古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳

  通いなれた東急東横線の多摩川駅の近くに、これほど重要な遺跡があるとは。いやはや驚きでした。前方後円墳2基を含む10基からなる多摩川台古墳群です。多少、古墳についての知識も増えた今では、多摩川台が古墳築造に格好の立地であることはよくわかります。古代とはずいぶん景色は変化しているのでしょうが、横浜方面から多摩川を東横線が渡る時、宝莱山を含めた古墳群が左手に広がります。人々は古墳を見上げたにちがいありません。他方、古墳は武蔵野台地の南端部に位置し、地理学的には国分寺崖線にあるために眼下に多摩川を見下ろすことになります。その眺望は見事の一言です。


 もう一つの前方後円墳、亀甲山古墳は規模の上では墳長107mと勝りますが、時期的には4C初頭と今回の宝莱山のほうが古いようです。多摩川台の向かい側、慶応大学のある日吉、矢上にも古墳時代に同規模の古墳が複数あったことが確認されています。宝莱山古墳は後円部は1930年代の土取りのため大きく削平されてしまっています。小型仿製鏡はじめ出土品はその際に明らかとなった墳頂の粘土郭からのものだそうです(撮影2015年4月22日)。

PNG houraisan zu 修正版

宝莱山古墳データ

形状 前方後円墳

規模 墳長 97m、後円部径52m 高さ11m、前方部幅38m 高さ8m

築造時期 4C初頭

出土品 小型仿製鏡、管玉、丸玉等玉類、鉄剣、刀子、土器破片等

史跡指定 東京都

特記事項 専門家の研究によれば、築造時期は3C 代に遡る可能性もあるという。

池上悟「多摩川流域における首長墓の様相」季刊考古学・別冊15 広瀬和雄、
池上悟編 武蔵と相模の古墳、2007


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  冬枯れという言葉にぴったりの古墳でした。405号線から先の見通しの悪い73号線に曲がり、その異様ともいえるその姿が目に飛び込んできたとき最初に浮かんだ言葉がそれでした。周濠がすっきりしているだけに、湖に浮かんだ船のような感じもします。おそらく季節よって姿を大きく変える古墳ではないでしょうか。
 
  専門家の解説などを読みますと「動画撮影の位置」に簡略して描きましたようにくびれ部分が東西で異なり非対称になっています(yahooの空撮画像でも確認できます)。これは中期古墳に多くみられる特徴だそうで、千歳車塚古墳のように後期古墳に位置づけられる古墳としては珍しいそうです。後期の代表的古墳の一つ継体天皇の真陵といわれる今城塚古墳や、その影響下にあったとされる地方豪族の墳丘とは違うというわけです。したがってヤマト王権とは距離を置いた地方豪族がその被葬者ではなかったかともいわれています。なにか、そうした説明とぴったりの古墳の姿でした。


  ただ、築造時期は現地の解説版では5C代、中期とされています。その後、出土した円筒埴輪の研究によって、6C前半と考えられるようになったようです。完存しているように思える墳丘ですが、墳丘の裾部分は削平されていることが明らかになっています。


  アクセスはJR嵯峨野線亀岡駅からふるさとバスで川東小下車、徒歩10分。バスは本数が少ないので確認してからおでかけください(撮影2015年2月11日)。

PNG chitosekurumazuka 

所在地 京都府亀岡市千歳町千歳

形状 前方後円墳

規模 墳長82m、後円部径46m 高さ7.5m、前方部幅49m 高さ6.8m

三段築成

築造時期 6C前半

出土品 円筒埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 被葬者は、武烈天皇の逝去後、継体天皇となった男大迹王(オホドノオウ)と並び皇位継承者だった倭彦王(ヤマトヒコオウキミ)とも伝えられる。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

前期の那珂八幡古墳に続き、今回は石川県能美市にある中期の前方後円墳、秋常山古墳です。見事に復原された墳長140mを数える堂々たる古墳です。2号墳(方墳)などとともに秋常山古墳群とよばれています。専門家からすれば当たり前のことですが、古墳に興味を持ち始めた人々にとり日本海側にこれほど巨大な古墳があることはなかなか理解しにくい事柄のようです(かくいう私もそうでした)。古墳=畿内というイメージが定着しているからでしょうか。日本海に流れる手取川流域に代々続く豪族が存在したことは秋常山古墳はじめ、40基以上が確認されている大規模な和田山、末寺山古墳群の存在からもよくわかります(古墳公園になっています。いずれアップします)。その中でも秋常山古墳は群を抜いて巨大です。

