古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

タグ:京都府

京都盆地を見下ろす高台に完存する素朴な石室


  京都といえばついつい平安京以降を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。そういう私も古墳踏査を始める前はその一人でした。ところがどうしてどうして。前期から後期に至るまで大型前方後円墳(後方)を含め京都市、隣接する向日市、長岡京市には数多くの古墳が築かれています。前期の五塚原古墳元稲荷塚古墳、中期の恵解山古墳(クリックすれば飛べます)が代表例ですが、見学可能な横穴石室もいくつか残されています。物集女車塚古墳は石棺も残されている見応えのある石室です。こうした遺跡にみられるように古墳時代に既に重要な地域であったからこそ、その後、律令制期以降において政治的中心になったのではないでしょうか。

 今回のカラネガ岳1号墳は長岡京市の光明寺の北側の山中に残されています。1976年から京都大学により調査が行われており、ネットで入手した報告書によれば京都盆地をのぞむ山々の麓には数多くの群集墳が築かれています。カラネガ1号墳もカラネガ古墳群の4基のなかの1基です。もみじの紅葉で知られる光明寺の裏手の山中にあります。墳丘は半壊状態ではあるものの石室の保存状態は良好です。自然石を用いた素朴な味わいの石室といってよいのでしょうか、平滑とは無縁の粗野な感じがする石室です。羨道は5.4mと石室長8.3mに比べ長く幅も狭いのが特徴です。報告書によれば築造時期は後期後半とありますから6C末頃でしょうか。出土したのは土師器、須恵器、鉄器だそうです。京都市内の天塚や甲塚のようなスケール感のある石室ではありませんが見逃せない一墳です(撮影20181218日)。PNG カラネガ岳1号墳(長岡京市) 場所
PNG カラネガ岳1号墳石室イメージ(長岡京市)




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

竹林とのコントラストが美しい墳丘


 
  今回の前期古墳寺戸大塚古墳はJR京都線向日町から真西に1㎞ほど行った丘陵斜面にあります。目指すは美しい竹の径(西ノ岡竹林通)ですが、わからなかったら向陽小学校を目指すとよいと思います。この小学校の前の径が竹の径でそのまま北にあがると墳丘がみえます。

 さて今回の寺戸大塚古墳、平安京が置かれる前の京都を知るには格好の大型前方後円墳です。この乙訓(おとくに)地域には既に紹介した五塚原古墳元稲荷古墳(いずれもクリックすれば飛べます)が築かれ、その次に今回の寺戸大塚古墳が、そして消滅した妙見山古墳が4C前半から末にかけて築かれます。100mクラスの前方後円墳が、切れ目なく同じ地域に造られたのですから同じグループに所属する豪族の領袖の墓だったことは容易に想像されます。残念ながら五塚原、元稲荷古墳に比べると墳丘の残りはよくありません。竹の径を南から登ると径57mの後円部だけが忽然と姿を現します。実は竹の径に沿って今では確認できない前方部が南方向に広がっていたことがわかっています。それでも竹林と残された墳丘とのコントラストはなかなかの美しさです。竹林はもちろん後世のものですが、地図でお分かりのように古墳の西側には小畑川が流れ、見上げると葺石が敷かれた墳丘がよく見えたにちがいありません(現在では住宅が密集しています)。

 寺戸大塚古墳は数次にわたる調査の結果、後円部、前方部から竪穴式の埋葬施設があり三角縁神獣鏡を含む多数の出土品が確認されています。近くの五塚原、元稲荷の両古墳とともに見学するのがお勧めです(撮影201597日)。
PNG teradoootsuka dougasatsueiichiPNG teradoootsuka zu kochiranohou

寺戸大塚古墳基本情報

所在地 京都府向日市(墳丘東側)、京都市(墳丘西側)

形状 前方後円墳

規模 墳長98m、後円部径57m 高さ9.8m(18mとも)三段筑成、前方部幅45

高さ不明 葺石あり

築造時期 4C後

出土品 後円部、前方部埋葬施設から三角縁神獣鏡を含む銅鏡、鉄製武器、農工具、石製品

円筒、朝顔、家形、鳥型の形象埴輪








にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

住宅に囲まれた巨大横穴石室
 この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように
住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳の築造は6C後半の奈良県の五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)で終わり、その後しばらくは築かれるものの墳丘規模はずっと小さくなります。そのおそらく最後といわれているものが畿内では墳長75mの7C中頃に造られたと考えられるこの蛇塚古墳です。後円部径は45mほどだったようで、その外周に沿って住宅が建っています。不思議な光景です。

