古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後方墳

 大いに期待して目的地に到着して目にしたものは・・・。正直、がっかりしてしまいました。それをお目にかけるのは気が引けるのですが、数多くの古墳を訪ねあるいているうちにはそういうこともあると考えて頂ければと思います。

 古墳の位置づけとして象鼻山1号墳は極めて重要です。養老町のHPでも紹介しているように、中国の歴史書『三国志』魏志倭人伝は3C中頃に邪馬台国と狗奴国(くなこく)が坑争していたことを記していますが、近畿には西に影響力を持つ邪馬台国があり(邪馬台国畿内説を前提)、濃尾平野を中心とする東海には東に影響力を持つ狗奴国があり、対立していたというのです(結構多くの学者に支持されているようです)。そして、象鼻山1号墳は、一方の雄である狗奴国の王か王族の墓である可能性が高いといわれています。

 たしかに周辺で濃尾平野を一望できる最も見晴らしがよく、見上げるにもよい場所に築かれた古墳の被葬者は群を抜いて高い地位にあったことは間違いなさそうです。また三角縁神獣鏡ではなく双鳳鏡(き鳳鏡)1面が副葬されていたこと、埋葬施設の石を使わない墓坑と箱形木棺という組み合わせも東日本的なものであることから畿内とは一線を画した有力者すなわち狗那国のリーダーの墓だったという見方もできるわけです(WEB上に1996年から3年かけて行われた象鼻山1号墳の調査報告書概要がアップされています)。

 以前、狗那国論の第一人者赤塚次郎さんの講義を聴講して以来、是非、訪れたいと思っていた象鼻山1号墳です。否が応でも胸は高まります。幸い、見事な秋晴れです。現地近くまではバスは走っておらず、名古屋、大垣経由で養老鉄道の美濃高田駅から歩くことにしました。名神高速の養老SAの西にある山を目指して牧田川沿いに歩きます。ちょっと怖かったのは歩道のない結構頻繁にトラックが通る一車線道路を歩いたことでした。動画1の頭がそれです。50分ほどでようやく登山口に到着してフェンスを越え(猪や鹿よけ)標高140mほどの山頂を目指します。途中には古墳時代後期の円墳がいくつも残されています。そう象鼻山古墳群は弥生時代から古墳時代後期までの墳墓から構成されているのです。およそ10分で到達した山頂にも上円下方壇(墳ではない)とされる3号墳が東家の後に見えましたが、肝心の1号墳はどこに。周囲を見渡しても動画3で紹介したような弥生時代の墳丘墓がみえるだけです。しばし目をこらすとシダに覆われた墳丘らしき高まりが見えました。近づいてみると間違いありません。1号墳です。しか登ってみても膝ほどの高さまでシダが生い茂り方形ということが確認できません。前方後方墳ということがわかったのはこれもシダに覆われた短い前方部をみつけた時のことでした。説明を受けなければ、誰も前方後方墳とはわからないでしょう。邪馬台国と戦った狗那国の王墓かもしれない古墳がこれでは少々残念です。聞けば草刈は地元の有志の方々にお願いしているとのこと。養老町自身がなにか対策を考えて頂きたいものです(撮影2017116日)。
PNG zoubizan kofungun



象鼻山古墳群基本データ

所在地 岐阜県養老町

形状 前方後方墳(1号墳)その他弥生墳丘墓、後期古墳は円墳

規模 墳長43m、後方部26m×25m 高さ4.2m、前方部幅14m 高さ3m

築造時期 3C

出土品 双鳳鏡(き鳳鏡)、琴柱形石製品、鉄刀、鉄剣、鉄鏃、壺形及び甕形土器等

史跡指定 町指定

特記事項 甕形土器はS字状口縁台付と呼ばれるもので東海地域独特のもの


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する前期古墳は墳長約75mの前方後方墳の桜井古墳です。JR常磐線の原ノ町駅の東1.5㎞ほどの新田川を見下ろす台地に位置しています。2011311日、東日本大震災による高さ10mほどの津波が桜井古墳を襲ったことは報じられていたので、いずれは訪れたいと思っていました。海からは3㎞ほどのところです。既に紹介した宮城県岩沼市の亀塚古墳も近くまで津波が押し寄せたことは知られていますが、桜井古墳の場合、墳丘の目の前まで津波が押し寄せ、周囲はガレキの山という状況だったようです。

