古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳

  今回の後期古墳福岡県福岡市にある今宿大塚古墳は私にとり非常に印象深い古墳です。この古墳踏査をはじめて間もないころ、まだ時期区分による墳丘の特徴もよくわからないままに大手ドラッグストアの裏手に墳丘を見た時、そのアンバランスな光景に度肝を抜かれました。動画でご覧になれるように古墳のすぐ後ろには絶え間なく車が行き来する高速道路が見え、その奥には特徴ある形の高祖山(たかすやま)が聳えています。周囲といえば住宅が立ち並び、さらに開発中です。よくいえば古代と現在が同居していますが一歩間違えば墳丘が住宅に取り囲まれてしまいそうです。

  ところが福岡市は実に見事な史跡公園を完成させました。この動画は2015年の暮れですからもう既に開園していると思われますが、二重の周濠を含め今宿大塚古墳が遠くから古代の人が見たであろう墳丘を完全に残すことにしたのです。できれば二段築成の一段目にあったといわれる葺石も復元してほしかったですが・・・。興味深いのは墳長が64mに留まることです。後期の6C前半にしては決して小さくはありませんが、そのことよりもこのブログで紹介した65m程度の古墳に比べるとはるかに大きく見えるのです。周濠があり墳丘の間近には遮るものがないことが最大の理由でしょう。

  墳丘がよく確認できる墳長64m級のアップ済み前方後円墳を紹介しておきます。ずいぶんと印象が異なります。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます。是非、比較してご覧ください。石川県の能登部町にある墳長65m雨の宮2号墳(中期)、大阪府池田市の62m池田茶臼山古墳(前期)、千葉県千葉市の63m大覚寺山古墳(前期)、静岡県静岡市の墳長65m三池平古墳(中期)、奈良県高取町の墳長66m市尾墓山古墳(後期)。

  大塚古墳のあるJR筑肥線の今里駅から周船寺駅にかけての一帯は弥生時代には魏志倭人伝にある伊都国に属しその後も地域としてのまとまりをもっていたようです。それを跡付けるのが4C後半から6C後半、つまり古墳時代を通じて築かれた前方後円墳13基を含む300を越える古墳です。残念ながらその多くが開発によって消滅していますが九大学研都市駅の駅前の墳長44mの山ノ鼻1号墳(4C前半)、最も古い横穴石室と考えられる鋤崎古墳(4末)、既に紹介した石室を見学できる群中最大の墳長85mの前方後円墳丸隈山古墳(5C前半)(クリックすれば飛べます)それに今回の大塚古墳が首長墓ではないかとみられ今日まで残されています。

  墳丘は前方部の幅が43mと後円部径よりも4m長い典型的な後期の前方後円墳です。もっとも前方部の高さは後円部よりもやや低い5.5mに留まっています。もうひとつ印象的なのはくびれがさほど鋭角ではなく全体として寸胴な点です。埋葬施設は発掘調査が行われていませんが後円部南側にあると考えられています。葺石は一段目、円筒埴輪はテラス及び濠と濠の間の外堤には円筒埴輪、人物、馬の形象埴輪が並んでいたことがわかっています。アクセスは非常にわかりやすくJR筑肥線今宿駅から徒歩10分弱です。駅から西に100mほど歩き県道202号線を南に下ります。信号一つ目を過ぎドラッグストアがあるのでそこを右に入ると墳丘が見えるはずです(動画1の公園入口の道が見えるかもしれません)(撮影20151226日)。
PNG imajyuku kofun zu




今宿大塚古墳(今宿古墳群)基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳 二段築成、下段に葺石 二重の周濠 8-12mの内濠、堤を挟み幅5m

