古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳

坂の下のバス停から古墳公園に急ぐとまず目に入ったのが今回紹介する墳長57mの前方後円墳5号墳です。生目古墳群の3号墳(クリックすれば飛べます)、22号墳(クリックすれば飛べます)に続いて三回目ですが、どれも番号でしか区別ができないのが少々残念です。5号墳は墳長こそ決して大きくはありませんが、築造当時の古墳に復元されているという意味で最も目立つ古墳です。造られた当初はこういう形をしていたんだということがよくわかります。とりわけ葺石が全面的に復元された古墳は少なく貴重です。緑を残した真後ろの3号墳とのコントラストが絶妙ですが意外な色合いに驚かれたかもしれません。動画2の後半、動画4の最後でご覧いただける前方部から後円部にかけてのシルエットも美しいですね。中期に位置づけられはしますが前方部幅は後円部径よりも短くさほど前方部は発達しているようにはみえません。

既に3号墳のところで書いたように生目古墳群は大半が前期に造られ、内3基は100mを越えます(1号墳136m3号墳143m22号墳101m)。しかし次第に墳丘の大きさは小さくなり4C末(中期)に造られた今回の5号墳は57mにとどまります。この地域を支配する豪族の力が相対的に弱まったことを意味するのでしょうか。

この3号墳で付け加えておかねばならないのは周濠の外側に造られた地下式横穴墓です(19号墳)。地面に竪穴を掘りさらに横穴を掘って埋葬施設としその中に被葬者を置くというものだそうで南九州に特有なものだそうです。いずれ復元された地下式横穴墓を紹介する機会があるかもしれません。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向を見るとこんもりとした緑の森が見えます(撮影2017322日)。
PNG ikime5goufun zu

  生目3号墳(クリックすれば飛べます)をアップしたあと宮崎出身の若者に会う機会があったので古墳群のことを聞いてみました。生目の杜運動公園は部活で行ったことがあるけれど、古墳群は知らないとのこと。残念ですね。ここには墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基が眠っています。九州では古墳時代前期(3C央から4C後半)に限定すれば九州最大という貴重さです。古墳マニアにはよく知られた西都市の西都原古墳群(クリックすれば飛べます)よりも古墳時代前期では生目古墳群ほうが古いのです。

 広い園内を3号墳に続き、5号墳、7号墳、14号墳などを見学しながら南に下ると、ひと際目立つ墳丘らしき塊が見えてきました。はげ山のように見える22号墳です(あとでわかったのですが墳丘の北側雑木が伐採されていました)。3号墳につぐ4C後半の築造といわれています。近づくと円墳にも見える後円部が立ちはだかります(動画1)。前方部が未発達のためのようです。発掘調査中らしく、くびれ辺りにブルーシートがかけられています。

 ブルーシートを避けつつ墳丘に登り前方部を見渡してみると広がりがほとんどない方形の前方部が目に入りました。前期によくみられる柄鏡型の前方後円墳です。後円部は3号墳と同様に墳頂の途中にかなり広いテラスが広がっており段築のようにも見えます。残念ながら後世、砦を築いた際の薬研堀の跡を埋め戻したものと考えられています。発掘調査のブルーシートの横を見ると墳丘に葺かれていたと思われる比較的小ぶりの石が隅に集められていました。墳丘は5号墳と同様、葺石で覆われていたようです。

アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。

PNG ikime22goufun zu


22号墳(生目古墳群)基本データ

所在地 宮崎県宮崎市

形状 前方後円墳 後円部三段、前方部二段、葺石あり

規模 墳長 101m、後円部径60m、後円部径60m、高さ約9.2m

前方部幅26m 高さ4.6m

築造時期 4C

出土品 壺形埴輪、土器

史跡指定 生目古墳群として国指定

特記事項 墳丘くびれあたりに小規模の造出しが確認されている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 このブログをはじめて4か月ほどたった20157月と9月、群馬県高崎市にある保渡田古墳群から二子山、八幡塚の二基の前方後円墳を紹介しています。ところが八幡塚に関しては納得のいかない出来栄えでした。訪れた時間が20152月と冬の日没寸前、画面全体が暗いのです。これも古墳時代の人々も見た光景に違いないとは思いつつも晴れの日の再訪を狙っていました。漸く実現したのが20178月の23日。天候もまずまず、内濠の草刈りも行われたとの情報を得て出かけました。夏の八幡塚古墳です。

