古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:兵庫県

学校の校庭ほどの広さに大型石室のある円墳がずらり

 
 今年最後のアップは兵庫県多可町の東山古墳群から10号墳です。東山1号墳東山15号墳(クリックすれば飛べます)と紹介してきましたが、狭い墓域の中にひしめくように15基余りが築かれている様子は壮観です。数ある群集墳の中でも、その名に相応しく多くの古墳(大半)が残り、埋葬施設も見学可能というところは国の特別史跡和歌山市の岩橋千塚(代表的な古墳にクリックすれば飛べます)、大阪府の新沢千塚(同左です)ぐらいしか思い当たりません。それらはいずれも見応えがある大群集墳ですが、東山古墳群の場合、公園内の16基のうち5基の石室は長さ10mを越える大型のものという点が特徴です。訪れる者からすれば地図でおわかりのように多可高校のグランドより狭い範囲内で多くの貴重な古墳が見学できるのですから「お得」です。是非、背後にそびえる標高693mの妙見山のすそ野に広がる古墳群を訪ねてください。 今回の10号墳は既に紹介した1号墳、15号墳より小ぶりの径22mの円墳です。石室長も12mと1号、15号よりもやや短く、玄室長は6.2m、幅2.1m、高さは2.2m。羨道幅は玄室幅より狭く両袖式の石室です。特徴的に思えるのは1号、15号に見られた玄室の持ち送り(天井に近づくにつれ内傾)がほとんど見られないことです。3基とも7Cに入ってからの築造といわれ1号、10号、15号の順だそうです。築造時期と玄室の型式が関係があるのでしょうか。興味深いところです(撮影2019年12月12日)。PNG 東山古墳群位置2020年12月25日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

施錠越しの見学がなんとももどかしい石室

 
  以前紹介した中筋山手東2号墳(クリックすれば飛べます)の石室はカーブの美しさに惹かれました(この石工技術のレベルは極めて高く、是非みてください)。山裾の住宅街にポツリと残ったその東2号墳とは違い、今回の1号墳(こちらは東はつかない)は明石海峡を遠くに仰ぎ見る高台内の公園にその姿を留めています。施錠されていて開けてはくれないとは知っていたものの、格子越しに自然石で組まれた石室をみると残念という気持しか残りませんでした。なかなかバランスのよい石室で、側壁が天井に向かって内傾化する持ち送りの手法が明瞭にわかります。玄室長は約4m、幅は1.5mと思われますが羨道近くになるにつれ玄室幅は奥壁よりやや広く1.7mほどになり、幅0.9mほどの羨道につながっています。間に動画にも出ている立柱状の袖石が置かれています。つまり玄室幅>羨道幅なので両袖式玄室と呼ばれるタイプです。奥壁に立ってみると、明らかに羨道の幅が玄室幅よりも狭いということがわかるはずです。残念ながらそれは叶いませんでした。他方石室長は7.6mで玄室長約4mなので羨道は3.6mになります。しかし鉄格子のあるところに袖石があることを考えれば、羨道は玄室よりの部分だけ残っているということになります。羨道がほとんど残っていないのでいきなり玄室上部に置かれている巨大な石材(まぐさ石)がよく見えます。春めいたきた頃で周囲の花々が美しかったことを覚えています。アクセスは阪急宝塚線中山観音駅下車。中筋郵便局の信号を北に歩き15分ほど。西林公園内(撮影2020年3月11日)。
PNG 中筋山手1号墳イメージ図



