古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:円墳

一見の価値あり武寧王陵副葬品と高野槇製棺

 今回は夏休みということもあり番外編として韓国の古墳を紹介します。2016年に世界遺産に登録された韓国、ソウルからも近い公州市にある百済26代武寧王陵です。栄山里古墳群として現在7基が保存されている中の一基です。日本の古墳と違い墳丘は決して大きくありませんが武寧王陵の場合、1971年に未盗掘のまま排水溝工事中に偶然発見され、その豊富な副葬品(多くが国宝指定)と倭から贈られたとみられる高野槇製の棺で人々を驚かせたと聞きました。しかも墓誌があり武寧王陵と特定されたことも貴重なことでした。2014年に続いて二度目の訪問だったのですが隣接する公州市博物館が世界遺産登録を記念して全面リニューアルされて見事な展示ぶりでした。その一端は動画2や3でご覧になれます。埋葬施設にあった副葬品がそのままのレイアウトでしかも本物が大半という迫力です。それに韓国はどこの博物館もフラッシュさえ使わなければ撮影OKというのも魅力です。そして以前はパッとしなかった高野槇製の棺が残った部材の場所がわかるように復元されていたことにも感心しました。
ところでこのブログでは番外編として韓国の墳墓を紹介してきました。これまで芳荑洞(ほうていどう)(以下古墳名をクリックすれば飛べます)、石村洞古墳群皇南大塚古墳と天満塚を紹介してきました。合わせて是非ご覧ください。

 百済と言えば4C後半の建国から7C央に滅亡するまで首都を何回か移転していますが、武寧王は漢城を追われて475年に熊津(ウンジン)(現在の公州市)で再興した中期(475から538年)の501年から523年まで在位しています。高句麗が南下し滅亡寸前だった百済を再建し国力を増強したことで知られています。外交面でも先進文物を中国から取り入れ、倭に軍事的支援の見返りとしてそれらを移出するなどかなり積極的な王であったようです。523年57日に亡くなり2年余りの死者とのお別れの儀式 (もがり)を経て、525812日に埋葬されたことが発掘された墓誌に記されています。殯はしばしば日本の古代に行われていた葬儀儀礼とされていますが朝鮮半島でも行われていたようです(というか倭はそれに倣った)。後を追うように王妃も5262月に亡くなり5291212日に埋葬されています。それにしても日本にしかない高野槇(今では韓国済州島でも確認)で造られた棺が葬儀によく間に合ったと不思議に思っていましたが鍵は長い殯(もがり)の期間の長さにありました。これだけあれば高野槇製の棺を倭から送るに十分な時間ですね。

 石室は動画にあるようにレンガ(塼、せん)積みでドーム型をしています。日本で同じような塼式の石室を紹介しています。動画1の最後に加えた奈良県桜井市の舞谷2号墳です。もっとも舞谷2号は塼を積み上げたあと漆喰を塗っている点は武寧王陵とは違います。なお舞谷2号墳(クリックすれば飛べます)全体もご覧になれます。アクセスはソウルから数多くツアーが出ているのでそれを利用することをお勧めします(撮影2017723日)。



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石棺も見学できる石室が完存する貴重な古墳

 今回紹介する後期古墳は奈良県御所市(ごせし)の新宮山古墳です。関西の方には馴染の奈良県ですが、御所市となるとはてどの辺りかと首を傾げる人も多いのではないでしょうか。奈良県全体の地図(まぴおん)でご確認ください。既に紹介した石舞台古墳から南西方向に10㎞ほどのところに今回の新宮山古墳はあります。石室ファンの方には知られた古墳のようで、それもそのはず羨道、玄室ともに完存し、家形石棺一基と箱式石棺の一部が残されているのです。しかもそれらを入室して見学が可能なのです。とはいえ動画をご覧頂ければわかるように7.3mもある羨道の高さは1.4mしかなく開口部は土砂で埋まっています。結構大変でした。それでもヘッドランプの先に見える家形石棺に引き込まれて玄室に到着。玄室は案外こぶりで二基の石棺が入ると移動はかなり窮屈でした。両袖式玄室とはいえ羨道からみると玄室は左右40㎝ずつしか広くありません。実際にはもっと狭くみえます。

ずいぶん多くの両袖式の横穴石室を紹介してきましたがそれぞれに微妙な違いがあるものですね。家形石棺は他の石棺同様に無残な盗掘坑が開いていますが、そこから覗くと塗られていた朱がよく見えました。

 東南方向に横穴石室が開口する肝心の墳丘ですが現地説明板によれば径25mの円墳とも小規模の前方後円墳とも考えられるそうです。巨勢山(こせやま)古墳群の一基ですが、藪の生い茂った現状から形状はよくわかりません。現地までは自分の場合、国の指定史跡として知られる室宮山古墳から国道309号線を徒歩で東にたどり約1時間かかりました。反対に近鉄吉野線の葛駅から歩けば15分ほどで着くのではないでしょうか。稲宿地区の中にあります。声掛けをしてどなたかにお聞きになるのが早いと思います(撮影2017119日)。

新宮山古墳の位置
PNG shinguyama kofun sekishitu heimenzu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

雨に打たれた美しい円墳の数々 
 何代にもわたって同一のグループによって築かれたと思われる墳墓群はこのブログでもたびたび紹介してきました。今回の和田山古墳群は既にアップ済みの前方後円墳の5号墳(クリックすれば飛べます)をはじめ円墳14、方墳2、不明6の計23基からなっています。今回は復元され墳丘の形がわかるいくつかの円墳をとりあげます。現地に赴くとよくわかるのですが、和田山古墳群のある丘陵の他にもあれも古墳のある丘ではないかと思われる緑の高まりが見えます。略図で紹介しているように和田山古墳群(5号墳だけ別の丘に位置する)の県道を挟んだ向かい側には前期古墳群からなる末寺山古墳群、より北には墳長140mの巨大古墳秋常山1号墳(クリックすれば飛べます)もあります。この図にない寺井山、西山古墳群(両古墳群ともに出土品はあるが大半が削平)を含め能美古墳群と名付けられ一括して国の指定史跡にされています。

 今回の和田山古墳群、後期古墳(一基は中期末)とはいえ大半の埋葬施設は粘土郭のようで横穴石室は6号墳のみです(大量の武具が副葬されていた主墳の前方後円墳、5号墳も粘土郭)。残念なことに埋め戻されてしまい見学はできません。他の中型から小型の円墳は全て粘土郭のようです。石室を造る労働力もそれを指揮する工人も不足していたということなのでしょうか。今回、改めて和田山古墳群の位置をみてみると交通の要所であることに気が付きました。だいぶ地形は変わっているとはいえ名取川まで北に2㎞、西に4㎞で津のある日本海にも近く、陸路でいえば五畿七道の北陸道にも近く古代の交通の要所です。水運、海運、陸運などで権力を握っていた豪族の墓ではないでしょうか。

それにしても尾根上に並ぶ雨に打たれた春先の墳丘はなかなかに美しかったです(撮影2017412日)。

PNG wadayamakofungun ichikankei

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

額縁の先に一枚板石の奥壁が見える見事さ!

 今回とりあげた埼玉県嵐山(らんざん)町の稲荷塚古墳石室はなかなかに精美な造りで驚かされました。格子越しという点が何とももどかしかったのですが、どうやら石室側壁がやや左右に膨らむ胴張り形ということがわかる程度には撮影できたようです。羨道はなくなっているものの前室、後室が残されています(前室は相当崩れており元の石材を中心に復元)。前室と後室の境に立つ仕切り石の先に、後室の奥壁がすっぽり収まるように設計されているのが何とも見事です。類似の仕切り石、胴張り形の設計、二室という点で、同じ終末期古墳の川崎市の加瀬台3号墳とよく似ています(側壁の造りはこちらは割石の小口積、加瀬台は切石積みと違います)。しかし素人目にはこちらのほうが完成度が高いように思われるのですが、皆さんどうお考えでしょう。加瀬台3号墳と比べてみてください(古墳名をクリックすれば飛べます)。墳丘についても触れておきましょう。残りのよくない墳丘ですが現地説明版によれば葺石もあったようで、その姿は円墳、規模から考えると愛知県春日井市の大留荒子古墳(クリックすれば飛べます)に似ていたかもしれません。

ところで前回紹介した大阪府八尾市の二室塚古墳の記述のなかで複室構造の石室は九州に多く畿内では珍しいと書き、他方、東国の代表例として埼玉県行田市の八幡山古墳石室について触れましたが、関東にはそれなりにありそうですね。加瀬台3号も今回も二室です。

  稲荷塚古墳が造られた7C後半には切石加工の技術が向上したことを示す古墳石室が群馬県総社町に残されています。総社古墳群の宝塔山古墳蛇穴山古墳です(クリックすれば飛べます)。一辺50mの方墳、宝塔山古墳のほうはこれも複室構造で石室長は12mもある巨大なものです。稲荷塚古墳とは墳丘の規模、石室長で大きく差がつきます。宝塔山古墳が地域全体のリーダーだったとすれば、稲荷塚古墳の方はリーダー支える小地域の首長といったところでしょうか。アクセスは東武東上線武蔵嵐山駅から徒歩で南に10分。菅谷中学校グラウンドの真裏です(撮影2018年1月11日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

遠目には可憐な近寄ると武骨な小円墳

 今回の大留荒子古墳、タイミングがよかったのか朝日に輝く小さな円墳は可憐といってもよい趣でした。動画2の冒頭、遠景でそうした印象をもちました。ただ、近づいて見ると川原石で覆われた姿は可憐とは程遠く武骨な印象を受けました。残念ながら中には入れませんが、ヘッドランプのお蔭もあって奥壁までよく観察できました。横壁と同じような川原石が丁寧に何段にもわたって積んであります。時期は6C後にまで遡る、近くの豊田市池田1号墳では奥壁は一枚岩でしたし表面加工もされていましたが、この古墳石室はそこまではこだわっていません。被葬者のランクが古墳にも色濃く反映されているのでしょうか。金環や直刀、鉄鏃、須恵器などが出土しています。どうやら複数人が埋葬されていたようで現地案内板によれば金環の数の多さから類推されるとのことでした。

 調査の後削平される古墳が決して少ないなか、区画整理事業のためにこの地に数百m移動したというのはこの古墳にとり運がよかったのではないでしょうか。アクセスは中央本線神領駅の東南300mほどのところ大留町1丁目信号至近の公園内です。自分は西500mほどの高御堂古墳とセットで訪ねました(撮影20171212日)。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

変わった造りの家型石棺は必見
 今回の小型の円墳散田金谷古墳、非常に美しい石室に石川県唯一の家形石棺が良好な姿で据えられています。石室ファンにとって重要な入室しての見学が可能というのも嬉しいですね(当日は困難で事前に町の教育委員会に連絡して開錠してもらう必要があります)。いつもながら入室するときは胸の高まりを覚えるのですが、ほどよくライトアップされた石室は自然石を用いながらも細部にわたり繊細な印象を受けました。奥壁は5段以上積みあげたもので巨石の一枚岩ではありませんが表面加工されておりなかなかのものです。現地の説明板では天井石は6枚で、復元整備の過程で欠損していた3枚を追加したとのこと。大型の石は当時調達できなかったようです。
 注目したいのは家形石棺の蓋の部分です。寄棟造りの屋根に千木(ちぎ)(神社の建物の棟の両端に交差して立つ木造の飾り)状の突起がついています。動画2の後半で屋根上の蓋の特徴がよくわかります。それにしても珍しいですね。
 古墳のある宝達志水町(ほうたつしみずまち)は地図で見ると金沢から能登半島の七尾市、富山湾の氷見市に抜ける分岐点にあり今でも交通の要所です。古墳時代にも変わらぬ役割を果たしていたことは容易に想像できます。といっても今では公共交通機関を使って訪ねるとなるとかなり不便です。金沢から七尾線に入り一時間ほど敷浪で下車、そこからコミュニティーバスに乗る予定でしたが、半島を東に進むバスがないようで、やむなくタクシーを使いました。散田金谷古墳の北に隣接して公共の温泉、古墳の湯があり、そこを目指しました。さすが国指定の史跡だけあって道案内もしっかりしていて迷うことはありません。なお動画4の後半に裏山にある石坂鍋山古墳の円墳のいくつかを付け加えておきました(撮影2016年10月31日)。


散田金谷古墳の位置
PNG sandenkanaya kofun chizu

PNG sandakanaya kofun iegatasekkann

散田金谷古墳基本データ

所在地 石川県宝達志水町

形状 円墳

規模 径21m×18.5m 高さ3.7m(復元に際して4.7m

石室規模 全長9.85m 玄室長さ5.72m 奥壁幅2.65m 高さ2.76m

家型石棺 長さ2.3m 幅1.1m 高さ1.27m

築造時期 6C

出土品 馬具、直刀、鏃、須恵器の高坏、壺等

史跡指定 国指定

特記事項 動画でも触れているように家形石棺の蓋が珍しい形状


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