 その石室ですが動画1でお分かりのように鉄骨でようやく支えられている状況です。その理由もわからなくはありません。羨道の天井石は崩落し、玄室の天井石も一枚しか残されていません。空がこれほど見える玄室ははじめてです。羨道を含めた石室の長さは17.8m玄室は長さ6.8m、幅は3.8m、高さは5.2mもあります。そこに4m×5m×2.5mもある巨石を含め大小30数個の石を積み上げて石室はこしらえられているそうで(京都市の文化財保護課の配布資料)石舞台古墳の石室(クリックすれば飛べます)によく似ているとのこと。しかも玄室幅は蛇塚のほうが大きく、見瀬丸山(五条野丸山)古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさだということです。残念ながら五条野丸山古墳の石室は埋め戻されていますが、石室の長さは28.4mと群を抜いているので比較の対象にはならないようにも思います。

それはともかく石舞台の18.7mと同規模というだけで驚かされますが、周辺の状況があまりに違いすぎて自分の頭のなかで比較することができません。皆さんはどう思われますか。ここまで崩落する以前に保全整備ができなかったものか残念でなりません。印象が異なる一つの理由は石舞台の石室が花崗岩なのに対して、こちらは京都周辺に多い堆積岩のためであるからかもしれません。同じ京都で蛇塚よりも早く造られた前方後円、天塚古墳(クリックすれば飛べます)の墳横穴石室とも比較してご覧ください。アクセスは京福電鉄嵐山線帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から南方向に徒歩10分です。松竹京都撮影所沿いの東側の道を歩くとすぐに見えます(撮影日2017913日)。


PNG hebizuka kyoto zu shuuseiban


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

出現期に近い京都の前期古墳
 今回の前期古墳は京都府向日市の墳長91mの前方後円墳、五塚原(いつかはら)古墳です。

前期といっても出現期に近い段階で造られた非常に貴重な古墳です。既に紹介した元稲荷古墳(クリックすれば飛べます)、寺戸大塚古墳と向日丘陵に並ぶように築かれています。元稲荷の説明で触れましたが、向日丘陵は東海道新幹線が京都駅を離れ新大阪方面へ下りはじめると車窓の右手に広がっています。三つの古墳は前方後方、前方後円という違いはあれ、100mを少し下回る墳長という点で共通しています。それらの墳墓は極めて有力な豪族が古墳時代のはじめ、乙訓で絶大な影響力を発揮していたことを示しています。
  墳丘東側には動画1で見るようなため池が巡っていますが、埋蔵文化センターの方のお話によれば中世の開墾に伴うもので築造当時はなかったようです。
既にこれまでの調査の結果、後円部は三段、前方部は二段築成で前方部は細く長いバチ型であることが明らかになっており箸墓古墳との類似性が指摘されてきました。箸墓古墳(クリックすれば飛べます)は陵墓参考地のために本格的な調査は困難なことを考えれば、墳丘の遺存状況がよい五塚原古墳の調査が注目されるというわけです。

 丁度訪れた時は後円部を発掘調査中でした。動画1でぎっしりと葺かれた葺石の状況がわかります。なるほどと思いながらしばし見入ってしまいました。20151219日に開かれた現地説明会資料(向日市のHPにアップ)によれば葺石が立体構造物としての石の山として見栄えよく見えるように随所に技術的工夫がなされているそうです。現在あるため池側から石の山が見えたというわけです。

古墳に精通されている方のために資料の最後の一文を記しておきます。いやはやとんでもない貴重な古墳だということがわかります。「五塚原古墳の墳丘の特徴は「斜路状平坦面」に象徴される前方部と後円部が分離した段築構造に象徴されます。後円部の平坦面は水平にめぐりますが前方部にはつながっていません。このような墳丘の不整合は箸墓古墳の特徴的な構造とみられ全国5200の前方後円墳の中で2例しか確認されていません。」ということは五塚原古墳はあの箸墓古墳と技術者集団が同じだったということなのでしょうか。いささか残念なのは動画でご覧のように墳丘は築造当時のように復元はされておらず、その貴重さが素人目にはよくわからない点でしょうか。アクセスはJR向日町から徒歩で15分、あるいは阪急京都線東向日からはより近く徒歩で10分です。市役所を目指し裏手にある文化資料館で古墳マップを入手して歩かれるとよいと思います。(撮影20151126日)。


五塚原古墳基本データ

所在地 京都府向日市寺戸町

形状  前方後円墳

規模 墳長91.2m、後円部径 54m 高さ8.7m、前方部幅33m 高さ2.1m-4.0m

後円部 三段、前方部二段築成 葺石あり

築造時期 3C

出土品 不明

史跡指定 国指定

特記事項 本文で触れたように箸墓古墳と本古墳にしかみられない墳丘構造をもつ



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