古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史初学者として3世紀中頃から7世紀初頭にかけて東北から九州まで造られた多くの古墳の内、墳丘が残り実際に墳頂まで登れるものを訪ねはじめました。2011年秋のことです。既に大いに刺激を受けている先輩方の古墳ブログやHPあります。ただ、なぜこれほど大きな構築物を造られたのかに興味がある私には、大半が静止画像のためにそのスケール感が伝わってきませんでした。偶然、動画で撮ってみたら案外いける。そんな思いで撮りためた古墳動画を見て頂くことにしました。素人の撮影ですから、古墳マニアや専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。ブログでは基本情報とともに一古墳に3-5本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この素人の試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。なお古墳名の次に■がある場合 石室の動画がご覧になれます。

■古墳時代の時期区分
 このブログでは古墳時代を広瀬和雄さん(国立歴史民俗博物館名誉教授)が通説として紹介している古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分して捉えています(前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。
■アップの順番
 前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指しています。三基の古墳には何ら有機的な関係はありません。一つの地域に集中して前期から終末期まで掘り下げて見るのが一般的ですが、敢えてそうしなかったのは古墳時代の前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。古墳の築造年代は専門家の間でも様々な意見があり実年代を確定することが如何に困難なことかは承知しています。そのような限界の下でも古墳を横断的にみると今まで見えてこなかったものが見えてきたような気がします。専門分野外の古墳時代に関心を持ちはじめて日も浅い者ならではの冒険です。
■ご覧になる方法
最新記事9件についてはそのまま下にスクロールすれば見れます。各都府県別古墳は右の一覧をクリックしてください。文中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってあります。

タグ:にほんブログ村

阪急宝塚線の中山観音駅から徒歩5分、安産祈願で知られた中山寺境内に今回の後期古墳、中山寺白鳥塚古墳はあります。これほどアクセスのよいところに、見応えのある石室があるとはちょっとびっくりです。もっとも、本殿脇の古墳の墳丘は改変が著しく、円墳(一応円墳としましたが)か方墳かもわかっていません。それでも、背の高い玄室とそこに眠る竜山石製の家形石棺の迫力はなかなかのものです。最近の研究調査では、ほぼ南東方向に開口する約16mの石室は、玄室、羨道ともに天井部まで良好に残存しているとしています(開口部、羨道の石積みの一部や、敷石の一部は後世ではないかとの記述あり)(白鳥塚古墳・山本古墳群、ゴーランド・コレクション調査プロジェクト、兵庫県宝塚市、20173月)。

これまでかなり多くの石室を紹介してきましたが、石棺が残されていると印象がよくなります。

話は脱線しますが、盗掘にあって失われた石棺はいったいどこにいったのか、誰しもが考えることではないでしょうか。既に紹介した馬見古墳群の広陵町牧野古墳の公園には近くの下池吐水口の橋の一部に使われていた文代山(ふみしろやま)古墳の石棺の底石が展示されていますし、日本最古のダム式溜池である狭山池を記念した大阪府立狭山池博物館では古墳時代の石棺製の石樋(とい)(鎌倉時代に用いられた)が展示されていて驚かされます。リサイクルという観点から考えればなるほどと思いますが、どうやら当時の人々の死生観はだいぶ現在とは違ったようです。平城宮建設のためにさっさと市庭古墳の前方部を削平している(ウワナベ・コナベ・ヒシアゲ古墳、動画3の最後)ことなどもそう考えると理解できます。

 肝心の白鳥塚古墳ですが長さ6m、幅2.5m、高さ3mの玄室(前出報告書では長さ5.5m、幅は2.3m2.5m、高さは奥壁付近で2.9m)は、実際よりも高く見えます。6個の縄掛け突起のある大きな竜山石製の石棺が入ってもバランスのとれた空間が広がります。奥壁は大型の花崗岩二段の上に小型の石材一段の三段積みで、終末期のような切石ではありませんが粗削りという印象は受けません。中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられているようですが、古くから開口していたこともあって出土品は不明です。石のカラト(唐櫃)とも呼ばれることがあるようです。