外濠

規模 墳長64m、後円部径39m 高さ6m、前方部幅43m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、人物、動物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設が後円部南側にあるとみられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  既に島根県安来市の古代出雲の王領の丘にある古墳のいくつかを紹介しましたが(たとえば造山2号墳クリックすれば飛べます)そこから日本海沿いに東に30㎞ほどのところ、鳥取県米子市に今回の岩屋古墳(向山1号)はあります。日本海を望み背後には大山が控える小高い丘に10数基の古墳が5C末から6C末の古墳時代後期に築かれています(向山古墳群)。岩屋古墳は最も遅くに築かれた横穴石室を持つ前方後円墳です。墳長は52mとさほど大きくはありません。くびれではなく後円部に造出しが設けられていたようです。さきたま古墳群の将軍山古墳と同様です(クリックすれば飛べます)。肝心の墳丘ですが初夏に訪れたためにどの古墳も緑一色。岩屋古墳もよくみないと前方部と後円部の違いもわかりません。救いは石室の見学には支障がなかったことでした。

動画でおわかりのように石棺ごと玄室(奥室)になっています。大阪羽曳野市の観音塚古墳お亀石古墳(クリックすれば飛べます)も石棺の辺の一部をくり抜き遺体を埋葬していましたが、こちらのほうは4.8m×2.8m、高さ2.5mもある巨大な石棺が丸ごと石室になっています。しかも壁石は一枚の板石です。塗られた朱がうっすらと残っています。手前の前室も同様のつくりですが天井石がなくなっています。崩壊を防ぐために入口には覆家とステンレス製の枠が設置されていますがもう少し古墳時代に相応しい気の利いた保護措置があってもよいのではないかと思いました。それでも崩壊の危険ありとして埋め戻し見学もできない石室が増加している現在、大変貴重です。アクセスはJR山陰本線淀江駅から徒歩で30分ほど。駅を北に歩き広域農道310号線を目指します。その道を白鳳高校前の信号まで進み右折、500mほどで右手に公園入口があります(撮影2016年7月7日)。
PNG iwayakofun(mukouyama1gou)zu


岩屋古墳(向山古墳群)基本データ

所在地 鳥取県米子市

形状 前方後円墳

規模 墳長52m、後円部径30m 高さ6m、前方部幅20m 高さ

築造時期 6C

出土品 須恵器、円筒埴輪、人・馬・水鳥など形象埴輪、馬具

史跡指定 向山古墳群として国指定

特記事項 横穴石室  長さ9m、奥室(石棺) 4.8m×2.8m高さ2.5mの石棺式石室


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

宮崎県西都市にある国の特別史跡西都原古墳群の二回目です。一回目には前期古墳の13号墳と35号墳と(古墳名をクリックすれば飛べます)を紹介しましたが今回は群中最大規模の二基とともに古墳時代中期に造られています。陵墓参考地の女狭穂塚、男狭穂塚古墳の陪塚と考えられている円墳169号墳です。女狭穂塚かが墳長176mと九州でも一二を争う前方後円墳なので、それに相応しく径50mもあります。古墳群として保存整備されてきただけに周辺に眺望を遮るような建造物はなくその雄姿を三本の動画で確認できます。遠目にも三段築成が明瞭にわかる墳丘で本来は墳頂に円筒はじめ形象埴輪が立ち並び墳丘全体には葺石が覆っていました。

北郷泰道さんの『西都原古墳群』(同成社、2005年)によれば大正時代から調査が行われ副葬品の倣製(国内産)の銅鏡、刀、鉄斧、銅釧(うでわ)、鉄鏃などが墳頂から発掘される一方、埋葬施設の検出には至らなかったそうです。とはいえ木棺による直葬ではなかったかと想像はできます。残念ながら現状ではよくわかりませんでしたが墳丘下東側には9m×3mの造出があったようです。墳頂からは男狭穂塚、女狭穂塚の二基がよく見えますが、残念ながら鬱蒼とした木々に覆われ墳丘全体を見ることができません。それに陵墓参考地として宮内庁が管理しているために墳丘内に立ち入ることはできません。ただ拝所があり鳥居が立つ陵墓(天皇、皇后、皇族の墓として宮内庁が管理。全国に740)と違い、陵墓参考地(被葬者名が特定できないが宮内庁が管理するもの。全国で46)はフェンスで囲まれているだけのところも多く、動画3の最後に付け足したように墳丘を柵越しにみることはできます。改めて見てみると女狭穂塚の前方部幅の広さには驚かされます。