湘南新宿ラインの遅れもなく、乗り継いで予定通り前橋駅に到着。840分発の土屋文明記念文学館行きの関越交通バスでかみつけの里博物館前へ。9時過ぎには現地に着き、広大な敷地に広がる墳丘を目の前にてホッとしました。葺石の間から雑草がのぞいてはいたものの前回の光景とは比べものにならないスケールの大きさを感じることができました。動画でどの程度その雰囲気が伝わったかわかりませんがご覧頂ければ幸いです。

 動画5から8までさまざまな角度から墳丘をとらえてみました。それにしてもよくできた復元古墳です。とりわけ二重の周濠と堤も含め古墳時代の人々が見たであろう姿をみることができます。スケールが大きく感じられる一つの理由は二重の周濠が復元されているためではないでしょうか。

畿内では大型の前方後円墳の築造が下火になりつつあった5Cの後半には、八幡塚古墳を含め東国では次々と前方後円墳を見ることになります。八幡塚古墳が築かれた上野でも、白石稲荷山古墳(170m)(クリックすれば飛べます)がやや早く5C中頃に、七興山古墳(145m)(クリックすれば飛べます)が6C前半に築かれています。なお2015922日にアップした八幡塚古墳の動画1-4及び保渡田古墳群の二子山古墳も古墳名をクリックして頂ければ直接飛べます。
PNG hachimanzuka(natsu) zu



八幡塚古墳基本データ

所在地 群馬県高崎市保渡田町、井出町

形状 前方後円墳

規模 墳長102m 後円部径56m 高さ6m、前方部幅53m 

高さ4.8m(削平されたので不明との情報も)

築造時期 5C

出土品 副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉

史跡指定 国指定

特記事項 堀のなかに四つの島状区域(中島)がある。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  前方後円墳は全国で5200基を越えて確認されていますが、最も北に築かれたのが今回紹介する岩手県奥州市にある角塚古墳です。古墳時代後期の6C初めの築造といわれています。畿内では大型の前方後円墳の築造が終わりに近づいた頃のことです。多くの場合、古墳はその地域を支配した有力者が数代にわたって同じ区域に築いているというのが一般的ですが、この角塚古墳は一代限りのようです。それこそポツリと築かれ、前方後円墳は南に70㎞ほど下った宮城県北部の大崎地方までないそうです。北上川の支流胆沢川沿いに位置します。

 北限の前方後円墳というのでごついこれぞ前方後円墳の姿を想像していたのですが、動画1でおわかりのように現状は黄色の菜の花畑に浮かぶ可憐な感じの小型の墳丘でした。後世に植えられた後円部頂上の一本杉が実に絵になっています。

 墳長約45m、後円部径が28m 高さ4m。遠くからも二段築成であったことがよくわかります。高さ1.5m、長さ10mほどの短い前方部は西側が削平されています。動画2で後円部から下ってくるショットでその点が確認できます。できるだけ手を加えずに保存するという方法をとっている墳丘ですが、元は葺石があり円筒埴輪や家形をはじめ形象埴輪が巡っていたことが発掘調査の結果わかっています。6Cといえば埴輪が畿内では次第に廃れていく一方、東国では盛んに使用される時期ですが角塚古墳もその例外ではなかったということでしょうか。

 アクセスはJR東北本線で水沢駅から古墳のある角塚公園前を通るバスがありますが、午前中は走っていません。歩くには距離がありすぎるのでやむなくタクシーを利用しました(撮影日2017420日)。

