古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:前方後円墳

民有地に眠る100mクラスの前方後円墳

JR内房線の姉ヶ崎駅(市原市)から至近の距離にある姉崎古墳群は既に何基か紹介していますが1.5㎞四方ほどの養老川の南側の台地に4C中頃から6C末ごろにかけて前方後円墳(前方後方墳もある)がいくつも築かれています。それも100mを越えるものも含まれています。今回は、その最初の頃、4C中頃に築かれたと考えられる釈迦山古墳です。

なぜこの地にいくつもの古墳が築かれたのでしょう。現在の姉ヶ崎駅辺りは古墳時代は海だったでしょうから、この地を中心とする海運の担い手が被葬者であったことは想像に難くありません。三浦半島走水あたりから東京湾を越えて房総半島の富津に至るルートは陸路に入り姉ヶ崎(市原市)を通って北に抜けたはずで、そこは養老川が東京湾に注ぐ交通の要所でもありました。養老川の北側には房総半島でも最も古い神門古墳群があり、現在でも見学可能な神門5号墳は既に紹介しました(クリックすれば飛べます)。

今回の釈迦山古墳、姉ヶ崎駅からもよく見える姉崎神社の鳥居の横のお宅の裏山にあります。お声がけをしたところ、「どうぞどうぞご自由に、ただ、藪になっているので足元に気をつけてください」とのこと。たしかに動画でおわかりのように墳丘全体が鬱蒼とした茂みのなかにあり、ところどころ倒木もあり見通しは十分とはいえません。ただ、目が慣れてくると明らかに人工的な構造物ということがわかりますし、それが前期の前方後円墳の特徴をはっきりともっていることにも気が付きました。後円部の高さに比して前方部が低く、しかも細く長いのです。測量図をみると(考古学の専門家の方々の研究蓄積を利用させて頂いているわけです)だいぶ削平されているようですが、それでもかなり大型の前方後円墳であることはわかります。くびれ辺りに後世に造られた墓石が立ち並んでいます。残念なことに姉ヶ崎二子塚古墳のように墳丘全体を遠くから眺めることはできません。姉崎古墳群の主要古墳は釈迦山古墳(4C央)、天神山古墳(4C央)、二子塚(5C央)、鶴窪(6C央)、六孫王原(6C末)の順で造られたと考えられています。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます(撮影201622日)。


PNG syakayama shuseiban saigo

PNG anesakikofungun to ichikankei

釈迦山古墳(姉崎古墳群)基本データ

所在地 千葉県市原市

形状 前方後円墳

規模 墳長 93m、後円部径60m 高さ12m、前方部幅32m 高さ8m

築造時期 4C前―央

出土品 鉄鏃、刀子、管玉、土師器

史跡指定 なし

特記事項 なし




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

これは素晴らしい!見逃せない天井の高い石室

 今回の烏土塚古墳の石室。ご覧になれば間違いなく感嘆の声をあげると思います。意外な場所に開口しているのでなおさらです。大半の横穴石室付き古墳は、墳丘の後円部側面に石室が開口しています(たとえば奈良県高取町の市尾宮塚古墳、群馬県高崎市の八幡観音塚古墳、古墳名クリックすれば飛べます)。ところが烏土塚の場合、動画撮影位置にあるように後円部の主軸方向南側に開口しており、しかも動画4の最後にみるように団地の開発のために開口部側は石垣で囲まれてしまい登ることはできません。やむなく前方部から後円部に歩き墳頂から開口部方向に下る必要があります。天井石が欠けた羨道を見ながら開口部に降りるのです。不思議な感覚です。それだけに最初に目に入る羨道の横壁とまぐさ石の巨大さに驚くにちがいありません。それにしても築造時もこうした方法で石室入口に向かったのでしょうか。それとも後円部南側に石室への道があったのでしょうか。


