古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳

  今回紹介する前期古墳は兵庫県姫路市網干(あぼし)駅近くにある前方後円墳、瓢(ひさご)塚古墳です。この古墳を訪ねるにあたって下調べをしていたら網干駅から徒歩とありました。どこかで見かけたような駅名です。そう。京都や大阪から神戸方面に向かうJR山陽本線の終着駅の一つでした。関西在住の方には馴染みある地名ではないでしょうか。古墳は駅から東方面に2kmほど歩いたところに鎮座していました。というよりも動画でおわかりのように窮屈そうにその姿を横たえていたといったほうがよいかもしれません。どこにも逃げどころのない四方を仕切り板で囲まれた墳丘です。

 この前方後円墳は墳長109mですからこれまでアップした前期古墳では奈良の赤土山古墳(古墳名をクリックすれば飛べます)、中期では大阪の大鳥塚古墳、奈良の三陵墓東古墳と同規模です。周囲の環境が異なると同じ形状、墳長でもずいぶんと印象が異なることがわかります。是非、比較してみてください。
  このバチ形に広がった前方部(動画4)と古式の壷形特殊土器が出土したことなどから最古式の古墳と考えられているそうです(現地説明板)。この播磨地域では墳長143mの前方後円墳、壇場山古墳(いずれアップ)が5C前半に築かれますが、それ以前では瓢塚古墳(正確には後円部しか残っていない輿塚古墳も4C後半に築造)が最も大きく首長墓としての威容を誇っていたのでしょう。全国古墳編年集成(石野博信編、雄山閣出版、1995)を参考に築造時期は4C前半としました。動画で確認できるように東側は山、古墳から西に4kmほどのところには揖保川が流れています。他の古墳同様河川近くに築造されていることがわかります。

 アクセスは非常にわかりやすいです。網干駅前の415号線を東に1kmほど歩き、勝原小学校の交差点を左折し415号線を500mほど北上すると右手に墳丘が見えます(動画1)(撮影2016年4月6日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

瓢塚古墳基本データ

所在地 兵庫県姫路市勝原区

形状 前方後円墳

規模 墳長109m、後円部径 58m 高さ7.5m、前方部幅40m 高さ4.25m

後円部 三段築成、前方部二段築成、葺石あり

築造時期 4C前半

出土品 埴輪、土師器

史跡指定 国指定

特記事項 後円部頂南寄りに竪穴石室があり天井石の一部が露出している




PNG hisagozuka kofun saishu zu

今回の中期古墳は垂仁天皇陵と宮内庁が決めている宝来山古墳です。墳長227mの全国21番目の巨大古墳です。陵墓なので墳丘に登ることはできません。ただ陵墓が集中する百舌鳥・古市古墳群と違い動画からわかるように周濠の周辺に墳丘を遮る建築物がありません。そのため遠くからその堂々たる墳丘を一望することができます。訪れた時は生憎の雨にたたられましたが、残り桜越しに見る壮大な古墳はなかなかのものでした。動画3でご覧いただけます。

 動画1で触れていますが周濠の前方部東南部近くに小島が見えます。宮内庁は垂仁天皇陵の臣下、田道間守(たじまもり)命塚としています。陪塚です。天皇の命を受けた田道間守は不老不死の果物を探しに常世国に旅立ち、10年後ようやく果物を持ち帰った時には天皇は既に亡く、彼は自害して果てたと記紀は記しています。ただ、垂仁天皇が葬られているかというと疑わざるを得ないというのが一般的な見方のようです。第11代垂仁天皇実在説に立ったとしても皇統譜による99才まで生きたという年齢、53年間の在位期間などの記述と専門家による宝来山古墳の築造時期(5C前)とは全く合いません。

 天皇陵の謎(文春新書、2011)を書いた矢澤高太郎さんは、前方部側の周濠の拡幅と田道間守命塚とされる小島について、江戸時代に残された絵図のなかで小島が描かれたのは幕末に書かれた「山陵考」がはじめてだと述べています。つまり文久の修陵の際にもともと倍塚として存在した小島の外側にまで灌漑目的で周濠が拡張されたというのです。たしかに前方部の東南部は大きく広がっています。そういうことだったのかと思いました。
 美しい墳丘をみながら同じ大王墓といわれている墳長207m桜井茶臼山古墳のことを思い出しました。陵墓のために墳丘に登れない宝来山古墳、他方、そうではない桜井茶臼山古墳は少々残念な状況です。是非ご覧ください。