PNG tsunozuka zu saigonosaigo
PNG tsunozuka ihikankei


角塚古墳基本データ

所在地 岩手県奥州市胆沢区南都田

形状 前方後円墳

規模 墳長 約45m 後円部径28m 高さ4m、前方部 幅10m 高さ1.5m

後円部二段築成、葺石あり

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、家、動物、人物の形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 日本列島の最北端にある前方後円墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介するのは高岡1墳(クリックすれば飛べます)に続き長野県飯田市にある後期古墳の二つの前方後円墳、姫塚古墳と上溝天神塚古墳です。姫塚は墳長40mほどの墳丘を確認できますが、残念ながら上溝天神塚古墳のほうは前方部は削平され後円部の一部が残るのみです。しかも上溝集会所と神社が建っているために石室をみなければ誰も古墳とは思わない姿に変わってしまっています。周囲はアパートに囲まれ窮屈そうです。動画では周囲の状況がわかってしまうので上溝天天神塚古墳については横穴石室のみになってしまいました。

 ただ、二つの石室はご覧のように見事です。花崗岩の自然石を用いた積石で男性的な印象を受けます。姫塚のほうは塗られた朱がよく残っており、上溝天神塚のほうは敷石がきれいです。高岡1号墳を含め飯田古墳群には大小22基(内4基は帆立貝)の前方後円墳が築かれましたが、今回の二基もヤマト王権が認めた伊那谷の豪族の墓であったに違いありません。

 飯田古墳群の簡単な位置関係を掲載しましたが、私は高岡1号墳(クリックすれば飛べます)のあるJR飯田線元善光寺駅からバスで飯田高校前まで移動し、あとは徒歩で南下し二つの古墳を見学しました。残りの古墳を見学しても日帰りは可能でした(撮影日201744日)
PNG iidakofungun zu




姫塚古墳と上溝天神塚古墳(飯田古墳群)基本データ

所在地 長野県飯田市松尾

形状 ともに前方後円墳

規模 姫塚古墳 墳長 墳長40m 後円部径 23.6m 高さ5.4m 前方部幅23.6m高さ5.2m 羨道部分は大半が消滅 玄室長2.9m 高さ1.4m、幅1.1m

築造時期 6C

上溝天神塚古墳 墳長 約41m、 後円部径25m 高さ5m、前方部(消滅)

出土品 姫塚古墳 七鈴鏡

上溝天神塚古墳 銅鏡、鉄剣、鉄鏃、玉類、金環、須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 上溝天神塚古墳石室は朱がよく残る




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  栃木県壬生町の牛塚古墳(クリックすれば飛べます)と巨大円墳丸塚古墳(いずれアップします)を見学した後、両古墳の間の道を500mほど南下すると(一つ信号があります)、結構大きな敷地をもつ地元企業が左手にあり、目指す壬生愛宕塚古墳はその真裏にありました。こんもりした森が目印です。

 雑木林に一歩足を踏み入れるとそこは動画1のような異空間が広がっていました。個人的に雑木林が好きなので思わず嬉しさのあまり息を飲みました。静謐の一言です。周濠を囲むようにぐるっと回る周堤が墳長80mに欠ける前方後円墳の墳丘をより大きく見せています。東国の後期古墳の多くに採用されている段築の一段目が広いのです。どこかで見た古墳に似ています。そうです。群馬県大室古墳群の中二子古墳です(クリックすれば飛べます)。周堤、周濠、それに幅広の広い段築一段目のテラス。墳長111mと一回り大きい中二子古墳と壬生愛宕塚古墳、是非、比較してご覧ください。中二子古墳の周堤には復元された円筒埴輪が立ち並んでいましたが、壬生愛宕塚古墳も周堤、テラスに数多くの円筒埴輪や人物埴輪がみられたそうです(訪問後の2017年夏に周堤、周濠の調査が行われましたが、今回の記述を大きく変える結果はなかったようです)。築造時期は畿内では前方後円墳の築造が下火になりつつある頃の6C後半で、東国ではまだまだ相当規模の前方後円墳が造られます。なお、今回の壬生愛宕塚は三基の中では最も早く、次に牛塚、そして最後に超大型の円墳、車塚古墳が造られます。

