古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた5200基もの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に先輩方が古墳のブログやHPを立ち上げられて今でも大いに刺激を受けています。ただ、権力者がなぜこれほど大きな構築物を造ったのかに興味がある私には、残念なことに大半の画像が静止画であるためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一つの古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:古代史

今回は千葉市中央区の前期古墳、大覚寺山古墳を紹介します。518日アップの海老名市の秋葉山古墳群1号墳と同じ頃造られ、ともに前方後円墳です。東京湾を挟んで東西に位置しています。両古墳の関係性を示すものは何もありませんが、4C後半頃にこの地を支配していた豪族がそれぞれの前方後円墳に埋葬されたと考えても間違いではないでしょう。

なぜ大覚寺山なのかを調べてみました。古墳のある生実(おゆみ)町には浄土宗の大覚寺があり、このあたり一帯を昔から大覚寺山と呼んでいたからのようです。

 想像以上に美しく整備保存された墳丘に驚きました。そもそも、長い間古墳とは気が付かれずに、住宅地開発の際に発見されたものだそうで、このあたり一帯が古墳の密集地であることも明らかになったそうです。丘の先端を利用して造られたと思われる古墳の後円部墳頂からは動画では白くしか映っていませんが千葉港を望むことができます。後円部から前方部をみると数字よりは幅も広く長くみえます。実際には全長63mに対して後円部径は45mです。前方部が短いことは明らかです。おそらく、築造当時から時が経ち墳丘が崩れ、地山と前方部の境が不明瞭になったのではないかと推察しました。

 墳丘には段築はなく、葺石も施されていないそうです。埴輪もみられません。本格的発掘調査も行われておらず埋葬施設についても不明です。なお、以前は築造時期は5C代と考えられていたようですが、その後4C後半と考えられるようになり、現地説明板も修正が行われています。

 アクセスはJR千葉駅から小湊バス明徳学園行で表台で下車、徒歩5分です。バスはおよそ一時間に1本です(撮影日2015年11月16日)。
daikakuji chiba zu



大覚寺山古墳データ

所在地 千葉県千葉市中央区

形状 前方後円墳

規模 墳長 63m、後円部径45m 高さ5.5m、前方部幅33m、高さ4.1m

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 県指定

特記事項 なし

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

賎機(しずはた)は静岡の語源なのですね。恥ずかしながら知りませんでした。麻の織物、機織りを職業とした人々が多数いたこの地一帯の丘陵が賎機山とよばれ、それが明治になり、賎機の丘、静岡になったというのです。静岡にとり、この地は非常に重要だということになります。

それはともかく、駿府城近く、静岡市内のど真ん中の浅間神社境内に古墳はあります。復元整備された石室は、江戸時代から開口していたようで、古文書にも記されているそうです。昭和24年の発掘調査では、石室、石棺は盗掘に遭い荒らされていましたが、石棺の周囲から土器、武具、馬具など質、量ともに豊富な副葬品が出土しています(静岡市教育委員会の賎機山古墳パンフレット)。そのパンフレットには出土品は浅間神社境内横にある静岡市文化財資料館にて公開中とあるので、楽しみに立ち寄ったのですが、結論からいえば見れませんでした。特別展開催中の時は、賎機山古墳出土品は展示スペースの関係で公開していないというのです。少々、不親切なパンフレットの記述ですね(静岡市のHPにも常時展示とあります)。

肝心の石室ですが、内部には入れないものの、ライトに照らされた見事な家形石棺を含め柵越しに見ることができます。ただ、玄室の大きさなど実感するには中に入りたいところです。6C後半の築造と推定されているようですが、出土品は7C前半のものもあるそうで、複数回埋葬されたと考えられています。アクセスは静岡駅北口から安東循環線で赤鳥居前下車すぐです(撮影日2015年9月5日)。



PNG shizuhatayama zu
 

賎機山古墳データ

所在地 静岡県静岡市葵区

形状 円墳

規模 径32m、高さ7m

築造時期 6C後半

出土品 金銅製の冠帽金具、土師器、須恵器、挂甲、馬具、武具、装身具類

史跡指定 国指定

特記事項 横穴石室規模 全長13.2m、羨道6.4m 高さ1.7m 幅1.2m、玄室 長さ6.5m

奥壁高さ 3.8m 幅2.6m


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  はじめて舟塚山古墳を訪れた時の新鮮な驚きは鮮明に覚えています。動画4の最後に静止画像で貼り付けたように墳丘の残雪が沈み始めた太陽に映え、眩しいほどでした。二回目の訪問は冬枯れといってよい時期でした。動画1でお分かりのように北側には墳丘を遮るものはありません。長い前方部を持った186mの墳丘が目の前に広がります。雄大、壮大、言葉を連ねないほうがよいかもしれません。どうぞご覧ください。

