地から遠く離れた房総半島(律令制時代では上総)の地にかなり大型の前方後円墳が造られていることに驚かされます。仁徳天皇陵(大仙古墳)はじめ超大型の前方後円墳が築造され地方では規模の大きな前方後円墳が少なくなった中期とは違って、前期では地方豪族に古墳造営についてかなり自由度があったようにも思われます。

今回、房総半島の古墳を訪ねようとネットで検索をするうちに、君津市の小櫃公民館主催の「小櫃の三大古墳を巡る」というイベントが201711月に行われたことを知り実にラッキーでした。128JR浜松町駅のバスターミナルから高速バスに乗り東京湾アクアライン経由で小櫃駅まで一時間半で到着。この近さにもびっくりしました。小櫃公民館でルートマップを頂戴しましたが、もし、事前の説明を受けなければ白山神社古墳以外は相当苦労したと思われます。もし、この動画をみて現地を訪れたいとお考えの方はその点を念頭に置いてください(撮影2017128日)。

 hakusannjinjya kofun zu



白山神社古墳基本データ

所在地 千葉県君津市

形状 前方後円墳

規模 墳長89m、後円部径52m 高さ10m、前方部幅39m 高さ7m

後円部東側から南側にかけて周濠を確認

築造時期 4C

出土品 不明 

史跡指定 県指定

特記事項 小櫃には壬申の乱(672年)で敗れた大友皇子が落ち延びてきたという伝承があり、

古墳を小櫃山稜と呼び、皇子の墳墓ではないかと考えられた時代もあったが、現在では否定

されているとのこと(小櫃公民館主催小櫃学配布資料)



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

迫力ある家形石棺が残る石室
 阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

古墳群中最も遅くに築かれた前方後円墳
 西都原古墳群、ルートマップを片手に歩いて改めて古墳の数の多さに驚かされます。まさに、あそこにもここにもあるという感じです。同じ宮崎県宮崎市の生目古墳群や大分の川部・高森古墳群(宇佐風土記の丘公園)、関東のさきたま古墳公園と比べると、その点が大きく異なっています。その多くが整備保存されているのですから、それは壮観です。国の史跡より一段格上の特別史跡に指定されている理由もわかります(現在、古墳の特別史跡は
高松塚古墳、巣山古墳岩橋千塚古墳群など9か所)。

さて今回紹介する前方後円墳西都原202号墳(姫塚)は31基を数える西都原古墳群の前方後円墳の中でも最も遅くに築かれたもののようです。鬼の窟(いわや)古墳の南にあり、古墳が密集する第一支群からはポツリと離れています。ここにもあそこにもと書きましたが、ご覧になればおわかりのように202号の墳頂からは前方部の先に小さな204号しかみえません。墳丘は前方部が発達した典型的な後期古墳の姿をしています。二段築成の墳丘には幅10mの濠がめぐっています。古墳の簡素化の流れの一環でしょうか。葺石は見られなかったそうですから、築造当時もこの墳丘に近かったのではと想像します。埋葬施設は時期的に見れば追葬が可能な横穴石室も既に採用された古墳もあるなか(時期はもう少し早い福岡市の今宿大塚古墳が一例)、後円部頂に木棺直葬されていたようです。ただし説明板によれば出土した土器からして7C前半まで追葬が行われていたと考えられています。

これまでに紹介した西都原古墳群は下記のとおりです。ご一緒にご覧ください。西都原13号と35西都原169西都原206鬼の窟(いわや))、西都原170号と171(撮影日2017323日)。
saitobaru202 gou zu





西都原202号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 前方後円墳

規模 墳長57.3m、後円部径34.4m 高さ6.26.3m、前方部幅41.5m 高さ5.45.7m

二段築成、周濠あり

築造時期 6C

出土品 須恵器、鉄鏃多数、水晶製切子玉・勾玉・ガラス小玉、金銅貼り耳環

史跡指定 西都原古墳群として国の特別史跡

特記事項 西都原古墳群中最も遅く築かれた前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

天井は確かに高い
  以前から玄室の天井の高さが半端ではないと聞いていた高取町のカンジョ(乾城)古墳。ようやく機会を得て近鉄吉野線飛鳥駅から歩いてみました。方角は駅を挟んで高松塚古墳と反対の東側にあります。動画1にある結構高低差のある道を30分ほど飛鳥病院を目指します。というのも目指すカンジョ古墳はその手前にぽつりと残されているからです。

 整備のため工事中ですよと教育委員会の方から聞いていましたが、ラッキーなことに墳丘の雑草は刈ったばかり工事もお休みでした。方墳の形もよくわかります。ただ、東側(北側も)は大きく削られています。

さて肝心の石室ですが入り口部分皆さんはどう思われますか?私はちょっと首を傾げました。欠損した手前羨道部はコンクリートで固められシェルターの入口のように見えます。河川の修復工事もだいぶ以前からコンクリートむき出しではなく、疑似自然工法が採用されているのですから、古墳でも同様の手法をとってほしかったですね。そういえば葛城市の平林古墳もなにやらシェルター風でした。ちょっとケチをつけすぎたかもしれません。

