古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方のブログやHPがあります。ただなぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報とともに一古墳に3-5本の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名隣に■があれば石室動画がご覧になれます。特定古墳も頁右上から検索できます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。ダウンロードに時間がかかる場合があります。

タグ:円墳

線刻模様と石棚が個性的な千代丸古墳
 石室は訪れるたびにそれぞれ個性的なことに驚かされます。今回の千代丸古墳、屍床があるのは九州を感じさせますが石棚は和歌山の石室(岩橋千塚古墳群の石室の数々、一例は大谷山22号墳(クリックすれば飛べます))と同じではないかなどと考えてしまいました。いずれ紹介してきた石室を時代や地域で整理してみるのも面白いかもしれません。 
 今回の古墳は久留米と大分を結ぶJR久大線の賀来駅の西2㎞ほどのところにあり、南には大分川が流れ北には動画1で触れているように猿で有名な高崎山が見えます。そして既に紹介した墳丘が非常に美しい前期の前方後円墳蓬莱山古墳が東方向3㎞ほどの同じ丘陵上にあります。
 千代丸古墳の墳丘はほとんど残っていないものの径15m高さ4mほどの円墳ではないかといわれています。 石室はご覧のように天井石が欠落した羨道を進むと大きな袖石を経て玄室に至ります。玄室は朱(ベンガラ)がよく残っていますし、何より厚さ46㎝の石棚が存在感を示しています。羨道もそうですが玄室の側壁下部には巨石が用いられています。そして千代丸古墳がよく知られている最大の理由でもある線刻模様が石棚前面に描かれています。といっても写実的ではないですし、ひっかき傷と間違えそうな模様にも思えます。鍵を開けて頂いた教育委員会の方によれば最近まで施錠はしていなかったこともあり落書きも増えてきたので内部の見学は許可が必要になったとのことでした。私の場合も教育委員会に申し込み対応をお願いしました(撮影2017年10月30日)。
PNG chiyomarukofun basho zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石室がほぼ完存する志段味古墳群の円墳

 名古屋市の東部、春日井市や瀬戸市に隣接する地域にある東谷山の麓に志段味古墳群は造られてきました。4C前半から7C末までと言いますから古墳時代を通じてこの地域は有力者が支配してきたといえそうです。白鳥塚古墳中社古墳、南社古墳、それに志段味大塚古墳(いずれも古墳名をクリックすれば直接飛べます)に続いて今回は後期の終わり頃の7C初頭に築かれた東谷山白鳥古墳(白鳥1号墳)を紹介します。実は動画を一部つなぎ合わせていますがこの古墳、二回訪問しています。名古屋から最寄りのJR中央線高蔵寺駅までもそれほど遠くなく、駅からの道も南下して庄内川を渡ったところの信号を左折すればすぐというわかりやすさもあります。なにしろ国道155号線沿いなのですから。被葬者はひっきりなしに車が行きかう現在の風景をどんな思いでみているでしょうか。

 肝心な古墳ですが前方後円墳の築造がほぼ終わり、時を同じくして比較的小さな円墳が各地で造られるようになりました。志段味古墳群も例外ではなく円墳を中心とする群集墳が営まれており、説明板によれば横穴石室がほぼ完存する唯一の円墳がこの東谷山白鳥古墳なのだそうです。名古屋市が志段味大塚古墳を中心に復元整備し、この白鳥古墳もその一環として現代に蘇った感じがします。墳丘を後ろから眺めていれば気が付きませんが、石室が開口する側に向かうと鉄の扉が行く手を阻みます。扉にはご覧のように小窓がついており、開口部横のスイッチをいれるとライトがつき古墳の説明がはじまります。うーんと唸ってしまいました。もう少し石室に相応しい扉がないものだろうかと。以前は入れたのにと思いながら、気をとりなおしつつ覗いてみるとかなり奥行があることがわかります。加工なしの自然石によるきれいな石室です。羨道幅と玄室幅が同じの無袖形のために境界は玄室上のまぐさ石になります(撮影2017314日と117日)。

PNG shidamikofungunichikankeizu
東谷山白鳥基本データ

所在地 愛知県名古屋市東谷

形状 円墳

規模 径17m 高さ3.9m 横穴石室 全長9.8m7.8mとする資料も)

最大幅1.6m、高さ2.4m

築造時期 7C

出土品 馬具、直刀、鉄鏃、須恵器、土師器等

史跡指定 志段味古墳群として国指定

特記事項 志段味古墳群では唯一ほぼ完全に残る横穴石室


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

横穴石室を上から見ることができる珍しい古墳

 追手門学院の茨城キャンパス造成中に発見された今回の真龍寺古墳は長さ4.5mの石室をもつ径22mの円墳です。羨道の状況が不明なために石室全体の長さはわからないと説明板にはありました。墳丘は木々が繁茂し動画1でみるように円墳という形はわかりません。それもそのはず円墳の上半分の封土が削られてしまっているのです。ですから肝心の柵に囲まれた横穴石室は上から見下ろすことになるので一見すると竪穴石室の天井の板石を抜いた感じに思えます。横穴石室ということを確認するには石室と同じ高さで玄室を見ることができればよいのですが、石室内には降りられず残念ながらそれは叶いません。それにしても天井板石が抜き取られた玄室や残された羨道の一部から推測するとかなり大きな横穴石室だったのではと想像されます。奥壁は2段ということが上から見てもわかります。やや細部にわたりますが羨道幅よりも玄室幅のほうが大きく、上からのぞくと片方の羨道横壁と玄室横壁はつながっているようにみえたので片袖式と考えたのですが、調べてみると両袖式のようです。実際に石室に降りれば確認できたでしょうに残念です。