 近鉄橿原線 尼ヶ辻駅から徒歩5分です。大和西大寺駅から近鉄郡山方面に走る車内から右手にその姿がよく見えます(2016年4月7日)。

PNG houraisankofunn suininntennnouryou


宝来山古墳基本データ

所在地 奈良県奈良市尼ヶ辻町

形状 前方後円墳

規模 墳長227m、後円部 径123m 高さ17.3m、前方部幅118m 高さ12m

築造時期 5C

出土品 不明 盗掘犯からの聞き取りにより竪穴石室に長持型石棺があったことがわかっている。

史跡指定 陵墓につきなし

特記事項 周濠内の田道間守の墓とされる小島を含め倍塚が7基ある。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回紹介する桜井茶臼山古墳は前期でも前半の4C初頭に築かれたといわれる墳長207mの巨大な古墳です。白石太一郎さん(近つ飛鳥博物館館長)の説明を借りれば「畿内でもとくに大型の前方後円墳は、その南部の大和川水系とその周辺に数多く営まれている」(古墳からみた倭国の形成と展開、敬文社、2013)のだそうで、西殿塚(アップ済の下池山古墳の墳頂からその遠景を捉えている、240m)、行燈山(崇神天皇陵、240m)、渋谷向山(310m)、アップ済の箸墓280m)、今回の桜井茶臼山(207m)、メスリ山(259m)の順で南から北に約7kmの間に各古墳が築かれているということになります。

南東方向に標高467mの三輪山を見ながらJR桜井線の長柄駅から歩き始めると巻向、三輪駅各駅近くに4基、少々離れて今回の桜井茶臼山とメスリ山が桜井駅近くにあることがわかります。それら大型の墳墓が1Cほどの間に造られているわけですから、はじめてそのことを知った時の私はこれはえらいところに来てしまったと思わずにはいられませんでした。遠目でも確認できる数々の墳丘はこの地周辺を支配した巨大権力者の墳墓に違いないと思ったからです。発掘調査で明らかになった豪華多彩な副葬品の数々からしても(4基は陵墓のため桜井茶臼山、メスリ山古墳のみ本格的調査が行われている)ヤマト政権の盟主の墓なのでしょう。白石さんは「ヤマト政権と呼ばれる畿内の大首長を中心とする首長連合の政治秩序と密接な関係をもって営まれていたものと考えられる」と述べています。つまりリーダー中のリーダー、大王、後の天皇と呼ばれる人々の墓であったと・・・。
 それほど日本の古代史にとり重要な今回の桜井茶臼山古墳の現状はどうなっているのでしょう。メスリ山とともに墳丘に登れるという意味でも大変意味のある古墳です。はじめて訪れたのは静止画像しか撮らなかった20132月でした。今回一部使っていますが草刈りが終わり冬枯れの姿はなかなかに印象的で後円部からすっと見通せる前方部に惹きつけられました。いわゆる柄鏡形の前方後円墳の特徴がよくわかったからです。その後、動画を撮りはじめてから1510月末、162月と訪れましたが動画でご覧のように、後円部に立っても草木の影に遮られて前方部への見通しが十分にはききませんでした。現在では草刈りは周辺住民に関係のある裾部に限って行っており、後円部、前方部の墳丘は対象となっていないのだそうです(奈良県埋蔵文化財担当)。でも熊笹を押しのけながら確認すると東側くびれ部分には遊歩道が作られているのです。妙な話でではないでしょうか。
 200mを超す巨大な墳丘を収めるには一定の距離が必要ですが、唯一のスポットが西側農地を挟んだ建機等のリース会社の敷地になります。トラクターやユンボが駐機している敷地は古墳には似つかわしくないのですがお断りをして撮らせてもらったのが動画1です。快く応じて頂きほっとしました。
 後円部中央にある長さ6.75m、幅1m-1.28m、高さ1.60mの竪穴石室(埋戻し)からは直径38㎝の大型鏡に復元できるものも含め銅鏡の破片17-8枚分や鉄製品、石製品が発掘された(桜井茶臼山古墳範囲確認発掘調査 現地説明会資料(2003324日)奈良県立橿原考古学研究所)ほど貴重な古墳ですが残念の一言です。こうして放っておくと環境は悪化するばかりです。既にはじまっていましたが西側農地には建物が建設中でした。民有地なのでやむを得ないとの行政の声が聞こえてきそうですが、きちんと古墳が整備されていれば周囲も景観とのバランスなど考えるのではないでしょうか。桜井市に聞くと奈良県が管理しているのでとつれない返事。奈良県は桜井市のほうで整備計画が出てこなければと、どこかでよく聞く話で終わってしまいました。白石さんの本はもとより古墳関係の書籍では必ずと言ってよいほど登場する桜井茶臼山古墳がこれでは可哀そうです。
 アクセスは桜井駅から東に徒歩で15分。駅前の観光所で地図をもらうとよいでしょう。ただ165号線は交通量が極めて多くしかも歩道がないとこともあります。十分気をつけてください。また墳丘への道は滑りやすく十分ご注意ください(撮影2016年2月24日)。