震災から6年半、ようやく現地を訪れることができました。道を尋ねた古老は新築された家を指しながらあそこでも二人が犠牲になったよと話されましたが、もちろん、当時の爪痕は残っていません。南相馬市の文化財担当の方の話によれば津波は動画4に示すように河川敷ギリギリで止まり、墳丘には押し寄せることはなかったようです。新田川を支配していたはずの二人の被葬者はどのような思いでこの大津波を見ていたのでしょうか。

肝心の古墳ですが、前方後方墳ということがよくわかる復元ぶりです。後方部は一辺45m47m。南北がやや長い方形で高さは6.8mもあります。たしかに後方部から見る高さ3mしかない前方部はかなり傾斜がきつくみえます。前方部幅は30mしかなく全体としてきれいなバチ型をしています。本格的な発掘調査は行われていませんが、割竹形の木棺が二基、後方部頂にはあったようです。陥没した坑から推定しています。二基というのも興味深いところです。どのような関係にあった二人なのでしょう。墳丘は緑濃く形状を観察するにはギリギリのタイミングでした。やはり草が枯れた冬場がベストです。ただし、青空がのぞいたということもあり、保護色に染まった墳丘はなかなかの風情でした。

なぜ前方後円墳ではなく前方後方墳なのでしょうか。既に紹介した中通り(福島は西から会津、中通り、浜通りと三区分されている)の大安場古墳(クリックすれば飛べます)が前方後方墳でした。今回は太平洋岸に近い浜通りで前方後方墳です。なにか理由があるのでしょうか。思い出すのは下野(栃木県)では駒形大塚那須八幡塚上侍塚下侍塚古墳(いずれもクリックすれば直接飛べます)などが前方後方墳としてこの頃に盛んに造られています。相互に交流があったことが考えられます。

葺石、埴輪はなく他方、動画からおわかりのように後方部は三段築成、前方部は無段です。

周濠があったといわれていますが、河川敷側はかなり狭く、どのように巡っていたのか気になるところです。出土品としては底に穴の開いた(底部穿孔)壺が知られています。

 今回は、前方部西側の径20mの円墳と後方部東側の一辺27.5mの方墳も動画5で紹介しています。アクセスは冒頭に書いたようにJR常磐線原ノ町から歩くのがベストです。駅東側に通る県道12号線をひたすら東に南相馬警察署まで歩きその200m先を左折したところに古墳公園があります。徒歩30分程度です。バスは一日2便程度しかなく使えません。

それにしても東京からの往復は不便です。仙台まで新幹線で行き常磐線で東京に戻る形になります(撮影、201795日)
PNG sakuraikofun zu shusei



桜井古墳基本データ

所在地 福島県南相馬市原町区

形状 前方後方墳(1号)、円墳(2号)、方墳(7号)

規模 1号 後方部 一辺45m×47m 高さ6.8m、前方部幅30m 高さ3m

2号 円墳 径20m 高さ2m7号一辺27.5m 高さ3.3m

築造時期 1号、7号 4C後半、2号5C

出土品 1号 穿孔壺、2号 鉄剣破片、7号 銅鏡、赤色顔料、土師器(高坏、器台等)

史跡指定 1号 国指定 2号 7号 市指定

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   2014年にはじめて訪れた時は静止画像しか撮らなかったので再訪。雨の予報のなか荒島の駅から古代出雲王領の丘公園に急ぎます。わかりやすく迷うことはありません。名残りの鯉のぼりがたなびく公園の入り口からかなり急な階段を登ると6C初めに築かれた造山2号墳が見えます。既に紹介した200年前以上前に築かれた大型方墳の造山3号墳、1号墳(クリックすれば飛べます)よりも高地にあり動画4で見るように中海を見下ろす絶景の地にあります。

 比較的小さな石による葺石が葺かれていたようで(くびれに残存)太陽の光に輝く円筒埴輪が立ち並ぶ二段築成の墳丘は古代の人々には大きなインパクトを与えたに違いありません。残念ながら説明板によると埋葬施設を含め発掘調査は行われていません。ただ前方部から埋葬施設の石材の一部が採取されたことから後方部と二か所埋葬施設があると見られているようです。竪穴石室でしょうか。前方部幅は後方部一辺よりやや狭い程度で発達していることは動画2からおわかりいただけます。2号墳の東側には円筒埴輪が裾部に並ぶ小さな方墳の4号墳があり、埴輪が2号墳と類似していることから同じ6C初頭に築かれたと考えられています。

