古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事12件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古代史

  今回紹介する東京都で唯一築造当時の横穴石室が残る浅間様古墳。調べてみると既に紹介した宝莱山古墳(クリックすれば飛べます)と野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)とともに荏原台古墳群に属していました。多摩川沿いに走る武蔵野台地の南端に位置します。専門的には江原台古墳群は東側の田園調布古墳群と西側の野毛古墳群にわかれますが、2㎞ほどの多摩川沿いの台地に築かれた古墳群です。浅間様古墳は田園調布古墳群にあります。すでに宝莱山古墳のところで触れたようにまさか中学時代から通いなれた東急沿線沿いに古墳が存在するとは考えてもみませんでした。

宝莱山が4C前半に、後半にはいずれ紹介しなければならない大型前方後円墳の亀甲山古墳(鬱蒼とした雑木林が墳丘を覆っておりわかりにくい)が造られ、4C末には中型の円墳もみられたそうです。他方、野毛古墳群では5Cになると都内で唯一の本格的復元古墳、大型の帆立貝型前方後円墳である野毛大塚古墳が造られ、八幡塚古墳、御嶽山古墳など多数の中型の円墳ないし帆立貝形古墳の築造が続きます(一部を除き消滅)。この時期には田園調布地域には古墳の築造は見られません。ところが5C末には田園調布地域に古墳築造がもどり、多摩川駅から至近の距離に前方後円墳の浅間神社古墳が造られ、6Cから7Cごろにかけて宝莱山古墳と亀甲山古墳の間に今も整備されて見学可能な径15mほどの八基の円墳や消滅した前方後円墳が造られます。こうした古墳の立地の移動は多摩川流域の支配者が変動したということなのでしょうか。

このあたりのことにご関心のある方は大田区の「古墳ガイドブック」(2008)やネットで検索可能な「大田区遺跡一覧」でご覧ください。肝心の浅間様古墳は動画でご覧いただけるように小ぶりながら見事な石室です。墳丘は削られてしまっていますが残された明治時代のスケッチでは円墳になっています。ガイドブックの説明は各面を平らに加工した切石を積む構築工法は新しい技術でこの古墳が造られたのは荏原台古墳群の中で最も遅い時期に築造されたことを示しているとしています。玄室の長さは2m、奥壁の幅は1.38m、玄門の幅は0.65m、羨道の長さは1.8mです。同じ頃に築造された神奈川県の加瀬台3号墳(以下いずれもクリックすれば飛べます)、群馬県の宝塔山古墳蛇穴山古墳、さらには趣の異なる当麻谷原3号墳の横穴石室と比較してご覧ください(撮影2016107日)。

  九州とりわけ福岡、熊本両県では線刻模様や色彩を伴う幾何学的な模様が描かれている古墳石室が多いことが知られています。高松塚古墳のような写実的な壁画ではありませんが、なぜ、この地域には多いのかまだわからないところが多いようです。遠く離れた茨城県や福島県にも線刻壁画が集中していることも謎を深めます(ご関心のある方は大塚初重さんの「装飾古墳の世界を探る」祥伝社、2014をご覧ください)。それはともかく九州の装飾壁画は春、夏二回一般公開されているところが多く、我々も見学できます。ただ、撮影はできません。熊本県山鹿市のチブサン古墳(墳丘はいずれアップ)のように一日二回公開しているところでも残念ながら見学のみです。そうしたなか今回の浦山古墳のように常時公開(成田山新勝寺久留米分院の本殿で鍵を借りる)され、撮影可能というところもあります。

 久留米駅から岩戸山古墳(いずれアップ)に向かうバスの車窓左手を眺めていたら巨大な慈母観音が目に入ってきました。なんと60mもあるそうです。浦山古墳はこの成田山新勝寺久留米分院の本殿裏に眠っています。社務所で鍵を借りて墳頂に登ると動画1にあるコンクリート製の上屋が見えてきました。おそらく今であればもっと周囲と調和した建物を造るのでしょうが見学できるだけでもラッキーと思わなくてはいけません。