PNG sakuraichausuyama zu

桜井茶臼山古墳基本データ

所在地 奈良県桜井市外山

形状 前方後円墳

規模 墳長 207m、後円部径110m 高さ21.2m、前方部幅61m 高さ11

後円部三段、前方部 二段築成 葺石あり(埴輪なし)

築造時期 4C

出土品 後円部の竪穴石室から直径38㎝の大型鏡に復元できるものも含め銅鏡の破片17-8枚分や鉄製品、石製品等多数

史跡指定 国指定

特記事項 竪穴石室は長さ6.75m、幅1m-1.28m、高さ1.60mで壁面に朱塗布



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の後期古墳は既に紹介した二子山古墳(6C初頭)、丸墓山古墳(6C前半)と同じさきたま古墳群に属する将軍山古墳です。動画1からおわかりのように、いずれ紹介する稲荷山古墳とそっくりの形状をした前方後円墳です。関東には群馬県の保渡田古墳群、大室古墳群など復元された古墳群がありますが、さきたま古墳群もその一つです。8基の前方後円墳、1基の円墳からなる古墳群の墳丘の大半は芝生等で覆われ形がよくわかる点が何よりの特徴です。こうした明瞭な墳丘を繰り返しみると雑木林に覆われた天皇陵なども木々を伐採すると同様の形状が現れてくるはずだという勘が養われることに気が付きました。その意味でも東京から比較的近いこともあり三度も訪れてしまいました。季節によりその姿が大きく変わることがわかるのもさきたま古墳群の特徴のような気がします。
 ところで動画1の手前に大きく見えるのが国宝金錯銘鉄剣が出土した稲荷山古墳です。その奥に今回の将軍山古墳が見えます。築造時期は100年ほどの差がありますが「方形二重堀や中堤造出し、墳丘後円部造出しなど、驚くほど稲荷山古墳と似ている」(ガイドブックさきたま、埼玉県立さきたま史跡の博物館)のだそうです。それにしても周囲をめぐる堀の大きさには驚かされます。ビジュアル的にも二重の堀が墳長90mほどしかない将軍山古墳を引き立てています。堀と堤をつなぐ土橋も動画に出てきます。
 豊富な出土品という点でも両古墳はよく似ています。後円部南東側は墳丘が失われ露出していた石室から馬具や環頭太刀、銅碗(どうわん)等が発掘されています。その後円部東南側に古墳展示館があり石室がリアルに復元されています。
 アクセスは公共交通機関の場合いくつかあります。さきたま古墳公園のHPに詳しいルートが紹介されています。行田駅から市内循環バスが一番便利ですが本数が少なく、二度目は本数が多いJR吹上駅から朝日バスで佐間経由 行田折返し場・総合教育センター・行田工業団地行に乗り産業道路で下車し歩いて15分のルートを使いました(撮影2016年2月24日)。
PNG shougunyama sakitama shusei





将軍山古墳(さきたま古墳群)基本データ

所在地 埼玉県行田市

形状 前方後円墳

規模 墳長90m、後円部径39m 高さ8.4m、前方部幅68m 高さ9.4m

築造時期 6C後半

出土品 馬具や環頭太刀、銅碗(どうわん)、銅鏡等(一部は古墳公園内のさきたま史跡の博物館でも見られる)

史跡指定 国指定

特記事項 後円部東南側に横穴石室を中心としたガイダンス施設あり

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 考古学・原始・古墳時代

今回はようやく準備が整った三重県松阪市にある中期古墳の100m級の前方後円墳、宝塚1号墳です。というのも動画4にある形象埴輪が周囲を囲む造り出しが見応えがありますし、下からしかも遠くから墳丘を眺めることのできる点でも貴重なのです。ところが、一度目の訪問時は草茫々で残念な結果に。今回、漸く気に入った映像を撮ることができました。キャプションにも入れましたが全国最大全長140mの船形埴輪が発掘されたことでも有名です。普段は松阪市文化財センターはにわ館に展示されています。私はたまたま、高槻市の今城塚古墳を訪ねた際に、「古墳時代の船と水運の特別展」が開催されていたので、その巨大な埴輪を目の当たりにしました。とにかく大きいです。はにわ館のHPによれば、「船上に立体的な飾り物を樹立する形としては唯一のものです。この船は、古墳に葬られた人物の生前の業績をあらわしているという考えと、魂をあの世に運ぶ「葬送船」であるという考えがあります」だそうです。被葬者と船形はにわがどのような関係にあるのか興味はつきません。

