古墳を動画で見るサイト guami_38_36のblog

古墳を動画で見るサイトへようこそ。なんでも実際に見てみないと気が済まない私。古代史ファンとして3世紀中頃から7世紀初頭に東北から九州まで造られた数多くの古墳の内、墳丘が残り実際に登れるものを訪ねはじめたのは2011年秋のことです。その間、偶然動画で撮った長野県千曲市の森将軍塚古墳が転機になりました。墳丘のスケール感や石室の奥行きを味わうには動画が適している。そんな思いから撮りためたものを見て頂くことにしました。撮影も素人ですから古墳マニアの先輩諸氏や専門家の方々からは厳しいご指摘はあるかと思います。基本情報に加え一古墳につき1-4本程度の動画(各1分以下)を用意しました。この試みが古墳を具体的にイメージする一助となれば幸いです。

■検索の仕方
A古墳を探す場合、記事検索(都府県名を挿入)になりますが、A古墳に触れている古墳記事が全てヒットする可能性があります。漠然と古墳を検索したい場合には、各古墳記事に主宰者の好みで(動画のできなど)つけた「特におすすめ」、「おすすめ」、「時間があれば」(ご覧頂きたい)のタグを利用する方法です。これに各都府県名や前方後円墳などのタグを追加すれば「栃木県」で「おすすめ」の「前方後円墳」がヒットします。なお検索結果は画面下部に示されます。
■古墳時代の時期区分とアップの順番
 このブログでは古墳時代を前期(3C中頃から4C後半頃)、中期(4C末頃から5C後半頃)、後期(5C末頃から7C初め頃)、終末期(7C前半頃から8C初め頃)に区分しています(広瀬和雄、前方後円墳の時代、岩波新書、2010年)。当初アップは前期⇒中期⇒後期(終末期)の古墳を一基ずつワンセットにして全国の古墳を網羅することを目指していました。一地域で前期から終末期までどのような古墳が築かれたかを見るのが一般的ですが、前期、中期、後期に全国でどのような墳墓が築かれたかを知りたいと思ったからです。ところが、群集墳が登場する後期になると古墳の数は飛躍的に増加し、最初のルールを変えざるを得なくなっています。今では後期、終末期の古墳、それも石室の紹介が多くなっています。
■ 最新記事何件かについてはそのまま下にスクロールすれば見れます。記事中にも関連の古墳に直接飛べるようにリンクを貼ってありますのでご利用ください。

カテゴリ: 山口県

葺石を含め完全に復元された墳長90mの前方後円墳

 山陽本線の柳井港駅から徒歩で30分ほどかかったでしょうか。動画1の冒頭にあるような山並みが北側に広がります。目指す古墳はあの山腹に築かれています。地図でみるとそれほどの距離ではないのですが途中から山腹を這うように道が続き瀬戸内海を見渡しながら歩いたためか予定よりも遅れての到着です。でも車ではこの感覚は味わえません。桜が咲き始めた道を登りきると後円部が姿を現しました。石の塊に見えます。お世辞にも美しいとはいえませんが葺石が貼られた墳丘こそが築造当時に近いのです。ゆっくりと墳丘に沿って歩くと前方部を南側(海側)に向けた全体像が広がります。全国の古墳の多くが自然保存(

墳丘が雑木林で覆われている)で古墳が築かれた時のように復元されているものはそれほど多くはありません。とりわけ今回の柳井茶臼山古墳のように一部ではなく、葺石や埴輪を含め完全に復元されているものは大変に貴重です。