 
   墳長58mの前方後円墳、和田山古墳から歩くこと20分以上、ようやくたどり着いた目指す古墳の第一印象は、前方部が巨大な後円部に比して短いなあというものでした。Yahooの空撮でもはっきりやや寸胴な秋常山古墳の姿が確認できます。歴史資料館の方のお話ではおそらく復原した以上の長さがあったのではないかとのことでした。確認できた範囲で復原したのだと思います。肝心な埋葬施設は未調査ですが、地中レーダー探査で8m以上の木棺が粘土郭に包まれ後円部に存在すると推定されています。

 
   北陸本線能美根上駅からコミュニティーバス・のみバス鶴来駅行で寺井史跡公園下車徒歩20分。本数は13本しかありません。和田山古墳公園も訪ねると一日がかりになります。しかし見応えのある古墳群です。和田山古墳公園の西側登り口に能美市歴史民俗資料館があり
秋常山古墳の道順なども教えてもらえます。資料館には ふるさと交流研修センターさらい のバス停から歩いてもすぐです。和田山古墳公園を先にしたほうがよいかもしれません(撮影2015年5月8日)。

PNG akitsuneyama zu(修正版)

秋常山古墳データ

所在地 石川県能美市

形状 前方後円墳

規模 墳長141m、後円部径108m 高さ19m、前方部幅67m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 須恵器

史跡指定 国指定

特記事項 能美古墳群中、北陸地域で最大の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回は福岡市の前方後円墳、墳長75m超、後円部径48m 高さ6.5mの那珂八幡古墳を紹介します。福岡平野では古墳時代の前期、それも最古に属する古墳といわれています。後円部の二つある埋葬施設のうち第一主体部の大半は那珂八幡宮の床下に位置するため未発掘ですが、その北側にある全長2.3mの直葬された割竹型木棺から三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉が出土し、神獣鏡は京都の椿井大塚古墳(クリックすれば飛べます)のものと同笵鏡(どうはんきょう、同じ鋳型から造られたもの)がわかっています。ヤマト王権と密接な豪族がられていることは間違いがありません。

それだけ重要な古墳であるにもかかわらず、保存状態は残念のひとことです。動画と図から明らかなように前方部の大半は開発されて削平されています。墳丘が崩れた円墳というのが第一印象でしたが、宅地開発の荒波にもまれながらも後円部だけでもよく残ったというべきかもしれません。八幡様が古くから墳頂にあったからともいわれています。

JR竹下駅から北東方向に延びる道路を直進すると左にこんもりした森がみえます。それが那珂八幡古墳です。615日にアップしたアサヒビール工場敷地内にある東光寺剣塚古墳(クリックすれば飛べます)と合わせてご覧ください。こちらは竹下駅前にある後期の前方後円墳で横穴石室も見学できます(撮影2015年8月15日)。

PNG nakahachiman zu

那珂八幡古墳データ

所在地 福岡県福岡市博多区那珂町

形状 前方後円墳

規模 墳長75m、後円部径48m 高さ6.5m 前方部 削平

築造時期 4C初頭

出土品 三角縁神獣鏡と勾玉、管玉、ガラス製小玉、土師器の高坏

史跡指定 福岡市指定

特記事項 なし


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

725日にアップした二子山古墳同様、群馬県高崎市の保渡田古墳群に属する八幡塚古墳が今回紹介する古墳です。墳長102mの堂々たる前方後円墳です。1981年、上越新幹線建設予定地の群馬町大字三ツ寺から発掘された古墳時代の豪族の館跡(三ツ寺Ⅰ遺跡)の主が眠っていると考えられています。三ツ寺I遺跡とは1kmほどしか離れていません。三ツ寺遺跡は新幹線と県道に分断されて、当時の様子をうかがい知ることはできませんが、こちら保渡田古墳群は違います。西光寺と墓地があり墳丘が大きく削平されている薬師塚古墳は別にして、既にご覧頂いた二子山古墳と今回の八幡塚古墳は見事に復原されています。

二つの古墳ともに中島と呼ばれる祭式が行われたとされる造り出しのようなものがあります。八幡塚古墳の動画では、かする程度にしか映っていません。5C後半に二子山が築かれ、ついで今回の八幡塚、そして薬師塚の順で造られたと考えられているようです。八幡塚古墳は三段築成、動画でみるようにびっしりと葺石が葺かれ、円筒埴輪が並んでいました。前方部の前の堤には祭祀が行われたであろう円筒埴輪で囲まれた区域があり、人物、形象埴輪が林立しています。後円部の竪穴石室は墳頂下に復原され公開されていますが、こうした形での復原は珍しいと思います。後期古墳に位置する前方後円墳の埋葬施設は横穴石室が多く、その点でも興味深いです。ただ、専門家のお話のように保渡田古墳群が中期と後期の移行期と考えれば納得がいきます。是非、現地にいらしたらご覧ください。古墳群内にあるかみつけの里博物館の休館日(火曜及び火曜が祝日となった場合の翌日)は閉鎖されています。ご注意ください。