 天井板石が欠けている羨道を歩き両袖式の玄室に入ると、動画1の広範にあるように高い天井が迎えてくれます。4.2mもあります。幅がさほどないために余計に高く見えます。この迫力に加え天井石の大きさに驚かされます。石室に入るには平群町の文化財課で鍵を借りないといけませんが、この手間をかけただけの甲斐はあります。奥壁は一枚の板石ではないところが若干拍子抜けですが、半壊状の組合せ式石棺とも相まって実に見応えがあります。畿内で前方後円墳はほとんど造られなくなった頃に許されたということはこの地域で突出した権力の持ち主であったと思われます。最後の大王墓といわれる前方後円墳、五条野丸山古墳とほぼ同じ時期です。副葬品の豪華さからもその点がうかがえます。烏土塚古墳の北側には7C中頃に造られた方墳西宮古墳があります。これも素晴らしい石室です。併せてご覧ください(クリックすれば飛べます)。アクセスは近鉄生駒線竜田川駅から西に300mほどのところにあります。竜田川つり池を目指すとよいでしょう。なお平群町役場は隣の駅平群駅の西側にあります。ここで平群町の古墳マップを貰うとよいでしょう。(撮影2017116日)。

PNG udozuka kofun zu

墳丘に登れる九州最大の前方後円墳

 あれも古墳、これも古墳。志布志湾沿いに広がる田んぼや住宅にまじって古墳が点在する風景は当時の人々がここでどんな暮らしをしていたのだろうか思いを馳せるには十分すぎます。今回はその唐仁古墳群の主墳である墳長154mの唐仁大塚古墳(1号墳)を紹介します(役所塚古墳など残りはいずれアップします)。

 何度か書きましたように九州の古墳というと北部のイメージが強いのですが宮崎、鹿児島(日向、大隅)に前方後円墳、それもかなり大型のものを含む古墳群が形成されていることに驚かされます。それだけヤマト王権との関係が密だったことを示しています。唐仁大塚古墳群は総数130基あまり、それも古墳時代中期に集中して造られていることが特徴的です。ただ前方後円墳は三基のみで残りは二基の中型円墳と小円墳です。その点について琉球大学の池田榮史さんは首長は首長以外に古墳築造を許さない絶対的権力を有していたわけではなく、地域的で一定の立場をもつ人々が古墳を造ることを許容していたのではないかと述べています(「唐仁古墳群シンポジューム」、201811月、東串良町)。

 何度か紹介した西都原古墳群の女狭穂塚、男狭穂塚(帆立貝形)(その一部が見えるのは陪塚の170号と171号を紹介した回です。クリックすれば飛べます)がともに墳長175mを越え九州の前方後円墳では第一位、第二位を占めますが、唐人大塚古墳はそれにつぐ墳長154mを誇ります。しかも嬉しいことに陵墓参考地の前記二基と異なり墳丘に登り、周濠を歩いてその巨大さを体感することができます。中期初期に位置づけられるからでしょうか墳丘は前期古墳に特徴的な前方部が細長い柄鏡型です。のちに削られたかもしれませんが動画1、動画2でおわかりのように前方部が驚くほど低く平らです。他方、後円部は高さ12mあります。葺石や埴輪があったかどうかについては資料によって異なっています。興味深いのは動画3で紹介している社殿床下の竪穴石室の天井石です。過去に何度か開口され舟形石棺と石室との間に短甲が置かれ、その形式(長方板皮綴短甲)から古墳時代中期初頭に造られた考えられています。

 不思議なことにこの地域では中期以降ぱったりと典型的な古墳が造られなくなります。単に権力が移動しただけではないようです。前に触れたシンポジュームで鹿児島大学総合研究博物館の橋本達也さんは古墳時代後期6C代以降の異質化・個性化が、最終的には「異民族」としての隼人を生み出す要因になったと述べています。興味深い指摘だと思いました。

 唐仁古墳群より前に築かれた古墳を含む塚崎古墳群は肝付町、今回の唐仁古墳群は東串良町にありますが鹿屋のバスセンターから三州自動車の路線バスで塚崎まで行き、歴史民俗資料館を訪ねて塚崎古墳群を案内して頂いたあと、肝付町の教育委員会の方と一緒に唐仁古墳群を訪ねました。ありがとうございました(撮影2018年2月21日)。


PNG toujinootsuka zu

唐仁大塚古墳基本データ

所在地 鹿児島県肝属郡東串良町

形状 前方後円墳

規模 墳長154m、後円部径77m 高さ12m、前方部幅38m 高さ4m

周濠あり 葺石(ありとの資料も)

竪穴石室 長さ3.6m 幅1.2m 高さ0.85m

築造時期 4C末(中期)