これまで数多くの古墳を見てきましたが、舟塚山のように幸運な古墳ばかりではありません。どこの古墳とは言いませんが、遺跡の一角はきちんと残されているものの、周囲は産業廃物の処理工場で大型トラックが絶えず行き来しているところもつい最近みてきたところです。

不思議なことにこれだけ巨大な古墳にもかかわらず、本格的な調査は行われておらず、出土品も周囲をめぐる濠から円筒埴輪の破片が出てきた程度で詳細はわかっていないようです。後円部登り口の神社前にある説明板によれば、地元では多数の刀が出てきたとの言い伝えがあるようで、陪塚と思われる円墳からも短甲、盾、直刀が出土したとのことです。機会があれば是非、本格的な調査を行ってほしいものです。古墳は動画撮影位置からわかるように霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川から500mほど北にあがった丘にあります。被葬者が三昧塚古墳同様、霞ヶ浦一帯の水運を支配した豪族の首長墓であることは間違いがないでしょう。

アクセスはJR常磐線高浜駅から北方向に歩き線路を渡った118号線を道なりに進むと左手に看板が出ています。15分ほど。118号線をはさんで府中愛宕塚古墳もあります。こちらもどうぞ(撮影日2015年4月2日)。

funetusukayama zu


舟塚山古墳データ

所在地 茨城県石岡市北根本

形状 前方後円墳

規模 墳長186m 後円部径90m 高さ11m、前方部幅100m 高さ10m

築造時期 5C

出土品 円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 関東では太田天神山古墳に次いで第2位の墳長を誇る。茨城県では第1位。

前方部が長い点は1031日にアップした仁徳天皇陵の墳形と似ている。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する古墳は、531日にアップした神奈川県海老名市の秋葉山古墳群の4号墳(前方後方型墳丘墓、4C初頭)及び1号墳(前方後円墳、4C後半)の残りの古墳の中から3C末から初頭の築造とみられる2号墳を紹介します。前方後円形の墳墓です。そして、その墳頂から西側に見える前方後円型3号墳にも触れます。この3号墳は古墳群のなかでは4号墳よりも古いと考えられ、いずれ紹介する千葉県市原市の神門5号墳と同じ頃の3C半ば頃から後半に造られたものではないかといわれます。残念なことに前方部が完全に失われ、残存部は円墳に見えます。

2号墳は出現期の前方後円形墳墓で、典型的な前方後円墳に近づく過渡期の墳形といわれています。1030日にアップした奈良県桜井市の纏向石塚古墳に近い時期に造られていることになりますが、纏向石塚と違い秋葉山2号墳は前方部の高さが低いとは言えない点が異なっています。同じく84日の桜井市ホケノ山古墳とも比較してご覧ください。秋葉山2号墳のくびれ部から発掘された土器の破片は火の使用をうかがわせるものが多数あり、火を用いた祭祀が行われたあと破砕し、撒かれたと考えられているようです。

関東の古墳は群馬や栃木、千葉に集中していますが、神奈川にも前期の段階から前方後円墳に至る過程を辿ることのできる墳墓群が存在することを秋葉山古墳群は明らかにしています。尾根に整備された六つの多種類の古墳が連続して立ち並ぶ様子は壮観です。小田急小田原線を小田原方面に進み座間駅を過ぎると左側に小高い丘が続きます。古墳はこの座間丘陵の尾根に並んで築かれています。

アクセス方法ですが、海老名駅西口からコミュニティーバス(上今泉ルート かしわ台駅行き)で秋葉山古墳群駅下車です。乗車時間は20分ほど。本数は1時間に一本。時刻表は海老名市HPにあります(撮影日2015年3月12日)。
PNG akibayama2gou zu saigo




