古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:佐賀県

県道が横切る前方後円墳に驚きの横穴石室

 
 みやき町の高柳大塚古墳から県道31号線を西に3㎞ほどのところに今回の伊勢塚古墳はあります。歩けない距離ではありません。それに31号線が墳丘を横切っているとのことですから、迷うとは思えません。ただ、神埼市の教育委員会の方に開錠をお願いし現地に午前11時には着かなければならず、やむなくタクシーを呼ぶことに。それにしても大変な交通量です。それも大半が大型トラックです。歩行者がほとんどいないということなのでしょうか。横断歩道もほとんどありません。 
 さすがタクシー。予定よりも早く到着したので墳丘を一周してみることにしました。動画1の冒頭のように道路に沿って(おそらくくびれの辺り)上ると、一見、円墳としか思えない墳丘が待っていました。ただ石室開口部の前に立ち墳丘をみると円墳というには裾が左右(南北)に広がりすぎていて、やはりこれは前方後円墳だと妙に納得してしまいました。 
 神埼市文化財担当の方の話では1930年代には既に現在の31号線は墳丘を分断する形で通っていたそうです。明治期以来の国土開発の犠牲になったわけですが、完全に破壊されずに済んだのは不幸中の幸いでした。それは石室に入ってよくわかりました。おそらく動画を見た方もそう思われるのではないでしょうか。石室全体に巨石が用いられていますが、羨道側壁と羨道の天井石にも用いられている部厚いまぐさ石には特に驚かされました。それだけではありません。長い羨道を経て玄室に入ると、奥壁の上には高さ4mのドーム型(穹窿型)天井が目に入ります。いつもながら静寂に包まれた石室の天井を見ると凛とした気持ちにさせられます。とりわけ高い天井であるほど、そうした気分になります(動画キャプションに奥壁下に区画がと記しましたが、私の勘違いでした)。なお事前に神埼市文化財担当に連絡すれば石室内見学可能です。同じく前方後円墳で巨石を用いた石室が見事に残る高柳大塚古墳(クリック)と比較してご覧ください(撮影2019年12月19日)。PNG 動画撮影位置 伊勢塚古墳(佐賀県)(神埼市)21年5月13日
PNG 伊勢塚古墳(佐賀県)(神崎市)21年5月13日作成

伊勢塚古墳(神埼市)基本情報

所在地 佐賀県神埼市神埼町

形状 前方後円墳

規模 墳長 78.4m、後円部径36m 高さ7m、前方部幅28m 高さ不明、段築あり

石室規模 全長16.7m、羨道長さ6.55m、幅1.95m、高さ1.60m、玄室 長さ3.8m、幅3.2m、高さ4m(なぜか羨道と玄室の長さを足しても表記されている全長とかなり差がある)。

築造時期 6C後半

出土品 埴輪(形状不明)

史跡指定 県指定

特記事項 奥壁に円文が書かれていたが現在では肉眼での確認は難しい。


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

合掌造りの天井に度肝を抜かれた初期横穴石室


 見慣れた横穴石室とは全く違うのではじめの印象は、これは何だろうという感じでした。説明を聞いて漸く理解できました。東石室見学用の現在の開口部は合掌造りになっている石室最上部の尖がりのところなのです。残念ながら崩落の恐れがあるそうで、中はご覧のように補強用の桟が縦横に走っており、視界を遮ります。それでもライトアップされているので床面の状況や壁面の割石積みの美しさはよくわかりました。石室は長さ2.95m、幅1.6mですが、天井部はその半分ほどでしょうか。残念ながら高さのデータは見つけられず、おそらく2.5mほどだと思われます。石室の様式にこだわれば竪穴式の石室の南側に開口部を設けた初期横穴式石室で、竪穴系横口式石室ともいうようです。いずれにせよ、合掌造りの石室天井部の印象が強烈でした。 
 墳長77mの前方後円墳としての墳丘は古墳時代前期の特徴をもっています。後円部径40mに対して前方部の幅は24m、後円部の高さが8mに対して前方部は3.5mと比高差がかなりあるからです。築造時期が中期でも前期に近い4C末と考えられているからでしょうか。後円部からは木立の先に広がる元は内海だったという唐津市街が広がります。豊富な副葬品とともに葬られた被葬者の権力の大きさが偲ばれます。東石室内から三角縁神獣鏡はじめ銅鏡が5面、石釧、玉類、鉄器類が、埋め戻された西石室からも三角縁神獣鏡を含む銅鏡2面、玉類、鉄器類が出土しています。JR筑肥線東唐津駅からタクシーを利用。見学は事前に唐津市教育委員会学習文化財課に申し込みをすれば可能です(撮影2019年12月17日)。PNG t谷口古墳(唐津市)地図21年4月13日作成 こちら