 玄室には入れませんが、開口部脇のツツジの植込み、鉄柵のデザインといいあか抜けていてホッとさせられました。好印象の古墳石室です(撮影2017613日)(記述に一部誤りがあったので再掲載しています)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  これまでも石室内に描かれた線刻模様のある古墳はいくつか紹介してきましたが、私の視力の衰えのせいもあってか必ずしもはっきり、くっきりと認識できるものはあまりありませんでした。厳重な保護管理された石室ではやむを得ないのでしょうが照明を極力落としているためにみづらく、HPや図録でみたものとはずいぶん違うとの印象をもったことがたびたびでした。その意味で今回はよい意味で期待を裏切られました。多くの方がそう思われるのではないでしょうか。

 非常にラッキーなことにお自宅の敷地内に古墳のある御当主のお話では、今日は本当に「よく見えますな」とおっしゃっていました。天候、特に湿度に非常に左右されるのだそうです。それにしても複室の前室から後室の奥壁に描かれている円紋を見た時には、その遠目にも見える鮮やかな朱色に度肝を抜かれました。妙な表現ですが、つい最近描かれたような、レプリカのようなそんな印象なのです。その状態を動画でどこまで伝えられているでしょうか。

 「装飾古墳の世界」(祥伝社、2010)を書かれた考古学者大塚初重さんは「墳墓を装飾するということが古代人の心の中になかったわけではなく、装飾ということより死への旅路の冥福を祈った人々の祈りの具象化なのであった」と書いています。なるほどそうなのかと思って見返すと動画2の船と思しき模様は被葬者を乗せた旅立ちの船のようにも思えます。そのような蘊蓄はこのぐらいにして描かれた文様を存分にお楽しみください。実は

まだアップしていない熊本県山鹿市のチブサン古墳や茨城県ひたちなか市の虎塚古墳など、ずっと大がかりで複雑な模様が描かれた壁画古墳がありますが写真撮影はできず見学者の胸の内にしまい込むしかないのは残念なことです。その意味でも所有者にご挨拶すれば見学でき撮影も可能という鬼塚古墳は実に貴重です。

 肝心の石室ですが九州によくみられる複室構造です。残念ながら羨道は欠損していますが、玄室の天井が意外に高くてびっくりしました。奥壁は同心円紋などが描かれた二段と天井近くの三段積みで持ち送り構造です。なお墳丘は川原石に固められていますが後世のものだそうです。アクセスはJR九州久大線豊後森駅から西に3㎞ほど小田簡易郵便局の近くですが、詳細は玖珠町教育委員会に問い合わせることをお勧めします(撮影20171031日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回の中期古墳は宮内庁が仁徳天皇陵(大仙古墳)の陪塚としている永山古墳です。仁徳天皇陵の後円部の北西側200mほどのところに位置している墳長が100mもある前方後円墳です。古墳踏査をはじめて間もない頃、仁徳天皇陵後円部北側の周濠沿いの遊歩道から固まった森を見つけ、あれはなんだろうと思ったことをよく覚えています。

調べてみると宮内庁が12基ある仁徳天皇陵の陪塚の一つとしている永山古墳でした。それにしても墳長100mもある古墳が陪塚といえるのか不思議です。そう思っていたところ明確に陪塚ではないと判断する専門家がおられました。「百舌鳥古墳群を歩く」(創元社、2014)の著者久世仁士さんです。「その規模からして陪塚とは考えられません」と明言しています。たしかに他の陪塚に認定されている古墳には円墳でもかなり大きい径60m茶山古墳や、墳長87mの前方後円墳丸保山古墳もありますが、永山古墳は墳長100mを超える点で図抜けた規模です。

とはいえよほど想像力を巡らさなければ古墳には見えない仁徳天皇陵とは違って近づくことができ、動画1に見るように前方後円墳の墳丘がよくわかります。前方部の幅が後円部よりも大きいこと、後円部、前方部の高さがほぼ同じことがわかります。簡単に一周できます。久世さんによれば、墳丘を見通せる西側の濠は以前は民間の釣り堀として使われていたのを堺市が立ち退き請求を行い、その結果現在のような美しい濠が戻ったそうです。そうなのです。永山古墳は宮内庁が墳丘を管理し濠は堺市の管理になっています。