秋葉山2号墳(秋葉山古墳群)データ

所在地 神奈川県海老名市今泉

形状 前方後円形

規模 墳長48m 後円部径33m 高さ7.7m 前方部幅15m 高さ4.6m

築造時期 3C末から4C初頭

出土品 円筒形土製品、大型壺

史跡指定 古墳群全体として国指定

特記事項 くびれ部に焚き火跡

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は1018日にアップしました前二子古墳同様、群馬県大室古墳群の一角を占める小二子古墳を紹介します。繰り返しになりますが、大室古墳群を形成する前二子、中二子、後二子、それに小二子古墳が築造時と同じ場所にその美しい姿を見ることができる大室古墳公園は、全国各地に点在する古墳を中心とする公園のなかでも群を抜いた見事さです。この小二子古墳は墳丘の規模こそ38mと決して大きいとは言えませんが、動画で確認できるように周堀、それに二段築成の一段目のテラスの広さが実際よりも大ぶりな印象を与えてくれます。復原された埴輪列も実に興味深いといえます。
  キャプションでも触れましたが、前方部から後円部に進むにしたがって朝顔や円筒埴輪、馬の形象埴輪から人物埴輪へと転換していきます。東国豪族の威勢・大室古墳群(新泉社、2009)を書かれた前原豊さんは、大型の古墳の場合、視覚を重視してテラス面上の埴輪が正面を外側に向けて立っているのに対して、小二子の場合はそうはせず、後円部頂に埴輪を配列させていると述べています。そういう視点から埴輪列を見る方法もあるのですね。

 他方、いずれアップする後二子古墳と小二子は墳丘の造り方は似ている一方、前原さんは後円部の大きさに比べあまり土を盛らない前方部と地形を削り出しただけのテラスをあげて、省力化が進んだ古墳と位置づけています。そこに76本もの埴輪が立ち並んでいたわけですから、これを華麗な葬送の儀式といわずして何と言いましょう。しかし、畿内では6C後半ともなれば埴輪そのものが造られなくなっています。しかし、大室古墳群のように東国では埴輪生産は続きます。このあたりも興味深いポイントです。

 アクセスは前橋駅北口から日本中央バス西大室線で終点の大室公園下車。50分ほどかかります。本数は日中で午前2本、午後2本程度です。ご注意ください(撮影2015年9月30日)。

zuPNG shoufutagokofun (oomuro ) 

小二子古墳(大室古墳群)データ

所在地 群馬県前橋市西大室

形状 前方後円墳

規模 墳長38m、後円部径30m 高さ5m、前方部幅18m 高さ?、二段築成

築造時期 6C後半

出土品 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器、武器、装身具

史跡指定 大室古墳群全体として国指定

特記事項 動画に見るように横穴石室(無袖型)が後円部にある。復元すると全長6メートル、奥壁幅1.8メートル、高さ1.8メートル。現在は埋め戻されている。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は811日に紹介した森将軍塚古墳と同じ埴科(はにしな)古墳群に属する有明山将軍塚古墳をご覧いただきます。森将軍塚を後にしてさらに10分ほど登ると木立の間に、前方後円墳とわかる墳丘が聳えていました。前期の那須八幡塚古墳と同様、小規模な墳丘ですが(那須は前方後方墳)、尾根上にあるだけに登ってくる人々を見下ろすかのようです。個人的にはなかなか味わいのある古墳だと思いました。

1999年の発掘調査で明らかになった後円部の石室は6.5m、幅1.1m、高さ1mと墳丘規模の割に大きいようです。興味深いことに森将軍塚はご覧頂いたように埴輪が並んでいましたが、有明山将軍塚のほうが後に造られたにもかかわらず埴輪は用いられていません(葺石はあり)。その点について、千曲森将軍塚古墳館ガイドブック(2000)は埋葬儀式が異なっていたのではないかと推察しています。

埴科古墳群は森、有明山に加え、倉科(墳長83m)、出口(墳長67m)将軍塚古墳の四前方後円墳によって構成され、築造時期もこの順だと考えられています。4C半ばから6Cはじめにかけての千曲川の水運を支配した権力者の墓ということなのでしょうか。

アクセスは森将軍塚古墳(811日)をご覧ください。森将軍塚だけ見学して下山するというのはあまりにもったいない気がします。是非、セットでの訪問をお勧めします(撮影2014年8月5日)。
PNG ariakeyamashougunauka au




有明山将軍塚古墳データ

所在地 長野県千曲市

形状 前方後円墳

規模 墳長 36.5m、後円部径30m 高さ7m、前方部幅10m 高さ1m

段築(平野側のみ)

築造時期 5C

出土品 銅鏡、管玉、鏃、刀剣等の破片 

史跡指定 森将軍塚等とともに埴科古墳群として国史跡に一括指定

特記事項 


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回はまた前期古墳に戻り栃木県那珂川町の前方後方墳、那須八幡塚古墳を紹介します。墳長60mほどの規模ですが、二つの理由で貴重な古墳だといわれています。一つは動画位置で図示したように駒形大塚古墳、吉田温泉(ゆせん)神社古墳とともにさほど離れていない距離に同じ形式の前方後方墳が築造されていることです。このあたり一帯を支配したグループの権力者が、継続して築造したと考えられています。出土品などから駒形大塚、那須八幡塚、吉田温泉神社の順で4C中旬から末にかけて行われていたといわれています。駒形大塚が八幡塚よりもやや大きく吉田温泉神社は二つよりも小規模です。