 そのとおりでした。見事です。上屋の中に入ると横穴石室の玄室部分の天井石を半分よけた状態で家形石棺が置かれていました。覗き込む感じになります。石棺の蓋の短辺には木の葉の模様が描かれていてしばし見とれました。体をかがめて玄室の床まで下りて内部をみていると横壁、正面の壁ともに幾何的模様が規則的に描かれていていることがわかりました。あとで調べてみると上下段は直弧文帯、中段は重圏文帯というのだそうです。蓋の裏側には朱がはっきりと残っていることが見て取れます。石室ではなく石棺内部への装飾。実に凝っています。

 それにしてもよくわからないのはどちらに開口した横穴石室なのかという点です。現在玄室の四方は動画3で見るように壁なので羨道の方向もわかりません。教育委員会に聞くと墳丘についての調査は行ったことがないのでよくわからないという一方、文化庁の文化遺産オンラインには北西に開口しているとありました。しかし現地では実感できませんでした。なにしろ玄室のみがまるで竪穴石室かのように開いているだけですので。

 アクセスは前述のように久留米駅から西鉄バスで八女方面行きに乗り二軒茶屋で下車。慈母観音を目指します。バスの本数は結構あります(撮影日20161025日)。


浦山古墳基本データ

所在地 福岡県久留米市上津町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 墳長約88m(現地説明版は60m)、後円径約64m 高さ8m、前方幅20m、高約4m
葺石あり

築造時期 5C

史跡指定 国指定

特記事項 横穴石室玄室 長さ2.8m、幅1.5m、高さ2m、横口式家形石棺1.86m・高1m・幅0.8m、現状の墳丘は雑木林のためによくわからない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これが古墳なの。前方後円墳なのと驚いた方も多かった塚山古墳(クリックすれば飛べます)に付随する二つの帆立貝型前方後円墳が今回紹介する古墳です。西洋庭園の装いの主墳、塚山古墳とは違い墳丘を自然復元保存した西古墳、南古墳を見てほっとしたのは私だけではないと思います。西古墳が墳長61m、一回り小さい東古墳が58mと決して小さくはない前方後円墳ですが、前方部は短く西古墳が15m、南古墳は21mにとどまります。ご存知の方も多いと思いますが上から見ると帆立貝に似ているところから帆立貝型と呼ばれています。同型の古墳では東京世田谷区の墳長82m野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、71mの奈良県岸和田市の風吹山古墳(クリックすれば飛べます)があります。この二基は帆立貝型前方後円墳が明瞭にわかる復元ぶりですので是非比較してご覧ください。塚山西、南も本来このような形をしていたと考えられています。

 これら二基の築造時期ですが主墳の塚山古墳を避けるように造られていることから古墳時代中期、5世紀後半から6世紀前半に西、南の順で造られたと考えられているようです。現在、残されているのは墳丘が削られてしまった6号墳を含め四基ですが元は小規模の円墳六基があったということです。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。

PNG tsukayamanishi&minami zu 修正

塚山西・南古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 (西)墳長61m、後円部径46m 高さ5m、前方部幅22m、高さ2.5 (南)墳長58m、後円部径37m 高さ6m、前方部幅18m 高さ2m 周溝が巡る

築造時期 (西)5C後から6C初 (南)6C末から6C

出土品 (西)円筒埴輪、形象埴輪、土師器、須恵器 (南)円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 主墳の塚山古墳を中心に塚山古墳群を形成



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は双方中円墳という形状の前期古墳、しかもオオヤマト古墳群の主要墓である崇神天皇陵(行燈山古墳)(クリックすれば飛べます)の隣という立地にある櫛山古墳です。墳長は152m155m表記のものもあります)もあります。オオヤマト古墳群の大型墓の大半が宮内庁管理にあって墳丘に近づくことができないなか、櫛山古墳は登ることができる数少ない古墳です。しかも整備が行き届いていて素人目にも円墳の前後にそれぞれ方形部分がつくという変わった形状がはっきりと確認できます。動画2以下でご覧になれます。
 双方中円墳といえば既に香川県高松市の岩清尾山古墳群の猫塚古墳鏡塚古墳(それぞれクリックすれば飛べます)を紹介しています。積石で覆われた不思議な墳丘ですが櫛山古墳との対比は面白いと思います。ただし岩清尾山古墳群とは違い、方形状の前方部と後方部は同じ長さではなく「動画撮影位置」にあるように後方部の長さは前方部の半分もありません。どうしてこのような珍しい形状の墳墓を造ったのか、立地面の制約なのでしょうか。

