古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-2本程度の動画(各2分ほど)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ:長崎県 > 後期(終末期)

どうでしょう?このまぐさ石の巨大さ!

 動画の編集をしながら、撮り忘れてしまったなと後悔することはしばしばです。今回の百合畑古墳群もその一例です。鬼の窟古墳や、掛木古墳笹塚古墳等壱岐島のメインスポット、巨石墳を博多に戻るフェリーの時間までにまわらなければならないと気が焦っていたのだと思います。小型の前方後円墳4基と19基の円墳からなる百合畑古墳群。公園として整備されているのですが見学が十分にできる横穴石室のある古墳は今回の18号墳一基だけ。そんなこともあって綺麗に刈込された墳丘の数々を素通りしてしまい、動画として十分に残っていないのです(15号墳は18号墳の前にその全体像をかする程度に紹介しています)。なので今回の動画、6C末から7C初頭に築かれた古墳群全体の雰囲気が伝わるには不十分です。

 それはともかく18号墳、羨道は欠損しいきなり玄室ですが、そのまぐさ石(羨道と玄室の境に架けてある石)の巨大さはあきれるほどです。島全体が玄武岩からなり石材の調達には不自由しないとはいえ巨石墳に葬られた人々よりは下位の人々の墓にも、これだけの巨石をつかっているのですから驚きです。奥壁と側壁の石積み、天井に向かって内傾する持ち送りも美しいカーブを描いています。羨道が残っていればなあと思わずにはいられませんでした。残念ながら石室の規模に関するデータがどこにもなくキャプションの数字はあくまで参考です(撮影2019326日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

壱岐島巨石墳中、石室の長さで圧倒!


驚いてばかりはいられないのですが、今回もそう書かざるを得ません。面積が134㎡というとイメージが湧きませんが、東京23区の千代田区、港区、目黒区、新宿区に世田谷区を加えるとほぼ同じ広さになります。島ですから古墳築造に相応しい土地は限られています。そこに6C後半から7Cのはじめにかけて約300基もの古墳が造られ、今回の鬼の窟古墳のような半端でない巨石墳が6基が含まれているのですから、ただただ不思議としか言いようがありません。もちろん、島全体が玄武岩でできていることもあり石室を構成する石材の調達には困らなかったようです。他方、これだけの巨石を動かす労働力や技術はどうしたのか。被葬者が北九州からの多くの人々を引き連れた移住者だとしても、これだけの墳墓を次々に築けるだけの人々を集め指示し、完成までもっていく過程はどのようなものだったのか興味は尽きません。古墳の不思議というと墳長500m近い仁徳天皇陵(大仙古墳)はじめ百舌鳥・古市古墳群ばかり話題にのぼりますが、この壱岐の巨石墳もびっくりなのです。

 肝心の鬼の窟古墳ですが円墳の大きさでは笹塚掛木兵瀬古墳(クリックすれば飛べます)に劣りますが、石室長では16.5mと最大規模です。他の巨石墳同様に複室構造で具体的には前室、中室、玄室に羨道がつきます。開口部は左右に若干広がる前庭部がついています。前室は一辺3mの正方形で巨大な鏡石が見るものを圧倒します。また、説明板によれば前室と中室の天井の高さが同じというのが特徴だそうです。たしかに動画3でも確認できますが同じです。はじめてみた気がします。江戸時代から開口していたそうですが、前室、玄室に転がる石棺材の一部と思われる石片も当時入室した人々の目にも触れていたのでしょうか。不思議な感覚に襲われました。なお、ライトが点灯するようになっていますが、敢えてつけずに撮影しました。こだわりです(苦笑)(撮影2019年3月26日11時50分)
PNG ikikofungunnozu hyouze chuushin
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

破壊は進んでいるが興味深い壱岐島の2


  これまで紹介してきた長崎県壱岐島の巨石墳は掛木古墳、双六古墳、松尾古墳、笹塚古墳、兵瀬古墳と5基にのぼります(いずれもクリックすれば飛べます)。壱岐島という決して広くはない土地に圧倒的なスケールで築かれた数々の古墳に驚きを禁じ得なかったのですが、今回の真部呂1号墳、鬼屋窪の2基は趣きがだいぶ異なります。ともに破壊が進んでいます。もっとも残存する真部呂の後室(玄室)と前室の一部の巨石を用いた石組みから築造時の規模を想像することは可能です。本土の他の古墳石室と比べても巨石墳といって間違いはないでしょう。とはいえ複室ではあるものの前後の二室ですから、掛木、笹塚等の三室構造の巨石墳とは格が違います。壱岐島では松尾古墳クラス同様の中規模クラスではないでしょうか。説明板にもそのように書かれていました。なお、短期間に集中して築かれた巨石墳のなかでもこの真部呂古墳は最も早い時期のものと考えられているようです。

 他方、鬼屋窪古墳はスケールは全く違いますが奈良県明日香村の石舞台古墳と同様のスケルトン状態です。なのに鬼屋窪古墳が知られているのは側壁の二か所に残された捕鯨の線刻画がのためです。なかなかに興味深いのですが、見方が悪いのか風化が進んでいるためか説明板にあるようなはっきりとした様子はうかがえませんでした(撮影2019326日)。
PNG 真部呂1号と鬼屋窪位置
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

これは別格の横穴石室
   掛木(かけぎ)古墳の石室は動画キャプションにも書きましたが石を用いて造った石室というよりはまるで洞窟のようです。鏡石としての奥壁の巨石は当然のこととして側壁の大きさに度肝を抜かれました。2段、3段に積んだ大型の石の間に小型の石片を埋め込んで造られた側壁が一般的ですが、ご覧のように玄武岩製の超巨大な一枚の板石が中室の横壁を占領しています。前室、玄室も同様です。袖石の大きさにも驚かされます。玄室、中室の間の仕切りの石である梱(しきみ)石は敷石と同様に埋まっていたことからすると築造当時の石室高は現在以上あったものと推測されます(壱岐の古墳、壱岐市教育委員会、2008の記述から推測)。そう考えると空間の広がりはさらに大きなものとなります。

それにしても笹塚古墳(クリックすれば飛べます)等壱岐古墳群の他の古墳も同規模の複室構造の大型石室を有しており、壱岐島に短期間になぜという疑問は消えません。笹塚古墳のところで次のような見方があることを紹介しています。再録しておきます。「対馬塚、双六を除く4基は6C末から7C初頭というごく短期間で造られたとみられており、その背景には6C前半の北九州豪族の磐井が新羅と手を組みヤマト王権による百済支援を阻んだ(磐井の乱)ことに見られるように東アジアの複雑な情勢が関係しているとみられています。この間、半島と倭の間に位置する壱岐島の平坦基地としての価値が高まったことは容易に想像され、北九州からは豪族が移住したと考えられています。7Cの後半になると新羅は唐と手を結び、倭・百済連合と戦うことになりますが(白村江の戦い)、壱岐島には防衛ラインが敷かれ6C以来の傾向が引き継がれていきます。」被葬者は北九州から移住した豪族という見方ですが、ならば、これだけの大型石室を造るだけの労働力はどう確保したのだろうという次の疑問が湧いてきます(撮影2019326日)。
PNG kakegi kofun to
PNG kakegikofunsekishitu zu

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