 ところでこのブログでは格の上では前方後円墳、前方後方墳につぐ円墳を何基か紹介してきましたがいくつかあげておきます。比較してご覧ください。いずれも中期の古墳で見栄えよく復元されています。古墳名をクリックすれば直接飛べます。滋賀県東近江市の径57m久保田山古墳(5C前半)、兵庫県朝来市の径90mの巨大な墳丘を誇る朝来茶すり山古墳(5C前半)、奈良県都祁南之庄町の径40m三陵墓西古墳(5C前半)、京都府綾部市の径70mの私市(きさいち)円山古墳(中期央)、奈良県広陵町の新木山古墳の陪塚、径45m三吉石塚古墳(5C後)。大型の円墳は中期に集中している印象がありますが、全国最大の円墳は実は古墳時代後期の6C前半に築かれた埼玉県行田市のさきたま古墳群にある丸墓山古墳で径100mもあります。西都原古墳群見学にはアクセスは宮交シティから一日2本出ている西都原考古博物館直行バス(復路も2本)を利用するのが便利です。1時間15分かかります(撮影日2017323日)。
PNG saitobarukofungun ryakuzu
PNG saitobaru169 zu - shuuseiban

 



西都原古墳群(2)169号墳基本データ

所在地 宮崎県西都市

形状 円墳 

規模 径50m 高さ7m、葺石あり、三段築成

築造時期 5C

出土品 倣製銅鏡、刀、鉄斧、銅釧、鉄鏃 

史跡指定 国の特別史跡

特記事項 男狭穂塚、女狭穂塚古墳の陪塚と考えられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する前期古墳は茨城県水戸市牛伏町にある墳長60mの牛伏17号墳です。水戸市にあるといっても市中心部までは東に10㎞ほど、大洗の海岸までは南東方向に20㎞超と栃木県寄り標高60mほどの微高地にあります。その牛伏古墳群、300m×200mほどのごく狭い地域に既に紹介した本格的な復元古墳牛伏4号墳(クリックすれば飛べます)はじめ前方後円墳が7基(内帆立貝型1基)、円墳9基が眠っています。

説明板や教育委員会の話では本格的な調査は4号墳以外は行われていないものの今回の前方後円墳17号墳の墳丘がバチ型をしていることや採集遺物(なにかは不明)などから古墳群中最初の4C後に築かれたとみられています。たしかに他の前方後円墳よりもはるかに大きく主墳としての威容を誇っています。動画でご覧のように墳長のわりに大きく見え、しかも中期の古墳と違って後円部と前方部の形状の差が顕著で前方後円墳を体感できます。動画3の後半で後円部から前方部を振り返るところでよくわかります。ただ後円部は後世のお祭りに使われた際にかなり削られ墳長部が広くなっています。埋葬施設はここにあったのか気になるところですがよくわからないようです。
  前方部の先に見えるのは埴輪を模したはに丸タワー(動画では誤って埴輪タワーとしています)で展望台になっています。なんと無粋なと思ったのですが最上階からは17号墳やいくつかの小墳が見え、山並みに囲まれたこの地を確認することができます。アクセスは常磐線水戸駅からイオンモール水戸内原行で中原バス停で下車し県道52号線を北に徒歩20分歩くと左側に案内板が見えます(撮影2016419日)