出土品 埴輪片

史跡指定 国指定

特記事項 墳丘に登れる九州最大の前方後円墳


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

生目古墳群衰退に向かう頃の二基

生目(いきめ)古墳群の第4回目です。何度か書いたように古墳というと九州では北九州のイメージが強いのですが実は宮崎、日向の地に数多く築かれています。とりわけ前期では、生目古墳群が最大なのです。紹介した3号、22号を含め墳長が100m以上ある大型前方後円墳3基を含む古墳50基があります。ということは4C後半まで生目古墳群が九州では最もヤマト王権と緊密な関係を有していたと想像されます。改めて調べてみると古墳公園として整備された面積は22ha、東京ドーム4.6個分もの広さです。もっとも西都原古墳公園は14.5個分という点は指摘しておく必要があるでしょう(必ずしも墓域と公園の整備面積は一致しない)。

今回の14号ですが古墳群で優美な姿が印象的だった墳長143m3号墳(クリックすれば飛べます)から南に歩き西側を振り向くとやや墳丘の背が低い前方後円墳が目に入ります。墳長は63mです。多数発掘された壺形埴輪が後円部墳頂と前方部平坦面に並び、葺石が葺かれ後円部頂は敷石や礫があったようです。復元された5号墳(クリックすれば飛べます)と同様(14号の後に築かれる)、全面石に覆われたかなり武骨な姿だったのではないでしょうか。前期古墳の典型である前方部が未発達の柄鏡型ということがよくわかります。周溝は前方部前面にはなかったようです。

動画3で紹介している23号墳ですが100mクラスの22号墳の北東側に接して築かれていますが情報がありません。資料館、生目の杜遊古館で入手した資料にもなく14号墳よりも一回り小さな前方後円墳としました。いずれも古墳パンフレットの編年表によれば前期の後半の4C後に2314号の順で築かれており、生目古墳群が衰退していく時期にあたっています。反対に西都原古墳群の被葬者の力が強くなっていった結果でしょうか。大型化進みます。アクセスは宮崎市にあるバスセンター宮交シティから県病院方面のバスで20分ほど。坂の下で下車し西方向に歩くとすぐです(撮影2017322日)。


PNG ikime14&23 zu 修正版



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

逗葉の山頂にねむる大型前方後円墳

 既に紹介した長柄桜山2号墳(クリックすれば飛べます)とは違い墳丘からは相模湾を望むことはできませんが、前期古墳によくみられる地山を削り出して成形した1号墳からの眺めも実に雄大です。標高は127m。今でこそ木々に覆われていますが築造当時は山裾からも墳丘を仰ぎ見ることができたはずです。ただし墳長90m1号墳は2号墳とは違い葺石はありませんでしたから太陽に映えてキラキラ光り輝くという感じではなかったのでしょう。

 現在動画からもおわかりのように復元工事中です。当初、完成を待ってアップするつもりだったのですが完成は平成33年度(2号墳は31年度に開始し47年度)と知り(長柄桜山古墳群整備基本計画、平成233月、逗子市HP)見切り発車することにしました。といっても撮影したのは20153月と20161月ですから、その後だいぶ工事は進んだのではないでしょうか。興味深かったのは二度目に訪ねた時、葉桜住宅団地の西端にある古墳群登山道に沿って工事用のトロッコが敷設されていたことでした。古墳が築造されたとされる4C後半にはこのような設備はあろうはずもなく墳丘造成のための土砂はどのように運んだのか考えてしまいました。

