今回は7C前半、終末期の八幡社46号墳を紹介します。古墳は未盗掘のままで発掘され、話題を呼んだ東近江市の雪野山古墳の山裾にあります。前方後円墳の46号墳は八幡社古墳群として11基の円墳とともに県指定史跡となっています。


変わっているのは墳長21mと小規模の前方後円墳に三つの埋葬施設があることです。つい最近紹介した三島の向山3号墳よりも小さいですね。そこに全長7mほどの横穴石室が後円部(A)、くびれ(B)、前方部(C)にそれぞれ造られています。この時期、畿内では既に大型の前方後円墳は造られなくなっていましたから、できるだけ効率よく埋葬しようとしたのでしょうか。一つの横穴石室に追葬するという方法もあったはずですが、そうはしてはいません。追葬するには石室が小さすぎたのでしょうか。色々なことを考えてしまいます。


同じ頃、東国では、既にアップ済みの宝塔山(624日)、蛇穴山古墳(629日)(いずれも方墳)の仏教の影響も受けた見事な切石細工による石室が造られていましたが、こちらは素朴な荒々しさをとどめた石室です。ヤマト王権に近いのになぜという気もしますが、宝塔山、蛇穴山古墳の被葬者はヤマト王権に近く、他方距離的にはともかく、46号墳の被葬者は在地の豪族にすぎなかったということなのでしょうか。興味は尽きません。

 アクセスは天乞山(623日)、久保田山両古墳(627日)と同様、JR東海道線近江八幡駅南口から北畑口行で羽田西下車。徒歩20分で雪野山歴史公園につきます。バスは一時間に1本です。

PNG hachimansha46 zu
にほんブログ村 歴史ブログ 考古学・原始・古墳時代へ
にほんブログ村