それにしても出雲の地は方墳、前方後方墳の比率が古墳時代を通じて高いですね。現在でも見学可能な古墳の多くが方墳系の印象すら持ちます。畿内とは違う造墓方針が採用されていたということになりますが、それだけヤマト王権とは距離を置く地だったのでしょう。時代は下り6C央になりますが古墳時代後期では最大規模、墳長94mの前方後方墳、山代二子塚古墳が安来市よりも東の松江市に築かれています(クリックすれば飛べます)荒島駅から県道190号線を山陰本線沿いに500mほど西に歩くと古代王陵の丘公園の立て看板が見えます。この後塩津山公園、宮山公園、中仙寺公園と歩くのがよいと思います(撮影2016年5月11日)。
PNG 造山2号墳(YU用)修正版




造山2号墳(造山古墳群) 基本データ

所在地 島根県安来市荒島

形状 前方後方墳

墳長 50m 後方部一辺30m高さ 5m、 前方部幅26m 高さ 3m(?)

葺石 埴輪あり
出土品 円筒、朝顔、人物埴輪

築造時期 6C初頭

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設 後方部 前方部ともにあったと推察


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   国宝の金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳で有名なさきたま古墳群以来、久しぶりに埼玉県の古墳を紹介します。さきたま古墳群が中期末から後期にかけて築造されたのに対して今回の塩古墳群は古墳時代の4C央から後半に造られています。それも主墳二基は東国に多い前方後方墳で他は小規模な方墳と円墳です。動画でおわかりのように全体として残存する古墳の数々からしても小ぶりな印象ですが、林のなかに佇む墳丘は草刈がなされていて清々しい気分になりました。

 それにしてもこれまで紹介してきた群馬、栃木を中心に東国の前期古墳には前方後方墳が多くみられます。たとえば前橋八幡山古墳(クリックすれば直接飛べます。以下同様)、那須八幡塚古墳駒形大塚古墳上侍塚古墳下侍塚古墳そして今回も二基とも前方後方墳です。これは偶然なのでしょうか。

そうではないようです。考古学者の都出比呂志さんは大凡次のように前方後円墳と前方後方墳の関係について述べています。後円墳が約4000基に対して後方墳は1割以下の300基であり今後もその傾向は変わらない。東日本では後方墳は4C代においてかなりの首長墓に採用されたが畿内では5C前半には採用されなくなった。また東日本でもこの時期に大型の後円墳が後方墳にとってかわる(「古墳の墳丘」、古墳時代の研究7、1998年、雄山閣)。     

たしかに古墳時代全体を通じて最大の前方後円墳は大仙古墳(仁徳天皇陵)で墳長486mであるのに対して、前方後方墳は186m西山古墳(これもクリックすれば飛べます)です。墳長100m以上の前方後円墳(後方墳)は302基ですが、前方後方墳は9基にしかすぎません。その差は歴然としています。こうした数字からはなぜその首長が前方後方墳を採用したのか採用せざるを得なかったはわかりません。しかしヤマト王権の覇権が確立した5C以降に前方後方墳が衰退していく状況からすればそもそもヤマト王権とは距離を置いていた豪族たちの墓ではなかったかなどと想像をめぐらしたくもなります。

今回の塩古墳群は4Cの東国ではごく一般的な墳丘形態であった前方後方墳を採用した首長一族の墳墓であったと思われます。アクセスは熊谷駅から国際十王バス県立循環器・呼吸器病センターあるいは小川町行きで塩八幡神社下車進行方向に進み一つ目を左折。動画1の光景が広がるはずです(撮影2017228日)。
PNG shiokofungun zu