二度目の訪問ですが、天気が急変し全体的に暗い動画になってしまいました。やむなく好天時だった一度目の訪問の静止画像で補いました。もっとも古代にもこのような天候はあったわけですし、それどころか榛名山の噴火も受けていることを思い出しました(墳丘は埋没を免れたそうです)。

アクセスはJR高崎駅から市内循環 ぐるりんバスでかみつけの里博物館前下車。本数は少なく、2時間に1本程度です。少々不便です。

PNG hachimanzuka zu

八幡塚古墳データ

所在地 群馬県高崎市保渡田町、井出町

形状 前方後円墳

規模 墳長102m 後円部径56m 高さ6m、前方部幅53m 

高さ4.8m(削平されたので不明との情報も)

築造時期 5C

出土品 副葬品は鉄地金銅張f字形鏡板の轡と同剣菱形杏葉

史跡指定 国指定

特記事項 堀のなかに四つの島状区域がある。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  世界遺産を目指す古市、百舌鳥古墳群の古墳の多くは陵墓指定されていて墳丘まで登ることができません。その中で今回紹介する藤井寺市の大鳥塚古墳は既にアップした古室山古墳(519日)と並んで貴重な存在です。道を隔てて位置する応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の墳長420mには比べるべくもありませんが、それでも110mをほこる堂々たる前方後円墳です(古市古墳群には墳長100m以上の前方後円墳が15基)。藤井寺市のHPにはクヌギが立つ墳丘は夏でもひんやりとしますとありますが、全くそのとおりです。墳長150mと大鳥塚よりやや大きい古室山は桜が美しいことを思い出しました。


  古市古墳群はいずれ紹介する4C後半ごろに築造されたと考えられる津堂城山古墳にはじまるといわれていますが、そこから南東方向に2km弱下ったところに位置しています。埋葬施設は不明ですが銅鏡や鉄鏃が副葬されていたこと、葺石があり家形、盾など各種形象埴輪等の存在が明らかになっています。前方部の幅は後円部の直径よりもだいぶ短く、後円部の高さも前方部よりも6mほど高くなっている墳丘の形状からいっても中期前半(5C前半)頃に築造されたといってよいようです。



 アクセスは古市古墳群ウォーキングマップにしたがって近鉄藤井寺駅近くの津堂城山古墳からスタートして色々な古墳をめぐる途中に寄るのもよいでしょうし、大鳥塚だけ訪ねたい場合には近鉄土師ノ里駅で下車し170号線を1kmほど南に下り三つ目の信号を右折し西名阪道路にぶつかったところ(信号あり)を右折して200mほど進むと後円部裏に出ます。なお、西名阪道路高架下には赤面山古墳が一部保存されています(撮影2015年5月28日)。

PNG ootorizuka zu

 

大鳥塚古墳基本データ

所在地 大阪府藤井寺市

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径72.6m 高さ12.3m、 前方部幅50m 高さ6.1m

周堀あり

築造時期 5C

出土品  円筒埴輪、家形、蓋(きぬがさ)、盾、靫(ゆき)、冑(かぶと)など形象埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 古市古墳群で数少ない墳丘に登れる古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

にほんブログ村

今回紹介するのは静岡県静岡市の谷津山山頂にある墳長110mの前方後円墳、谷津山古墳です。柚木(ゆのき)山神(やまのかみ)古墳ともいわれています。静岡平野のど真ん中に位置する谷津山は標高108mしかありませんが、動画からも確認できるように市内は勿論、その先に駿河湾が目に入ります。古墳の被葬者はこうした眺望を独占できる有力者だったのでしょう。葺石を貼った三段築成の古墳ですから、築造にも多くの人力が必要だったはずで、その権力の大きさが想像できます。勿論、そのことは紹介してきた古墳全てに言えますが、敢えて繰り返したのは、静岡鉄道の柚木駅の裏手から目指した山頂まではとても108mの低山とは思えない急坂が続き、息が切れたからです。尾根にへばりついた径70mをはかる後円部の裾からは前方部を見るのに苦労するほどです。「よくぞこの狭い山頂に・・・」と思わざるを得ません。いったいどのような人々が築造にかかわったのでしょうか。

明治期に盗掘にあった埋葬施設は竪穴石室で木棺が用いられていたようですが詳細はわからないそうです(静岡・清水平野の古墳時代、静岡市立登呂博物館、1990)。もっとも銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石等の石製品が出土したと記録されています。

