古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:円墳

今回の南社(みなみやしろ)と中社(なかやしろ)の二基の前期古墳は標高198mと名古屋市の最高峰東谷山(とうごくさん)の中腹にあります。山頂には尾張戸神社があり断夫山古墳(いずれ紹介します)のある熱田神宮の奥の院としても知られています。尾張戸神社にも円墳の尾張戸神社古墳があるのですが本殿が墳丘を遮っていて見通しが効かないのが残念です。動画4の最後に尾張戸神社古墳と東谷山の遠景を短くつけておきました。

 既に紹介した志段味古墳群のなかで最大の前方後円墳白鳥塚古墳を右手に、愛知県立大学のキャンパスを左手に見ながら南に進みます。1㎞ほど歩いたでしょうか。次第に周囲の緑が濃くなり右手に池が見え、左には東谷山フルーツパークと駐車場が見えます。ここが東谷山の登山口です。動画1の最初にあるように勾配がきついです。10分でしょうか。ひたすら登りが続いたあとに南社古墳らしき高まりが見えてきました。径30m二段築成の円墳です。一部葺石(発掘されたものを利用)と円筒埴輪が復元されています。説明板によれば葺石の上段は円礫を、下段は角礫をと使い分けていて、それは山の下から見上げた時に目立つ上段を意識したからだそうです。現在は深い森に囲まれていますが、時々木立の隙間から覗く地上をみるとその狙いはよくわかります。

 ここからさらに急な階段を5分ほど歩くと尾根にへばりつくように前方後円墳の中社古墳が視界を遮りました。想像していた以上に大きく、前方部と後円部の墳丘がよくわかります。ここも円筒埴輪と葺石が復元整備されていて当時を想像するには十分です。円筒埴輪はさきほどの南社古墳のものと形態、製作技法が類似しているだけでなく土の元素組成も類似することから両古墳の埴輪は一体的に生産されたと考えられているそうです(歴史の里しだみ古墳群HP)。両古墳は白鳥塚古墳のすぐあと4C中頃の築造です(撮影日2017117日)。
PNG minamiyashirotonakayashiro zu


 

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の終末期古墳、エンドウ山古墳は既に紹介した赤坂天王山古墳の南西、倉橋溜池に面した尾根にあります。桜井駅南口から奈良バスで大宇陀行きで下尾口(さがりおぐち)で下車し、赤坂天王山古墳(信号右折)を通り過ぎて倉橋溜池の周囲をぐるりと廻り登り口のトンボ広場まで歩いて30分ほど。水面に映る山々は美しくジョガー以外人には会いませんでした。静寂の一言です。

肝心のエンドウ山古墳、詳細な道順が画像とともに記されている桜井市観光協会の「忍阪(おっさか)周辺の古墳探訪」(桜井駅北口の観光案内所にあります)を頼りに森に入ります。その後は動画1でご覧いただけますが、説明文の冒頭に「古墳への道はありません」と記してあったのは嘘ではありませんでした。木立をかき分けた跡を頼りに進むとすぐに斜面が立ちはだかりました。道に迷った和歌山市の大谷22号墳以来の緊張です。裾を伝って登れるところを探し頂上を目指したのはいいが倒木が行く手を遮ります。しかも木につかまると枯れていて体が後ろにもっていかれます。何度も滑り落ちそうになりました。それでもあの上には石室が開口していると信じ、気持ちを奮い立たせ登ります。時間にすれば10分ほどだったのでしょうがようやく尾根上に到着。南に向いて開口する石室を見つけることができました。

石室は玄室長2.7m、幅1.6mとこぶりですが切石の加工技術が光る精緻なものでした。

飛鳥の岩屋山古墳同様、花崗岩の表面はきれいに磨かれています。高さ1.75mの奥壁、横壁ともに二段積みで両袖式です。動画でもよくわかりますが所々石材の隙間に漆喰がみられます。以前紹介した同じ桜井市の舞谷2号墳とは違い全体に塗られていたようには見えませんが、この漆喰の意味はなんなのでしょう。謎は解けません。朱と同様辟邪の意味が込められているのでしょうか長さ1.8mの羨道は一段ですが 「桜井の横穴石室を訪ねて」(桜井市埋蔵文化財センター、2010)によれば二段の可能性もあるようです。他の古墳同様、開口部は土砂で埋もれ現状の高さは1.2mはないと思われますが楽々入室可能です。登っている時にはそれどころではありませんでしたが、動画4にあるように円墳ということがわかる墳丘を確認できます。さて、前述の埋蔵文化財センターの冊子には「古墳の規模が縮小化に向かう7C後半の築造という点や、高度な切石の技法を用いていることなどから、周辺の古墳の中では重要な位置を占めていたことは間違いないであろう」と書かれています。専門家のこの説明が胸に落ちる見事な石室でした。

 この本文を書く前に再度桜井市観光協会の「忍坂周辺の古墳探訪」を読み返したところ重要なことに気が付きました。「勾配が急なので一旦、丘陵の裾を右に進み、登りやすそうな場所を探し頂上まで10m程度登りきり」とありましたが、慌て者の私は丘陵の裾を左に進んだようです。想像以上に苦労したというのは私の勘違いかもしれません。それはともかく古墳までの詳しい道順が記された観光協会のパンフレットと埋蔵文化財センターの冊子は桜井市の古墳を歩くには必携です。バスの本数は少ないので確認が必要です。なお談山神社行きで倉橋溜池口から歩いてトンボ広場に向かう方法もあります(撮影2018130日)。