事前に連絡をしなかったにもかかわらず追手門学院中学・高校の事務の方はご親切にもグラウンドの隣に保存されている古墳まで案内してくださいました。ありがとうございました。アクセスはJR茨木駅から追手門学院茨木キャンパス行の直通バスが運行されています。構内で中高事務室を訪ねるとよいでしょう(撮影201844日)。

PNG shinryujikofunzannzonnjyoukyouryakuzu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

岸信介、佐藤栄作も遊んだかもしれない石室

 今回の後期古墳は山口県田布施町にある中国地方有数の(説明板)巨石石室です。その点も大いに興味深かったのですが、私が惹かれたのは少々別の理由でした。田布施町といえば安倍晋三首相の祖父で同じく首相だった岸信介の生まれ故郷なのです。ということは叔父で首相を務めた佐藤栄作も育った土地です。ひょっとしてこの後井古墳で遊んだかもしれないなどと考えながらの訪問でした。山陽本線田布施駅を南に200mほど下った信号田布施砂田(県道23号線との交差点)のところに郷土館があり古墳の情報や岸信介、佐藤栄作両首相の資料なども見ることができます。

 肝心の古墳ですがのんびりした田畑が広がる県道23号線をひたすら西に20分ほど歩き山陽本線の踏切を渡った右手の竹藪が生い茂る裏山にあります。動画1の冒頭にみるような車も通れる道に案内板があるのですが人は見かけず車もほとんど通りません。やむなく教育委員会に電話してようやく現地到着です。羨道入口からしてかなり剛健な印象を受ける石室です。円墳の径は14mしかありませんが、石室の長さは11.4mもあります。やや天井の低い羨道を潜り抜けると片袖式ということがよくわかる(動画2の後半)玄室がみえました。残念ながら遺物は何も残されていないようです。実は後井古墳は今回紹介している1号墳と左隣の同規模の円墳2号墳からなっています。2号墳の方がややこぶりとのことでしたが、立ち入り禁止のため撮影は見送りにしました(撮影2018326日)。

goikofun basho tabusemachi
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

巨大切石の石室がこのような斜面に残されているとは!

 横穴石室ファンにとってはよく知られた辿りつくのが大変な古墳と聞いてはいたものの実際、そのとおりでした。いずれかの機会にと延び延びにしてきた古墳行き。縁あって案内して頂きましたが、動画1の冒頭にあるような斜面いっぱいに生い茂った熊笹が行き手を遮ります。あっち行き、こっち行き。いやはやどうなるかと思いましたが、斜面頂上近くにどでかいという表現がぴったりな横穴石室が開口しているのを見た時の感激は忘れられません。麓にある説明板には径45m 高さ8mの円墳とありましたが素人目には墳丘の形はわかりませんでした。ひょっとして石室に目が行き過ぎて視野に入らなかったのかもしれません。

その石室の羨道、ななんと長さが12mもあります。玄室を加えると16.6mと巨大です。しかも羨道の側壁の加工された板石が見事です。羨道中央の土砂が視界を若干遮りますが、遠くには玄室奥壁が敷石とともに確認できます。冬だったせいかこうもりの出迎えもなく、奥壁と天井板石の間に残された漆喰もじっくり観察することができました。

 説明板にあった飛鳥駅の裏手の岩屋山古墳石室と同じ工人が造ったのではないかといわれているようで岩屋山古墳(クリックすれば飛べます)を見返してみたところ、たしかに玄室の長さは4.9m、幅2.7m、高さ3m、羨道は12m、幅1.9mとよく似ていますし花崗岩の切石で造られているところも同じです。もっとも加工度の高さでは岩屋山古墳石室のほうが勝っていることは一目瞭然です。それにしても岩屋山古墳の立地とはだいぶ異なる山の斜面に造られた石室。いつも思うことですがこの巨石をどのように運んだのでしょうか。ただただ不思議です。

 北西に少し歩いたところにある2号墳ですが、大きさも径23mとだいぶ小ぶりな円墳です。長さ10mほどの横穴石室ですがほぼ土砂で埋まっていて匍匐前進で入った玄室は立つこともできませんでした。折角来た記念ということで動画に残しました。アクセスは近鉄、JR桜井駅南口から宇陀方面行きで下尾口(さがりおぐち)で下車し県道166号線を東に徒歩15分ほど歩くと森本運輸があり、その手前の道路わきに説明板があります。古墳は北側の裏山にあります。森本運輸さんに声がけをされていくのがよいでしょう。2018年秋現在、古墳までの道は熊笹も刈られ歩きやすくなっているようです。桜井駅北口の桜井市観光案内所に地図があります。なお石室の基本的な事柄は 桜井の横穴石室を訪ねて(桜井市立埋蔵文化財センター、2010)が初心者にもわかりやすく役立ちました(撮影2018130日)。

PNG munesaka 1gou sekishitu mitorizu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