奇妙なことに永山古墳を見た後、横断歩道を渡って仁徳天皇陵(大仙古墳)周濠を歩くと、その巨大さを改めて知ることになりました。アクセスはJR阪和線三国ヶ丘駅下車、西北側310号線を越えたところにあります。徒歩10分(撮影2017828日)。PNG nagayamakofun (mozukofungun)7





永山古墳基本データ

所在地 大阪府堺市堺区東永山園
形状 前方後円墳
規模 墳長100m 後円部径63m 高さ10.3m、前方部幅68.5m 高さ10.3m二段築成、葺石あり、周濠あり
築造時期 5C前半
出土品 埴輪
史跡指定 なし 
特記事項 宮内庁は仁徳天皇陵の陪塚としているが、くびれに造出しがあり、後円部と前方部 の高さが同じところから堺市は独立した古墳とみている
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する後期の前方後円墳は石室が三つもありそのすべてが見学可能という非常に珍しくまた貴重なものです。古墳研究者、古墳マニアの間ではよく知られた存在だそうです(と葛城市歴史博物館の方のお話)。残念ながら後円部南側に開口する長さ16.7mの石室は鉄柵越しですが、動画1で見るように大きさを感じることはできますし、残りの二つの石室は開口部が土砂に埋まっていますが動画2、3のように入室できないことはありません。大中小三つの石室規模とそれぞれに葬られた人及び三者の関係はどのようなものだったのか思いを馳せることもできます。よく観察すると後円部にある最大の石室は両袖(羨道幅よりも玄室が左右に広がっている)、前方部の中規模の石室は片袖(羨道幅よりも玄室の一方が広くなっている)、最小のものは無袖(羨道幅と玄室幅が同じ)なので、被葬者のランクは石室の規模に加え、石室の袖によっても後円部→前方部→造出しの順ではないかと思いました。また金銅製金具、馬具、鉄剣等かなりの数の副葬品が出土しており一部葛城市博物館で見ることができます。

ただ二段築成の墳丘は自然に任されたままで刈り込みなどなされておらず後期古墳の特徴である後円部径36mに対して前方部幅41mと発達した状況などは観察不可能です。とはいえ東側をみると動画3の最後にあるように大和盆地を一望することができ古墳築造の地としてはまたとないところであることがわかります。後期古墳だからでしょうか。埴輪は検出されていません。なお二塚古墳の由来ですが、円墳が二つ並んだように見えたことからのようです。
 これまで紹介してきた複数の横穴石室をもつ古墳として滋賀県東近江市の八幡社46号墳(クリックすれば飛べます)をあげておきます。墳長21mと小型の前方後円墳に三つも横穴石室が設けられています。是非、二塚古墳と比較してご覧ください。

アクセスは近鉄御所線新庄駅から西に1㎞ほど。県道254号を超えたところにある浄願寺の裏側(撮影20161214日)。
PNG futazukakofun katuragishi zu




二塚古墳基本データ
所在地 奈良県葛城市寺口二塚
形状 前方後円墳規模 墳長60m、後円部径36m 高さ10m、前方部幅 高さ10m二段築成後円部石室 全長16.7m、玄室長6.7m 幅3m高さ4.1m、羨道長9.7m 幅1.7m 高さ2.7m前方部石室 全長全長9m、玄室長3.9m1.7m高さ1.9m、羨道長5.1m1.4m高さ1.5m 造出し部石室 全長7.8m 玄室長4.5m 高さ1.3m1.5m、羨道道3.3m、幅1.4m 高さ1.3m

築造時期 6C

出土品 後円部石室から金銅製金具、水晶製玉、ガラス玉、鉄製品、鉄製武器、前方部石室から鉄鋤、鉄斧、鉄製馬具、須恵器と土師器等、造り出し部石室から琥珀製玉、直刀、刀子、馬具、鉄鏃、鉄斧、鉄鎌、鉄鋤、大量須恵器

