古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:佐賀県

田古里古墳より天井が高いドーム状石室を堪能


  驚くほど本数の少ない   JR長崎本線で肥後大浦まで行き既にアップした田古里古墳(クリックすれば飛べます)を見て、しばし茫然としたあと(その理由は田古里古墳の説明をご覧ください)、県道295号線をひたすら南下、若干のアップダウンがありますが動画1冒頭のような景色が広がります。季節外れのためもあってか観光客は見かけず、そもそも人には出会いませんでした。古墳時代はどうだったんでしょうか。途中で焼き牡蠣の旗が立っていたので帰りに寄らなくてはと思いながら道越古墳を目指します(結局、今はやっていないと断られました)。田古里古墳から20分ほどでしょうか県道沿いに新聞販売店がありそこを左に下ると家並が見えました。その間から動画1のような墳丘がのぞきます(太良町の教育委員会は丁寧に道順を教えてくれました)。

 お孫さんと遊んでいたおばあちゃんに見学したいのですがというと、どうぞどうぞとの明るい声。こういうのって嬉しいですね。あの田古里と同じような天井の高いドーム型(専門的には穹窿(きゅうりゅう)式と呼ぶそうです)の石室がみられるのでしょうか。期待は高まります。開口部までの階段を登り切って墳丘に近づきます。あとは動画のキャプションをご覧ください。田古里古墳とは違い単室構造ということもあり玄室は明らかに道越のほうが大きく、天井もわずか10㎝ですが高いです。天井の最も高いところの石の隙間から光が差し込んでいるために全体に明るく、ドーム状の石室の様子がよくわかります。それにしても無数の割石が崩れず1400年以上もの間存在してきたのですから驚きの一言です。

 考古学者和田清吾さんの説明によれば九州的横穴石室の「特徴は、玄室の平面がほぼ正方形で天井がドーム状をなすことで、閉塞は要所に門構造を設け板石を立てて行った」(吉村武彦他編、前方後円墳、2019、岩波書店)のだそうです。改めて道越古墳の動画を見返してみると九州的横穴石室の特徴を備えているように思いました。ならば畿内的(近畿中央部)横穴石室の特徴はといえば「玄室の平面が長方形で天井が平らな箱型をなすことで、外部からの閉塞は羨道部に塊石と土を積み上げて行った」のだそうです。これまで紹介してきた九州以外の石室を思い出してみると、相当数の石室が側壁が内側に傾斜する持ち送りをみせており、箱型の玄室はそれほどなかったように思われます。そう思って読み返してみると第三のカテゴリーとして「九州的、畿内的両者の要素に濃淡の地方色がまじった石室」があげられていました(撮影2018325日)
PNGmichikoshi kofunto takorikofun
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

 教会の礼拝堂のような横穴石室 
 これまで多くの横穴石室を紹介してきましたが、度肝を抜かれたという意味では奈良県桜井市の赤坂天王山古墳(クリックすれば飛べます)以来のことではないでしょうか。古墳時代後期の6C後半にまるでキリスト教会の礼拝堂を思い起こさせるようなドーム型(専門的には穹窿(きゅうりゅう)式と呼ぶそうです)の空間が広がっているとは。ただただ驚きです。径20m弱の円墳ですが高さは5.8mと尖った印象の墳丘です。それもそのはずで鍵は石室にありました。羨道、前室、後室からなる長さ11m弱の複式構造の石室で天井高は4.2mもあります。ヘッドランプを頼りに奥壁を辿りながら天井のほうを見上げてみると四方がなだらかに湾曲している様子がよくわかりました。後室のまぐさ石の上が空間になっていて驚かされたのですが、これは前室と後室の天井が共有されているからなのでしょうか。いやはや素晴らしい。時を忘れなかなか立ち去る気が起こりませんでした。

 それにしてもなぜこれほど巨大な石室を構築したか不思議です。そう思って調べてみたところ6C後半に北九州や西日本で、その地域最大の古墳や石室が造られたとの指摘を見つけました。天井高6.5mと国内最大といわれる熊本県氷川町の大野窟古墳の説明のなかでの記述です(残念なことに熊本地震で被災し立ち入り禁止になってしまいました)。今回の田古里古墳は熊本は有明海を挟んだ対岸に当たります。この辺りの海運を仕切っていた豪族の墓であることは用意に想像がつきます。残念なことに副葬品などはまったく明らかになっていないようです。アクセスはJR長崎本線で博多から肥前大浦まで行き徒歩で20分ほどです。有明海沿いに列車は走りしばし景色にみとれました。肥前大浦からはわかりやすく県道207号線を南に下り一つ目の田古里の信号を左折し300mほど道なりに進むと田古里古墳と書かれた大きな看板が見えます(2018326日)。


