古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った山梨県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:前方後円墳

周濠に浮かぶ美しい墳丘



  石室ばかり歩いていると墳丘がよく残る古墳に出会うとなぜかホッとします。今回の扇八幡古墳はそんな一基でした。復元された古墳ではありませんし墳丘は木々に覆われ、ところどころ倒木もみられるといった状態でしたがまぎれもない前方後円墳の姿がそこにはありました。3mから5mほどの周濠がきれに残り、それが60m弱の墳長を実際よりも大きく見せています。冬の日差しが差し込んでやや見づらいのが残念ですがお気に入りの一基になりそうです。

 墳丘は後円部径よりも前方部幅のほうが大きい後期の前方後円墳の特徴を示していますが、残存する前方部の墳丘はさほど裾が広がっているようにはみえませんでした。封土が流失したのでしょうか。肝心の埋葬施設ですが調査が行われておらず不明とのこと。しかし南東約300mのところに同じ時期に築かれた前方後円墳の箕田(みだ)丸山古墳があり横穴石室が残されているので、扇八幡古墳も横穴石室と考えられます。アクセスはJR九州日豊本線で行橋駅下車 タクシーでみやこ町歴史民俗博物館まで行き、学芸員の方に案内して頂きました(歴史民俗博物館のHPに入ると「現地研修のお申込み」という書式があります(撮影2017328日)。
みやこ町の各古墳は以下の古墳名をクリックすれば飛べます。
甲塚古墳
橘塚古墳
綾塚古墳
PNG ougihachiman kofun dougasatueiichi

PNG miyakomachi kofun ichikannkei zu


扇八幡古墳基本情報

所在地 福岡県みやこ町

形状 前方後円墳

規模 墳長 58.4m、後円部径36m 高さ7m、前方幅49m 高さ5m

2段築成 葺石あり

築造時期 6C前半

出土品 円筒埴輪片

史跡指定 県指定

特記事項 東南300mのところに同じころに築かれた墳長40m二つの横穴石室を持つ箕田丸山古墳がある。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

移築復元されたとはいえ見応えのある竪穴石室



 追手門学院大学の正門の左手のフェンス沿いに進むと右手は緑濃い森が続き、すぐに鳥居が見えてきました。目指す古墳はこの大織冠神社にあるはずです。急な階段を登りきると見えたのは将軍塚古墳の横穴石室でした。事前にわかっていたとはいえ閉ざされた石室は暗すぎてヘッドランプを使っても様子はうかがえません。玄室の長さは5.7mと結構な規模です。神社が古墳石室を所有していることは珍しくありませんが完全に閉じて人を寄せ付けないというのはなかなかお目にかかりません。文化財ということを理解しているのでしょうか、率直に言って疑問です。それはともかく将軍塚古墳は6C後半と将軍山古墳群の中では最も遅くに造られたといわれています。ややこしいのは今回紹介する将軍山古墳を含め佐保川沿いのこの地には7基の古墳が造られ将軍山古墳群と呼ばれていることです。ところが石室が見れなかった古墳は将軍塚古墳なのです。なんともわかりにくいですね。将軍塚古墳以外は墳丘は宅地開発のために消滅し、4C後半、最初に築かれた墳長107mの前方後円墳の竪穴石室が将軍塚古墳の右横に移築復元されています。 移築復元の価値ありと判断されただけあって結晶片岩を積み上げた石室は規模も大きく、見応えのある精緻な造りです。床面はU字型になっています。
 竪穴石室は築造当時のままに観察することは竪穴という構造から難しく、香川県の高松茶臼山古墳(いずれもクリックすれば飛べます)、愛媛県の妙見山古墳、岡山県の長福寺裏山古墳群の仙人塚古墳と数えるほどです。今回は移築に際して見学用の通路を作り竪穴の石の積み方がわかるようにしてあります。周辺には真龍寺古墳青松塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)など後期の古墳がいくつか残されています。アクセスは阪急茨木駅から追手門学院大学行の近鉄バスで終点下車(撮影2018年4月4日)。PNG shougunyama kofun sekishitu ichi zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

お椀を伏せたような円墳が印象的な前方後円墳



  これはこれは。一瞬円墳と思った高さ10m以上の後円部が視界を遮りました。前方部まで見通せないのです。下草が刈られた後円部に沿って南にまわると扁平な前方部が続いていました。それにしても後円部と前方部の高さの違い(前方部高さは約5m)はびっくりするほどですし、さほど幅が広くない前方部が長いことが印象的です。全体の長さ91mに対して、なんと55mもあります。あまり見たことのない前方後円墳ですが、記憶をたどると同じころに築かれた全国第6位の規模を誇る奈良県の五条野(見瀬)丸山古墳(クリックすれば飛べます)に似ているような気がしました。あくまで印象です。気になる方は比較してご覧ください。
 双六古墳は壱岐古墳群のなかでは同じ前方後円墳の対馬塚古墳(現地に墳丘は残っているが、民有地にあり目視では森にしか見えなかった)についで2番目に築かれた大型の古墳のようです。 前方部を後円部に向かって歩くと動画1後半のように帽子のような墳丘が迫ってきます。カメラを片手に急な斜面をようやく登ると2㎞先ほどには大海原が広がっているはずでしたが、残念ながら木々に遮られて見ることはできませんでした。この後円部には長さ11.7mの石室が造られています。これまで紹介した笹塚古墳兵瀬古墳(クリックすれば飛べます)に比べると規模は小さいですが、複室、巨石が積まれている点は同じです。残念ながら前室手前の羨道で行く手を遮られてしまいます。玄室を遠めにしか見られないのは消化不良の気分ですね(苦笑)(撮影2019年3月26日)。PNG sourokukofun dougasatueiichi zu
PNG ikikofungunnozu hyouze chuushin
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

都会の喧騒の中に残る横穴石室

関東の人間にとり大阪の猪名川といってもピンときません。改めて地図で確認すると、伊丹空港(大阪空港)近くを流れる淀川に合流する川だということがわかりました。その猪名川流域にも数多くの古墳が築かれています。大阪の淀川よりも北の豊中市や池田市を中心とする地域です。墳丘の規模は堺市の百舌鳥古墳群、藤井寺市、羽曳野市の古市古墳群とは比較になりませんが前期から後期まで個性豊かな古墳を見ることができます。このブログでも前期の禁野車塚古墳牧野車塚古墳大石塚・古石塚古墳池田茶臼山古墳、中期の太秦高塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます)を紹介してきましたが、今回の二子塚古墳は後期の横穴石室が残る前方後円墳です。もとは現在ではほとんど削られている前方部の高まりが別の墳丘だと考えられていたようで、二子塚はそこに由来しているようです。前方部の幅が40mと後円部径よりも10mも大きくしかも墳長全体で45mですから前方部が極端に発達した後期古墳の典型であることがわかります。

 八幡神社の鳥居の横にフェンスに囲まれ封土が流失した石室が残されていました。全長6.72m、玄室4.5m、幅1.54m、高さ1.68m。残念ながら石室内には入れず、開口部も土砂と枯葉で埋まっているために奥壁が見通せず焦りました。ヘッドランプの光を頼りに漸く確認できた奥壁は表面が平滑され丁寧に造られていて驚きました。アクセスは阪急宝塚線石橋阪大前で下車し府道176号線沿いに北西方向に歩き井口堂信号で北側にわたり阪急バス石橋営業所を目指します。駐車しているバスを見ながら北に直進すると突き当り動画の冒頭の光景がみえます(撮影2016223日)。
PNG futagozukakofun(ikedashi) basho

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