史蹟指定 国指定

特記事項 副葬品のうち土器の一部が葛城市歴史博物館で展示されている。大半は奈良県橿原考古学研究所付属博物館が所蔵




にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

この蛇塚古墳、古墳の横穴石室をほとんど見たことがなかった2013年にはじめて訪れていますが、鉄骨で支えられた巨大な石にしか見えませんでした。しかも周辺はご覧のように住宅が石室を囲むようにびっしり立ち並び、封土が失われた前方後円墳の後円部にはどうしても思えませんでした。それから4年、3回目の訪問でようやくおぼろげながら前方後円墳をイメージすることができました。ご存知の方も多いかもしれませんが巨大前方後円墳の築造は6C後半の奈良県の五条野丸山古墳(クリックすれば飛べます)で終わり、その後しばらくは築かれるものの墳丘規模はずっと小さくなります。そのおそらく最後といわれているものが畿内では墳長75mの7C中頃に造られたと考えられるこの蛇塚古墳です。後円部径は45mほどだったようで、その外周に沿って住宅が建っています。不思議な光景です。

 その石室ですが動画1でお分かりのように鉄骨でようやく支えられている状況です。その理由もわからなくはありません。羨道の天井石は崩落し、玄室の天井石も一枚しか残されていません。空がこれほど見える玄室ははじめてです。羨道を含めた石室の長さは17.8m玄室は長さ6.8m、幅は3.8m、高さは5.2mもあります。そこに4m×5m×2.5mもある巨石を含め大小30数個の石を積み上げて石室はこしらえられているそうで(京都市の文化財保護課の配布資料)石舞台古墳の石室(クリックすれば飛べます)によく似ているとのこと。しかも玄室幅は蛇塚のほうが大きく、見瀬丸山(五条野丸山)古墳(クリックすれば飛べます)につぐ大きさだということです。残念ながら五条野丸山古墳の石室は埋め戻されていますが、石室の長さは28.4mと群を抜いているので比較の対象にはならないようにも思います。

それはともかく石舞台の18.7mと同規模というだけで驚かされますが、周辺の状況があまりに違いすぎて自分の頭のなかで比較することができません。皆さんはどう思われますか。ここまで崩落する以前に保全整備ができなかったものか残念でなりません。印象が異なる一つの理由は石舞台の石室が花崗岩なのに対して、こちらは京都周辺に多い堆積岩のためであるからかもしれません。同じ京都で蛇塚よりも早く造られた前方後円、天塚古墳(クリックすれば飛べます)の墳横穴石室とも比較してご覧ください。アクセスは京福電鉄嵐山線帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から南方向に徒歩10分です。松竹京都撮影所沿いの東側の道を歩くとすぐに見えます(撮影日2017913日)。
PNG hebizuka kyoto zu shuuseiban


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  今回紹介する五社神(ごさし)古墳は大和・柳本古墳群に造られた王墓が奈良北部の佐紀古墳群に移動したなかで最大規模を誇る前方後円墳です。長さ267mもある墳丘は全国12位というだけあって動画でも全体像を捉えることはできません。加えて神功皇后陵に宮内庁が指定しているために他の陵墓と同様、墳丘に登ることはできずかなりストレスは溜まります。

いったいどこが後円部なのか一瞥しただけではとてもわからないのです。手掛かりは拝所です。どの陵墓も同様ですが(陵墓参考地は拝所がないので後円部、前方部の違いがわかりにくい)、前方部端の中央に拝所はあります。ということはこちらが前方部と納得して動画1を撮ってみました。それにしても長い。幅は150mもあります。では後円部はどこか地図を頼りに探してみると、後世に造られた溜池が周濠のように墳丘東側に沿って回っていることがわかりました。そのくびれあたりにある渡り土手のようなところからようやく後円部を含め墳丘全体をイメージすることができました。それが動画2でご覧いただけます。

といっても古墳に興味がない人にとっては単なる森にしか見えないことは他の大型古墳同様です。それでは墳丘の西側はどうか。走っている道路からは墳丘を見上げる形になり、しかも次第に離れていくので観察には向いていません。こうした大型の前方後円墳をみるたびに古墳の面白さを伝えることの難しさに頭を抱えてしまいます。