 二つは副葬品の豊富さです。駒形大塚では舶載鏡(輸入)の画文帯四獣鏡、那須八幡塚では舶載の夔鳳鏡(きほうきょう)、吉田温泉神社では古墳に隣接して殯(もがり、死者を葬る前に長期にわたり仮安置する葬送儀礼)を行ったと思われる竪穴住居の跡が発見されています。このような理由から那須小川古墳群として国の史跡に指定されています。

 日本の古墳は前方後円墳が代名詞のようになっていますが、前期を中心に、この那須小川古墳群など前方後方墳が数多く残されています。群馬の前橋の八幡山古墳(727日アップ)郡山の大安場古墳(626日アップ)もそうでした。いずれ紹介する名取市の古墳群もそうです。東国に前方後方墳が偏在している点は大いに興味をそそられます。なお今回は那須八幡塚古墳の紹介ですが、隣接する吉田温泉神社古墳も番外編として入れてあります。
  アクセスは決してよいとはいえません。コミュニティーバスは通ってはいますが、本数が少なくて(午前、午後3)計画を練るのに苦労しました。東野バス馬頭烏山線で小川仲町下車徒歩20分。()吉野工業所那須小川町工場を目指すとよいでしょう。吉田温泉神社は工場敷地内ですので受付で見学の手続きをとる必要があります。なお北上したところには中期の上侍塚、下侍塚古墳があります(撮影日2015年10月22日)。


PNG nasuhachimanzuka zu shusei


那須八幡塚古墳データ

所在地 栃木県那珂川町小川

形状 前方後方墳

規模 墳長 62m、後方部幅 31m 高さ6m、前方部幅17m 高さ?

築造時期 4C

出土品 舶載の夔鳳鏡(きほうきょう)1、鉄剣1、鋸1、鉇4、鉄斧1、けずり小刀2、鎌2周濠からは祭祀に使用された有段口縁壺、高坏、器台、異形土器などの土師器

史跡指定 那須小川古墳群として駒形大塚古墳、吉田温泉神社古墳とともに国指定

特記事項 

にほんブログ村歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



今回は後期古墳に位置づけられる奈良県桜井市の赤坂天王山古墳を紹介します。6C末の築造といわれ大型の横穴石室を持つこの古墳はマニアにはよく知られ、ファンも多いようです。これまで紹介してきた全てといってよい古墳が被葬者不明でしたが、この古墳は崇峻天皇の真陵ではないかといわれ、しかも石室の内部まで入ることができます。そうしたところに惹きつける魅力があるのかもしれません。

崇峻天皇といえば日本書紀に蘇我馬子の指示で暗殺され即日、倉梯岡陵(くらはしおかのみささぎ)に葬られたと記された不幸な天皇として知られています。宮内庁が治定した陵墓は天王山古墳からほど近い距離にあります。しかし専門家の大半は次のような理由から現在の陵墓が崇峻天皇の埋葬の場ではなく、それどころか墳墓ですらないとみているようです。公開されている測量図から、低い墳丘は認められるものの墳墓とは言えず、何より崇峻天皇が在位した時代の埋葬施設として考えられる横穴石室が認められないなどがその根拠のようです。他方、赤坂天王山古墳(1号墳と呼ぶ)は日本書紀が記した倉梯の地で他の古墳(2から5号)が小規模で円墳なのに対して、方墳でしかも規模が突出して大きいこと、築造時期と推定される時期と崇峻天皇の没年が大凡一致すること(6C末から7C初)、江戸時代以来、明治22年に現在の墳丘に治定変えになるまでは、赤坂天王山古墳が崇峻陵として親しまれてきたことなどから、こちらこそが真の崇峻陵だとみているようです。なぜ、治定替えを行う必要があったのかなど興味深い点は数多くありますが紙幅が足りません。考古学ジャーナリストの矢澤高太郎さんの 天皇陵の謎(文春新書、2011)を読むことをお勧めします。

「ほとんど土砂で塞がれたこの中へ身を入れるには、いささか勇気がいる」と矢澤さんが記した横穴に私も入ってみました。動画でお分かりのように開口部は50㎝ほどの高さしかありません。身をかがめてそろりそろり、しかし前をみても真っ暗闇で何も見えないのです。ライトをかざしてもです。耳を澄ますとガサッと何かが動く音がしました。心臓がバクバク。ようやく暗がりに慣れたライトの先の動くものは・・・トカゲでした。そしてその先に石棺がぼんやりと浮かびます。続きは動画でご覧ください。