孟宗竹に目を奪われる小型の穹窿式(ドーム型)石室


 樋の口古墳前の道路を南に歩き、すぐのところに今回の玉蔓(たまかずら)古墳への登り口があります。竹林の間に地元の方でしょうか、ロープを張ってくださっているので迷うことはありません。ただ、大型の孟宗竹が風雨にさらされてあちらこちらで倒れ道を塞いでいます。現地を訪れる際には十分注意してください。径13mの円墳ですが、墳丘には鮮やかな緑色の孟宗竹が石室を守るように生えています。ただ、墳丘にとりよいわけはありません。この分では石室石材の間から竹の根が顔を出し、石室を崩壊させるのではと心配になります。 それはともかく、長さ3.5mの羨道と、同じ奥行きの玄室の残りはよく、小型ながら持ち送りの急な穹窿式の石室を十分に観察できます。このブログでは佐賀県の古墳石室を数多く紹介し、この唐津市でも樋の口古墳横田下古墳島田塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)を見ています。ただ、近接しているにもかかわらず、それぞれの古墳は個性的であまり共通点を見出すことはできません。比較的大型の腰石に小型の石材を積み上げていくという奥壁の造られ方に着目すると今回の玉蔓古墳は、太良町の田古里古墳に比較的似ている感じがします。もっとも天井高は田古里古墳は4.5mとはるかにスケールは大きいです。玄門を境にして玄室幅が羨道幅より大きくなる両袖式の玄室ということがよくわかるのもよいですね。石室への入室に他の古墳のように唐津市への開錠申請はいりません。(撮影2019年12月17日)。PNG 玉蔓古墳と樋の口古墳位置関係
PNG 玉蔓古墳石室イメージ図
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

小口積みの平石が美しい初期の横穴石室


   今回の横田下古墳、所有者の方が畑地を開墾している際に現在見学用開口部になっている羨道西側側壁を掘り当ててその存在がわかったそうです。約100年前の大正13年のことです。石室の残りの良さに期待が高まります(そういえば本ブログでも紹介している中国の兵馬俑(クリックすれば飛べます)も農家の方が偶然見つけています。) 長さ1.1mの羨道西壁に開けられた狭い開口部に体をよじらせて入室して、その精緻さに驚かされました。小口積みした平石が天井に向かって内傾し、床を見ると奥壁下に蓋つきの石棺、その手前と左に石材で区切られた仕切り(石棺と呼んでいる)が設けられています。 全体の造りがどこかで見た石室と似ています。そうです。福岡市の丸隈山古墳の石室です(クリックすれば飛べます)。平石の積み方や箱形石棺の型式も同じようにみえます。唐津市のHPには「朝鮮半島にその源流をもち、福岡市丸隈山古墳(まるくまやまこふん)などとともに九州における横穴式石室の初現期様相を示すものとして極めて重要です」と書かれています。造られたのは5C前半から中頃と考えられており、案内してくださった方は竪穴石室から本格的な横穴石室に切り替わる時期で竪穴石室の様相が見て取れると言われていました。たしかに見学可能な香川県の高松茶臼山古墳(クリックすれば飛べます)の竪穴石室の壁の造られ方にそっくりです。 話しを戻します。石室は横田下が長さ3.95m、幅2.25m、高さ2.34m、丸隈山は長さ4mと幅2.4m、高さ2mと同規模で朱が残っているところも同じです。ただ墳丘は丸隈山古墳が墳長85mの前方後円墳に対して横田下古墳は径30mの円墳です。計8体の遺体が埋葬され、銅鏡、玉類、短甲、土師器類が出土しています(詳細は特記事項参照)。この貴重な石室も事前に唐津市教育員会に事前に申し入れをすれば可能です(撮影2019年12月17日)。にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