古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:前方後円墳

紹介の難しい貴重な2基の大型前方後円墳

 このブログでは北は岩手県から南は鹿児島県まで数多くの前方後円墳の動画を紹介してきましたが今回の2基の古墳ほど現地の様子を映像を通して伝えることの難しさを感じたことはありませんでした。仁徳天皇陵(大仙古墳)など陵墓に指定され立ち入り不可能な古墳とは違って、飯籠塚古墳も、浅間神社古墳も墳丘に登ることは可能です。しかもともに全国で30基あまりしかない墳長100m超を越える貴重な大型古墳です。墳丘の残りも特に飯籠塚に関してはよいのです。ただ残念なことに墳丘全体が竹林に覆われ冬にもかかわらず見通しが効きません。動画1では柄鏡形の細長い前方部を歩く先にぼんやりと高さのある後円部が浮かび上がる様子をなんとか紹介できた気がします。浅間神社古墳も前方部が参道と重なったり後円部が社殿のために削平されてはいますが地山を削り出して造られている前方後円墳です。しかし墳丘を降りて古墳全体を見ようと思っても斜面と雑木が邪魔をして叶いません。動画3の最後がその様子を伝えています。想像力を働かしてようやく墳丘の形がわかります。その墳丘ですが飯籠塚が前期でも4Cの前半、浅間神社古墳が4Cの中頃ということと関係があるのでしょうか。浅間神社の墳丘は後円部と前方部の高低差は飯籠塚ほどにはありません。

動画撮影位置の略図からおわかりのように既に紹介した白山神社古墳(クリックすれば飛べます)と飯籠塚古墳、浅間神社古墳の3基が小櫃(おびつ)川を挟んで同じ4Cに造られており三者の関係が注目されます。「小櫃学―小櫃の三大古墳を巡る」(小櫃公民館、2017年)によれば、その後この地域で目立った前方後円墳は造られなくなります。他方、中期になると墳長144mとかなり大型の前方後円墳、内裏塚古墳(クリックすれば飛べます)が小櫃川ではなく小糸川流域で造られる一方、小櫃川流域を含め他地域の前方後円墳はずっと小さくなります。前出の「小櫃学」によれば前期においては地域の統合が中期ほどには進んでおらず大型前方後円墳造営者を頂点とする階層秩序はまだ確立されていなかったと考えられています。内裏塚古墳の被葬者は階層秩序の頂点に立っていた人物なのでしょう。とすれば小櫃川流域で造られた3基については、この地域を支配する豪族たちが比較的自由に古墳を築き、権力を誇示することができた時代、まさに古墳時代前期の4Cに造られたということになるでしょう。アクセスはJR浜松町駅から高速バスにで東京湾アクアライン経由でJR久留里線小櫃駅まで行き、小櫃公民館でルートマップを頂戴し3基を歩きました。久留里線で移動することも可能ですが本数が少なく小櫃駅を起点に徒歩でまわることをお勧めします(撮影2017128日)。




飯籠塚古墳基本データ

所在地 千葉県君津市

形状 前方後円墳

規模 墳長102m、後円部径55m 高さ11.5m、前方部幅39m 高さ7.5m

周溝あり

築造時期 4C

出土品 不明 

史跡指定 県指定

特記事項 墳丘は前方部が細長い前期に特有の柄鏡形

 

浅間神社古墳基本データ

所在地 千葉県君津市

形状 前方後円墳

規模 墳長103m、後円部径66m 高さ9.7m(東)10.8m(西)、前方部幅47m-50m

高さ不明。

築造時期 4C

出土品 不明

史跡指定 市指定

特記事項 なし



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

二つの横穴石室が完存する貴重な古墳

 天竜川沿いの飯田の古墳の中でも前方後円墳に二つの横穴石室が残るという貴重な一墳です。JR飯田線川路の駅から北に県道250号線をあがり久米川橋北の信号を川沿いに北西方向に進むと考古資料館のある開善寺に到着。その北に走る道沿いに馬背塚古墳はあり(看板があります)、田畑が広がる景色の向こうに明らかに人工の構造物ということがわかる墳丘(動画1の冒頭)が見えます。近づくにつれ後円部と勘違いした前方部の横穴石室の開口部がのぞいています。残念ながら墳丘はかなり改変が進んでいます。後期から終末期にかけての前方後円墳ですから常識的には前方部幅は広がっているはずですがそうはみえません。後円部も同様で、墳丘は周囲を削がれていくうちに長方形になってしまったのではないでしょうか。現地説明板の測量図からもそんな感じがします。