 中期になり増加する後円部と前方部の間に位置する造り出しですが上田宏範さんの研究によれば墳丘両側、片側、またその位置などでさまざまに分類できるようです(増補新版前方後円墳、学生社、1996)。ずいぶん数多くの造り出しつき古墳をアップしていますが、宝塚古墳のように復元されていると当時を想像しやすいですね。

肝心の墳丘ですが中期の古墳に特有である前方部の発達がみられます。前方部の幅は後円部径に近く、端にいくにしたがって高くなっています。埋葬施設は未発掘ですが後円部墳頂に粘土郭と思われる反応がレーザー探査で確認されていると松阪市文化財担当の方の説明でした。1号墳はいずれ紹介する2号墳と極め接近して造られています。

 アクセスは松阪駅前から鈴の音バス 松阪市循環 右回りに20分ほど乗り古墳公園前で下車、進行方向に進むと左側に墳丘がみえます。ただ循環バスは1時間に1本ほです。ご注意ください(撮影2016年2月23日)。

PNG takarazuka 1gou zu


宝塚1号墳基本データ

所在地 三重県松阪市宝塚

形状 前方後円墳

規模 墳長111m、後円部径75m 高さ10m、前方部幅66m 高さ7m

築造時期5C

出土品 船形、円筒、壷、蓋(きぬがさ)、盾、短甲等各種埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 全長140㎝の船形埴輪は全国で最大(276点の埴輪が重要文化財)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


  仙台空港が北西3kmほどのところにあり南に2kmほど下ると海側に大津波襲った阿武隈川があります。多くの犠牲者をだした東日本大震災ですが今回紹介する亀塚古墳には直接的な被害はなかったようです。岩沼駅から北に1kmほど歩くと収穫が終わった水田のなかに、それこそぽつりとスリムな墳丘が横たわっていました。現在の墳丘長は39.5mしかありませんが2011年の発掘調査で、二回りほど大きい48m、後円部径も25m、さらには全体に周濠が巡っていたことが明らかになっています。そして岩沼市民図書館(岩沼駅から徒歩5分)のふるさと展示室には東側くびれ部で完全な形で出土した一木二又鋤と呼ばれる農耕具が展示されていました。墳丘全体の形などから5C代、古墳中期に造られた地元豪族の古墳とみられていますが、新たに見つかった農耕具だけでは築造時期の特定は難しいと調査を担当された方が話されていました。葺石や埴輪も発掘されていないそうです。

 動画からもわかるように開発が至近距離まで迫っています。それでも亀塚古墳が現在まで残ってきたのは、地名として亀塚が残っていることに加え、地域の人々になくてはならない存在だったからのように思われます。昔からサッペ講と呼ばれる火防祭が旧暦の1025日(現在は新暦の日)に行われてきたようなのです。岩沼市文化財保護委員の千葉宗久さんは「かつては、家々で新米のモチをついて、豆腐モチやアンコモチを親類や親しい人々にごちそうしたそうです。そして夕方になると大人も子供もワラを抱えてかめ塚古墳に集まり、それで1メートル程の小屋を作ったという。供え物をして、多宝院様にお願いをしてお祭りを行い、終わると切り火を切って一切の物を焼いたそうである」(岩沼市文化財だより、平成1431日)と書いています。11月初旬の訪問だったためか動画2の前方部手前に切り火を切った跡が見られるように思うのですが気のせいでしょうか。いずれにせよこの地元に愛されてきた亀塚古墳をこれからも大切にしたいものです。

 アクセスはわかりやすいです。岩沼駅を線路沿いに北に歩き25号線の高架をくぐりさらに直進すると住宅地が途絶え田畑が広がります。動画1がそのあたりになります。JR岩沼駅から徒歩15分です。図書館は線路をはさみ古墳とは反対側(海側)にある岩沼小学校のすぐ近くにあります。徒歩5分(撮影2015年11月5日)。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

