古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳(帆立貝型)

  これが古墳なの。前方後円墳なのと驚いた方も多かった塚山古墳(クリックすれば飛べます)に付随する二つの帆立貝型前方後円墳が今回紹介する古墳です。西洋庭園の装いの主墳、塚山古墳とは違い墳丘を自然復元保存した西古墳、南古墳を見てほっとしたのは私だけではないと思います。西古墳が墳長61m、一回り小さい東古墳が58mと決して小さくはない前方後円墳ですが、前方部は短く西古墳が15m、南古墳は21mにとどまります。ご存知の方も多いと思いますが上から見ると帆立貝に似ているところから帆立貝型と呼ばれています。同型の古墳では東京世田谷区の墳長82m野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、71mの奈良県岸和田市の風吹山古墳(クリックすれば飛べます)があります。この二基は帆立貝型前方後円墳が明瞭にわかる復元ぶりですので是非比較してご覧ください。塚山西、南も本来このような形をしていたと考えられています。

 これら二基の築造時期ですが主墳の塚山古墳を避けるように造られていることから古墳時代中期、5世紀後半から6世紀前半に西、南の順で造られたと考えられているようです。現在、残されているのは墳丘が削られてしまった6号墳を含め四基ですが元は小規模の円墳六基があったということです。塚山古墳へのアクセスは東武線宇都宮線の西川田駅の東側に国道121号線があり南東方向に1㎞ほど歩きます。総合運動公園入口の信号の左に古墳公園が広がっています。徒歩20分ほどでしょうか(撮影201713日)。

PNG tsukayamanishi&minami zu 修正

塚山西・南古墳基本データ

所在地 栃木県宇都宮市西川田町

形状 前方後円墳(帆立貝型)

規模 (西)墳長61m、後円部径46m 高さ5m、前方部幅22m、高さ2.5 (南)墳長58m、後円部径37m 高さ6m、前方部幅18m 高さ2m 周溝が巡る

築造時期 (西)5C後から6C初 (南)6C末から6C

出土品 (西)円筒埴輪、形象埴輪、土師器、須恵器 (南)円筒埴輪、土師器、須恵器

史跡指定 県指定

特記事項 主墳の塚山古墳を中心に塚山古墳群を形成



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介する中期古墳は大阪府岸和田市にある久米田古墳群に属する風吹山古墳です。以前から気になっていたのですが、百舌鳥・古市古墳群の周辺にはどのような古墳が築かれていたのだろうか。探してみるとあそこにもここにもという具合にあるのです。専門家からは、そのようなことは当然だと笑われてしまいそうですね。それにしても5C代の大王墓がいくつも含まれる百舌鳥・古市古墳群だけが注目される中、周辺にももっと目が向けられてよいような気がします。既にいくつか紹介しましたが心合寺山古墳(2015722日アップ)などその一例でしょう。久米田古墳群は。久米田古墳群には仁徳天皇陵(大仙古墳)から10kmほどしか離れていません。百舌鳥・古市古墳群の被葬者達とはどのような関係にあったのか興味はつきません。築造時期は報告書(久米田古墳群発掘調査報告書、岸和田市埋蔵文化財調査報告書2、2013年)によれば4C末から5C初だそうですから、大仙古墳が完成する前には風吹山古墳は存在したということになります。順序が逆になりましたが、風吹山古墳のある久米田丘陵には、消滅したものも含め10数基の古墳が存在したと考えられているそうです。今では別の機会に紹介する貝吹山古墳及び今回の風吹山古墳、無名塚古墳、女郎塚古墳が墳丘を間近にすることができます。動画5では隣接する無名塚こふんも紹介しています。
 築造時期が先行する貝吹山古墳が一般的な前方後円墳であるのに対して、風吹山古墳は前方部が極端に短い帆立貝型前方後円墳です。墳長は71m、後円部の径が59mに対して前方部の幅は30mしかありません。発掘された副葬品は胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類等貴重なものが多いのにもかかわらず前方後円墳の中では格下の帆立貝型だったのか答えはみつかりません。同様のことが東京世田谷区の等々力にある野毛大塚古墳(2015618日アップ)にもいえそうです。比較してご覧ください。

 アクセスはJR阪和線久米田駅から東南方向にある久米田池を目指す道(商店街)を10分ほどあるくと右手に周濠がめぐる貝吹山古墳がみえます。この久米田公園に三基の古墳が残されています(撮影2015年11月24日)。

PNG kazefukiyama zu



風吹山古墳(久米田古墳群)基本データ

所在地 大阪府岸和田市池尻町

形状 前方後円墳(帆立貝形) 無名塚は円墳

規模 墳長 71m、後円部径59m 高さ9m、前方部幅30m 高さ2.2m

無名塚は径26m、高さ1.6m

築造時期 両古墳とも4C末から5C初頭

出土品 胃や鉄製の鎧、銅鏡、鉄刀、鉄剣、玉類多数

史跡指定 岸和田市

特記事項 二つの埋葬施設のうちの第二主体部の2人の被葬者はともに女性の可能性が高いとしている(ブログ本文の報告書)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