 肝心の石室ですが後円部の石室は残念ながら落石の恐れありとのことで入室はできませんでした。玄室と羨道の幅が同じ無袖形の石室のために全体が一つの長い空間にみえる石室はなかなかの迫力です。11.7mもあります。天井の高さは2.7mですがもっとあるようにも見えます。他方、前方部の石室はご覧のように両袖形で、持ち送りがはっきりと確認できる巨石を用いた堂々とした印象を受けます。横壁の巨石には驚かされました。全長はやや後円部よりも長い12mで築造時期は後円部石室よりも新しいとされています(現地説明板)。

それにしても飯田古墳群のそれぞれの古墳はどれも魅力的です。横穴石室の大半が入室可能という点も嬉しいことです(撮影201744日)。
PNG masezuka kofun zu

PNG iidaTumuli zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

バランスのとれた美しい横穴石室

 西都原古墳群を訪ねた帰りに一ツ瀬川をはさんだ対岸の台地の端に築かれた千畑(ちばたけ)古墳を見てきました。完存している横穴石室に驚かされるとともにもっと知られてよい古墳ではないかと思いました。古墳では9か所しかない国の特別史跡の西都原古墳群は史跡公園として整備され四季折々花が咲き乱れ独自のHPも持っています。他方、千畑古墳は国の史跡であるにもかかわらず西都市のHPにひっそりと紹介されているだけです。古墳の好きな人だけにとっておかれているようなそんな気もします。だからこそ周辺を含めた静寂さが保たれているのかもしれません。

 墳長約40mの前方後円墳とのことですが竹林に覆われた墳丘からはその姿を想像することはできません。動画1からおわかりのように南を向いて開口する石室は屈めば楽に入室できる大きさでした。巨石を用いた羨道から玄室に進むと左右両サイドに空間が広がり両袖形(両袖式)ということがわかります。羨道幅と玄室幅が同じ無袖形、玄室横壁の左右どちらかだけが羨道幅より広い片袖形、そしてこの千畑古墳のような両袖形とありますが、それがどのような意味を持つのかは解明されていないようです。被葬者の地位が高位であれば石室が大きく両袖が採用されると解釈している人もいますがあくまで一つの見方のようです。

これまで数多くの石室を紹介してきましたが羨道、奥壁、横壁とバランスのとれた空間は

なかなかないものです。特に玄室側から羨道方向をみた動画3がおすすめです。石室長は9.2mと巨大というほどではありませんが宮崎県下では最大だそうです。川をはさんだ西都原古墳群との関係が気になりますが既に紹介した鬼の窟古墳(クリックすれば飛べます。)の石室と共通点が多いそうです。あらためて見直してみると奥壁の石積みなど似ていなくもありませんが天井が千畑のほうがずっと高く一回り大きい石室です。

 アクセスは今回は帰りのバスの時間の関係でやむなくタクシーを使いました。そのドライバーさんも千畑古墳のことは知らず焦りました。時間があれば一ツ瀬川を見ながら西都原古墳群からのんびりと歩きたいものです(撮影2017323日)。

PNG chibatake kofun zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

思わず素晴らしさに声の出た石室の壁画

期待せずに出かけていってあまりのすばらしさに息を飲んだという経験はありませんでしょうか。今回訪れた茨城県ひたちなか市の虎塚古墳の壁画は私にとりまさにそうした貴重な機会でした。このブログでも紹介しているように石室の壁に模様や絵が描かれている装飾古墳は北九州に集中しています。実際に見る機会もありましたがこちらの目が悪いせいかこれまで訪れた中では国東半島の鬼塚古墳(クリックすれば飛べます)以外はあまりはっきりせず残念な思いをしました。そうした経験からほとんど期待もしていなかったのです。考えてみれば幸運の予兆はありました。以前から訪れたいと思い市役所に墳丘の草刈の状況を問い合わせたところ年に二回の公開期間がはじまるので刈ったばかりというのです。なんと計画していた日が公開の初日だったのです。当日JR総武線の勝田駅からレトロなひたちなか海浜鉄道(動画3におまけで付け加えました)で中根駅まで移動し田んぼが広がる景色の中虎塚古墳と書かれた旗が要所要所に立つ道を北東方向に歩くこと20分、雑木林のなかに虎塚古墳は眠っていました。

