今回の後期古墳福岡県福岡市にある今宿大塚古墳は私にとり非常に印象深い古墳です。この古墳踏査をはじめて間もないころ、まだ時期区分による墳丘の特徴もよくわからないままに大手ドラッグストアの裏手に墳丘を見た時、そのアンバランスな光景に度肝を抜かれました。動画でご覧になれるように古墳のすぐ後ろには絶え間なく車が行き来する高速道路が見え、その奥には特徴ある形の高祖山(たかすやま)が聳えています。周囲といえば住宅が立ち並び、さらに開発中です。よくいえば古代と現在が同居していますが一歩間違えば墳丘が住宅に取り囲まれてしまいそうです。

  ところが福岡市は実に見事な史跡公園を完成させました。この動画は2015年の暮れですからもう既に開園していると思われますが、二重の周濠を含め今宿大塚古墳が遠くから古代の人が見たであろう墳丘を完全に残すことにしたのです。できれば二段築成の一段目にあったといわれる葺石も復元してほしかったですが・・・。興味深いのは墳長が64mに留まることです。後期の6C前半にしては決して小さくはありませんが、そのことよりもこのブログで紹介した65m程度の古墳に比べるとはるかに大きく見えるのです。周濠があり墳丘の間近には遮るものがないことが最大の理由でしょう。

  墳丘がよく確認できる墳長64m級のアップ済み前方後円墳を紹介しておきます。ずいぶんと印象が異なります。いずれも古墳名をクリックすれば飛べます。是非、比較してご覧ください。石川県の能登部町にある墳長65m雨の宮2号墳(中期)、大阪府池田市の62m池田茶臼山古墳(前期)、千葉県千葉市の63m大覚寺山古墳(前期)、静岡県静岡市の墳長65m三池平古墳(中期)、奈良県高取町の墳長66m市尾墓山古墳(後期)。

  大塚古墳のあるJR筑肥線の今里駅から周船寺駅にかけての一帯は弥生時代には魏志倭人伝にある伊都国に属しその後も地域としてのまとまりをもっていたようです。それを跡付けるのが4C後半から6C後半、つまり古墳時代を通じて築かれた前方後円墳13基を含む300を越える古墳です。残念ながらその多くが開発によって消滅していますが九大学研都市駅の駅前の墳長44mの山ノ鼻1号墳(4C前半)、最も古い横穴石室と考えられる鋤崎古墳(4末)、既に紹介した石室を見学できる群中最大の墳長85mの前方後円墳丸隈山古墳(5C前半)(クリックすれば飛べます)それに今回の大塚古墳が首長墓ではないかとみられ今日まで残されています。

  墳丘は前方部の幅が43mと後円部径よりも4m長い典型的な後期の前方後円墳です。もっとも前方部の高さは後円部よりもやや低い5.5mに留まっています。もうひとつ印象的なのはくびれがさほど鋭角ではなく全体として寸胴な点です。埋葬施設は発掘調査が行われていませんが後円部南側にあると考えられています。葺石は一段目、円筒埴輪はテラス及び濠と濠の間の外堤には円筒埴輪、人物、馬の形象埴輪が並んでいたことがわかっています。アクセスは非常にわかりやすくJR筑肥線今宿駅から徒歩10分弱です。駅から西に100mほど歩き県道202号線を南に下ります。信号一つ目を過ぎドラッグストアがあるのでそこを右に入ると墳丘が見えるはずです(動画1の公園入口の道が見えるかもしれません)(撮影20151226日)。
PNG imajyuku kofun zu




今宿大塚古墳(今宿古墳群)基本データ

所在地 福岡県福岡市

形状 前方後円墳 二段築成、下段に葺石 二重の周濠 8-12mの内濠、堤を挟み幅5m

外濠

規模 墳長64m、後円部径39m 高さ6m、前方部幅43m 高さ5.5m

築造時期 6C

出土品 円筒埴輪、人物、動物埴輪

史跡指定 国指定

特記事項 埋葬施設が後円部南側にあるとみられている



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村