古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:兵庫県

入室して感心した内部構造

 これまで赤穂市有年地区の群集墳では塚山1号墳(クリック)、塚山6号墳(クリック)、木虎谷2号墳(クリック)を紹介してきましたが、今回は二つのグループとは別の惣計谷(そうけだに)古墳群から6号墳です。簡易マップにあるようにいずれも隣接していますが、動画の冒頭にあるような景色が延々と続き、自分がどこにいるのかがわからなくなるのに時間はかかりません(苦笑)。

 今回の惣計谷6号墳も偶然たどり着いた古墳です。それにしては数少ない祇園塚型の石室で、拾い物でした。その日、惣計谷3号墳を訪れたあとに、以前から訪ね損ねていた木虎谷1号墳に行く予定にしたところ、道に迷うこと15分ほど、あっちに行ったりこっちに行ったりして、見つけたのが惣計谷6号墳だったというわけです。これも、帰宅後、赤穂市の文化財担当の方にお聞きし「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書」(赤穂市教育委員会、2017)ようやく確認しました。

 ご覧のように東側の墳丘封土の流失が著しいものの、遠目にも円墳ということはよくわかります。

その南側に開口する石室ですが、落葉で入り口部分が多少入りにくいものの、匍匐前進の必要はありません。石室に入る時のドキドキ感は、入り口では見えなかった玄室の奥壁を目にしたとき、頂点に達します。「これはこれは」とキャプションに書きましたが、羨道と玄室の境に、大きな間仕切り状の袖石が出っ張っています。結果として玄室に入る部分の幅がぐっと狭くなり、入室の際に感じる広がりが大きくなる気がします。そうした効果をこの古墳の工人は狙ったのでしょうか。加えて、特筆したいのは玄室天井板石の部厚さです。奥壁や側壁もさることながら、この天井石に見とれてしまいました。

他方、よくわからなかったところもあります。「調査報告書」にある祇園塚型石室は完全に埋没することを前提に羨道部分の天井はないと書かれていますが、ご覧のように惣計谷6号墳の羨道部分には天井石はあります。他方、ずっとスケールが大きい(長さ10.3m)祇園塚型石室でも複室構造の塚山6号墳の羨道天井石はありません。おそらく祇園塚型石室にもいくつかのパターンがあるのだろうと想像します(撮影2020129日)。
PNG 有年地区の各古墳群 21年7月5日作成


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

葺石が敷かれた青空に映える大型円墳

 
 はじめて私市円山古墳を訪れたのは古墳踏査を始めて間もない2015年11月26日のことでした。予想外の悪天候の中、バスを降りて府道57号線を歩くと、雨に煙る墳丘がぼんやりと視界にはいってきました。その姿に感動したことを覚えています。以来、5年の年月を経て昨年の6月に天候に恵まれることを祈りながら再訪しました。幸い晴天に恵まれ、青空に映える墳丘を収めたのが、今回のリニューアル版動画です。径70mと大型の円墳ですが超巨大というわけではありません。なのに数字以上に大きく見え、抜群の存在感です。その理由を考えてみました。おそらく一つは墳丘全体に太陽に映える川原石が葺石として敷かれていること、二つは山頂という高所(平地との高低差60m)に築かれているからではないでしょうか。墳丘としてははるかに大きなさきたま古墳群の茶すり山古墳(径105m)(クリック)は平地に築かれているために、また、兵庫県朝来市の茶すり山古墳(径90m)(クリック)は2㎞ほど離れてみると山一つといった感じですが、葺石がごく一部しか復元されていない(もともと地山の角礫を並べたもの)ために墳丘の大きさほどには目立ちません。
 それにしても私市円山古墳、改めて細部にわたり復元されていることに感心しました。そしてこの古墳が発見された1980年代、当時の道路公団と京都市教育委員会が、高速道路をトンネル化して通すことで古墳を保存することに合意したことにただただよかったと思わざるを得ません。その背景に地元の方々の保存への熱意があったことは言うまでもありません。ご覧のように保存自体はパーフェクトですが、一つ残念なのは家形や短甲等形象埴輪が出土した造り出しに何も置かれていないことです。三重県松阪市の宝塚古墳、愛知県名古屋市の志段味(しだみ)大塚古墳等のように祭祀の様子を想像できるようにレプリカが置かれてもよいのにと思いました。旧版はこちらです(クリック)。アクセスはJR福知山線綾部駅南口からコミュニティーバス西坂線で湯殿(古墳公園前)下車徒歩20分(撮影2020年6月23日)。私市円山古墳場所(リニュ―アズ版)21年5月27日作成
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

