古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:兵庫県

遠くから墳丘を確認できる残りのよい石室の円墳
 土圧で開口部近くの側壁が大きく傾いた木虎谷9号墳(クリック)から北に50mほど上ったところに 今回の12号墳はありました。二つの古墳の間には他の古墳がないので、上っていくと、動画冒頭のように結構遠くから、墳丘全体が見えます。オーっと思いました。ずいぶん大きいなと。ところが、 有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書(2017、赤穂市教育委員会)によれば、9号墳と同じ径13mの円墳です。残りが石室、墳丘ともによいとコメントされているので、データがない高さは4-5mといったところでしょうか。ただ石室は9号墳よりも一回り以上大きく7.8m(8号は6.5m)もあります。幅も10㎝広い1.7mです。高さは60㎝も高い2.1mです。玄室幅と羨道幅が同じ無袖式なのでよけいに長く、大きくみえます。かなり立派です。ただ、有年地区に多いとされる、玄室内に間仕切りのある祇園型石室ではありませんし、ごくオーソドックスな石室の印象です。  報告書では、開口部付近に閉塞のための土砂が溜まっているとのことでしたが、さほど入室に不自由なほどではなかったことは動画でご覧のとおりです。他方、開口部手前左側の石材は気になりますが、説明はありません。羨道側壁の一部なのでしょうか。ということで、今回は石室がお好きな方にのみ関心をもっていただける群集墳、木虎谷古墳群からの1基でした(21年2月18日撮影)。 PNG 木虎谷12号説明用 9号 8号との関係
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

幾多の天変地異を乗り越えた側壁に凄み!

 
 荒涼とした山裾に、こうした古墳が、数百と待ち構えている赤穂市有年地区の光景は、すさまじいとしか言いようがありません。google map の航空写真では一面木々に覆われていますが、その下には、今回の9号墳のような円墳の数々が並びます。しかも木虎谷だけでなく、塚山、惣計谷、奥山とトータルでいったいいくつになるのでしょうか。今回の9号墳は、古墳群の主墳格、木虎谷2号墳(クリック)と比べるとずっとフツーです。比較してご覧ください。 それにしても今回の9号墳、近寄ってみるまでとても入室できるとは思いませんでした。大きな石材が古墳の高まり近くに放置され開口部を塞いでいるように見えたからです。ただ、よく見ると狭いながらも土砂が堆積する羨道途中から入室できそうなことがわかりました。入ってみると右側側壁(奥壁からみて左側)が大きく傾き視野を遮ります。はじめは袖石かなと思ったのですが、そうではありません。動画最後でご覧いただけるように、押しつぶされた側壁の一部でした。ただ、その奥に見える玄室は、ほぼ無傷の状態で感心しました。キャプションにも書いたように、個々の石材はデコボコした自然石ですが、積まれた部屋全体は整然としています。石工のセンスのよさに思わず声が出ました(撮影2021年2月18日)。

PNG木虎8号 所在地

角ばった開口部が遠目にもわかる残りのよい古墳
 木虎谷古墳群の盟主墳といわれる石棚のある木虎谷2号墳(クリック)から北方向に150mほど 登ると今回の8号墳に到着します。といっても、周囲は同じような荒涼とした景色。ところどころにポツンポツンと高まりが見え、あれは古墳に違いないと思い手元の赤穂市が発行した「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書」(2017年)を開きます。丁寧に何十もの墳丘が番号で記されていて実に便利です。それでも迷ってしまったのは方向音痴のせいでしょうか。それもそうでしょうが、一つは目指す古墳を見つけて、それに夢中になってしまったからかもしれません。地図をみるとせいぜい500m四方ほどの範囲ですが、帰り道の確保には神経を使いました。  
 今回の8号墳、なだらかな傾斜の先に、堂々と残りのよい墳丘をみることができました。遠目にもわかるカチッとした四角状の開口部が印象的です。円墳の径は12mだそうですが、はるかに大きくみえるのは、周濠の跡があるためでしょうか。抜かれているのかと思った羨道の天井板石はもとももとない祇園型石室といわれるものだそうです。入ってみて誰でも気づくのはまぐさ石の左(奥壁からみて)に2つの石材を積んだ大きな袖のような仕切り石の存在です。報告書によればこの立柱石は壁に埋め込まれているそうです。仕切り石は左にしかなく、あたかも左片袖式の玄室のようにも見えますが、羨道幅は玄室幅と変わらないのでそれは当たらなさそうです。 全長5.9m、幅1.2m、高さ1.8mの規模の石室は木虎谷古墳群の中では大きなほうに属するようです。入っての印象は、全体的にバランスがとてもよい印象です。自然石を用いた持ち送りの少ない石室は野趣あふれるとか、ごつごつしたという表現は当たらず、2段積みの奥壁を含めとてもスマートです。他方、8号墳の南に位置する6号墳の方は墳丘は残されておらず、石室も奥壁と側壁の一部だけが残るのみです。それだけに8号墳の残りの良さが際立ちます。やはり、後世の人々も、この古墳は残すべき、あの古墳は破壊してもいいなどの選別をしたのかもしれません。 (撮影2021年2月18日)。PNG木虎8号 所在地
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

再訪して潜った4号墳(第1支群)の石室


 有年駅前北側には店は一軒もなく、ロータリーの向こうには今回の塚山古墳群はじめいくつかの群集墳がある山裾が広がります。古墳時代とさほど変わらぬ景色ではないかといつも思います。いつもというのは、有年駅を降りるのは三度目なのです。思ったように古墳を探せず、ついつい足が向いてしまいました。今回の動画も実は、2回の訪問をつなげています。どこかおわかりでしょうか。開口部は若干崩落しているものの6.8mの石室が完存する第1支群、4号墳は1度目の訪問でも確認できたのですが(未編集の動画で確認)素通りし、他の古墳に足が向いてしまいました。こういう時の「がっかり感」は半端ではありません。そんな経緯もあってリベンジと称して再訪しました。 ところでなぜ、4号墳石室が完存することがわかったのでしょうか。実は赤穂市教育委員会の「有年地区埋蔵文化財詳細分布調査報告書」(2017)(赤穂市HP経由で入手)に、●号墳の墳丘と石室奥壁の画像が簡単なデータとともに掲載されているのです。実に便利です。しかし、これさえあればと、出かけてはみたものの、甘かったです。周りは動画の後半にもあるように、似たような景色ばかり。前ばかりみていると、はて、どこから来たものかと思案投げ首です。リボンを木々につけて進んでも、小さすぎて見えなくなってしまいます。しかも下草が枯れた古墳シーズンは日が短く、帰りの電車のことを考えると時間的余裕はありません。ということで今回は古墳踏査の裏話ばかりに終始しました。ただ塚山古墳群の今回のパートは序の口。標高が高い第2支群や木虎谷古墳群の様子は、ため息をつくばかりでした。ただ、個々の墳丘の大きさ、状態はよいものが多く見応えがありました。近々、紹介する予定です(撮影2020年12月12日、2021年3月10日)。 注 塚山古墳群は第1支群31基、第2支群16基、第3支群8基、計55基からなる群集墳です。 PNG 塚山1号(赤穂市有年)修正版
PNG 塚山古墳群位置 日本列島


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