古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:千葉県

竹藪に眠る95基の多彩な小墳


 戸崎古墳群を訪ねたのはJR久留里線俵田駅近くに築かれた白山神社古墳浅間神社古墳と飯籠塚(いごづか)古墳、いずれも100m超の大型前方後円墳を訪ねたあとのことでした(古墳名をクリックすれば飛べます)。鬱蒼とした竹藪のなかに飯籠塚古墳の墳丘を確認したものの、いささか消化不良の気分で戸崎古墳群に向かったことを覚えています。もうずいぶん前のこと2017年12月初旬のことです。このブログ、訪ねた古墳の順にアップすればよいのですが、データが揃わず後回しになったり、そのうち忘れてしまったりと色々な事情が重なります。 今回の戸崎古墳群、全国の群集墳を結構な数訪ねていますが、95基というのはずいぶんと数が多い印象です。こぶりとはいえ前方後円墳も6基を数えます。そして、開発が進んでいなかったせいか竹やぶや木々の間に、円墳を中心とした古墳群を確認できます。4号墳のように個人のお宅にある墳丘を道路から観察できるものもあります。ただ多くが小墳めに古墳マニアでなければ素通りだと思われます。しかも計画的に保存されているわけではないので動画の最後のほうで紹介している6号墳のように開発で失われる運命の古墳も多いようです。住民の高齢化が進み相続の関係で土地を手放す方も増え、古墳も消えていくというパターンだそうです。そうした中、萬福寺境内裏にある古墳時代中期の築造と考えられる13号墳は径40m、高さ7.2mの堂々たる大型の円墳です。墳丘周囲には幅5mほどの周濠がめぐり墳頂まで急な斜面が続きます。登ってみてその斜度にびっくりしました。おそらくそれほど改変は受けていないのではないか。そんな気がしました。それにしても東京湾を越えた房総半島上総には白山神社古墳をはじめとする前期の大型前方後円墳だけではなく、その後も数多くの古墳が後期に至るまで造られていることに驚かされました。この点は、訪ねる前に寄った小櫃公民館で頂戴した「小櫃学 小櫃の三大古墳をめぐる」(2016年、小櫃公民館)の冊子で知りました。地図を含め公民館には大変お世話になりました。ありがとうございました(撮影、2017年12月7日)。
PNG 戸崎古墳群と小櫃3大古墳の位置関係
PNG 動画に登場する戸崎古墳群


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪の甲斐があった貴重な構造の石室


   はじめて龍角寺岩屋古墳を訪ねたのは5年前、201541日でした。あいにくの空模様でしたが北側の木立越しに見る巨大な方墳は幽玄で一幅の日本画のようで心に残っています(旧版冒頭にあります。クリックすれば飛べます)。しかも三段築成高さ13mの墳頂には風と雨に濡れた桜の花びらが散りそれは美しかったです。ただ、現在のような照度の高いヘッドランプを持ち合わせておらず、やむなくフラッシュで明るくした静止画像しか取れませんでした。入室はできないものの動画でズーム撮影したらどう見えるだろうか。今回はその一点で再訪しました(龍角寺古墳群のみそ岩屋古墳なども訪ねました)。

 新たな発見がありました。それも東国では非常に珍しい石室内部を確認することができました。全長4.2mとこぶりの西側石室の奥壁の手前に板状の仕切り石が石室幅いっぱいに立っているのです。高さは50㎝ほど。九州の石室によく見かける死床(埋葬施設、この枠内に遺体を置いた)ではないかと思い、栄町の文化財担当の方に確認したところ当たりでした。だからといって九州の工人が造ったというわけではないようで朝鮮半島の影響とも思われるがよくわかっていないとのことでした。いずれにしても千葉、東京、神奈川、埼玉、栃木、群馬、福島と20基を超える石室を見てきましたが死床がある石室ははじめてでした。単室構造で羨道もはっきりわからないので玄室は無袖式ですかとお聞きしたところ、いえ、両袖式ですとのこと。あれあれと思いながら説明を聞いて納得です。動画2でキャプションをつけましたが鉄格子の両サイドが砂岩切石を積み上げて袖(大型の一石を立てるのが通常の袖石)としており、玄門と呼ばれるその幅は1.38m。奥壁幅は1.64mですから玄室幅のほうが大きく両袖式です。やはり専門家に聞いてよかったと思いました。それにしても旧版にも書きましたが、終末期の古墳が集中する東国のこの地で、方墳が大半を占めるといわれる中央の蘇我氏の墳墓の形状と同じ古墳が何基も存在する点は単なる偶然なのでしょうか。興味は尽きません(撮影2019116日)。

PNG dougasatueiichi ryukakujiiwaya kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

杉木立に佇む残りのよい中型の前方後円墳

千葉県立松尾高校裏の大堤大権現塚古墳に大いに感動して次の古墳、旭ノ岡古墳に向かいます。今回は千葉県芝山町の千葉県の古墳のガイドブック、房総の古墳を歩くを小脇に20分ほど歩いたでしょうか。目指す八幡神社の鳥居が見えてきました。といっても初めて訪れる地。途中、何度も道を聞きます。この時も、松尾高校の生徒さんや、神社近くのお宅で車を洗っていた方にお世話になりました。