重厚な石棚付き石室

 
 マップにあるように山陽本線有年駅の北側は古墳、とりわけ後期の群集墳がいくつも築かれています。既に紹介した塚山古墳群についで今回は木虎谷古墳群から2号墳です。2号墳といっても21基を数える古墳群中の盟主墳の印象です。他の残りのよい石室と比較しても全体の風格、玄室に厚さ45㎝もある石棚が築かれていること、丁寧な石組みなどから、そのような感じがします。 
 南を向いて開口する石室の羨道手前部分は天井石がありませんが、玄室に向かいゆっくり歩いていくと石棚がアクセントの奥壁を中心にバランスのよいもち送り(天井に向かっての内傾)が印象的な玄室が広がります。天井には数枚の大型の板石が並びます。床に転がる石材(石棺か?)を避けながら奥壁に近づくと、部厚い石棚に驚かされます。半端ではないですね。それにしてもこれをどのように利用したのだろうか、考えてしまいます。供物のようなものが置かれていたのでしょうか。
 奥壁に立ち開口部をみると両袖式であることがよくわかります。ただ、あまり袖石は大きくはなく控え目な印象です。赤穂市教育委員会の「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書、2017」は「羨道部が発達して、袖部は突出が弱くなっている」と書いています。また、両袖式の石室は赤穂市では例外的だそうで、その点からもこの2号墳が特別なものに思えます。既に紹介した塚山6号墳(クリック)は片袖式、塚山1号墳(クリック)は無袖式です。ところで報告書を見ると木虎谷、惣計谷(そけいだに)、塚山古墳群以外にも複数の群集墳がみられることがわかります。どうしてこの山間にと思ってしまいますが、干拓が進むまではこの有年地区が現在の赤穂市の地域の中心(盆地として平地面積が広かったため)だったそうです。そのことは二つのマップからもよくわかります。千種川による南北の河川交通と東西の陸路交通とが交差する地域となっています。動画冒頭、有年駅から北側をみると古墳群のある山々がひろがります。当時とさほど変わらぬ景色がのこされています(撮影2020年12月9日、 2021年2月21日)。PNG 木虎谷2号墳(二つ目のマップ)21年5月5日
PNG 有年地区古墳群 21年5月5日作成

よくできた移築復元古墳


今回の愛染(あいぜん)古墳。古墳公園として整備された兵庫県加西市の玉丘古墳群の一角、というか最も目立つところに移築復元されています。径18mといいますが、はるかに大きく見えるのは草刈りがなされ墳丘がくっきりと浮かびあがっているからでしょうか。。無袖式の石室(羨道幅と玄室幅が同じ)は長さ約5m、幅0.9mほどでしょうか(動画編集後加西市埋蔵文化財整理室に確認したところ、石室長5.8m、幅1m、高さ1.7m、無袖式とのことでした)。中には組合せ式の家形石棺が置かれています。奥壁は石棺に阻まれて完全には見通せていませんが、平滑された一枚の板石のようです。石室全体の長さに比してやや天井が低い印象で、もう少し高ければもっと見栄えがするのにと思いました。ところで移築されてきた愛染古墳ですが、説明板には、玉丘古墳群に含まれる1基なのかについて記述はありません。こういった基本情報は説明板にも載せてほしいものです。埋蔵文化財整理室の話では玉丘古墳群には含まれず、独立した古墳で玉丘古墳群の北4㎞ほどにある佐谷町から移築されたもので独立墳だそうです。

玉丘古墳群には墳長109mの前方後円墳玉丘古墳、2段築成の円墳クワンス塚古墳、陪塚円墳と方墳等が残されており、7C央の築造とされる愛染古墳もその1基であるとすれば、最も遅くに造られた古墳ということになります。前方後円墳を中心に紹介している玉丘古墳群(クリック)と合わせてご覧ください。アクセスは北条町駅から神姫バス営業所行で健康福祉会館下車すぐ。帰りはタイミングが悪く駅まで歩きましたが40分ほどでした(撮影2018116日)。

PNG 玉岡古墳群愛染古墳宇r-と 21年4月24日作成


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