塩古墳群基本データ

所在地 埼玉県熊谷市塩

形状 前方後方墳、方墳、円墳

規模 1号墳(前方後方墳)墳長35.3m、後方部辺20m 高さ4.2m、前方部幅11.7m 高さ1.2m

2号墳(前方後方墳) 墳長30.1m、後方部辺20.1m、前方部幅11.4m3号墳(方墳)一辺19m

築造時期 4C央から後

出土品 底部穿孔のある壺形土器、有段口縁壺、鉢

史跡指定 埼玉県

特記事項 塩古墳群は7支群からなり今回紹介したのは標高約80mに築かれた第1支群(22基から形成)の一部



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する後期古墳の船塚古墳が属する公津原(こうづはら)古墳群は京成電鉄成田空港線の成田湯川駅南方向3㎞ほどの範囲に点在する三つの支群から形成されている古墳群です。駅近くの外子代公園内にある円墳17基の八代台古墳群、古墳群の中央に位置し前方後円墳2基、前方後方墳1基、円墳11基、計14基からなる天王塚、船塚古墳群、最も南の前方後円墳1基、円墳3基、方墳2基、形状不明1基の計7基の瓢塚古墳群の三つです。現存するのは38基ですが元は114基を数えたようです。これら多数の古墳が古墳時代前期と中期の境すなわち4C末から6Cにかけて築かれているのですからいつもながら驚きです。

南に下る途中に墳丘をのぞかせるいくつもの古墳の姿は見応えがあるといってよいでしょう。小さな円墳に混じって墳丘が50mを超える天王塚古墳や今回の船塚古墳、さらには形がよく残っている瓢塚古墳が全体を引き締めます。興味深いのは住宅地にありながら古墳のある周囲は公園として整備されるか小学校の校庭隅に保存されており古代と現代が見事に共存していることです。古墳群全体を公園化するのがベストでしょうがそうもいかない事情を考えればこうした試みは今後の史跡保存のあり方を示唆しているようにも思われます。

目指す船塚古墳は成田ニュータウンの赤坂公園内にありました。八代台古墳群を見たのち天王塚古墳に寄ったりしたこともあり思ったよりも時間がかかりましたが直行すれば30分ほどでしょうか。想像以上に大きな公園で赤坂消防署の交差点入口から墳長80mを越す墳丘を見通すことはできません。青空に映える木立の後の高みが墳丘ではないか。そう思って近づくと角ばった墳丘が横たわっていることに気づきました。ただ通常、左側が後円部で右側が前方部などすぐに見分けがつくものですが、動画1でおわかりのように平らな方形上のものがあるだけ。不思議です。思い出したのは訪ねられた皆さんが前方後方墳には見えないとブログで書かれていたこと。たしかに墳丘に登り歩いてみると細長い方墳のようにも見えます。6Cの築造と考えられています。教育委員会によれば発掘調査はしていないが測量の結果前方後方墳であることが明らかになったそうです。現在の墳丘は後に人の手が加わったものということです。80m超の前方後方墳。元の姿はさぞかし見応えがあったのではないでしょうか。動画2の最後には8号墳(船塚古墳)に寄り添うように並ぶ円墳、9号墳が映っています(撮影日20161231日)。
PNG kouzuhara kofunngunn zuPNG funazuka(kouzu8gou )




船塚古墳(公津原古墳群8号墳)基本データ

所在地 千葉県成田市

形状 前方後方墳

規模 墳長86m 幅53m(現状86m×53mの方形)高さ7m 周濠あり

築造時期 6C

出土品 埴輪片

史跡指定 千葉県

特記事項 現状は動画1で見るように方形


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  出雲地域はこれまで紹介してきたように四隅突出で知られる西谷墳丘墓(クリックすれば飛べます)、全国一の規模を誇る石棺を有する今市大念寺古墳(クリックすれば飛べます)、象嵌太刀が発掘された石室のある岡田山1号墳(クリックすれば飛べます)と見応えのある古墳がずらりと並んでいます。今回の山代二子塚古墳もそのひとつです。しかも畿内とは違い前方後方墳が古墳時代まで築かれた出雲地域のなかでも墳長94mと突出した大きさを誇っています。そうしたところから墳長100mの前方後円墳である今市大念寺古墳と出雲地域を東西で二分する勢力の東の雄の墳墓ではないかともいわれているようです。

 現地は古墳公園として整備され後方部の墳丘半分ほどの部分には墳丘の土層がわかる施設が造られています。数多くの古墳を訪問していますが、このような施設ははじめてお目にかかりました。後方部には今市大念寺と同様の巨大な石室が眠っているようですが、発掘調査は行われていないそうで少々残念です。