PNG takorikofun ichi zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  幅が狭く細長い前方部が特徴の前方後円墳
 今回の前期古墳は佐賀県佐賀市の金立銚子塚古墳です。98m100mにわずか欠けますが、動画からわかるように周濠に囲まれた前方後円墳は実に堂々としています。よくぞ1700年近くもの間、築造当時の墳丘が維持されてきたものです。佐賀平野では第二位の規模だそうで、第一位は以前紹介した墳長114m船塚古墳(クリックすれば飛べます)で背振山を背に西に30㎞ほどのところにあります。是非、比較してごらんください。

 後円部に登り前方部方向を眺めると典型的な前期古墳であることがわかります。後円部径58mに対して32mと幅が狭く細いのです。いわゆる柄鏡形といわれる前期に特有のものです。桜井茶臼山古墳がよく典型例として紹介されます(クリックすれば飛べます)。明瞭にみることができる段築は動画3で確認できます。

佐賀県の考古学者、蒲原宏行さんは、「これまで知られる範囲では、金立銚子塚古墳の98mという規模は同時期の筑紫平野の中で、第二位の小郡市三国の第1号墳の68mをはるかに凌駕しており」と述べ、その意義について強調し、船塚古墳とともにこの地の古墳について「従来北部九州へのヤマト政権の進出は朝鮮半島進出の軍事的拠点として、玄界灘沿岸地域を中心に進められた点が強調されているが、筑紫平野や宇土半島基部など有明海沿岸の貯地域との連携にも強い関心が払われていたことの証しといえよう」と述べています(風土記の考古学⑤ 同成社、1995)。なるほど被葬者をそうした役割を果たしたのではないかと考えると墳丘がまた違ってみえます。

佐賀駅前バスセンターから運転免許センター行きで佐賀整肢学園前で下車し、北に100mほど歩き自転車屋の角を左折し突き当りまで進むと右手に墳丘がみえます。バスは一時間に一本はあります(撮影20151225日)。
KinryuChoushizuka zu



金立銚子塚古墳基本データ

所在地 佐賀県佐賀市金立町

形状 前方後円墳

規模 墳長 98m、後円部径58m 高さ8m、前方部幅32m 高さ4.6m

後円部三段、前方部二段築成 葺石

築造時期 4C

出土品 壺形土器(土師器)

史跡指定 国指定

特記事項 本文にも書いたが佐賀県では船塚古墳に次ぐ二番目の規模の前方後円墳




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  古墳群全体を移築した珍しい史跡
 移築された復元古墳とはいえ今回紹介する中期の久保泉丸山古墳群はなかなか見ごたえがあります。佐賀県佐賀市にあります。元は現在の場所から500m東の久保泉町川久保にあったそうですが長崎自動車道の建設のために金立公園内に遺跡全体を移したのです。1983年のことでした。縄文時代から弥生時代にかけての支石墓と古墳群からなる遺跡ですが横穴石室のある複数の小規模の円墳が特色といってよいでしょう。支石墓とは日本では朝鮮半島の強い影響を受けた北九州で縄文時代終わりごろから弥生時代に盛んに造られたようです。数個の支石の上に長方形に近い天井石を載せています(動画では天井石がみえます)。
 横穴石室は前期の終わり頃に北九州ではじまりますが、このブログでもお分かりのようにその大半は後期から終末期に集中しています。その意味でも中期の5C前から後半にかけて造られた横穴石室のある円墳は貴重だと思います。移築に際しては1号、2号などいくつかの円墳はホールケーキを切り分けるように墳丘全体を移動するという難しい作業を行ったそうで(佐賀市教育委員会)、遺跡の復元という点からも興味深いと思います。
  2号墳では亡骸を置いた屍床が見られますし石室内はあとで塗られた朱が鮮やかで当時を思いおこすに十分です。葺石が葺かれた墳丘が周濠に囲まれています。他方、コンクリートの墳丘で復元された4号墳は横穴石室内部が2号墳とは全く違うという意味でも興味深いのではないでしょうか。6号墳は竪穴石室が復元され観察できるという点で面白いと思います。ただあまりに狭く撮影に苦労しました。
 既に紹介した福岡市の横穴石室のある後期古墳 丸の口古墳群(クリックすれば飛べます)と比較してご覧ください。
 JR
佐賀駅バスセンターから運転免許センター行きの市営バスで金立で下車し、徒歩10分。公園内のつくし斎場を目指すと入り口手前にあります(撮影2015年12月25日)。

PNG Kuboizumimaruyama zu



↑このページのトップヘ