亀塚古墳基本データ
所在地 宮城県岩沼市亀塚

形状 前方後円墳

規模 墳長39.5m、後円部径16.3m 高さ 2.45m、前方部幅10.3m 高さ2.05m2011年の調査で墳長48m、後円部径25m、前方部長22m、くびれ部幅11mであることがわかった、岩沼市教育委員会)。

築造時期 5C

出土品 一木二又鋤と呼ばれる農耕具

史跡指定 岩沼市

特記事項 本文説明にあるようにさっぺ講と呼ばれる火防祭が亀塚で行われてきた


 PNG kamezuka iwanuma zu

 今回紹介する前期古墳の椿井大塚山古墳(つばいおおつかやまこふん)は二つの意味でよく知られた前方後円墳です。一つは動画1からおわかりのように後円部の前方部よりのところにJR奈良線が横切っていて、気持ちのよいほどズバッと墳丘が切断されているのです。1896(明治29)年、奈良鉄道(現JR奈良線)の敷設工事によるものだそうです。それにしても明治半ばにはこうしたことがよく行われていたのでしょう。地元の方から天皇の関西行幸に合わせて京都と奈良を結んだという話を聞きましたが明治天皇の関西行は1877年(明治10年)なので少々違うかなと。とはいえ予定が変更になったのかもしれません。この時期、日本全国でインフラ整備が行われていた時期であり、椿井大塚山古墳だけでなく天上山古墳、五霊山古墳も奈良線のために破壊されています。もっとも「地元では当時、後円部のみが奈良時代の政治家、藤原百川(ふじわらのももかわ)の墓とされており、墓を多少削る程度の認識だったろう」(日本101選、17、椿井大塚山古墳編)という解釈に賛成です。たしかにこの椿井大塚山古墳の北側、東側は竹藪、竹林で墳丘自身も地山を活用したものなので地元でも山や丘としてしか見られていなかったというのは大いにあり得ることでしょう。

 それが一転、世間の注目を浴びることになったのは1953(昭和28)年、旧国鉄が線路脇の斜面を緩やかにするために後円部を削ったところ、竪穴式の石室が現れ、三角縁神獣鏡を含む大量の副葬品が発見された。京都府教委、京大による調査、測量の結果、線路東側の丘陵を後円部、西側の住宅地を前方部とする前方後円墳であることがわかった」(前掲、日本101選)からでした。卑弥呼から下賜されたとも言われる三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余は専門家の三角縁神獣鏡の編年に基づいて第一段階から第四段階まで出土していることが確認され、その実年代を白石太一郎さんの解釈をもと推察してみれば椿井大塚山古墳の造営時期は270年頃ということになります。前期、それもかなり古い時期の前方後円墳です。前方部は動画撮影位置からもわかるようにバチ形に広がっています。

 さて動画23でもおわかりのように前方部には民家が立ち並んでいます。国の史跡指定を受けているので住民の方々は現状変更もままならないのではないでしょうか。といって強制的に収用するわけにもいかないのも事実です。地元の方々は「椿井大塚山古墳を守る会」を組織して、古墳を保護しながらの暮らしを選んだようです。何度も道順を間違え地元の方々にお聞きしましたが、一度も知らないという返事はありませんでした。地元に根差した古墳といえるのではないでしょうか。現在、動画3に映る前方部端の一部が木津川市により買い上げられ将来の史跡公園化に備えられています。いずれ遠い将来には史跡公園ができるのではないでしょうか。動画3の前方部側から後円部を見上げた映像からは175mの墳長を実感できるはずです。

アクセスはJR奈良線上狛駅を西方面に200mほど歩き右折、ひたすら北に向い1kmほど歩くと山城中学校が見えます。そのまま直進すると信号がありそこを山側(東側)にあがったところに大塚山古墳はあります。ただ細い道でわかりにくいので地元の方に、このあたりでお聞きください(撮影2016年1月26日)。


PNG tsubaiootsukayam zu saigoonsaigo

所在地 京都府木津川市山城町

形状 前方後円墳

規模 墳長175m、後円部径110m 高さ20m、前方部幅80m 高さ10m

後円部 4段築成、前方部2段築成、葺石あり、濠なし。

築造時期 3C

出土品 三角縁神獣鏡32面を含む銅鏡36面余、鉄刀、鉄剣、鉄矛、鉄鏃約2、銅鏃、鉄製甲冑等武器武具多数、他に工具、農具等

史跡指定 国指定

特記事項 発掘された後円部の埋葬施設は竪穴式石室で長さ6.9m、幅1m、高さ3m。コウヤマキ(高野槇)製の割竹型木棺を安置。




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