 墳丘自身は前方部が極端に発達した典型的な後期古墳ですが、本来ならば後円部にありそうな愛宕神社社殿がなんと前方部にあります。後円部では十分な敷地が確保できなかったからではないでしょうか。神社は元禄7年(1694年)壬生藩主だった松平輝貞が壬生城の魔除けとして建立したと伝えられています。壬生城址には壬生町の歴史民俗資料館があり、牛塚、車塚、愛宕塚古墳などの道順の確認や資料入手に便利です。月曜休館です。壬生駅まで東武宇都宮線で行き、北東方向1㎞にある歴史民俗資料館にまず寄るというのがベストでしょう。

PNG mibuatagozuka zu shuuseiban






壬生愛宕塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 前方後円墳

規模 墳長77m 後円部径 34m 高さ5.5m、前方部幅46m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 円筒、盾持ち人埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 牛塚、車塚古墳とセットでまわるのがお勧めです



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

能美市の歴史民俗資料館の東側の尾根に広がる和田山古墳群(小型の円墳)は比較的こぶりの円墳が連なります。やはり二度目は勝手が違います。どこに何があるか大凡の見当がつきます。そう静止画像しか前回は撮らなかったので再訪なのです。ところが生憎の春の雨。花時雨(はなしぐれ)というのでしょうか。それもあってか人には出会わず、春の終わりを独り占めしました。

1号墳から12号墳まで連なっているので5号墳は丁度真ん中あたりにありそうですが、尾根を降り切ったところの独立した丘陵頂上にあるのです。如何にも他の古墳を従えているといいった印象をもちます。5号墳が和田山古墳群では唯一の前方後円墳で規模も56mと比較的大きめなこともそうした見方を裏付けるような気がします。そして何より出土した副葬品の大半が武具だったことに驚かされます。動画4に見る短甲をはじめ槍、鉄刀、鉄剣、鉄槍、鉄鉾、矢束等が二つの粘土郭の埋葬施設から出土しています。現地の説明板によれば、現在までこれほど豊富に武具等が埋葬されていた例は日本海側では和田山5号墳だけだそうです。5C中頃、軍事部門を担当していた豪族で、朝鮮半島への出兵にも功があったのかもしれません。

再訪してよかったと思ったのは、前方部が異常に発達していて中期の一般的な前方部の発達ぶりをはるかにしのいでいる点が、草に覆われた夏ではよくわからなかったのです。今回、それがはっきりと目に飛び込んできました。独立丘陵の頂上という敷地の制約も後円部面積を十分にとれなかった理由かもしれません。

能美古墳群では既に秋常山1号墳秋常山2号墳を紹介しています(古墳名をクリックすれば飛べます)。道を隔てた徒歩で10分ほどのところにあります。是非、比較してご覧ください。秋常山のほうが早く築かれたと考えらているようですが、だとすれば両者はどのような関係にあったのでしょう。そうしたことに思いを馳せるのも楽しいですね。アクセスはJR小松駅から寺井史跡公園行き小松バスで30分ほど。昼間に5-6本、あります。バス停前に消防署があり、その裏に能美市歴史民俗資料館があります。パンフレットなどが入手できます。和田山古墳群はその東側にあります(撮影2017年4月12日)
PNG wadayama 5
PNG nomikofungun zentai zu



和田山5号墳基本データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後円墳

規模 墳長56m 後円部径29m 高さ5m、前方部幅47m 高さ4m

周濠なし

築造時期 5C

出土品 三角板鋲留短甲、鉄刀、鉄剣、鉄槍、鉄鉾、矢束等武具多数 埴輪なし

史跡指定 能美古墳群として国指定

特記事項 秋常山古墳群とトータルで観察の必要



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