古墳には何の責任もありませんが動画を編集しながら、やや訪れる時期が悪かったかなと思っています。梅雨入り間近だったために木々が取り払われた山肌に草が生えた墳丘は見栄えに欠けているのです。もっとも前方後方墳ということはよくわかりますし、後方部と前方部の高さの違いも同様に明らかです。なお後方部の削平は太平洋戦争中に陸軍が射撃場設置用に土取りしたためだそうです。全国を歩いているとそうした例は山代二子塚古墳だけではないことがわかります。

アクセスはJR松江駅から一畑バスで大庭・出雲線で山代町下車北に徒歩5分ほどです。

バス停の南側には大庭鶏塚古墳がみえます(撮影2016512日)。動画キャプションの表記後方部は半分ほどしか残っていないというのは誤りでかなり削平されているというほうが正しそうです。

PNG yamashirozuka zu  shusei

山代二子塚古墳基本データ

所在地 島根県松江市山代町二子

形状 前方後方墳

規模 墳長92m、後方部一辺55m 高さ8m、前方部幅55m 高さ6.5m

二段築成、葺石

築造時期 6C

出土品 須恵器、円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1925年(大正4年)にはじめて前方後方墳と名付けられた古墳とされる


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  金沢から七尾線で1時間40分ほど。今回紹介する前期古墳 雨の宮古墳群のある能登部駅に着きます。能登半島を三分の一ほど北にあがったところといったらイメージがつかめるかもしれません。標高190mほどの眉丈山の尾根に位置する前方後方墳の1号墳からは、今では農業地帯となった七尾南湾につながる潟湖が見渡すことができたに違いありません。とにかく眺望がすばらしいのです。この立地からみて、当時最も重要だった運送手段である水運を支配した豪族が被葬者であることは十分に想像がつきます。ヤマト王権も、このルートの重要性をよく知り地域の支配者との関係を重視したのでしょう。銅鏡、短甲(胴を覆う多数の石釧(石製の腕輪)等の副葬品からもそのようにいえそうです。

興味深いのは、前方後方墳の1号墳の北東にある雨の宮2号墳は前方後円墳で、他の小規模な古墳も多数の円墳に加え方墳もありとバラエティーに富んでいることです。以前紹介した、宮城県名取市の前期古墳の飯野坂古墳群(クリックすれば飛べます)はいずれも前方後方墳だったことを思い出します。こうした違いにそれほど大きな意味はないと考えるべきなのか。よくわかりません。前期の前方後方墳で同様の規模といえば長野県松本市の弘法山古墳(クリックすれば飛べます)があります。丘陵先端に築かれているという点でも同様です。是非比較してご覧ください。

 雨の宮1号墳の墳丘は動画からわかるように葺石が一面に貼られていますが、興味深いのは後方部の前方部側斜面の左右に、他の石よりはるかに大きな石一つずつ置かれていることです。訪問は二度目ですが、前回は全く気が付きませんでした。前方部側からみると人の目のようにも見えるのですが・・・。また墳丘の整形は二種類の土を交互に突き固める版築技法が用いられているそうで当時の最先端の技術を利用しながら古墳は築かれています。1回目の訪問は春先ということもあり葺石の隙間からは草がだいぶ覗いていましたが、今回はすっきりした墳丘を堪能することができました。こうしてみると動画でも触れていますが、縦の区画が明瞭です。担当者がわかれていたということなのでしょうか。石川県能美市の秋常山古墳でも同様のことが観察できました(クリックすれば飛べます)。

 90年代後半に復元された墳丘の前方部裾左側には後方部にあった雨の宮のお社が移築されています。この古墳も神社によって長く見守られてきたことになります。雨の宮王墓の館のボランティアガイドの方に案内して頂いたので効率よく短時間でまわることができました(撮影日20161031日)。





PNG amenomiya1gou zu 修正

雨の宮古墳1号墳基本データ

所在地 石川県能登部町

形状 前方後方墳

規模 墳長64m、後方部辺43m 高さ8.5m、前方部幅31m 高さ5.5m

二段築成、葺石あり

築造時期 4C

出土品 銅鏡、石釧など腕輪形石製品、短甲、銅鏃、太刀、鉄鏃

史跡指定 国指定

特記事項 後方部頂に二基の埋葬施設



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