 動画2のように前方部側からみると前方後円墳ということがよくわかります。墳長が90mに対して後円部の径が60m、前方部の幅が55mとやや前方部が広がる形をしています。それにしてもこの葺石は川原石。表面が滑りやすく歩きにくいことこの上もありません。参列者は前方部から後円部に登り埋葬施設を囲みながら祭祀を行ったはずで、同じような思いをしたのでしょうか。この古墳は明治25年(1892年)に現地の人々が発掘し、銅鏡、鉄剣などを確認しています。5面出土した銅鏡のうち、最大のものは鼉龍鏡(だりゅうきょう)で、直径44.8センチあり、古墳から出土したものとしては最大級だそうです。こうした出土品や墳形、埴輪等から古墳時代の4C末から5C初め、ちょうど前期と中期の境に造られたと考えられています。墳頂に立つと古墳が標高75mのこの地に築かれた意味が解ります。瀬戸内海を見下ろすには絶好の地です。動画3の最後に前方部の先に広がる瀬戸内海は当時の人々が見た景色とさほど変わりはないでしょう。これほどの海沿いに築かれた古墳の被葬者は瀬戸内の水運を支配する豪族であったことは容易に想像されます。この地域ではその後5C半ばに室津半島の先端に墳長120mと柳井茶臼山古墳よりも大きな前方後円墳、白鳥古墳が築かれます(未アップ)。アクセスは冒頭に記したとおりですがgooglemap でもルートは確認できます(撮影2018326日)。


PNG yanaichausuyama dougasatsuei ichi

PNG yanaichausuyama kofun zu


にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

石材で補強された素朴な横穴石室


    山口県田布施町の横穴石室といえば長さ11.4mもある後井古墳(クリックすれば飛べます)を既に紹介しています。巨石を使った剛健な片袖式の石室でした。今回の稲荷山古墳はその後井古墳に行く途中、後井古墳の東南500mほどのところにあります。少々、わかりにくく教育委員会に電話して場所を教えてもらいましたが、動画1にあるように住宅の横の小道を上がっていくと雰囲気のある神社境内に導かれました。するとエッ、これ石室?と声が出てしまった石材で補強された開口部が・・・。あとは動画のキャプションをご覧頂きたいのですが、後井古墳よりもずっと早く6Cの築造だからなのか、自然石を使ったよくいえば素朴な石室です。これまで数多くの石室を紹介してきましたが、その中でも最も手の込んでいないものの一つではないでしょうか。被葬者のランクが上位でなかったからか、あるいは当地の横穴石室としては初期のものだったのかはわかりません。しかしこうして石材で補強してでも石室を残そうという地元の方々の熱意には頭がさがります。アクセスは前述のとおりですが、両古墳の位置関係のマップを載せておきました(撮影2018326日)。

にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

岸信介、佐藤栄作も遊んだかもしれない石室

 今回の後期古墳は山口県田布施町にある中国地方有数の(説明板)巨石石室です。その点も大いに興味深かったのですが、私が惹かれたのは少々別の理由でした。田布施町といえば安倍晋三首相の祖父で同じく首相だった岸信介の生まれ故郷なのです。ということは叔父で首相を務めた佐藤栄作も育った土地です。ひょっとしてこの後井古墳で遊んだかもしれないなどと考えながらの訪問でした。山陽本線田布施駅を南に200mほど下った信号田布施砂田(県道23号線との交差点)のところに郷土館があり古墳の情報や岸信介、佐藤栄作両首相の資料なども見ることができます。

 肝心の古墳ですがのんびりした田畑が広がる県道23号線をひたすら西に20分ほど歩き山陽本線の踏切を渡った右手の竹藪が生い茂る裏山にあります。動画1の冒頭にみるような車も通れる道に案内板があるのですが人は見かけず車もほとんど通りません。やむなく教育委員会に電話してようやく現地到着です。羨道入口からしてかなり剛健な印象を受ける石室です。円墳の径は14mしかありませんが、石室の長さは11.4mもあります。やや天井の低い羨道を潜り抜けると片袖式ということがよくわかる(動画2の後半)玄室がみえました。残念ながら遺物は何も残されていないようです。実は後井古墳は今回紹介している1号墳と左隣の同規模の円墳2号墳からなっています。2号墳の方がややこぶりとのことでしたが、立ち入り禁止のため撮影は見送りにしました(撮影2018326日)。

goikofun basho tabusemachi
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