PNG ushibuse 17(ofujisamakofun)


amebord

牛伏17号墳(牛伏古墳群)基本データ
所在地 茨城県水戸市牛伏町
形状 前方後円墳
築造時期 4C
規模 墳長60m、後円部35m 高さ 5.48m、前方部長 24m
出土品 不明
史跡指定 なし
特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   今回紹介するのは長野県飯田市にある後期古墳に位置づけられる墳長72.3mの前方後円墳、高岡1号墳です。見学可能な横穴石室を有しています。それにしても長野県は広大ですね。新潟県に接する北部の長野市、中部の松本市、そして愛知、静岡県に近い今回紹介する南部の飯田市。その飯田の地、伊那谷には5C後半の古墳時代中期から6C末の後期まで数多くの前方後円墳が造られています。現在も残っている前方後円墳だけでも22基(内4基は帆立貝形)もあります。前方後円墳がヤマト王権の許可なく造ることはできなかったことを考えれば伊那谷が王権にとり特別な地であったことを意味しています。

実際、古墳時代当時鉄と並んで政権にとり重要であった馬の生産が行われていたことが延喜式にも書き残されており(官営の牧の存在)、埋葬馬も出土しています(この辺りの記述は南信州新聞200211日の「古代の伊那谷」の馬によっています。当時飯田市教育委員会におられた小林正春さんの話をまとめたもの)。最も北にある今回の高岡1号墳を見るために飯田線の元善光寺駅からバス、徒歩、飯田線で南に下ったのですが、天竜川から一気に高台となる伊那の地がなぜ馬の生産が行われたのか不思議に思わざるを得ませんでした。その答えが前述の記事にありました。馬の生産には豊富な水が天竜川水系にあり、段丘上では馬は逃げにくかったからというのです。なるほどそういうことだったのかと思いました。

それにしてもこれまで見たことのない不思議な景色が続きます。段丘の眼下には天竜川の河川敷きが広がり、その向こうには山並みが南北に続きます。古墳の被葬者もこの景色を見たのだろうかと考えながら歩いていると、ヤマトの地とはどのようなルートで人や馬は行き来していたのか疑問が湧きました。古代道路の東山道の難所で知られた神坂峠(みさか峠)を越えて木曽に抜けたのでしょうか興味はつきません。

今回の高岡1号墳は残された22基のうちでも二番目の大きさを誇っています。説明板には墳丘の保存状態が良好でとありましたが確かに他の前方後円墳に比べると動画1、動画4でおわかりのように後期の前方後円墳ということがよくわかります。全国を歩いていると完存ないし完存に近い墳丘は決して多くはありません。その意味ではこの美しい墳丘は大変に貴重です。後円部に開口する横穴石室の入口には平石が扉石のように立っています。入室すると小ぶりの玄室が広がっていますが全体的には素朴な印象を持ちました。天井が低いためかもしれません。この空間を生かして養蚕施設として使われていた時期があるようで玄室左奥には、かなり大きな穴が開いています。びっくりしました。教育委員会のお話では通気口として用いられたそうです。石室のリサイクルということでしょうか。扉石的な平石も伊那谷の他の古墳を参考に元あったと思われる位置に設置しなおしたとのことでした(撮影201744日)。
PNG takaoka1gou iidashi


今回紹介する中期古墳の新木山古墳は墳長200mもある大型の前方後円墳ですが残念ながら墳丘には登れません。宮内庁が陵墓参考地としているためです。被葬者は敏達天皇皇子押坂彦人大兄皇子舒明天皇父とされています。

 この新木山古墳が属する馬見古墳群は近鉄大阪本線大和川駅から近鉄田原本線佐味田川駅まで南北に10㎞ほどの間に4C末から6Cにかけて数多くの古墳が築かれています。墳長200m超の前方後円墳が4基、100m超が6基と見るべき大型古墳が目白押しです。地図で見ると簡単そうですが大型古墳が飛び飛びに築かれているために何度か通うことに・・・。それでも全部は見切れていません。既に巣山古墳ナガレ山古墳一本松古墳、可憐な円墳三吉石塚古墳をアップしていますが、最近では巨大石室を持つ円墳、牧野古墳を紹介したところです(いずれも古墳名をクリックすれば飛べます)。この古墳の数々、宮内庁の治定は別にして当時、この地域の有力者だった葛城一族の墓であったとの見方が有力です。