 櫛山古墳が墳長260mもある崇神天皇陵(行燈山古墳)の造られた数十年後東側に隣接して造られたことに特別の意味があるのでしょうか。これも興味深い点です。現地説明版によれば埋葬施設の石室及び長持型石棺や白礫を敷き詰めた墓前祭祀跡などから両者が密接な関係にあったことがうかがわれるようです。天理から桜井に至る山の辺の道では、JR桜井線柳本駅近くで左に崇神天皇陵、右に櫛山古墳を見ることになりますが、どういうわけか多くの方は櫛山古墳の存在を忘れてしまっているようです。是非、現地に赴かれる方は崇神天皇陵とセット珍しい双方中円墳の墳丘をご覧ください。櫛山古墳に直行する場合は柳本駅から東に徒歩で10分ほど。国道19号線を渡ると崇神天皇陵がありその奥です。非常にわかりやすいです(撮影日20151014日、1028日)。
PNG kushiyama kofun zuPNG kushiyamakofun to ooyamato kofunnbunn nooogatabo





櫛山古墳基本データ

所在地 奈良県天理市柳本町

形状 双方中円墳 段築 中円部 後方部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長155m、中円部径約90m 高さ17.5m、前方部幅60m 長さ60m 高さ10m、後方部長さ25m 高さ10m

築造時期 4C

出土品 石製腕飾類や鉄製品

特記事項 双方中円墳という珍しい墳丘をもつが前方部と後方部の長さは均等ではない

埋葬施設は竪穴石室  長さ7.1m、幅1.4m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  出雲地域はこれまで紹介してきたように四隅突出で知られる西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)、全国一の規模を誇る石棺を有する今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)、象嵌太刀が発掘された石室のある岡田山1号墳(クリックすれば飛べます)と見応えのある古墳がずらりと並んでいます。今回の山代二子塚古墳もそのひとつです。しかも畿内とは違い前方後方墳が古墳時代まで築かれた出雲地域のなかでも墳長94mと突出した大きさを誇っています。そうしたところから墳長100mの前方後円墳である今市大念寺古墳と出雲地域を東西で二分する勢力の東の雄の墳墓ではないかともいわれているようです。

 現地は古墳公園として整備され後方部の墳丘半分ほどの部分には墳丘の土層がわかる施設が造られています。数多くの古墳を訪問していますが、このような施設ははじめてお目にかかりました。後方部には今市大念寺と同様の巨大な石室が眠っているようですが、発掘調査は行われていないそうで少々残念です。

古墳には何の責任もありませんが動画を編集しながら、やや訪れる時期が悪かったかなと思っています。梅雨入り間近だったために木々が取り払われた山肌に草が生えた墳丘は見栄えに欠けているのです。もっとも前方後方墳ということはよくわかりますし、後方部と前方部の高さの違いも同様に明らかです。なお後方部の削平は太平洋戦争中に陸軍が射撃場設置用に土取りしたためだそうです。全国を歩いているとそうした例は山代二子塚古墳だけではないことがわかります。

アクセスはJR松江駅から一畑バスで大庭・出雲線で山代町下車北に徒歩5分ほどです。

バス停の南側には大庭鶏塚古墳がみえます(撮影2016512日)。動画キャプションの表記後方部は半分ほどしか残っていないというのは誤りでかなり削平されているというほうが正しそうです。

PNG yamashirozuka zu  shusei

山代二子塚古墳基本データ

所在地 島根県松江市山代町二子

形状 前方後方墳

規模 墳長92m、後方部一辺55m 高さ8m、前方部幅55m 高さ6.5m

二段築成、葺石

築造時期 6C

出土品 須恵器、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1925年(大正4年)にはじめて前方後方墳と名付けられた古墳とされる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  岡山駅から7-8㎞ほど北東、旭川近くの今では住宅が立ち並ぶ牟佐の集落に目指す径30m(本来は40m)の円墳、牟佐大塚古墳はありました。動画2でおわかりのような光景が古墳周辺に迫っていて、墳丘の裾の一部は道路で削られています。時代は下りますがすぐ近くに備前国分寺が築かれ、そのことからもこの地は古墳時代からも交通の要衝であったことがわかります。6C後半に築かれたといわれるこの古墳、総社市のこうもり塚古墳、倉敷市の箭田大塚古墳と並び岡山県の三巨大石室の一つとして知られています。なぜ備中の地に三基もこれほど大きな石室を持つ古墳が築かれたのでしょう。興味深い問題です。