静岡鉄道柚木駅の改札を出てすぐの日本通運裏側の鳥居をくぐり山頂を目指します。20分ほどです(撮影2015年9月5日)。

PNG yatsuyama zu

所在地 静岡県静岡市葵区柚木

形状 前方後円墳

規模 墳長110m、後円部径70m 高さ9m、前方部幅45m 高さ8m

築造時期 4C

出土品 銅鏡の破片、銅鏃、鉄鏃、鉄剣、砥石、紡錘車等の石製品

史跡指定 なし

特記事項 旧駿河国の領域では最大の古墳



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  石室の石積みに特徴のある小さな古墳は、七興山のバス停に戻って500mほど北上した上落合にあります。よく整備された古墳の周辺はもちろん、大きめの自然石の周辺に石英片岩をちりばめた石室の壁は見事です。ただ、暗いので懐中電灯など持参されるとよいと思います。こうした石積みは、藤岡市周辺ではじまり埼玉県の児玉郡あたりに限定されるそうです。古墳の内装も流行りがあったということでしょうか。動画ではその美しさはとれず、静止画像もフラッシュでとってこの程度です。築造の際の石工はどのように灯を確保したのでしょうか。気になりました。

 500mほどしか離れていないところに位置する七興山古墳(88日アップしています。カレンダーの該当日をクリック)も是非ご覧ください。こちらは実に壮大です(撮影2015年3月26日)。

伊勢塚古墳基本データ

所在地 群馬県藤岡市上落合

形状 不正八角形墳

規模 長さ27.2m 高さ6m

築造時期 6C

出土品 須恵器、埴輪等

史跡指定 県指定

特記事項 石室の石積みが独特です。説明板によれば「石室は胴張形の平面形で、所々にやや大型の自然石を配しその周辺に細長い結晶片石を差し込んで飛白模様にしている点に特徴があります。こうした模様積の石室を持つ古墳は、藤岡市域から埼玉県児玉郡周辺に見られます」とあります。動画ではよくわからないが静止画像でその雰囲気はわかります。

石室全長8.94m羨道長 4.24m 幅 奥1.95m 前1.4

玄室長 左4.7m 中央部7.15m 右7.25m 幅奥1.84m 中央2.41m 前1.54m 高さ2.5m





にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回は復元古墳のモデルともいわれる神戸市垂水駅にほど近い五色塚古墳を紹介します。墳長194mもある巨大な前方後円墳です。これまでアップした古墳でいえば西山古墳(前方後方墳)(クリックすれば飛べます)よりひとまわり大きく、巣山古墳(クリックすれば飛べます)よりはひとまわり小さいというイメージでしょうか。ただ五色塚古墳は前方部の先にJR山陽本線と山陽電鉄の線路をはさんで(動画6に電車が通過するところが映っています)明石海峡がそこまで迫り、周囲はマンションに囲まれているので、西山、巣山とはまた違った趣です。見上げることしかできないそんな感じであることは動画から十分わかるのではないでしょうか。

 墳丘にのぼり明石大橋と淡路島方面の遠景は、現代に残る古代の遺産とよくマッチしているように思えます。

 被葬者は容易に想像できるように明石海峡はじめ水運を支配した豪族といわれており、全面に葺かれた223万個にのぼる葺石には淡路島産も使われているそうです。日本書紀の神功皇后摂政元年の2月条には淡路島から石を運んで古墳をつくったという記事があり、それが五色塚古墳ではないかとの解釈もあるようです。残念ながら後円部に存在すると考えられる埋葬施設は発掘は行われておらず副葬品など詳細は不明です。ただ、三段築成の墳丘に置かれた埴輪は詳細に調査されたようで、動画でご覧頂けるように鰭(ひれ)付の円筒埴輪や鰭付き朝顔形円筒埴輪などが発見されています。

 アクセスは垂水駅北口に出て左にある信号を西側にわたり北をみると次の信号が見えます。その手前に五色塚方面と⇒が出ています。⇒にしたがい西側方面に10分ほど歩くと左手に古墳公園が見えます(撮影2014年12月17日、2015年7月8日)。



PNG goshikizuka zu

五色塚古墳基本データ

所在地 兵庫県神戸市垂水区

形状 前方後円墳 段築 葺石あり

規模 墳長194m、後円部径125m 高さ18m、前方部幅81m 高さ11.5m

築造時期 4C

出土品 円筒等埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 動画にも映っている小壺古墳は径60mの円墳。五色塚古墳よりやや早い時期の築造といわれています。


  

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村



↑このページのトップヘ