なお動画1と動画2ではよくみると石室入口の状況が異なります。動画1は1度目、動画2は2度目の訪問。前日に降った雨水が流れ込んでいます。

アクセスは近鉄、JR桜井駅南口から宇陀方面行きで下尾口(さがりおぐち)下車徒歩5分。北口の観光案内所に地図があります。
 なお石室の基本的な事柄は 桜井の横穴石室を訪ねて(桜井市立埋蔵文化財センター、2010)が初心者にもわかりやすく役立ちました(撮影2015年10月28日)。


PNG akasakatennnuzan zu(saishuban)


赤坂天王山古墳データ

所在地 奈良県桜井市倉橋

形状 方墳 横穴式石室(両袖式)

規模 墳丘 東西45.5m 南北42.2m

石室全長 17m 羨道長 8.5m 幅1.8m 高さ約2m

玄室長 6.34m 幅約3m 高さ4.2m(花崗岩)

築造時期 6C末から7C

出土品 不明 

史跡指定 国指定

特記事項 玄室内に凝灰岩製 刳り抜き式家形石棺残存

棺長 2.4m 幅1.7m 高さ1.1m 



  にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は皆さんよく御存じの仁徳天皇陵として宮内庁が治定している大仙古墳をご紹介します。仁徳天皇陵古墳、大仙古墳、大山古墳と色々な呼び方があるようですが、ここではタイトルでは仁徳天皇陵とし、文中では大仙古墳とします。巨大古墳の分布図にある百舌鳥古墳群に属する日本最大の前方後円墳です。もっとも考古学的にみて仁徳天皇が葬られているのかどうかは判然としないようです。とはいえ築造時期と推定される5C前半の大王の墓であることはその規模からして衆目の一致するところでしょう(もっとも築造時期についても種々の見解があるようです)。

宮内庁が管理しているために墳丘には近づけません。それどころか余りの巨大さに全体像をつかむのも容易ではありません。一番外側の周濠を含めると全長は850m。一周できる遊歩道は2.8kmもありますから当然です。古墳がJR阪和線の三国ヶ丘駅と百舌鳥駅の間を占領している感じがします。あの巨大な森はいったいなにか、はじめて見た時にそう思ったことを思い出しました。もっとも大仙古墳を含む数々の陵墓からなる百舌鳥古墳群や古市古墳群のおかげで開発の波を食い止めることができたともいえそうです。歩けば容易にわかりますが陵墓ぎりぎりまで高層マンションやアパートが立ち並び、その光景は動画1、番外編の静止画像からも確認できます。

このブログは基本的には墳丘に登れる古墳を対象にしています。墳丘にも近づけない。ならば全体像を掴むにはどうしたらよいか。あの教科書掲載の画像を思い出し、ヘリコプターに乗ってみました。古代の人々が目にすることのできなかった巨大古墳の姿がそこには広がっていました。周囲には大仙古墳の被葬者の陪冢(ばいちょう、従者の墓)と思われるいくつか小規模墳も見えます。何を目的にこれだけ巨大な構造物を近接した地域に、しかも100年(5C-6C)の間に造ったのだろう。あらためてそう考えざるを得ませんでした。

現在では宮内庁管理で近づくことのできない古墳ですが、1872年(明治5年)には堺県が前方部の埋葬施設が露わになったことを理由に調査し、石棺や甲冑の絵図が残されました。その写真画像をはじめ大仙古墳の詳細を知りたい方々にお勧めしたい一冊があります。一瀬和夫さんの 古墳時代のシンボル・仁徳陵古墳(新泉社、2009年)です。わかりやすく丁寧な説明です。

アクセスはJR阪和線百舌鳥駅で下車。西方向に5分歩くと前方部端に着きます。拝所を含め遊歩道一周をお勧めします。拝所ではボランティアガイドさんの解説も聞けます(撮影2015年1月28日)。

PNG nintokutennouryou zu(修正版)
大阪・奈良大型古墳分布図

仁徳天皇陵(大仙古墳)データ

所在地 大阪府堺市堺区大仙町

形状 前方後円墳

規模 墳長 486m、後円部径249m 高さ35.8m、前方部幅307 高さ33.9m、三段築成

築造時期 5C前半

出土品 埴輪、須恵器

史跡指定 なし 宮内庁による陵墓指定

特記事項

現在ボストン美術館所蔵の甲冑、鏡、環刀が大仙古墳前方部の埋葬施設から発掘されたものと伝えられているが、専門家は出土品の年代考証から疑わしいとしている




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