 畿内では6C後半には大型前方後円墳の築造は終わり、他の地域でも下火になりますが、東国だけは7C初頭まで延々と前方後円墳築かれ続けます。虎塚古墳もその一基で墳長は56.5m、動画でおわかりのように後円部径より前方部幅がやや広く極端なくびれもない、なにか寸胴な感じのする墳丘です。同じ頃に築かれた千葉県芝山の姫塚、殿塚古墳(クリックすれば飛べます)に見た感じが似ていると思い、後円部径と前方部幅を調べたらこちらはほぼ同じでした。

 肝心の奥壁、横壁に円紋など書かれた石室ですが係りの方がライトを照らすとそれまで真っ暗だった玄室が蘇り思わず声が出ました。キャンバス状に石積みの上に白色粘土を塗り、その上にベンガラ(酸化第二鉄)で書いているのだそうです。動画1は埋蔵文化調査センターの石室のレプリカですが、これまた全く同じといってよいほどよくできています。センターの方もそういわれていました。もしろん機会があれば実物を見ることをお勧めします。今シーズン(2018年)は118日(木)から11日(日)まで見学できます(昼休み12時半から13時半)。予約も必要ありませんし150円でみれるのですから驚きです。なお、発掘のいきさつなど、調査を担当した明治大学名誉教授の大塚初重さんが、装飾古墳の世界を探る(祥伝社、2014年)のなかで詳しく発見時の様子など軽妙なタッチで書かれています。是非、一読をおすすめします(撮影日2018111日)。



虎塚古墳基本データ

所在地 茨城県ひたちなか市

形状 前方後円墳

規模 墳長56.5m、後円部径32.5m 高さ5.7m、前方部幅36.5m 高さ5.2m

築造時期 7C

出土品 槍、盾、太刀、鉄鏃等武具、成人男子遺骨一体

史跡指定 国指定

特記事項 石室壁に装飾がほどこされている




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

1㎞先に墳丘を確認できた大隅半島の大型前方後円墳

日本の最南端にある前方後円墳の一基は鹿児島県大隅半島に築かれていました(より南に下ったところの塚崎古墳群の51号墳が南限)。こんなところにと思いながら大崎三文字のバス停から志布志湾方面に歩き始めると周辺は一面田畑。視界を遮るものは何もありません。じっとみると東の方角約1㎞のところに墳丘が確認できました(動画1)。墳長約140mの大型前方後円墳です。おそらく築造当時も同じような光景だったのではないでしょうか。ずいぶん数多くの古墳を訪ねてきましたがこれほどの距離から墳丘が視界に入るのははじめてです。海岸からも1㎞ほどのところ築かれていますから志布志湾を航行する船からも確実にその姿を見ることができたはずです。改めて前方後円墳築造の目的が被葬者の権威や権力を見せつけることだということを思い知らされました。

 墳丘に近づくと二段築成の墳丘が左右に広がります(三段築成かもしれないという指摘がある。横瀬古墳発掘調査報告書2016年、大崎町)。早速墳丘に登ってみましたが、残念なことに前方部は木々で覆われ中期古墳特有の前方部の発達(裾の広がり)が確認できません。もっとも前方部側から後円部に歩くと墳丘の形がよくわかりました。円筒埴輪が立ち並ぶ様子を想像してみました。美しいと思ったのは海岸側からみた姿です(動画4)。それにしても日本の最南端にこれほど巨大な前方後円墳を築くことができた被葬者はどのような人物だったのでしょうと思いながら説明板を見ると大陸、南西諸島、近畿地方(ヤマト王権)を結ぶ広域交通の拠点を掌握していた首長の墓と推測されますとありました。なるほどと思いました。アクセスは鹿屋バス停から志布志湾行きで大崎三文字下車。東に徒歩20分(撮影2018219日)。

横瀬古墳基本データ

所在地 鹿児島県大崎町横瀬

形状 前方後円墳

規模 墳長137m、後円部径80m 高さ9.1m、前方部 幅88m 高さ8.5m

二段築成(三段とも)、周濠あり、葺石なし

築造時期 5C

出土品 鉄器(伝)、須恵器、円筒埴輪、盾形埴輪

史跡指定 国

特記事項 埋葬施設は竪穴、埴輪を伴う前方後円墳としては最南端に位置


PNG yokosekofun dougasatueiichi
PNG yokosekofun basuteihyoujiban
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

濠に囲まれた裏山からの姿が印象的な前方後円墳

 だいぶ前のこと、この古墳の墳丘を前方部の裏山から捉えた姿を見る機会があり脳裏に焼き付いていました。これは訪ねなければと思いつつも漸く実現したのは2017年の8月末のことでした。言い訳になりますが交通の便が悪く京阪神から訪ねたとしても電車とバスを使って一日がかりなのです。こだわりの私としては車は極力使わず公共交通機関と徒歩だからです。JR西日本福知山線の篠山口駅から古墳近くまで行くバスは一日往復一便(しかもこのブログを書くために神姫バスに確認したところ途中までの便しかなくなってしまいました)なのです。

漸く実現したのは墳丘がよく見える冬場ではなく古墳踏査にはあまり適していない夏の終わりでしたが幅広の濠に囲まれた墳長140mの前方後円墳は十分に見応えがありました。畿内に残された仁徳天皇陵(大仙古墳)など周囲には濠が巡ってますがこれは後世のもの。雲部車塚古墳の場合、築造時から濠はあったようです。その水を湛えた幅広の濠と緑の墳丘のバランスがなかなかに見事ではないでしょうか。中期古墳以降に見られる前方部の発達(幅が後円部径よりも大きい)も周囲を歩くことでよくわかります。しかも車塚のいわれとされる墳丘南北にある二基の陪塚(両輪とみなされる)も残されています。畑仕事をしていた方に聞きかなり急な坂道を墳丘東側の裏山に登りきると木立の間から前方部が飛び込んできました。感激です。数多くの古墳を訪ねていますが当時の人の目線で(ヘリコプターやドローンではなく)上から墳丘を眺めることができるところは極めて少ないです。その意味でも貴重な古墳です。もっとも周囲から古墳がよく見えるかといえばそうではなく、調査報告書では「 景観的な面からみると、東西側は丘陵によって視界が遮られ、南側も篠山川の対岸に山地が接近しているところから、古墳の墳丘を充分に眺望できる地点が乏しい。大型前方後円墳の立地としては、きわめて奇異な印象を受ける」と書いています(雲部車塚古墳調査報告書、篠山市教育委員会、2013年)。

墳丘については墳長140mよりも実際には大きく築造当時には158mにも達していたのではないかともいわれています。三段築成(後円部)の最下段が濠に沈んでいるというのです(宮内庁2004年裾部の調査)。後円部径は76m、前方部幅は112mに復元されます。この丹波地方では雲部車塚古墳の北方30㎞ほどのところに同じ5C中頃に巨大円墳私市円山古墳(クリックすれば飛べます)が築かれていますが、これほどの規模の前方後円墳は見られません。そのことは雲部車塚古墳のある丹波西部地方を時間的に前期に遡り、反対に後期に下ってもいえます(石野博信編、全国古墳編年集成、雄山閣、1995年)。いかにこの古墳の被葬者がヤマト王権と密接なかかわりを有する大きな権力を握っていたかが想像されます。交通の要衝を抑えていた豪族だったのでしょうか。それを裏付けるかのように明治期に発掘された後円部の竪穴石室には最有力首長に使用された長持型石棺が甲冑に囲まれて置かれていました。中世には篠山盆地には篠山城が築かれていますし(篠山口駅からの神姫バスは城下町を通ります)、現在でも古墳の東側には国道173号線が南側には372号線が走っています(撮影2017829日)。

PNG kumobekurumazuka kofun zu


PNG kumobekurumazuka chikeizu
雲部車塚古墳基本データ

所在地 兵庫県篠山市

形状 前方後円墳

規模 墳長 140m、後円部径80m 高さ13m、前方部幅89m 高さ11m

後円部3段、前方部2段築成、葺石あり

築造時期 5C

出土品 甲冑、刀剣、鉄鏃等(1896年に発掘調査の際に石棺周辺で出土)、円筒埴輪及び家形、短甲、靭形など形象埴輪、須恵器、石棺自身は開けられていない。

史跡指定 なし、陵墓参考地

特記事項 宮内庁の調査により本文記載のとおりより墳丘規模は大きかったことが明らかになった。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