ところで佐紀陵山古墳(日葉酢媛陵)(クリックすれば飛べます)、佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)を既に紹介しましたが、石野博信編「全国古墳編年集成」(雄山閣出版、1995年)に基づき築造時期は4C末とし、今回の神功皇后陵はその二基より前の4C後半に造られたとしました。ところが白石太一郎さんの倭国の形成と展開(敬文舎、2013年)では日葉酢媛(佐紀陵山)が4C央、成務天皇陵(佐紀石塚山)が後半と先に造られ神功皇后陵は4C末とみています。最新の研究成果をもとにした編年でしょうから白石説のほうが正しいのかもしれません。佐紀古墳群では他に佐紀瓢箪山古墳塩塚古墳(いずれもクリックすれば飛べます)をアップしています。今回の五社神古墳とは違い墳丘を間近にみることができます。合わせてご覧ください。五社神古墳へのアクセスは非常にわかりやすく近鉄京都線の平城駅の北口から300mほど北にあがったところにあります。手前に八幡神社がありその道沿いです(撮影2016118日)。
 PNG oosaka nara no oogatakofunbunnpuzu




神功皇后陵(五社神古墳)基本データ

所在地 奈良県奈良市 

形状 前方後円墳

規模 墳長267m、後円部径190m 高さ27m、前方部幅150m 高さ 20.5m

四段築成、周濠なし

築造時期 4C

出土品 円筒埴輪、家形、盾形等形象埴輪

史跡指定 なし 

特記事項 2008年に陵墓としては学会初の立ち入り調査が行われた



にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

  羨道がだいぶ破壊されているためにいきなり小ぶりの玄室が出迎えてくれて少々驚きました。奥には後世置かれたであろう石仏が・・・。石室まわりの藪が刈り込まれていたのでいっそう、露わになった玄室が目立ちます。これまで訪れた石室とはずいぶん印象が違います。思い返せば二つの理由があることに気が付きました。一つには記したばかりですが入口から玄室を見渡すことができる点です。これまでの石室の大半は、狭い空間を腰をかがめて歩いて漸く玄室にたどり着くというものでした。二つには板石をレンガ状に加工して積み上げ上から漆喰を塗っているという石室そのもの造られ方の違いです。なんとなくペンキが剥げたような印象を持たれるかもしれませんが、漆喰が長い年月で剥がれ落ちたためで元は全面的に白く塗り固めてあったそうです。それにしても石室は辟邪の観点から朱が塗られていると思ったっていたのでびっくり。古墳時代末期の7C中頃になると墳丘の規模がずっと小さくなるだけでなく、石室内の被葬者をどのように守るかという点でも変化があったと考えざるを得ません。

 磚(せん)積式と呼ばれる板石をレンガ状に加工して積み上げる石組。どこかで見た記憶があります。そう棺が高野槇製だったことがわかり倭との関係が裏付けられた第25代百済武寧王陵の石室でした。実際の墓には入れませんでしたが、レプリカが博物館にあり(動画2の最後)、同様の磚(せん)積式でした。もっとも漆喰は塗られていませんでしたが。

ということはこの舞谷2号墳にも百済と関係の深い人々が眠っていると思いを巡らせたくもなります。実はそれほど離れていないところにある花山東、西の両古墳の石室もレンガ状に板石を加工して積み上げ漆喰が塗られています。この地域全体かはわかりませんが百済の影響を受けていた有力者がいたことは確かに思われます。

 墳丘はその形を確認することはできませんでしたが10.6m×9m 高さ2.5mの方墳だそうです。地域の方々などが草刈をされ石室周りは冒頭に書いたようにきれいでしたが、以前は辿りつくのも大変なほど荒れ放題だったようです。アクセスですが桜井駅南口から多武峯線 談山神社行き(1時間に1本)で浅古バス停で降り徒歩20分ほど。桜井駅の観光案内所で入手できる「鳥見山周辺の古墳探訪」という地図つきのパンフレットは必携です。ルートの説明があります。動画のあとに舞谷2号墳と周辺古墳の略図を掲載しておきました。桜井駅中心からほど近いところに前期から終末期まで多数の見るべき古墳があることがわかります。全てアップ済みですので是非ご覧ください(古墳名をクリックすれば直接飛べます)(撮影2017215日)。
桜井茶臼山古墳メスリ山古墳兜塚古墳秋殿南古墳谷首古墳艸墓古墳文殊院西古墳
PNG maitani2goufun to shuuhenkofun

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