鳥居に足を踏み入れてすぐ右手に後円部とわかる高まりが見えてきました。静まり返った杉木立のなかに眠る墳長70mの前方後円墳です。大堤大権現塚古墳は115mありましたから、ずっと小ぶりに見えますが、中規模の前方後円墳です。南側くびれ部分に社殿がありますが、墳丘自身はさほど削られていないようで、後円部に上ってみると大きく広がった前方部が見えました。後円部径と前方部幅はともに47mあり、他方、くびれ部分は幅が24mしかないために、きゅっとしまって前方部、後円部が広がっている印象です。大堤大権現塚よりもやや早く造られているようですが、二重に廻る周濠の間には土堤(周堤)があることから同様の設計ではないでしょうか。興味深いのは調査が行われ北側くびれに埋葬施設(石室)を確認していることです。後円部にはあったのかなかったのか説明板にはなにも書かれていません。埴輪も確認されていますが、前方部には円筒、水鳥、家形など形象埴輪が裾部と段築に並び、後円部には円筒埴輪がまわっていたそうです。出土品は管玉と土師器、須恵器だけだったそうです。北側周濠に降りて墳丘をみあげると2段築成ということがよくわかります(撮影20181023日)。

PNG asahinookakofun zu (sanmushi)
PNG asahinooka kofunto daigonngennduka kofun ichikannkei

旭ノ岡古墳基本データ

所在地:山武市松尾町蕪木

形状 前方後円墳

規模 墳長70m、後円部径47m、高さ7m、前方部幅42m、高さ7

周濠あり

築造時期 6C後半

出土品 円筒埴輪、形象埴輪

史跡指定 山武市指定

特記事項 なし


後円部背後からの墳丘が格別に美しい大型前方後円墳 


 大堤権現塚古墳とはずいぶんと大業な名称ですね。調べてみると権現は日本の神々を仏教の仏や菩薩が仮の姿で現れたものとする本地垂迹思想による神号(神の名)だそうです。つまり大堤にある大権現を祀る箱根神社の境内にある古墳ということになります。

JR総武線の松尾駅の北西1.5㎞ほどのところにありますが、国道126号線側から箱根神社を目指すより、敢えて県立松尾高校校庭の裏道をとおるルートをお勧めします。それは動画を見てのお楽しみということになりますが、日常的で現代そのものの光景の先200mほどのところに非日常的な空間が広がり、周濠に囲まれた墳長115mの前方後円墳の後円部がいきなり目に飛び込むのです。あっと声を発してしまったのを覚えています。残念ながら動画には入っていない日常的で現代そのもの光景とは、松尾高校のグランド裏の道の反対側に並ぶ数百台のドイツ車BMWです。調べてみるとBMWの新車整備工場でした。グーグルマップでもその様子がよくわかります。そのわずか先に1400年前以上に築かれた大権現古墳が眠っているのです。

 東国では畿内の前方後円墳の造営が終わったあとの6C後半以降も造られ続けていましたが、その中でも最後、古墳時代終末期の築造といわれているのが今回の大堤大権現古墳です。東国の古墳には盛んに飾られた埴輪は見られず、他方100mを超える墳丘の外側には三重の濠がめぐらされているという特色がみられます。動画の墳丘は一番内側の濠や周堤から撮られています。杉木立が現在の大権現古墳の美しい姿に一役買っていることは間違いないのですが、後円部からくびれを挟み前方部にかけての墳丘を見るには些か障害となっています。もっとも中期以降の前方後円墳にみられる前方部幅が大きく後円部径を上回るという様相は呈していません。後円部から前方部に歩くと横幅がほぼ同じに見える寸胴の墳丘が続きます。前方部の削られた先端部には箱根神社の本殿が造られています。

 残念ながら調査後に埋め戻されてしまいましたが、後円部南東側には副室構造をもつ長さ9mの横穴石室があり、その跡は動画3で確認できます。豊富な副葬品が出土し頭椎大刀や耳環等金銅製品、鉄鏃、勾玉、ガラス玉が確認されています。松尾高校から古墳への道ですが正門前右手のうねうねした坂道を登ると視界が開け左折し直進すると古墳後円部です(撮影20181023日)。
PNGoottsutsumidaigongenkofun (sannmmushi)zu

大堤権現塚古墳基本情報

所在地 千葉県山武市大堤

形状 前方後円墳

規模 墳長115m、後円部径58m 高さ12m、前方部幅53m 高さ10m、葺石なし、段築なし 埴輪なし 三重の周濠がめぐる

築造時期 7C

出土品 頭椎大刀、耳環等金銅製品、鉄鏃、勾玉、ガラス玉

史跡指定 県指定

特記事項 終末期の大型前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