 肝心の新木山古墳は動画撮影位置の図からもわかるように前方部幅が後円部径とほぼ同じ118m、高さも2m違いの17mと前方部が発達した中期古墳の特徴をよく備えています。雑木林に覆われていることとも重なって南側からは墳丘のくびれもよくみないとわかりません(造り出しもあるようです)。三吉石塚古墳の墳頂から見渡せるのが後円部です。そして雨に降られましたがため池越しに北側からの墳丘を撮ってみました。個人的には好きなショットですが、残念ながらため池は後世のもので築造時の周濠は空堀でした。アクセスは近鉄大和高田駅から竹取公園東口行で赤部駅下車し、バス停進行方向一つ目の信号を左折すると右手に墳丘が見えます。バスは一時間に一本です(撮影20151125日)。
PNG nikiyamakofun zu



新木山古墳(馬見古墳群)基本データ

所在地 奈良県広陵町赤部

形状 前方後円墳 葺石 両くびれに造出し 周濠

規模 墳長200m、後円部径117m 高さ19m、前方部幅17m 高さ17m

出土品 埴輪片、勾玉、管玉等玉類(宮内庁所蔵)

史跡指定 なし

特記事項 三吉石塚古墳が新木山古墳の陪塚とされている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

   全国の古墳を歩いていていつも思うことはどのようにしてこの巨大構築物を造ったのかという疑問です。前期の古墳の多くは動画でもご覧頂いているように山間部の見晴らしのよいところに築かれていることが多いですし、中期の大型の古墳は葺石用の石、埴輪、土砂はじめ資材の量は半端ではありません。後期以降の横穴石室用の石材の巨石にも驚かされるばかりです。その築造技術もさることながら、どのように運搬したのかが気になります。古墳時代の日本列島は人口400万人程度といわれています。人海戦術といってもこの人口数では気が遠くなります。

すでに修羅と呼ばれている木製の巨大なソリが使われたことは紹介していますが、今回訪れた大阪府の河南町にある近つ飛鳥博物館で、見学に訪れた子供たちが復元された長さ3mほどの修羅を使って移動しているのを見かけました。ああ、このようにして用いたのだとはわかりましたが、一回で運べる量は限られており、何百、何千回という繰り返しの作業が必要だったのでしょう。ただただ感心するばかりです。その様子を動画でご覧ください。

 博物館には藤井寺市で1978年に発掘された二つの修羅のうち長さ8.8mの大修羅が保存処理を経て展示されています。たしかにバカでかいとしか形容の仕方がありません。これをどのように用いたのか。長すぎるのではないかと思ったところ藤井寺市の次のような解説が目に留まりました。「積載物の安定性を確保するという実用面からは3メートル前後、大きくても5メートルほどが最適な大きさと考えられるのです。言葉を換えると、大修羅は実用性という点からすると、長過ぎるということがいえるのかもしれません」(『広報ふじいでら』第392 20021月号)。世界的にみてもそのような傾向にあるようです。ならばどのような場面でこの巨大修羅は使用されたのか。前記の解説は、大修羅は儀式用の道具、例えば石棺を墳丘の上まで静々と運び上げるときに使ったのではないかとしています。その場面が目に浮かぶようです。皆さんはどう思われるでしょう。

 付け加えるのを忘れるところでした。修羅の名の由来は阿修羅が帝釈天と争って勝ったという仏典の故事から「帝釈 (大石) を動かせるのは修羅」に由来するといわれているそうです。そう呼ばれるようになったのは城郭の建築が盛んになった中世以降のことのようです(撮影201759日)。






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