入口は施錠されていますが近づくとライトアップされ幅3.6m、長さ6m、高さ5.3mの空間が視野を遮ります。たしかに高い。石舞台よりも高く奈良県では第一位だそうです。天井に近づくにつれ狭くなる持ち送りがかなりきつく天井の板石は結構小さい気がしました。羨道幅より玄室幅が左右に広がる両袖式です。興味深いのは漆喰でできた棺台が残されていることです。横穴石室は結構見てきた気がしますが、はじめてみました。

おまけの動画4では玄室の高さを味わっていただくために玄室内のシーンを再録しています。高取町の資料によれば石室の石は花崗岩ではなく閃緑岩だそうです。最も両者はよく似ているそうです。被葬者は石室の形態や床面から渡来人系の墳墓から出土するミニチュア炊飯具が検出されていることなどから渡来系氏族東漢氏(ヤマトアヤウジ)とみられています。アクセスは冒頭に書いたとおりです(撮影日20171127日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

三基セットの見学がお勧め
 ウワナベ、コナベと古墳の名称は時として訪問者を戸惑わせます。こういう時には古代史に精通している方々の解釈を参考にするしかありません。ネットの時代、検索してみるとどうやら夫に愛想をつかされた前妻が後妻に嫉妬することをうわなりねたみ(後妻嫉妬)ということが関係しているようです。若干早く築かれたと考えられる西に位置するコナベ古墳が前妻、ウワナベ古墳が後妻ということになります。二人の妻の夫は仁徳天皇のようです。ならばヒシアゲの由来はと探ってみたのですが、わかりませんでした。

さて、それぞれ5C前半に築かれたと考えられる200mを越す大型の前方後円墳は、ウワナベが被葬候補者としてさきほど触れた仁徳天皇皇后八田皇女、コナベが仁徳天皇皇后磐之媛命の墓とする陵墓参考地に宮内庁が決めています。他方、ヒシアゲは仁徳天皇皇后磐之媛命陵として治定しています。ウワナベ・コナベは「かもしれない」という陵墓参考地。他方、ヒシアゲは宮内庁が磐之媛命の陵墓として決定。ただ、自信はなく、よくわからないということなのでしょう。無理に特定の人物の墓にあてはめた結果です。

 それはともかく、この三つの古墳は既に見た佐紀古墳群の五社神古墳(神功皇后陵)、佐紀陵山、石塚古墳とは違って、遠くから眺めることができる点で、スケール感を味わうには有利です。とりわけ、ウワナベ古墳とコナベ古墳が隣接している様子は周濠間の距離が100mもないのでよくわかります。さきほどの説明にしたがえば、動画1のウワナベが後妻、動画2のコナベが前妻の墓ということになります。間に広い芝生が広がる航空自衛隊幹部学校が位置するというのも不思議なとりあわせです。

 それに対して宮内庁が磐之媛命の陵墓としているヒシアゲ古墳は、ウワナベ、コナベほどには遠目には観察できません。ただし、宮内庁の管理にはない外堤には発掘調査によって明らかとなった円筒埴輪がいくつか復元されていて、墳長219mの巨大古墳の一端を覗くことができます。

 佐紀盾列古墳群は時代的には箸墓古墳にはじまるヤマト古墳群に次ぐ、大王クラスの豪族を含む古墳ですが、既に紹介した神功皇后陵 佐紀陵山佐紀石塚山瓢箪山塩塚古墳(クリックすれば飛べます)は西側に、今回の三基は東側にあります。そして名称、たてなみの由来どおりに、これら全ての古墳が後円部を北に前方部を南にして築かれています。Yahoo,Googleの地図をご覧頂くと、その様子が手に取るようにわかります。そしてこれらの古墳群のすぐ南には大極殿が復元されている奈良時代の平城宮が広がっています。極めて興味深いことに、平城宮の北側の一部(官舎址)が5C前半に造られた市庭古墳と重なり、前方部が完全に消滅していることが近年明らかとなっています。その300年後の8Cの初頭。藤原京から平城京に遷都され大極殿はじめ平城宮が整備された頃には、時の政権は古墳は破壊されてもやむを得ないという方針であったことがここからわかります。アクセスは近鉄奈良線の新大宮で下車し国道24号線沿いに1㎞ほど北上すると左側にウワナベ古墳が見えます。徒歩で20分ほどです。残りの古墳は現地の案内板にしたがってください(撮影2017613日)。

PNG uwanage konabe zu


ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市法華寺町(ウワナベ、コナベ)ヒシアゲ(佐紀町)

規模 ウワナベ 墳長205m、後円部径128m 高さ20m、前方部幅 130m 高さ16m

コナベ 墳長204m、後円部径125m 高さ20m、前方部幅129m 高さ17.5m

ヒシアゲ 墳長219m、後円部径124m高さ16m、前方部幅145m、高さ14m

築造時期 5C前半 ヒシアゲ→コナベ→ウワナベの順で造られたと考えられている

出土品 ウワナベ、コナベ 不明、ヒシアゲ埴輪片

史跡指定 なし

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