 肝心の牟佐大塚古墳ですが、既に紹介したこうもり塚古墳(クリックすれば飛べます)とは違って石室の中に入って観察できるのですから否が応でも胸は高まります。動画1でおわかりのように南に開口する石室。長い羨道の奥にぼんやりと盗掘孔のある家形石棺が見えます。長い。こうもり塚よりは1.4m短いとはいえ羨道入口から玄室奥壁まで18mもあります。埼玉県行田市の八幡山古墳石室(クリックすれば飛べます)にもその長さに驚かされましたが16.7mにとどまります。それにしてもよく維持管理されていて嬉しいですね。大谷山22号墳が一例ですが雑木林や熊笹に覆われた石室を発見した時の喜びはもちろんですが、今回のように整備され見学者を待っていてくれる古墳もすばらしい。是非、機会があれば現地に足を運んでください。

アクセスは岡山駅前から宇野バス美作線で牟佐下下車が便利です。自分はその先の国分寺近くの両宮山古墳を訪れたあとに寄りました。牟佐下のバス停の信号を西に少し歩き高架下をくぐりすぐに右折し左に老人ホームを見ながら200mほど歩き一つ目(信号の手前)を左折し、すぐに見える細い路地を北方向に歩くと古墳が現れます(動画2)(撮影20161212日)。


PNG musaootsuka sekishitsu zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   古墳踏査を重ねてだいぶ時が経ちましたが今回ほど驚いたことはありません。見事に剪定された墳丘の植栽を目にした時、ベルサイユ宮殿に代表される西洋の庭園に迷い込んだ気分になりました。植物を使って刺繍のように見える作庭技法が古墳の保存に使われているわけです。ツゲでしょうかツツジでしょうか。それらの植栽ためもあって墳頂に登っても前方部、後円部の形がいまひとつよくわかりません。もっとも古墳の所有者のご趣味と聞けば部外者がとやかくいう問題ではないのかもしれません。話が脱線しましたが墳長98m、前方部の幅が55m(後円部径より5m大きい)と発達した墳丘は動画1に見るようによく残されています。周囲の広い空間が墳丘の姿をいっそう際立たせます。専門的な話になりますが前方部は剣先のようにとがらせた珍しい剣菱型をしており中央のヤマト王権との密接な関係がうかがえるそうです。残念ながらその点は現状からは確認できません。三段築成の墳丘、前方部の二段目と後円部には葺石があり、周囲には濠が巡っていたことが発掘調査から明らかになっています。

 塚山古墳を主墳として帆立貝型の塚山南及び西古墳それに円墳の6号墳が残っていますが、(いずれ紹介します)これに消滅した小規模の円墳6基が塚山古墳群を形成しています。この塚山古墳群から南東方向に5㎞ほど下ったところに同じ100mほどの墳長を誇る笹塚古墳を主墳とした笹塚古墳群が塚山古墳群より少し前の5C央に築かれていて、この地域が有力豪族の支配下にあったことがわかっています。

なお塚山古墳ほどではありませんが選定された植栽が墳丘に並んでいるのは山形県の海南市にある稲荷森古墳(クリックすれば飛べます)、そして埼玉県行田市の金錯銘鉄剣が発掘された稲荷山古墳(クリックすれば飛べます)。塚山古墳と同規模の前方後円墳です。是非比較してご覧ください。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。
PNG tsukayama utsunomiya zu塚山古墳 


塚山古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径50m 高さ8m、前方部幅55m 高さ8m

三段築成、後円部及び前方部二段目テラスに葺石

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 動画キャプションにも書いたように前方部の形状はヤマト王権との親密性がうかがわれる剣菱型を採用。ただし現状からはよくわからない。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  JR桜井線の巻向駅の西500mほどのところに今回紹介する勝山、矢塚、東田大塚古墳が位置します。既に紹介した纏向出現期の古墳として有名な纏向石塚古墳(クリックすれば飛べます)もその至近距離にあり、同様によく言及される同時期のホケノ山古墳(クリックすれば飛べます)は駅東南側1㎞にあります。それらの位置関係の略図は動画とともにアップしてあるのでご確認ください。

