古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:兵庫県

雑木林の中に佇む素朴な一墳


  JR山陽線有年(うね)駅の北側を流れる矢野川を越えた山裾に今回の塚山古墳群はあります。60基ほどが確認されている群集墳ですが、いずれ紹介する塚山6号墳は石室の造られ方が独特なことで知られています。今回の1号墳は6号墳に比べればずっと小ぶりの長さ8.9mの石室をもつ小円墳ですが、塚山古墳群に入り、最初に迎えてくれるという点で記憶に残ります。古墳マニアの方はあまりこういう見方はしないかもしれませんが、封土は失われているとはいえ現状の墳丘はなかなかに美形です。石室の保存状態は良好で開口部近くは土砂と落葉でかなり埋まっていますが奥壁まで見通せます。石積みは素人の印象では石材表面の加工度も素朴で古墳時代後期でもはじめのほうではないかと推測します。アクセスはわかりやすく有年駅の北にある矢野川を渡り(有年駅の山陽線沿いに東に歩き北上する)、そのまま牟礼八幡神社を左に見ながら山裾に向かって歩けば(動画の冒頭)古墳入り口のフェンスがあります。なお有年駅南口には観光案内所があり周辺の遺跡地図がもらえます(撮影2020年2月3日)。PNG 塚山1号(赤穂市有年)修正版
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

妙見山との対比が美しい石室完存の円墳


 東山古墳群は7C初頭から後半の間(古墳時代の終焉に近い頃、前方後円墳の築造は終了している)に妙見山のふもと、標高400mほどの丘陵に築かれた16基の群集墳で、現在、1号墳はじめ12基が公園内に保存されています。南西方向には加古川の支流、杉原川が流れています。古墳群は1996年から99年にかけて発掘調査され、その成果に基づき復元されています(もちろん破壊が著しいものもあります)。古墳を遮る構築物は周囲に何も見当たらず、古墳時代当時に思いをはせる景観が残されている点が魅力です。30m、幅広の段築にお椀をかぶせたような墳丘の1号墳。堂々として立派です。さすが東山古墳群の最初の盟主墳だけのことはあります。おわかりのように出土した須恵器製の高坏なども棺とともに再現されています。耳環、太刀、鉄鏃も出土しています。

最後に築かれた東山15号墳(クリックすれば飛べます)を紹介した際に最初に造られた1号墳と石室の長さがほぼ同じ約15mという点が面白いと書きましたが、たしかに1号墳は12.5m15号墳は12.4mです。ただ、1号墳は玄室と羨道の長さが6.25mと同じなのに対して、15号墳は玄室の長さは4.4m、羨道は8mで、羨道の長さが際立ちました。その羨道の床の敷石は単に川を並べただけではなく、何層か重ねてあること、羨道開口部にいくにしたがい傾斜しており排水の機能をはたしていたことなどもわかっています。今回の1号墳の魅力を一つあげるとすれば、左片袖が明瞭という点ではないでしょうか。玄室幅が羨道幅よりも奥壁からみて左に偏った石室が、左片袖とよばれるタイプですが、あまりないタイプです。実際、東山古墳群中袖のあるなしがわかった8基のうち、右片袖式が3基、15号墳を含む両袖式が3基、無袖式が2基で、左片袖式は今回の1号墳のみです(巨大石室墳を掘る、20003月、兵庫県多可郡中町教育委員会)。アクセスは15号墳の頁をご覧ください(撮影20191212日)
PNG higashiyamakofungunn (1号墳)場所
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

被葬者の意図がわかる見事な立地


なんとわかりやすい立地なんでしょう。古墳のある向山の裾から確認できるのは瀬戸内海の家島諸島の西島。採石場のあとだそうで全体が白っぽい独特の形をしているのがよくわかります。間違いなく生前、この海を活動の場としていた被葬者が死後も忘れることなくこの海を眺めることができる。生前、本人がそういったかどうかはわかりませんが、想像するに十分な立地です。

 肝心の円墳は墳丘の封土が若干削られ石室の石材が一部露出していますが、石室自体はなかなかよく残っています。そして幅1.3m、長さ4.5mの羨道を越えると幅が広がり2.3m 長さ4.1mの玄室が待っています。羨道幅よりも玄室幅のほうが広く、羨道は玄室の中央につけられているので両袖式です。高さが説明板には記載がありませんが2.5mほどではないでしょうか。野趣あふれると書きましたが、わりと大雑把な作りです。特に二段積みの奥壁の持ち送った(天井に向かい内傾化)天井近くの石のはめ込み方は自由奔放です。用いられている石材も石室全体の印象も同じ姫路市の見野6号墳見野4号墳他(それぞれ古墳名をクリックすれば飛べます)によく似ています。工人集団も同じだったのではないでしょうか。アクセスは姫路駅から一時間三本ほど出ているかんぽの宿赤穂(終点)まで行き、海沿いの県道32号線を歩けば(動画1冒頭)すぐです(撮影201912月5日)。
PNG ozaki ootsuka kofun zu
PNG ozakiootsuka kofunto iejimashotou
PNG ozakiootsuka kofun ime-jizu

尾崎大塚古墳基本情報

所在地 兵庫県赤穂市尾崎

形状 円墳

規模 径18m 高さ4mほど 石室長8.9m、玄室長4.1m 幅2.1m、羨道長4.5m

1.3m

築造時期 6C

出土品 須恵器坏(つき)、金環、釘等と伝えられている


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

ようやくこの巨大円墳の遠景をとらえることができました!



既に2015年にアップしていますが動画に慣れていなかったこと、それに帰りのバスの時間が気になって周辺状況を十分つかめないままに帰路についたことを思い出します。そのためでしょうか、今一つこの巨大円墳の魅力を十分に伝えきれていないことが気になっていました。再訪した今回の動画はいかがでしょうか。今回は前回と違い、JR山陽本線の梁瀬駅から徒歩にしました。歩いて驚いたのですが古墳までの道のりは40分ほど。しかもわかりやすい道のりです。駅を南にくだり、北近畿豊岡自動車道(この建設途次に茶すり山古墳が発見された)にぶつかったところで県道136号線を西に歩けば、右手に動画4(リニューアル版の一本目)の冒頭のような光景が現れます。巨大です。そのことは動画5の最後のシーンでも確認できます。中規模の山が出現したという感じです。

運よく墳頂(標高は150mほど)から消えかけの雲海に出会いました。そういえば雲海で知られる竹田城に近いのです。梁瀬の駅から古墳への道でもたなびく霧があちらこちらに見かけました。そして動画4でおわかりのように公園として整備された古墳は植栽に彩られ、訪れた晩秋は真紅のどうだんつつじが墳丘を際立たせていました。それにしも南西側斜面は急で、墳丘が迫ってきます。もちろん古墳を築造した人々はこのような登り方は予定していなかったのでしょうが。試みられる方は十分注意してください。二基の埋葬施設は今回もガラスが曇っていてよく見えませんでした。折角の見学施設なのですから一工夫ほしいところです。前回アップした分と比べてご覧いただければと思います。旧版茶すり山古墳(クリックすれば飛べます)(撮影20191122日)。
PNG chasuriyamakofun dougasatueiichi (rifo-muban)

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