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

複室構造のモダンな印象の石室

 兵庫県赤穂市を流れる矢野川の北側の尾根に築かれた塚山古墳群。50基以上の横穴石室を埋葬施設とする円墳が残されている現地の様子はなかなかのものです。既に1号墳は紹介済みですが今回の6号墳は、1号墳の北側にあり一目で他の古墳よりも大きいことがわかります。といっても径23m弱ですから決して大型ではありません。むしろ小型です。ところが11.4mもの石室は壮観そのものです。塚山1号墳(クリックすれば飛べます)と比べればその差は歴然としています。6号墳の被葬者のほうがはるかに格が上です。羨道の天井石は抜かれており、前室の天井石は土圧でかなり傾いていますが、その調和のとれた空間には息をのみました。理由の秘密は素人ながらに考えると後室との間に置かれた仕切り石の上の三角形のまぐさ石の存在ではないでしょうか。これがアクセントとなり前室の存在を引き立てます。3.4m(長さ)×1.9m(幅)×2.1m(高さ)の箱にはとても思えませんでした。皆さんはどうお感じでしょうか。そして分厚い仕切り石を越えた後室も単なる持ち送り(壁が天井に近づくにつれ内傾化する)ではなく、大型の天井石の端に合わせて形を整えている点など石工技術の高さを感じました。前室の右片袖の袖石の存在も石室にアクセントを加えています。
 以前も触れましたが、この袖というのは今一つその意味合いが理解できていません。両袖、片袖、無袖とこれまでもわかる範囲内で触れてきましたが、必ずしも格が最も高い人物は両袖、次が左右どちらかの片袖、さらに格下が無袖というわけではないようです。無袖の石室からも豪華な副葬品が出土したり、格上と思われていた両袖から何もめぼしい考古資料は見つけられなかったということもあるようです。ならば単なる被葬者や(生前から墓を築くことを寿陵という)周辺の人々、石工(いしく)集団の好みの問題なのでしょうか。興味は尽きません(撮影2020年2月3日)。
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

後円部の盗掘坑が痛々しい由緒ある前方後円墳


 兵庫県加西市にある玉丘古墳群。思ったよりも遠く大阪駅から加古川線経由で北条鉄道の終点北条駅から神姫バスに乗り換え最寄りの健康福祉会館までざっと3時間。かなりの長旅です。ここに墳長109mの前方後円墳玉丘古墳、2段築成の円墳クワンス塚古墳、陪塚円墳と方墳等が残され公園として整備されています。幼稚園や保育園の子供たちでしょうか、訪れた際には天気にも恵まれ結構な賑わいでした。播磨風土記にも登場する悲恋の女性、根日女(はじめて知りましたが興味のある方は調べてみてください)が眠ると伝えられています。その玉丘古墳は墳丘に登れるのは有難いのですが自然保存のため動画1でおわかりのように、よほど古墳に詳しくないと墳丘を歩いていることすら忘れそうです。前方部を歩きようやく後円部の高みにあがってみるとずいぶんと大きな盗掘坑が残されています。訪問時には調査のため底部にあった長持形石棺の石材は引き上げられ埋蔵文化財整理室で公開されていましたが、長持形石棺といえば首長でもかなり高位の人物の棺として用いられており、そのことからも玉丘古墳の被葬者の権力の大きさがわかります。

 玉丘古墳群整備計画は既に加西市が2014年、2015年に策定しており徐々にではあるものの整備は進んでいるようです。なにより主墳の玉丘古墳の見学路が一日も早く完成することを祈らざるを得ません。陪塚はじめ残る円墳の数々は動画2で紹介しています。古墳からの出土品等は加西市埋蔵文化財整理室で見学できます。訪問時には盗掘坑から長持ち型石棺が引き上げられ展示されていました。縄掛突起の大きさからも石棺全体の規模が想像できます(撮影2018116日)。
PNG 玉丘古墳 所在地

玉丘古墳基本データ

所在地 兵庫県加西市

形状 前方後円墳

規模 墳長109m、後円部径64m 高さ9m、前方部幅53m 高さ7m

20mの周濠あり、3段築成、葺石あり

築造時期 5C前半

出土品 刀剣や勾玉、管玉などが出土とされるが詳細は不明

特記事項 なし
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ

↑このページのトップヘ