 いずれも定型化された最初の前方後円墳の箸墓古墳(クリックすれば飛べます)からほど近いところにあります(ホケノ山古墳の墳頂からは箸墓古墳がよく見えます)。箸墓古墳が3C半ばに造られたとしてそれより前に箸墓(墳長278m)よりは規模は小さいとはいえ後円部と前方部を伴った100mクラスの墳墓がいくつも造られたというのが研究者の共通した見解のようです。残念ながらホケノ山や石塚のように発掘調査が行われたのちに復元されている例とは違い、今回の三基は勝山は別としても矢塚、東田大塚は前方部が削られ畑地と化しているために現地に立って測量図を眺めながら当時の姿を思い浮かべるしかありません。今回の動画では最後に現地にある測量図を静止画像で掲載してあります。それでも勝山は土器や木製品が発掘されたとされるくびれ部分を後円部方向から確認することができますし、築造時からあったといわれる周濠のむこうに広がる墳丘はなかなかのものです。何より勝山からは矢塚が、矢塚からは東田大塚を今でも一望できることは、当時と同じわけで感慨深いものがあります。

 なおここでは纏向出現期古墳として勝山、矢塚、東田大塚、石塚、ホケノ山を扱っていますが既に石塚を紹介した際に書きましたように、研究者の間ではこれを古墳と呼ぶかどうか論争があります。近つ飛鳥博物館館長の白石太一郎さんは、纏向石塚やホケノ山がのちの定型化した大型前方後円墳の祖形となるものであるとしても、あくまでも古墳以前の墳丘墓と捉えるべきとしている(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文舎、2013)のに対して、桜井市纏向学研究センター長(纏向小学校に隣接)の寺沢薫さんは、纏向石塚のような定型化した前方後円墳よりも前方部が未発達な墳丘墓を「纏向型」前方後円墳と呼ぶことを主張しています(王権誕生、講談社、2000)。

 いずれにせよ定型化された前方後円墳である箸墓古墳出現の前に、こうした墳墓が造られたことは間違いがなく、ここでは出現期の古墳として紹介しました(撮影2017215日)。
PNG makimukukofungunichikankei zu


PNG yamahatakofungun ichikannkei

  大阪には本当に数多くの古墳があることに驚かされます。近鉄奈良線の瓢箪山駅から真西に1㎞ほど。山の中腹に東大阪市の郷土博物館があります。6C後半から7C初頭に築かれた山畑古墳群はその周辺に残されています。もとは横穴石室を持つ小規模の円墳を中心として100基ほどあり開発の進んだ今でも70基ほどが確認できるそうです。たしかにあそこにもここにもあるという感じです。ただし今回、紹介するような石室内部が完存に近い状態で観察できるものは少ないようです。22号は二つの円墳が連結する双円墳だったようですが現在では東西のうち西古墳しか墳丘も石室も残されていません。床面に中ぐらいの石が敷かれた石室内部と幅の狭さが印象的です。21号もほぼ同じですが天井高はやや高いようです。古墳は中期になると前期に多く見られた山頂から平野に下りてきますが、後期ではまた今回の山畑古墳群のように山の中腹に規模が小さいものが密集して造られるようになります。どうやら首長クラスだけでなく、格下の人々も

古墳に葬られるようになった

 今回の二基を含め多くの石室からは馬具関連の副葬品が出土しており、騎馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系氏族の墓ではないかとの解釈がみられます。

今回、編集しながら思ったのですが、奈良の赤坂天王山古墳、峯塚古墳のように入口が土砂で埋まっている横穴石室の本来の姿を想像するための指標としても役立つように思いました(撮影2016年9月26日)




山畑22号と21号墳(山畑古墳群)基本データ

所在地 大阪府東大阪市瓢箪山、上四条町

形状 22号双円墳(現在は西側のみ残存)、21号円墳

規模 22号 径15m 高さ4.5m21号 径15m 高さ 不明

石室 22号 長さ約9m 玄室長さ 約3m 幅1.6m 高さ2.8m

21号 長さ約8m 玄室長さ 約4.1m 幅 2m 高さ3m

築造時期 6C後半

出土品 22号 須恵器、馬具、鉄鏃 21号 須恵器、鉄鏃、石棺片(凝灰岩製)

史跡指定 22号 市指定

特記事項 古墳群の数多くの横穴石室から馬具等が出土しているところから馬を飼育していた馬飼部を率いた渡来系人々の墳墓ではないかとの見方もある


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