典型的な前期の前方後円墳は後円部は高く前方部は見下ろすように低いという印象がありますが(たとえば名古屋市の白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)、長柄桜山1号墳の場合後円部から前方部にかけてなだらかに下っていて比高差は2.8mしかありません。工事中のため後円部から前方部に歩くことはできませんでしたが、遠目に見てもその点は確認することができました。もっとも1号墳と同様に後円部と前方部の比高差がない前期古墳も紹介しています。墳長が89mとほぼ同じの千葉県君津市の白山神社古墳は後円部高さは10m、前方部は7mでした。その差は長柄桜山1号墳と同じ程度です。1号墳の前方部幅は後円部径よりも19m短い33mに留まっておりその点からも前期古墳ということがわかります。不思議なのは2号墳にあった葺石が1号墳にはないことです(円筒埴輪はともに設置されていました)。人々に見せる側や片面にしか葺石がない古墳も紹介してきましたが同じ頃に同じ場所で同じ規模で造られた二基の古墳で片方だけにしか葺石が見られないというのはなぜなのでしょうか。興味は尽きません。なお埋葬施設は後円部にあることが確認されており未盗掘だそうです。被葬者は水運に関連する人物であったことは容易に想像できますが古墳時代には相模湾から逗子、横須賀市の走水、東京湾を
越え房総半島に至る交通路があったようです(逗子市HP)。
  アクセスは逗子駅バス4番乗り場から葉桜行で終点下車。1号墳墳丘までは徒歩で20分ほどです。2号墳へはそこから10分。葉桜のバス停に長柄桜山古墳方面と標識が立っています。迷ったら住宅地先の西方向にある森を目指してください。登り口に説明板があります。(撮影2015312日及び2016120日)。



PNG nagaesakurayama 1gou zu

柄桜山1号墳基本データ

所在地 神奈川県逗子市、葉山町

形状 前方後円墳

規模 墳長91m、後円部径52m 高さ7.7m、前方部幅33m 高さ4.9m

後円部 三段築成、前方部二段築成

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、壺形埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 1999年に携帯電話の中継基地建設工事に伴う小規模な伐採及び整地が行われた際、葉山町の歴史愛好家が埴輪片を発見したことをきっかけにその存在が知られるようになったという(逗子市HP)。
PNG 長柄桜山古墳群と房総半島前期古墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

不思議な古墳 

 墳長335mを誇る今回の河内大塚山古墳は古墳時代後期の6C半ばに現在の羽曳野市と松原市にまたがるように造られたと考えられています。墳長でいえば全国で第五位、6Cでは最大の超巨大古墳です。残念ながら大正末期の1924年に宮内庁が陵墓参考地に指定したために前方部にあった村は強制撤去され以後、陵墓の仁徳天皇陵(クリックすれば飛べます)等と同様、立ち入り禁止です(2010年に考古学者など専門家に対して一部公開)。

この大塚山古墳は百舌鳥古墳群とともに世界遺産登録の国内候補になっている古市古墳群には含まれていません。応神天皇陵(誉田御廟山古墳)(クリックすれば飛べます)を中心とする古市古墳群から3㎞ほど西に離れていることや築造時期が100年以上下ることから古市古墳群には含まれないとの見方が大勢のようです。世界遺産登録ブームに乗り遅れた(?)ためでしょうか同じ6Cでも、前半に造られ高槻市が一部復元した今城塚古墳や最後の前方後円墳として有名な五条野丸山古墳に比べあまり知られていないようです。

それにしても巨大古墳が造られなくなった6Cになぜ超巨大な前方後円墳が築かれたのでしょうか。当然、生前の被葬者あるいは周囲の人々の意向が反映されているはずで、巨大構築物を造るだけの権力と権威が被葬者にはあったのでしょう。ただ、墳丘のデータを見て不思議に思ったのは後円部の高さ20mに比べ前方部は4mと極端に低いことでした。幅は後円部径185mに対して230mと中期以降の特徴である前方部の発達は見られるのですから余計に不思議です。最後の巨大前方後円墳である五条野丸山古墳(見瀬丸山古墳)(クリックすれば飛べます)の後円部高さ2mに対して前方部15mと比べても極端に低いのです。松原市の方のお話では江戸時代の絵図では後円部に鎮座する神社から低い前方部が見渡せる様子が残されていることから後世改変されたものではなく元から低かったようだとのことでした。だとすると河内大塚山古墳は未完成ではないかという疑問が湧きます。実際そうした見解もあるようです。ただ墳丘に登ることができた時期に横穴石室の天井板石の存在が確認されているそうですから葬ったあとに何らかの事情で盛り土ができなくなったのでしょう。もっとも現在の鬱蒼とした緑の山からは前方部の高さの低さをうかがわせるものはなにもありません。

立ち退きを強いられた村人たちの来歴や被葬者が誰かなど様々な見方を紹介している考古学専門のジャーナリスト矢沢高太郎さんの書籍、天皇陵(中公選書、2012)があります。ご関心のある方にお勧めです。

このブログで紹介してきた後期古墳の大半は小規模の円墳や方墳で、前方後円墳の数は極端に少なくしかも東国に偏重しています。その中で超巨大でしかも畿内に築かれたという意味で河内大塚山古墳は実に不思議な存在です。

近鉄南大阪線の恵我之荘駅から南西方向に5分ほど歩いた恵我之荘小学校の目の前に動画1に見る周濠に囲まれた墳丘が広がります。もっとも多くの古墳同様水を湛えた周濠は後世灌漑用に改変されたもので築造当時は空堀でした(撮影2017830日)。


PNG kawachiootsukayama kofun zu 修正版


河内大塚山古墳基本データ

所在地 大阪府羽曳野市(墳丘東側)、松原市(西側)

形状 前方後円墳

規模 墳長335m(羽曳野市は330m)、後円部径185m 高さ20m、前方部幅230m 高さ4m

築造時期 6C

出土品 埴輪、管玉

史跡指定 なし

特記事項 墳丘は全国で第五位の規模。宮内庁が陵墓参考地として管理



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村


築造当時の完全復元

 今回の中期古墳は愛知県名古屋市にある志段味(しだみ)大塚古墳です。前方部が短い墳長51mの帆立貝式の前方後円墳です。2017年の春に復元工事が終わり動画1で見るようにその雄姿をかなり遠く離れたところからでも確認できます。葺石を張り巡らした二段築成の墳丘はなかなかのものです。周囲には濠が巡っていて実際の墳丘よりも大きく見えます。このブログでは既に300基以上の古墳を紹介していますが、築造当時の人々が目にしたと思われる墳丘を学術的考察をもとに完全に復元した例はごくわずかです。その意味で大変貴重な古墳といえます。


 名古屋市で198mと最も標高の高い東谷山には既に紹介した南社・中社古墳(クリックkすれば飛べます)、尾張戸神社古墳があり麓には墳長115mを誇る白鳥塚古墳(クリックすれば飛べます)等志段味古墳群の中核をなす古墳が築かれています。今回の大塚古墳もそのうちの一基です。それらを含む70基が4C後半から7C初めにかけて庄内川を臨む1㎞四方ほどの地域に築かれています。この地域はルーツを同じくする豪族が支配していたのではないでしょうか。


  話は志段味大塚古墳に戻りますが私が訪れた2か月後の20182月、朝顔形、きぬがさ型埴輪を中心に30本の埴輪(レプリカ)が何者かによって破壊されてしまいました。全体で500本のうち目立つ朝顔、きぬがさに被害が集中しています。被害総額は615万円にのぼっています(2018213日、名古屋市教育委員会文化財保護室報道資料)。心無い人々のこうした行為に怒りを禁じえませんが、これまでも東京都世田谷区の野毛大塚古墳(クリックすれば飛べます)、岐阜県大垣市の昼飯大塚古墳(クリックすれば飛べます)等同様の被害にあっています。野毛大塚古墳は修復するにはかなりの費用がかかることから全てレプリカの円筒埴輪撤去に踏み切りました。残念なことです。志段味大塚古墳についてはパトロルールの強化や文化財保護の大切さを記した看板の設置などを考えているそうで、引き続き墳丘には登れるようでホッとしています。今回は埴輪が破壊される前の志段味大塚古墳を存分にご覧ください。アクセスは本古墳だけ訪ねる場合はJR中央本線高蔵寺駅から南に下り、庄内川に掛かる東谷橋を渡りすぐ右折し一つ目の信号所下(ところげ)を左折し青里掛(あおりがけ)の信号まで進むと動画2の冒頭の志段味古墳群と書かれた碑がみえます。徒歩20分です(撮影2017117日)。


PNG shidamiootsuka kofun zu

志段味大塚古墳基本データ

所在地 愛知県名古屋市

形状 前方後円墳 二段築成 葺石あり 周濠あり

規模 墳長52m、後円部径36m 高さ7m、前方部幅 15m、高さ1.5m

築造時期 5C

出土品 銅鏡(五鈴鏡)、金銅製帯金具、刀剣類等、水鳥、鶏埴輪、きぬがさ形、朝顔形、円筒埴輪等

史蹟指定 志段味古墳群として国指定

特記事項 埋葬施設は二基


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