エンドウ山古墳基本情報

所在地 奈良県桜井市大字倉橋

形状 円墳

規模 径10m 高さ2.5m 横穴石室 全長4.7m、玄室長さ 2.72m 幅1.6m 高さ1.75m、羨道長さ1.8m 幅1.1m 高さ1.5m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 なし

特記事項 本古墳は史跡指定されていない


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

今回紹介するのは福岡県八女市の標高100mほどの山懐に広がる童男山古墳群に属する22号墳です。既に巨大な石室をもつ1号墳及び2号、3号墳は紹介しましたが、今回の22号も大変規模の大きい石室を有する円墳です。1号墳の前の道から南西方向に500mほど下った林のなかにあります。素人目にはこれまで紹介した三基よりも墳丘の残りがよいような気がします。残念ながら今回の22号墳も羨道部分は削られていますが、それでも九州の石室に多い前室、後室を持つ複式構造の石室にはいつもながら圧倒されます。後室(奥室)と前室の間の袖石の立派なこと、すばらしいですね。ただ、土圧のせいでしょうか後室の壁が大きく傾いています。1号墳(クリックすれば飛べます)2号、3号墳と比較してご覧ください。アクセスはJR鹿児島本線羽犬塚(はいぬづか)から堀川バス 矢部 星野行きで30分。 上山内バス停から徒歩10分。交差点角に北向きに登る道があります。看板もあるのでわかりやすいと思います(20161026日)。


 今回紹介する中規模の円墳、太秦高塚古墳はよく知られた京都市の太秦ではなく大阪府寝屋川市にあります。どうやら京都太秦の広隆寺を建立した として知られている秦河勝のゆかりの地が今回の寝屋川市のようなのです。広隆寺の記録などからも寝屋川市のこの地が秦氏の本拠地といわれているそうです。ややこしいですね。ともあれ寝屋川市の丘陵には数多くの古墳が築かれたものの、唯一残された一基が今回紹介する円墳ということなのですから貴重です。

 草刈が終わったばかりの墳丘は可憐なという表現がぴったりの円墳でした。40mに満たない二段築成の墳丘には円筒埴輪が立ち並び、小さな造出しが北西方向に設けられています。そこには水鳥、人物、家形などの形象埴輪が区画内に置かれていたようです。また、頂上の埋葬施設からは短甲、鉄鏃、鉄斧、鐙など鉄製品が確認されています。墳丘は高さ7mよりもはるかに高く感じます。それは幅7mの周濠のせいでした。なんと深さは2.5mもあるのです。

京阪バス「太秦住宅」行きで「豊野浄水場前」で下車すると目の前に古墳だとすぐに気が付く二段築成の墳丘がみえます(撮影201689日)。

PNG uzumasatakatsuka kofun zu 修正版






にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 今回の車塚古墳 どでかいとしか言いようのない円墳です。埼玉県行田市のさきたま古墳群の径105m丸墓山古墳につぐ規模で径82mを誇ります。ただ、動画1の頭に映っているように周濠がまわり堤が残されているのでずっと大きく見えます。いつものことですがなぜこれほど巨大な墳丘を持つ構築物を造ったのだろう思ってしまいます。

道を挟んだ西隣の牛塚古墳丸塚古墳愛宕塚古墳とともに黒川沿いに築かれた壬生古墳群に属し、最も遅く終末期の7C前半に築かれたと考えられています。墳丘に登ることができるので、下野地域独特の段築一段目のテラス(平坦面)が広い状況がよくわかりますし、残された葺石も確認できます。急な斜面を登り、上から見下ろすと、習濠と堤の様子が一望できます。

 肝心の石室ですが、墳丘の規模に比して小さい感じがします。長さ約3mの玄室は高さが2.3mしかありません。畿内を中心に広がる後期の羨道を通過して玄室に入った際の空間の広がりに慣れてきた私にとってはやや意外な感じがしました。もっともこれは素人の単なる感想で終末期の古墳は総社古墳群の蛇穴古墳の石室もはじめ天井は低いのですね。凝灰岩の一枚の板石を使った玄室は朱がよく残っています。なお当日は調査は休みでしたが、立ち入りは許可を壬生町歴史民俗資料館で頂きました。アクセスですが東武宇都宮線壬生駅駅に近くの壬生城内にある歴史民俗資料館に寄り、午前中は駅を挟んで今回の牛塚古墳や車塚古墳のある北側、午後は丸塚古墳、吾妻古墳等がある南側を歩きました。(撮影20151112日)。


車塚古墳基本データ

所在地 栃木県壬生町

形状 円墳 三段築成 葺石あり 横穴石室

規模 径82m 高さ11m(周濠底から11m

築造時期 7C

出土品 不明

史跡指定 壬生古墳群として国指定

特記事項 横穴石室規模 玄室は長さ3m、幅2.8m、高さ2.3m 奥壁 天井 横壁ともに

一枚板石 埴輪はない



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